法人保険のおすすめ比較ランキング|専門家一押しの法人保険を紹介!

法人保険への加入、検討はしていたとしても商品選びに難航してしまいますよね。そこでこの記事では商品タイプごとにおすすめの保険ランキングをご紹介していきます!保険の選び方も解説していきますので、加入検討中の方必見の記事です。

▼この記事を読んでほしい人
  • 法人保険への加入を検討している経営者
  • 法人保険の選び方を知りたい方
  • 法人の生命保険の種類を知りたい方 など

▼この記事を読んでわかること
  • 加入すべき経営者向けの生命保険商品
  • 法人保険において比較すべきポイント
  • 保険で悩んだことがあったときの対処法

内容をまとめると

  • 法人保険は加入目的を明確にするのが最重要
  • 補償内容・損金割合・返戻率を全ての商品から比較して選ぶ必要がある
  • 専門的な知識が必要なため法人保険の専門家の意見をしっかりとり入れて自分で選択することが大切
  • 法人保険を検討したいならまずはマネーキャリアの無料オンライン法人保険相談がおすすめ

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

法人保険の選び方


法人保険は会社にとって事業継承や退職金準備など経営において欠かせないものと言って良いでしょう。


メリットは多くありますが、加入すると多額の保険料を支払うことになります。そのためせっかく加入するのであれば自社に最適な法人保険を選びたいですよね。


そこで今回は目的別の法人保険ランキングを紹介していきます


早速紹介してきたいところですが、その前に基本的な法人保険を選ぶコツを伝授していきましょう。


法人保険に加入する際には

  • 法人保険に加入する目的
  • 比較すべき項目を知る
  • 保険のプロに相談する
以上の3点が重要です。

1つずつ詳しく解説していきます。

①加入する目的を明確にする

どうして法人保険に加入するの?

まずあなたがどうして法人保険に加入するのか、その目的を明確にしましょう。


それぞれ様々な目的があるかと思いますが、

  • 事業保障
  • 福利厚生
  • 役員や従業員の退職金準備
  • 事業承継時の準備資金
  • 税金対策 など
このような事態、あるいは費用の捻出を目的に加入される方が多いです。

目的によって適した保険は異なりますので、特に重きを置く点はどこかしっかり吟味しましょう。

上記に関する詳しいことは、それぞれほけんROOM内の別記事にてご紹介しております。

法人保険は2種類ある

法人保険は大きく分けて
  • 生命保険(積立型or掛け捨て)
  • 損害保険
の2種類が販売されています。

またそのなかでも


法人生命保険法人損害保険
保険の種類
  • 生命保険(積立型)
長期平準定期保険
逓増定期保険
終身保険
養老保険
  • 生命保険(掛け捨て)
収入保障保険
がん保険
医療保険 など
財物損害保障

休業補償

損害賠償に対する補償

従業員に対する補償 など 

このように細分化されているようです。

今回の記事では、表の上部で触れたおすすめな法人の生命保険をご紹介していきます。

②比較するべきポイント

法人保険を選ぶ際、数多ある商品で比較すべきなのは

  • 損金算入割合
  • 返戻率
以上の2点のみです!

それぞれ簡単に解説していきます。

損金算入割合

「損金」とは、平たく言えば企業の業務において発生した必要経費のようなものを指します。

支払う保険料のうち損金として算入することができるのはどの程度なのか、これは法人税対策を考える上でとても重要なポイントです。

2019年に損金算入割合が改定され、現在の損金算入割合になりました。

最高返礼率損金割合(当初)
50%以下全額
50%超70%以下※契約期間の4割:60%
70%超85%以下契約期間の4割:40%
85%超10年まで:10%
11年以降:保険料×最高解約返戻率×70%
※被保険者1人あたりの保険料の額が30万円以下の場合は全額損金算入可

保険料と損金に関する詳しい取り決めは、国税庁「保険料等」をご確認ください。

返戻率

そもそもですが「返戻率」とは、解約返戻金がどの程度になるかを表す割合のことです。

この返戻率は
  • 単純返戻率
  • 実質返戻率
の2つにわかれています。

それぞれどのような性質か、違いは下表の通りです。


性質
単純返戻率それまでに支払った保険料に対して、解約返戻金として還元される純粋な割合を示すもの
実質返戻率保険料のうち損金として参入できた部分を考慮したもの

法人生命保険は返戻率が高くても損金算入割合が低い、損金算入割合が全額であっても解約返礼率が低くなってしまいます。

そのため、どちらも考慮した上で実質返礼率が100%を超える、もしくは近い保険を探すことが最重要となります

〜経理処理の注意点〜
保険金が支払われる際、保険金は雑収入となるため課税対象となり、税金が発生します。
  • 保険金・解約返戻金の収益=保険金・解約返戻金ー資産計上累計額
支払時、保険料の一部や全額を損金算入し、税金対策出来たとしても、保険金受領時や返戻の際に、税金を支払うこととなります。
同一年度内に、保険によって発生した益金に見合う退職金等を支払うことで、保険に関する法人税課税を避けることが可能です。
つまり、保険金や解約返戻金の受取時の使途を考えて、加入することも大切です。

自社に適したバランスの良い法人保険を検討しましょう。そのためにまずはプロである専門家に相談しましょう!

