がん保険に関する疑問
最適な情報を伝える

がん保険

医療保険のおすすめをプロが丸ごと解説!【加入検討者必見】

▼この記事を読んで欲しい人

  • がん保険への加入を検討している方
  • がん保険と医療保険の違いを知りたい方
  • がんが次第に多くなる30代前後の方
▼この記事を読んでわかること
  • 対象となる治療や保障内容
  • がん保険の特徴や医療保険との違い
  • データを基にしたがん保険の必要性
  • 何故女性にがん保険は必要なのか
保険についての悩みがあるなら、まずはマネーキャリアの無料相談を気軽に利用してみてください!

内容をまとめると


  • がん保険は、がんにかかった際の治療費や入院などの諸費用を保障してくれる保険
  • 医療保険との違いは限度日数が無制限であり、猶予期間があるところ
  • データ統計を見ると、現代社会ではがんでの入院は少なくなり治療は主に通院で行われていることが分かる
  • 保険を選ぶ際には保険料はもちろん、診断金や三大療法に関する保障、公的保障とのバランスがとれているかを確認する
  • 先進医療特約や上皮内がんに対する保障もついているかも重要なポイント
  • 女性は特に特有のがんが多いため、若いうちから保険に加入するのがおすすめ
  • がん保険の選択に困ったらマネーキャリアに相談を!

絶対に知っておくべき!がん保険の基礎知識

がん保険を選ぶ際には、この保険がどのようなものなのかを詳しく知っておくことが大切です。

ここではがん保険を選ぶうえで絶対に知っておきたい基礎知識を3つ解説します。


  • がん保険の基本概要
  • 主な保証内容や保険金の種類と内容について
  • 医療保険とがん保険の違い
自分に本当に必要ながん保険を選ぶためにも、まずはこの保険に関する基礎知識を身に着けておきましょう。

そもそもがん保険ってどんな保険?

今日では、生涯で2人に1人ががんにかかるといわれています。


その上、医学が発展した今でも現代人の死因第1位はがんとなっており、がんに対する備えは現代社会において必要であるといえるでしょう。



そんな恐ろしいがんにそなえることができるのが、がん保険です。


がん保険はがんにかかった際の金銭的負担をカバーするための保険のことで、がんのみに特化した保険であり、保険料が安く加入しやすいことが最大の特徴です。


がん保険には、終身タイプと定期タイプがあります。

種類満期保障期間月額保険料
定期タイプあり満期まで更新ごとに値上がり
終身タイプなし一生涯一定


 多くのがん保険は入院給付金型と呼ばれるものですが、損保系の保険会社には実損填補型と呼ばれるものもあります。


 実損填補型は健康保険の医療費や、介添費用などを補償するがん保険です。


お金をかけて最新の治療でがんを治したい方や、治療にかかわる諸経費を減らしたい方には、実損填補型のがん保険はおすすめです。 

がん保険の主な保障内容

がん保険で支給される保障金は、主に以下の4種です。

  • がん一時診断金:がんと初回診断されたときにもらえるお金。治療前でも診断されていれば給付される。
  • 治療給付金:がんの三大治療(手術・抗がん剤・放射線治療)を受けたときにもらえるお金
  • がん入院給付金:がんでの入院日数分の給付金を受け取ることができる
  • がん手術給付金:がんで手術をしたときにもらえる給付金
また、がん保険によっては上記のほかに、以下のような保障がついている場合もあります。
  • がん先進医療保障:がんの治療を目的として先進医療を受けたときにお金を受け取れる
  • がん死亡給付金:がんで保険対象者が亡くなったときに受け取れるお金
  • 女性がん特約:女性特有のがんにかかった際の手術や再建術を保障
  • 退院給付金:がんでの入院から退院した時に受け取れるお金
  • 緩和療養給付金:痛みを緩和するケアを受ける際に給付金を受け取れる
なお、がん保険ではがん以外の疾病で給付金は支給されません。

