生命保険に関する疑問
最適な情報を伝える

生命保険

生命保険おすすめ比較ランキング5選!保険の選び方や相談先とは?


 ▼この記事を読んで欲しい人 

  • 生命保険で損をしたくない人
  • 生命保険の選び方を知りたい人 
  • おすすめの生命保険をランキングで比較したい人
  • 生命保険に強いおすすめの保険相談窓口を知りたい人
保険の悩みならまずはマネーキャリアの無料相談を気軽に利用してみてください!


内容をまとめると

  • おすすめの人気生命保険は「かぞくへの保険」
  • 生命保険の必要性は人によって異なるためプロに相談がおすすめ!
  • 生命保険の加入前は適切な保険料と保障内容について相談しよう!

生命保険の加入・見直しの必要性とは?

病気や怪我、死亡のリスクは誰でも少なからず抱えています。 


いつ起こるかわからないからこそ、常日頃からの備えが大切です。 


しかし人によっては必要性を具体的にイメージできない人もいるのではないでしょうか。 

 また例え生命保険に加入していても、定期的に見直しをしないと損をすることになるかもしれません。 


そこで本章では、生命保険の加入・見直しの必要性について解説します。 


具体的なデータも参考にしているため、加入や見直しを迷っている人はぜひ参考にしてみてください。


生命保険の必要性については以下の記事で詳しく解説していますのでぜひ併せてご覧ください!

生命保険の必要性|万が一のときに家族を不幸にさせないための知識

①生命保険の加入率

生命保険文化センターの平成30年度「生命保険に関する全国実態調査」を元に、生命保険の加入率などのデータを見ていきましょう。 

 生命保険の加入率は以下の通りです。

加入率
死亡保険(個人年金保険を含む)88.7%
医療保険88.5%
生活障害・就業不能保障保険12.0%

非常に多くの人が死亡保険や医療保険に加入していることがわかりますね。

また平成27年からの3年間における、民保の継続期間は13年0ヶ月、死亡保険の保険金額の平均は2,255万円です。 

 世代別に見ると、40代〜50代が加入率・保障金額ともに高い傾向にあります。
 40〜50代は子供の養育費の必要性が高まる世代です。 

 そのため死亡後の子供の養育費や配偶者の生活費を考えて、保険金額を高めに設定する人が多いのです。 

 貯蓄があるから生命保険は必要ないと考えている人も、定期保険などを活用し必要の高まる時期だけでも加入をおすすめします。

②生命保険は見直しをしないと損をする可能性がある

生命保険は、一度加入したら最後まで同じ保障内容で良いわけではありません。 


 必要な保障はライフイベントごとに異なります。 


 全く見直し行わずにいると、 


  •  不要な保障がそのままになっている 
  • 定期保険の保険料が上がっている 


 などの問題が生じ、損をする可能性があります。 


 そのためライフイベントの都度見直しを行うことが大切です。 


 しかしライフイベントごとにどのような保障が必要になるのかを、自分で判断することは難しいと感じる人もいるのではないでしょうか。 


自己判断が難しい場合は、保険のプロへの相談がおすすめです。 


 保険のプロに相談することで、現在の経済状況や今後のライフイベントで必要になる費用などを踏まえ、適切な保険の提案がしてもらえます。


生命保険の見直しを行う場合は、ぜひ保険のプロに相談してみてください。 


 マネーキャリアでは保険のプロによる無料相談を行なっています。 


 オンラインで手軽に相談できて、相談は納得がいくまで何度でも無料です。 


 生命保険の見直しに不安のある人は、お気軽にご相談ください。

③健康増進のための生命保険など保障内容が更新されている

近年は健康増進型保険といって、健康増進のための生命保険が増えています。 


 健康増進型保険とは、BMIや血圧などの状態が保険会社の基準を満たす場合に、 


  •  保険料の割引 
  • 健康増進還付金 
  • 保険料のキャッシュバック 


 などのサービスが受けられる制度です。 


 健康状態は定期的にチェックされるため、健康意識の向上のきっかけにもなります。 


 健康状態が良好な人にとってはとても魅力的ですよね。 


 現在加入している生命保険でも、保障内容が更新されて健康増進のための保障が加えられているかもしれません。 


 新しい保障があるのに活用できていないのは非常にもったいないです。 


そのため定期的に見直しを行い、常に保障内容がベストな状態になるようにしましょう。

④要介護・要支援認定に該当する人の割合

内閣府の令和元年版「高齢社会白書」によると、2016年時点の第1号被保険者の要介護・要支援者の割合は18.0%です。 


 人数については以下のように推移しています。 


人数
2014年5,918千人
2015年6,068千人
2016年6,187千人

以上のデータから分かるように、要介護・要支援認定に該当する人は年々増加しています。 


 日本の平均年齢は年々上昇傾向にあり、一方で少子高齢化と言われているように、若い世代が減りつつある状況です。 


 そのため子世代に頼らずに介護生活が遅れるだけの、十分な資金が必要になります。 


 介護にかかる自己負担金額は500万円以上と言われています。 


 医療費や生活費を考慮すると貯蓄だけでは不足する可能性も考えられるため、介護保険などで備えておくことが大切です。

⑤老後に必要な資金

「老後2,000万円問題」という言葉を耳にしたことがありませんか? 


