法人保険ALL

法人税対策

相続・事業承継

福利厚生

損害保険

法人養老保険のハーフタックスプランとは?節税になる条件を確認!

法人養老保険にはハーフタックスプランという、保険料の半分を損金に算入できるプランがあります。しかし、法人養老保険のハーフタックスプランで福利厚生費にするには、いくつかの条件を満たす必要があります。他にもハーフタックスプランの経理処理を詳しく解説します。

法人養老保険のハーフタックスプランとは?条件はなに?

法人保険を検討するにあたって、「福利厚生・節税効果・貯蓄性」のバランスが大事が大切になってきます。


節税を意識しすぎて支払保険料が膨大になったり、福利厚生が充実していないと従業員からも不満の声が漏れてくるかもしれません。


そのようなときに役に立つのが、「法人契約の養老保険のハーフタックスプラン」です。


しかし、節税の条件を満たしていないまま契約していたり、条件が煩雑なために否認されるケースなども実際にあります。


そこで本記事では「法人契約の養老保険のハーフタックスプラン」について

  • ハーフタックスプランで節税になる理由
  • ハーフタックスプランにするための条件
  • ハーフタックスプランの経理処理

以上を中心に解説していきます。


この記事を読めば、ハーフタックスプラン自体についての理解が深まり、他の契約形態と比べた場合のメリットや注意点なども理解できるでしょう。 


 ぜひ最後までご覧ください。


法人養老保険のハーフタックスプランで節税になる理由

法人養老保険とは、被保険者の死亡等で途中解約となった場合には解約返戻金を受け取る事ができます。

また、保険期間が満期になった場合には満期保険金を受け取れる保障と貯蓄の機能を併せ持った保険です。


ハーフタックスプランの契約形態は下の表のようになります。

契約被保険者死亡保険金受取人満期保険金受取人
ハーフタックスプラン法人役員または従業員被保険者の親族(遺族)法人


この場合、満期時保険受取人が法人になっているため満期時には満期保険金を会社が受け取ることができ、被保険者が死亡した場合は死亡保険金を被保険者の親族(遺族)が直接受け取ることができます。


この内、死亡保険金にあたる保険料は全員加入前提であれば福利厚生目的で保険料を支払っていたものとみなすことができ、死亡保険金のための積立(損金)として1/2損金扱いさせることができます。


つまり、福利厚生費として1/2損金計上させることによって利益を圧縮させ節税へとつなげるのです。


このように従業員の「福利厚生」と支払保険金の「節税」2つの効果を狙って活用される契約形態がハーフタックスプランなのです。


また、出口戦略として満期保険金(益金)を受け取れる時期と社員の退職金(損金)が必要な時期を同じ時期にすることによって益金と損金とで相殺させ節税することができます。

法人養老保険のハーフタックスプランの条件を解説

法人契約の養老保険で活用できるハーフタックスプランですが、契約にあたり条件がいくつかあります。


ハーフタックスプラン自体に必要な契約形態はもちろん、従業員の福利厚生としての面があるため「従業員の普遍的加入」が条件となります。


そのため、実際契約するにあたって

  • ハーフタックスプランの条件を満たす契約形態
  • 契約には署名と健康診断を提出すること
  • 従業員は基本的に「全員加入」

以上3点を満たす必要があります。


ここでは、それぞれの必要事項を詳しく解説した上で注意点もまとめてみましたので是非ご覧ください。

ハーフタックスプランの契約状態は?

法人契約の養老保険ですが「被保険者」「死亡保険金受取」「満期保険金受取人」の組み合わせで支払保険料の経理処理が変わってくる保険になります。


ここでわかりやすく養老保険について表にまとめてみましたのでご覧ください。

被保険者死亡保険金受取人満期保険金受取人支払保険料の経理処理
パターン1役員等法人法人全額資産計上
パターン2役員等被保険者の親族被保険者全額給与計上
パターン3
役員・従業員被保険者の親族法人1/2損金計上
パターン4役員等
法人被保険者

パターン2

全額給与扱いとなりますので、一見ハーフタックスプランよりも節税効果が大きいように感じますが、給与ということで所得税や住民税、社会保険料が発生してきますのでおすすめできません。

ハーフタックスプラン(パターン3)

これら4パターンの契約内容のうち、ハーフタックスプランはパターン3に該当します。


死亡保険金受取人を被保険者の親族(遺族)にすることによって、福利厚生費として1/2損益計上させる節税対策となります。


逆ハーフタックスプラン(パターン4)

通称「逆ハーフタックスプラン」と呼ばれている組み合わせで、保険料の1/2を保険料として損金計上させ、残った1/2を役員報酬または給与として損金計上させることで全額損金算入させることができるとされる方法になります。 


