がん保険に関する疑問
最適な情報を伝える

がん保険ROOM

このページでは、がん保険に関する全情報をまとめます。

「2人に1人ががんになる時代」と保険会社のCMで謳われているように、がんの罹患率は男性で62%、女性では46%と高い数値となっています。
死亡率は年々低下していますが、5人に1人は亡くなっており、日本で死亡原因1位の病気です。

また、がんの治療費は、入院期間が短いものの、高額かつ長期化しやすく、さらに保険診療外の治療も珍しくありません。長期化して一家の大黒柱が就労不能状態が続くと、さらに家計への影響は大きいです。

それゆえに、がん保険のニーズは高まっています。

しかし、 がん保険には他の保険にはない免責事項があるので、注意が必要です。理解をしていないと、がんなのに給付金が下りないという事態に陥ってしまいます。
また、がんの治療技術は日々進歩していて、必要な保障内容が変わっていることにも要注意です。がん保険の保障の種類の選び方は、時代に沿ったものにする必要があります。

そこで、がん保険ROOMでは、がんの罹患率や治療費などを最新統計データから解説します。そして、がん保険の保障・特約の必要性、選び方、注意点まで徹底的に解説します。

NEW

“がん保険ROOM”更新情報

がん保険の記事一覧| 保険ROOM
134...