他の病気にも備えたい方は、追加で医療保険に加入するか、がん特約のついた医療保険を検討することをおすすめします。

医療保険とがん保険の違い

医療保険とがん保険の最大の違いは保障範囲にあります。


医療保険に加入すればありとあらゆる病気や怪我に対し保証金が支払われます。


しかし、がん保険ではがん以外の病気にかかっても、保証金は支払われません。


よって、がん保険は「がんに対ししっかり備えたい」という方におすすめであるといえるでしょう。


また、保険には以下のような限度日数・猶予期間というものがあります。


  • 限度日数:1入院で入院給付金が支払われる限度のこと
  • 猶予期間:保証が受けられるまでの待ち期間のこと 
医療保険とがん保険の限度日数・猶予期間の違いは以下の通りです。

入院限度日数猶予期間
医療保険有限猶予期間なし
がん保険無限猶予期間あり(通常90日だが猶予期間のない保険もある)

表を踏まえると、医療保険は限度日数が有限である代わりに猶予期間がなく、がん保険は保証日数が無限である代わりに猶予期間があることが分かります。

データから見るがん保険の必要性

がん保険に加入していれば入院や通院の費用はもちろんのこと、差額ベッド代や食費、治療後の生活費などを保証金で補うことが可能になります。


経済的な負担をなくして治療に専念するためにも、がん保険は必要だといえるでしょう。


ここでは、以下の5つのデータを基にがん保険が必要である理由を解説していきます。 

  1. 入院・外来受療率の推移
  2. がん治療にかかる入院日数
  3. がん保険の主な治療法とかかる費用
  4. 傷病別のがんで入院した場合の医療費
  5. 男性・女性の年齢別がん罹患率

なぜがん保険が必要なのかを様々なデータを参考に検証しているので、保険への加入を検討している方はぜひご覧ください。

①入院・外来受療率の推移

まずは入院・外来の受療率を見てみましょう。



厚生労働省の「平成29年 患者調査(傷病分類編)」によると、がんでの入院・外来する患者の受療率は以下のように変移しています。  


年次入院受療率(10万人あたり) 外来受療率(10万人あたり)
平成8年107人101人
平成11年108人
95人
平成14年109人94人
平成17年113人110人
平成20年111人
123人
平成23年107人130人
平成26年102人
135人
平成29年100人145人


がんでの入院受療率は平成17年をピークに減少しているのに対し、外来受療率は上昇し続けていることが分かります。


これは医療技術の発展により、放射線や抗がん剤、ホルモン剤による治療が通院で行えるようになったためです。


これからの時代、がんは入院ではなく外来で治療をしていく時代となることが予想されます。


長期化する闘病に備え、入院だけでなく通院にもしっかり備えられる保険に加入しておくことが大切だといえるでしょう。

②がん治療にかかる入院日数

がんの平均入院期間は、種類や治療方法によって大きく異なります。


厚生労働省の「2017年度 患者調査」によると、代表的ながんの平均入院日数は以下の表の通りです。


がんの種類入院期間(男性)入院期間(女性)
がん全体の平均入院日数16.9日17.3日
胃がん17.1日24.3日
結腸・直腸がん15.2日16.3日
肺・気管支のがん16.3日16.3日
肝臓・胆嚢のがん16日19.3日
乳がん12.5日11.5日


表の内容を踏まえると、平均的な入院日数は女性の方が多いことが分かります。


次は年齢別の入院期間を以下の表で見ていきましょう。


0~14歳15~34歳35~64歳65歳
胃がん8.1日12.5日13日20.8日
結腸・直腸がん8.8日12.7日11.7日17.1日
肺・気管支のがん12.5日9.7日13.3日17.1日
肝臓・胆嚢のがん15.7日36.5日13日17.1日
乳がん5.5日7.1日8.4日15.7日