 2017年に金融庁の金融審査会がまとめた報告書によると、夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯では月に約5.5万円、老後30年間でおよそ2,000万円が不足すると言われています。 


 もちろん人により必要な生活資金は異なるため、全ての人に該当するわけではありません。 


 老後資金の計算方法は以下の通りです。

(老後の生活費 - 老後の収入) × 老後の生活期間

以上の式で算出した費用を、貯蓄だけで準備することが難しい人は、生命保険の活用がおすすめです。


養老保険のような満期保険金のある保険の場合は、満期を迎えるとまとまった資金が手に入るため、老後資金として活用できます。 


また配偶者や子供がいる場合は、遺族の生活資金として十分な死亡保障も大切です。 


 死亡保障金額については、以下の式から算出できます。


 遺族の支出 - 遺族の収入

いずれにしても老後や死亡後の資金は長期的な準備が必要です。 


 安心した老後を迎えるためにも、生命保険を活用して早めの備えを心がけましょう。

生命保険の種類

生命保険は、様々なリスクや不安に対応した商品があります。


まず「死亡保険」「医療保険」「生存保険」の3つの大分類が基本です。


 そして、さらに細分化した小分類を以下の表にまとめました。  


大分類小分類対象リスク
死亡保険定期保険・終身保険
定期保険特約付保険
収入保障保険 
死亡・高度障害状態
医療保険定期保険・終身保険・がん保険
所得保障保険・就業不能保険
介護保険・女性保険 など
病気や怪我による入院・手術
特定の出来事のリスク
生存保険学資保険(子ども保険)
個人年金保険
養老保険
子供の進学資金
老後資金


これらは、保障対象・保障期間・保険金を受け取るタイミングなどに違いがあります。


近年は幅広いニーズに応えた保険商品が増加しているので、今後さらに種類展開が豊富になっていくでしょう。

生命保険の選び方


生命保険はただなんとなく加入すれば良いものではありません。 


 なんとなくで加入すると、 


  •  保険料の負担が重い 
  • 保障内容が合っていない 


 などの問題が生じる可能性が高いです。 


そこで本章ではプロが生命保険に加入する際の選び方のポイントを解説します。 


ポイントを押さえながら、適切な生命保険選びをしましょう。


生命保険の選び方についても以下の記事でより詳しく解説していますのでこちらの内容と一緒に読んでみてください!

生命保険の選び方|保険のプロが教える本当に正しい生命保険の選び方

①保険に加入する目的

生命保険に加入する場合は、明確な目的を持つことが大切です。 


 生命保険の主な加入目的としては、


  • 遺族の生活資金 
  • 葬儀代・墓代 
  • 老後の生活資金 
  • 子供の教育費 


 などが挙げられます。 


 例えば遺族の生活資金であれば数千万円必要になるかもしれませんが、葬儀代・墓代だけであれば数百万円の保障で済みます。 


 このように加入する目的によって必要な保障や加入期間が決まるため、目的を明確にすることが大切なのです。 


 そのため今後のライフイベントでどのようなお金が必要になるかを、加入前によく整理しておきましょう。

②保険会社

生命保険を選ぶ際は、保険会社の健全性をチェックしましょう。   


保険会社にはソルベンシー・マージン比率という、健全性を示す指標があります。 


この比率が200%を超えていれば、健全な保険会社だと判断して良いでしょう。 


 健全性が低い場合は、万が一の時に保険金の支払い能力がないなどの問題が生じます。 そのため保険会社の健全性は非常に重要です。 


また外資系か内資系かによっても、利用のしやすさは大きく異なります。 


 外資系の保険会社は単品売りが基本のため、保険料が抑えられる点が魅力的です。


一方で海外に拠点を持つことから、日本での採算が取れないと判断した場合は撤退してしまう可能性があります。 


 撤退した場合は契約中のサポートが受けにくくなるため、万が一の時の手続きがスムーズに進まなくなるかもしれません。 


 内資系はセット売りが基本のため保険料が高めな反面、サポートの手厚さが魅力的です。 


外資系と内資系には以上のような違いがあるため、検討している保険会社はどちらに該当するかを確認しましょう。


▼保険会社のランキングをまとめた記事はこちら

【2021最新版】大手生命保険会社ランキング!プロが本気でおすすめする保険は?