③代保険相談窓口や保険代理店で保険のプロに相談をする

「直販」と「保険代理店」の違いを知ろう!

直販とは、保険会社と直接契約を結ぶという手段のことです。


保険会社から商品の説明を直接受けることが可能なため、その商品のことは詳しく知ることができます。

しかしその一方で、他の保険会社との比較は不可能というデメリットがあるのです。

対する保険代理店や保険相談窓口などを介せば、複数の商品を比較し詳しく知ることができます。

それのみならず、会社のためだけのオーダーメイド商品の提案を受けることもできるのです。

このメリットに、直販との大きな差が見られます。

疑問は保険のプロに相談してみよう!

「自分の会社にはどんな補償が必要?」「保険料を見積もってほしい」「とにかく一番節税できるお得な法人保険を知りたい!」「経理処理はどうなるの?損金算入はどの位可能?」など、法人保険に関するお悩みを抱えている方は多いでしょう。

そんなみなさんには、マネーキャリアの法人保険相談がおすすめです!

マネーキャリアに相談すれば、保険のプロが会社の状態をプロの目線で冷静に判断し、必要な保険・補償・節税対策を明確にすることができます。

さらにオンライン相談なので全国どこにいても問題ありません。

スマホ1つで簡単に利用できますので、この機会にマネーキャリアで法人保険の悩みや疑問を解決しましょう!

法人保険の解約返戻金を受け取る前に出口戦略を考えよう

上記で解説した解約返戻金にはひとつ注意しておくべき点があります。


それは、解約返戻金を受け取る際に税金がかかってしまうことです。知らずに、多額の税金が発生してしまったなどのケースに陥ってしまっては資金効率が悪化してしまいます。


その際に重要になってくるのが出口戦略を考えるということです。


出口戦略とは、損金計上をする前に解約返戻金の使用する目的を前もって決めておくことを意味します。


なぜそのようなことをする必要があるのでしょうか?


それは、解約返戻金は受け取った年度内に使途を決め利用すれば税金は控除されます


この性質を利用してあらかじめ法人保険の解約の際(出口)の戦略を立てるのです。

解約した後だと安心してついつい忘れがちになりますが、節税のためには注意深くなるべきポイントです。

法人保険で迷ったらまずはマネーキャリアの無料相談がおすすめ!


法人保険相談では多くのサービスが以下のような項目を相談可能としています。

  • 法人保険プランの見積もり
  • 保険を用いた節税プランの提案
  • 経営者の資産最適化
  • 事業継承対策・自社株対策
  • 退職金
  • キャッシュフローの最適化

マネーキャリアでは上記の項目だけでなく以下のような相談に無料で対応しています。
  • 各種補助金に関する質問
  • 法人口座
  • 現状の保険の見直しと法人保険一括比較
  • 法人保険を活用した福利厚生
  • 保険を軸としたその他の財務状況最適プラン
これらの他にも企業リスクなど経営者のお金の悩みなど些細な疑問も無料でオンラインで相談することができます。

特に法人保険は専門的な知識が必要であり知らないうちに損をしてることが多いため、様々な専門家の意見を取り入れることが重要です。

そのため、しっかりとした法人保険の相談だけではなく、セカンドオピニオン的な役割としてでもまずは利用してみてください!

法人保険について検討しながら、個人向けの生命保険についても気になり始めた方は以下の生命保険のランキング記事がおすすめです!


プロが選ぶ生命保険ランキング!人気な生命保険を独自に比較!


プロが厳選した保険のランキングだけでなく、見直しの必要性や選び方まで詳しく解説されています。


実際の保険選びに役立つ情報がたくさんありますので、ぜひ一度ご覧ください。

法人保険比較〜おすすめの保険ランキング

先ほど説明した法人保険の目的と法人生命保険の種類をリンクさせて考えるために、ここでは目的別の法人保険活用方法を解説します。


そのために以下では

  • 法人保険それぞれの特徴について
  • 法人保険の目的に合わせた活用方法
の2点について詳しく解説していきます。


法人生命保険は先ほど説明したように長期平準定期保険、逓増定期保険、全損定期保険、養老保険、がん保険、医療保険に大きく分けられます。

法人保険ランキング①定期保険〜事業保障・退職金への備え

上記でも触れましたが、定期保険は2019年に損金算入割合が改定されています。


以前は損金算入割合の違いはなく、返礼率も高く損金算入割合も高い法人保険がありました。しかし、この改定によって

  • 返礼率が高い→損金算入割合が低い
  • 返礼率が低い→損金算入割合が高い

という内容になったのです。


法人保険は会社設立時から加入する場合もあります。業務が軌道に乗るまでは、損金算入割合が高い方がその年の納税額を抑えられるため、将来の解約返礼率が85%を超えるものでも損金算入割合が10%ではメリットを感じにくくなってしまいます。