基本的に高齢になればなるほど、がんの治療に必要な入院日数は伸びていることが分かります。

③がん保険の主な治療法とかかる費用

主ながんの治療法である「三大治療」にかかる平均費用は、以下の通りです。


  • 手術:数十万~100万円以上/回
  • 放射線治療:10万~100万円/1コース
  • 抗がん剤治療:定位放射線治療照射で60万円程度


また、先進医療の中でも健康保険の適用されない重粒子治療や陽子線治療などを利用した場合は、以下のような追加費用もかかってきます。


  • 重粒子治療:1回あたり約309万円
  • 陽子線治療:1回あたり約270万円
  • 自己腫瘍・組織及び樹状細胞を用いた活性化自己リンパ球移入療法:約397万円
  • 内視鏡下甲状腺悪性腫瘍手術:約26万円


がんと闘うためには、非常に多くのお金が必要となってきます。


がん保険に加入していれば、これらの治療にかかる費用を診断一時金や基準給付月額、先進医療特約などで補うことが可能になるのです。

④傷病別のがんで入院した場合の医療費

代表的ながんの治療にかかる費用は、以下の表の通りとなります。


がんの種類入院時の自己負担額/回入院以外の自己負担額/回
胃がん193,323円11,545円
直腸がん223,482円17,688円
結腸がん193,852円12,939円
肝臓・胆管がん182,543円12,674円
肺・気管支のがん201,494円27,410円
悪性リンパ腫288,726円18,669円
白血病455,923円24.817円
子宮がん189,860円8,627円
乳がん171,625円16,075円
その他のがん193,774円17,573円


参考:平成30年度 医療給付実態調査|厚生労働省


多くのがんは一度の入院で20万円前後、それ以外では1万円~2万円の医療費がかかることが分かります。



がん治療の多くは年単位で続く長期戦であり、一度がんにかかってしまうと長期的に金銭負担を強いられることになりがちなのです。



がん保険に加入していれば、様々な保証で手厚くがんとの闘病にかかるお金を給付金として受け取ることができます。


安心してがん治療に専念するためにも、がん保険にぜひ加入してみてはいかがでしょうか。 

⑤男性・女性の年齢別がん罹患率

男性と女性で、がんへのかかりやすさは違うのでしょうか。


ここでは国立がん研究センターがん情報サービスの「2015年 年齢階級別罹患率」を基に、年齢別のがん罹患率を表にまとめました。


【年齢別がん罹患率】

年代10万人あたりのがん罹患率(男性) 10万人あたりのがん罹患率(女性)
20~24歳626人742人
25~29歳933人
1528人
30~34歳1519人3554人
35~39歳3087人7158人
40~44歳5471人14798人
45~49歳8582人19969人
50~54歳14915人21976人
55~59歳26778人25180人
60~64歳51219人34512人
65~69歳87364人48762人


働き盛りの50代半ばまでは総じて女性の方ががん罹患率が高く、それ以降は男性の方ががん罹患率が大幅に高くなることが分かります。


よって、女性の方ががん保険に加入する必要性は高いといえるでしょう。

保険のプロが教える後悔しないためのがん保険の選び方

自分に合っているがん保険を選ぶためには、どのような知識が必要になるのでしょうか。


ここでは保険のプロが教える、後悔しないためのがん保険の選び方を解説しています。


がん保険を選ぶ際には、以下の5つのポイントに注意しておくとよいでしょう。


  1. 診断給付金の有無や給付回数は適切かどうか
  2. がんの3大療法に対する保障はあるか
  3. 公的保障や医療保険とのバランスはとれているか
  4. 先進医療特約や上皮内がんに対する保障はあるか
  5. 保険料は平均的で補償内容に適切であるか
自分の性別や年齢、金銭事情に適した保険を選ぶには、事前にしっかりと保険に関する知識をつけておくことが大切になります。