これだけ聞くと最もお得なプランに聞こえますが、他のパターンと違い税法上の根拠が乏しく、また、役員報酬にあたる部分がみなし給与として扱われるため報酬額が増えた分の所得税や住民税が先行してかかってきます。


また、満期返戻金をもらえるまでの資金負担が大きく、途中で解約した場合解約返戻金は法人が受け取るので所得税や住民税の負担だけが残ってしまいます。


取り扱いをやめてしまった保険会社も多く、今後国税局で否認される可能性もあるプランですので、もし加入を検討されているようでしたらリスクがあることを念頭に置いておいたほうがいいでしょう。

ハーフタックスプランは対象者の「署名・健康診断」が必要

法人養老保険におけるハーフタックスプランは、福利厚生が目的の1つですので、対象者の健康診断と共に、保険内容を説明した上で署名・捺印をしてもらう必要があります。


これは保険対象者全員からしてもらう必要があるので、中小企業など人数の少ない企業では対応が容易ですが、従業員数の多い大企業の場合は負担が大きくなります。

福利厚生費にするには「全員加入が原則」

福利厚生費にするためには社内での福利厚生規定や退職金規定なども必要になってきますが、「福利厚生」が目的ですので、普遍的加入が重要な条件となってきます。


普遍的加入

  • 全員加入が原則
  • 客観的判断に基づく基準をもって、従業員を選定する必要がある


客観的基準

普遍的加入における「客観的基準」とは、例えば「勤続年数が3年以上の従業員」といった基準のことを指し、「男子のみ」などの主観的な判断をもたない基準のことを指します。


福利厚生という観点からいえば、従業員全員の加入が原則といえますが、離職率が高いといわれる新入社員や勤続年数の短い従業員を含めてしまうと、短期の解約が増えてしまう可能性があり、普遍的な状態の維持がしがたいための救済措置とも言えます。


また、契約者のうち同族関係者が大多数を占める場合、福利厚生費ではなく給与課税される可能性があります。


実際、過半数以下の加入であったり、同族関係者が80%を超えていて否認されたケースもありますので注意が必要です。

ハーフタックスプランの経理処理を解説

ハーフタックスプランの場合、死亡保険金の受取人は被保険者の親族(遺族)となり、満期保険金の受取人は法人となるため経理処理はそれぞれ変わってきます。

まず、死亡保険金を受け取ったときですが、死亡保険金は被保険者の親族(遺族)に直接支払われますので、「保険料積立金」や「配当積立金」を「雑損失」として取り崩します。


(例)1,000万の保険料積立金、40万円の配当積立金があった場合

借  方貸  方
雑損失  10,400,000円保険料積立金  10,000,000円
配当積立金   4,000,000円


となります。


また、満期保険金を受け取ったときですが、法人で受け取りとなりますので資産に計上してある「保険料積立金」や「配当積立金」を取り崩し、受け取った保険金との差額を「雑収入」として計上します。


例えば満期保険金として2,020万円を受け取り、保険料積立金は1,200万円、配当積立金は20万円だった場合

借  方貸  方
当座預金  20,200,000円保険料積立金  12,000,000円
配当積立金    200,000円
雑収入     8,000,000円

となります。

まとめ:ハーフタックスプランは複数の条件に気を付けよう

法人契約の養老保険でのハーフタックスプランの解説をしてきましたが、いかがでしたでしょうか?


ポイントとしましては

  • ハーフタックスプランでは保険料の1/2損金計上が可能
  • 契約形態は死亡保険金受取人を親族(遺族)へ、満期保険金受取人を法人にする事
  • 契約には原則全従業員の加入と「署名・健康診断」が必要
  • 死亡保険金受取時と満期保険金受取時では経理処理が変わってくる

があげられます。


ハーフタックスプランは契約形態を満たしていればいいだけではなく、福利厚生費として扱うために細かな条件が必要になってきます。


扱い方1つで大きなメリットを生み出すプランなので、この機会にハーフタックスプランを検討してみてはいかがでしょうか?


ほけんROOMでは他にも読んでみたい記事をたくさん掲載していますので、ぜひご覧ください。

ランキング

  • 法人契約の養老保険は4パターンある!条件によりメリットが異なる!
  • 法人契約の長期平準定期保険の2つのメリットと3つのデメリット!
  • 法人保険を活用すると非課税枠は2倍に?法人化の注意点とメリット!
  • 法人向け使用者賠償責任保険(EL保険)のメリットと注意点を解説!
  • 法人保険では節税にはならない?支払い法人税の総額から判断!
  • 法人保険の加入・見直しを
    検討されている経営者様へ
    節税保険が販売停止になった法人保険。
    これからどうなるのと不安になりませんか?
    ほけんROOM相談室にご相談いただければ、ご自身の法人に最適なプランをご紹介します。
    無料相談・お問い合わせはこちら