そのことも踏まえ返礼率と損金算入割合のバランスを考えると、40%を損金算入できる解約返礼率が70〜85%のもの(特に上限の85%に近いもの)がおすすめです。


定期保険の中には、特約で重度がん保険金前払特約や代理請求特約など万が一の時に対応できる保険もあるため、死亡保障以外に高度障害にも備えがあった方が良いという場合にはそういった保険を選択すると良いでしょう。


法人保険ランキング②全損定期保険〜事業保障・退職金・事業承継への備え

全損定期保険は、「掛け捨てタイプ」すなわち貯蓄性のないものがほとんどとなっています。 


全損定期保険は 

  •  経営者・役員に万一があった場合の事業保障
  •  事業承継対策 
  •  従業員に万一があった場合の遺族への保障(福利厚生) 

 の対策として利用されることが一般的です。


事業者が高度障害になったしまった場合の事業補填資金として、事業継承の時には継承する株式の買取資金として準備ができます。 


期間終了までにもしものことがなかった場合は、返戻金がないので無駄になってしまうというデメリットもあります。


しかし保険料は比較的安く、全損算入できるため貯蓄型定期保険よりもキャッシュフローの悪化リスクを抑えることができるのです。

法人保険ランキング③養老保険〜福利厚生・退職金への備え

養老保険は、福利厚生や退職金の積立に活用できる保険です。


養老保険のポイントはやはり返礼率です。


養老保険は貯蓄を保障をどちらもカバーできるメリットがある一方、保険料が高く返礼率があまり高くないという特徴があります。


その中で100%近くの返礼率を出せる商品があれば、養老保険を検討する際に選択肢の1つとなるでしょう。


また、米ドル建て養老保険に関しては円建てのものに比べて積立利率は高いのですが、為替リスクがあるという点は覚えておきましょう


積立利率が良くても、期間が長くても為替の変動によっては損をする可能性も十分あります。自社が為替リスクに対応できる状況かどうかはキャッシュフローと照らし合わせて入念な確認が必要です。


法人保険ランキング④がん保険〜福利厚生・事業保障への備え

法人のがん保険は、実際の医療費の負担の軽減というよりは、がんによって経営者が抜けた際の穴を埋めるという役割の方が重要です。


そのため、万が一に備え設定金額は大きめに設定することをおすすめします。


がん保険によっては死亡時の給付金を高く設定できるものもあり、万が一の時に経営をカバーするための資金準備に適しています。


また保障内容が限定されているがん保険や解約返戻金のないがん保険は保険料は低めです。健康体割引特約もあるため、保険料を特に低くしたいという方はそういった商品を検討しても良いでしょう。

法人保険ランキング⑤医療保険〜福利厚生・事業保障への備え

医療保険はがん保険と同様、経営の穴を補填するための役割を持ちます。


保険会社によっては、法人に向けての商品のため保障額を高く設定できるなど、オーダーメイドなプランを作ることができ、解約返戻金のありなしも選べます。


チューリッヒ
「終身医療保険プレミアムDX」

個人の保険を活用し、万が一に備える方法もあります。


手続きが簡単で、保障範囲が広いというメリットがある一方、法人専用の保険に比べ保障額を高額にできないというデメリットもあります。

参考:生命保険会社ランキング!経営者保険を選ぶならどこがベスト?

そもそも、生命保険会社はどこがおすすめでしょうか?

結論から言うと、加入をおすすめしたい生命保険会社は商品の種類やタイプにより異なります。


1つではなく複数の保険会社の商品を補償が重ならないように組み合わせれば、企業ごとにベストな保険を独自で作成することも可能なのです。


「自社に必要な補償って何?」「経理処理について知りたい」という方には、マネーキャリア保険相談がおすすめ!


マネーキャリアで相談すれば、あなたの会社の状況を保険のプロならではの目線で分析します。


この機会に、疑問や悩みをすっきり解決してしまいましょう!

法人保険おすすめランキングのまとめ


法人保険のおすすめ商品ランキングをご紹介していきましたが、いかがだったでしょうか。


法人保険は目的を明確にしたうえで、損金算入割合と返礼率を重視して選びましょう。


ここで紹介したランキングの他にもさまざまな商品が販売されています。

会社によってどの会社に加入すべきかは変わってきますので、少しでも疑問があればマネーキャリアで相談するようにしましょう!

法人保険相談の経験が豊富な専門家が対応するため、過去の事例も踏まえながら今の会社に最適なプランを提案してくれますよ。

ほけんROOMでは、法人保険に関する記事も数多くありますので興味のある方は合わせてご覧ください。

ランキング