この項目を読んで、がん保険の選び方に関する知識をつけておきましょう。

①診断給付金の有無

がん保険を選ぶ際にまず確認しておきたいのは、診断給付金があるかどうかです。


診断給付金とは、がんが見つかった際にもらえる給付金のことを指します。


50万円以上のまとまった金額で、50万円または100万円単位で給付金額を自由に設定できることがほとんどです。


診断給付金の給付条件は、大きく分けると「初回限定型」と「無制限型」に分かれます。


  • 初回限定型:がんと初めて診断されたときのみ給付金を受け取れるが、以後は受け取り兼が消滅する
  • 無制限型:2回目のがん診断以降も給付金を受け取れる。保険会社によっては「数年に1回」「2回目以降は入院が必須」などの条件が課せられることも多い
がんは一度治れば完治ではなく、転移や再発することもあります。

そのため、保険を選ぶ際には無制限型を選択しておくことをおすすめします。

②がんの3大療法に対する保障

がんは基本的に「手術」「抗がん剤治療」「放射線治療」の三大療法で治療されます。


  • 手術療法:メスでがん組織を切り取ってしまう局所的な療法。血液以外のがんに対処できる、基本的な治療方法
  • 放射線治療:X線やガンマ線といった放射線を病変部に当て、がん細胞の増殖を止める治療法。増殖の止まったがん細胞は、やがて消滅する。
  • 抗がん剤療法:化学物質でがん細胞の増殖を抑えて、細胞そのものを破壊する治療法。全身に効果がある治療法であり、広がってしまったがんに特に有効。


がん保険を選ぶ際には、三大療法にかかる費用を保障する項目や特約が備わっているものを選ぶのがおすすめです。


なお、がんの三大療法を充実させるために効果的な保障項目は、以下の表の通りとなります。


保障項目や特約の名称保障内容
手術給付金がん治療を目的とした手術をした際に給付金を受け取れる
抗がん剤・ホルモン剤治療給付金抗がん剤やホルモン剤での治療を受けた際に給付金を受け取れる
放射線治療給付金放射線治療を受けた際に給付金を受け取れる

③公的保障や医療保険とのバランス

自分の入っている医療保険とのバランスが取れているかも、がん保険を選ぶ際には重要になってきます。


 医療保険の中には、がんに対する保障に特化した特約が付いているものも存在します。


加入予定のがん保険に含まれる保証内容と、医療保険の特約の保障内容がかぶってしまっては本末転倒です。


保険選びの際には、加入している医療保険にがん特約が付いているかや、その特約の保障内容が何かなどをしっかり確認しておきましょう。


また、がん保険を検討する際には高額療養費制度を使うとどのくらい治療費が安くなるかも確認しておくとよいでしょう。


健康保険のような公的医療保険の対象であるならば、高額療養費制度を使い治療費を大幅に削減することもおすすめです。


高額療養費制度を使えば収入源に応じ、ひと月あたりの自己負担額を限度額未満に抑えることができます。

  


この医療制度を使い医療費を下げることを想定したうえで、自分に適したがん保険を選ぶようにしましょう。

④先進医療特約や上皮内がんに対する保障

先進医療に対する保障が付いているかも、がん保険を選ぶ際には確認しておきましょう。


がん治療に使える先進医療で有名なのは、「陽子線治療」と「重粒子線治療」です。


これらの先進医療には健康保険が適用されないため、技術費や治療費は全て患者の自己負担となってしまいます。


がんになれば必ず先進医療を使うとは限りませんが、先進医療特約の保険料は月々100円程度であることが多いです。


がん治療の選択肢を広げることができるので、ぜひこの特約を付けることをおすすめします。


また、時折患者は検査でがんではなく、その一歩手前である「上皮内がん」と診断されることもあります。


上皮内がんはがんと比較すると治療費の負担は少ないですが、診断されたときの給付金が支払われなかったり、給付金額が低いケースもあります。


治療費に対する不安がある方は、上皮内がんの保障がある保険を選択しておきましょう。 

⑤保険料

保険選びの際にやはり気になるのは、月々の保険料でしょう。


がん保険の月額保険料の平均は、5,000~10,000円に設定している人が最も多い傾向にあります。


保険料が安い20~30代の場合は月額3,000円程度としている方が大半ですが、保険料は更新と共に上がっていきます。


更新型の保険に加入する際は、将来的な月々の保険料は多めに見積もっておくとよいでしょう。


保障を充実させつつ将来的な保険料を抑えたい方は、一生涯保険料が変わらない終身型のがん保険を選ぶのがおすすめです。

女性は特にがん保険に備えることが重要!