③保険料

生命保険に加入する場合は、無理のない保険料に設定しましょう。 


保障金額が上がるほど、保険料も上がっていきます。 


万が一の時のために、少しでも多くの資金を準備したいと考える人もいることでしょう。 


 しかしあまりに高額な保障にしてしまうと、保険料が家計を圧迫ししてしまいます。 


 そのため保険料は家計の負担になりすぎない範囲で設定することが大切です。 


 ただし保険料を抑えたいがために保障金額を最低限にしてしまうと、遺族が生活に困ってしまう可能性があります。 


 生命保険を選ぶ場合は保障がライフステージや目的に合っているかを確認した上で、保険料と保障内容の釣り合いが取れているかを確認しましょう。

④保障内容

生命保険は商品により、保障内容に違いがあります。 


 そのため選ぶ際は主契約・特約の範囲を確認してください。 


 生命保険の主契約の種類としては、


  •  死亡・高度障害状態 
  • 入院・手術 
  • 介護 


 などがあります。 


 その中でも保険期間や配当、貯蓄性の有無など、商品により細かな違いがあります。



主契約と合わせて特約を加えれば、より保障内容の充実が可能
です。 


 特約は特定の疾病をカバーするものや、保険料の払込免除になるものなど、保険商品次第で内容が大きく異なります。 


 生命保険を選ぶときは、主契約と特約を確認して、必要な保障がカバーできる商品を選びましょう。 


 保障内容を選ぶには、選び方のポイント①でも述べたように、明確な加入目的を持つことが大切です。

生命保険のメリットを4つで解説!



生命保険に加入するメリットは以下の4つです。 


  •  万が一の保障 
  • 所得税・住民税の軽減 
  • 相続税対策 
  • 所得税が発生する保険金は、利息分のうち50万円までが非課税になる 


 死亡や病気・怪我は、どれだけ気をつけていても完全には防げません。 


 いつ起こるかわからない以上、万が一の時に十分な費用が準備できない可能性があります。 


 生命保険に加入することで、万が一の事態があった際に費用の心配がなくなるのです。


 遺族の生活費や入院・手術の費用、療養中の生活費などが生命保険で準備できていれば、経済的な不安を最小限にできますね。 


 また生命保険は年末調整や確定申告の際に、控除の対象になります。 


 控除によって所得税・住民税が軽減されるため、節税にも効果的です。 


 相続時には保険金の一定額が非課税になります。 


 保障金額と法定相続人の数によっては全額が非課税になる場合もあることから、相続税対策としても非常に有効です。 


 中には生命保険でなくて貯蓄を頑張れば良いと考える人もいるかもしれません。 


 しかし貯蓄の場合は原則として利息に対しておよそ20%の税金が発生します。 


 一方生命保険の場合は、50万円までであれば利息が非課税になるのです。 


 以上のように万が一の時に備えつつ税金面で優遇されている点が、生命保険の大きなメリットです。

生命保険のデメリットを3つで解説!


生命保険に加入するデメリットは以下の3つです。 


  •  インフレリスク 
  • 保険料の負担 
  • 貯蓄型の生命保険を早期解約すると返戻率が低くなる 


日本銀行では、「物価安定の目標」として年2%のインフレ率を掲げています。 


 インフレとはモノやサービスの価格が上昇することです。 


年2%ずつインフレが進んでいった場合、現在の価値で100万円のモノを購入するために、10年後は約120万円を支払わなければなりません。 


現在の価値なら十分な保障金額であっても、保険金を受け取る頃には金額が不足している可能性があるため、加入時にはインフレリスクを考慮する必要があります。 


保障金額が不十分になることを避けるために、無理に高額な保障金額にしたり、無計画に沢山の生命保険に加入することも避けましょう。 


保険料は保障金額が上がるほど高額になりますし、複数の生命保険に加入すれば、その分保険料の負担が重くなります。 


保険料の支払いのために家計を圧迫するのは好ましくありません。 


そのため生命保険に加入する場合は、無理のない保険料の範囲で加入することが大切です。 


また貯蓄型の生命保険に加入する場合、早期解約は極力避けましょう。 


 早期解約の場合は解約返戻金の返戻率が低く少額になるか、全く返ってこない可能性があります。 


つまり早期解約は元本割れを起こし損をする可能性が高いのです。


まとまったお金が近々必要になりそうな場合は、加入を避けた方が良いかもしれません。 


 以上のように生命保険は、加入時期や活用方法によって、経済面でデメリットが生じる可能性があります。

まとめ:生命保険の見直し・加入に迷ったらまずは保険のプロに無料相談!


生命保険の基礎知識や加入・見直しの必要性などを解説してきましたが、いかがでしたでしょうか? 

 ライフイベントごとに発生する様々なリスクに対応するためには、適切な保険に加入することが大切です。 

 適切な保険は個人の抱える事情によって異なります。 

 そこでおすすめなのが保険のプロへの相談です。 

 保険のプロならヒアリングを通して、数ある生命保険の中から経済状況や生活に合った商品を提案できます。 

 マネーキャリアなら保険のプロにオンラインで無料相談が可能です。 

 スマホひとつで予約から面談までできるため、時間や場所を問わず利用できます。 

 相談は納得がいくまで何度でも無料です。 

 生命保険への加入・見直しを検討中の人は、ぜひお気軽にご利用ください。
134...20...40