がんに関するデータなどで前述した通り、50代前半までは男性よりも女性の方ががんにかかりやすい傾向にあります。

ここでは、女性ががん保険に入るべき理由を以下の2つに分け、それぞれ詳しく解説しています。


  • 女性は乳がん・子宮頸がん・卵巣がんの3つのがんに注意する必要がある
  • 女性は特に若いうちからがん保険加入を検討するべき
女性特有のがんは発症年齢が若く、20~30代で見つかることが多い傾向にあります。

がんへの備えをしっかりとしておきたい女性の方や、女性特有のがんについて知りたい方は、ぜひご覧ください。

女性特有の3つがん!乳がん・子宮頸がん・卵巣がん

女性特有のがんの中でも特に多いのは、乳がん・子宮頸がん・卵巣がんです。


3種の女性特有のがんの特徴及び5年生存率は、以下の表の通りです。


がんの種類特徴症状5年生存率
乳がん・女性特有のがんで最も多い
・30代で急増し
・40~50代で発症のピークを迎える
しこり・乳頭からの異常分泌・乳頭や乳輪のただれ92.3%
子宮頸がん・閉経していない20~30代で発症する子宮がん
・近年では急増している
初期の自覚症状なし
進行すると不正出血・
おりものの異常・
下腹部痛が見られる
76.5%
卵巣がん・死亡率が最も高く
・腹膜や周辺臓器に転移やすい
・年代に関係なく発症し
・早期発見も困難
初期の自覚症状なし
進行すると
下腹部のしこり・腹部膨満感・
トイレが近くなる・食欲の低下
などの症状があらわれる
60%


いずれのがんも自覚症状はないか微々たるものであり、発見が難しく見つかったときにはがんが進行している可能性もあります。


がんを発見するためには体調に気を配ったり、毎年の人間ドックをおろそかにしないよう心がけておきましょう。

女性は特に若いうちからがん保険加入を検討するべき!

よって、女性ががん保険に加入するタイミングはまだ若い時期である20~30代がベストであるといえるでしょう。


その際には、女性特有のがんに対する保障が充実しているものを選ぶことをおすすめします。


女性ががん保険を選ぶ際にぜひつけておきたい特約や保証は以下の通りです。


  • 女性がん給付金:女性特有のがんでの治療・入院・手術・退院・乳房再建術などに対し保証金が支払われる特約。給付金の上乗せや保証金の追加支払いが行われる。
  • 外見ケア給付金:がん治療で頭髪が抜けたり、顔または頭部に傷跡が残った際に給付金を受け取れる
  • ホルモン剤治療給付金:がんの治療のためにホルモン剤治療を受けた際に給付金が受けとれる

女性ががん保険に入る際には治療保証はもちろんのこと、外見に対するケアもしっかりと行っておきたいものです。


乳がんで乳棒を摘出した際の再建術や、抗がん剤治療で抜けた髪を隠すためのウィッグの購入、傷跡を隠すための整形外科手術など、想像以上に外見ケアにはお金がかかります。


提示した保障をプランに組み込んでおけば、がんにそなえることがよりしやすくなるといえるでしょう。

まとめ:がん保険で損をせずに加入するならまずは保険のプロに無料相談!

がん保険へ加入したいと考えていたり、保険の見直しを検討したりしている方は、マネーキャリアに相談することをおすすめします。


マネーキャリアでは時間や場所を選ばず、オンラインで手軽に保険プランについての相談をすることができます。


 専門家のアドバイスを受けながら保険の見直しを検討できるので、気になった方はぜひサイトをチェックしてみてはいかがでしょうか。

134...