地震保険を知ろう!地震保険の補償額の相場や上限はどのくらい?

地震保険の加入を考える人も多いと思いますが、補償額や、その上限、保険料が気になりますよね。今回の記事では、地震保険の加入を考えている方には必ず知っておいてほしい地震保険の補償額・保険料・割引制度など、地震保険に加入した場合の補償についてを解説します。

地震保険の補償額の相場はどのくらい?

最近「ふたたび日本列島が大地震に襲われる日が近い」という話をよく耳にします。


あなたも、地震への不安から地震保険に入ろうと考えているのではありませんか。


そして「地震保険の補償額の相場はどれくらいか」「保険料はどの程度かかるのか」ということを調べているのでしょう。


実は、地震保険の保険料は補償額に対して比較的高額であると言われています。


しかし、保険料を大幅に下げる方法はちゃんと存在します。


そこで、この記事では地震保険の補償額や保険料について、

  • 地震保険でいくらもらえるか
  • 地震保険の保険料は保険会社によって変わらない
  • 地震保険の保険料を安く抑える方法

以上のことを中心にお伝えしていきます。


この記事を読めば、地震保険の補償額と保険料のバランスが分かり、かなりお得な保険料で加入する方法も知ることができます。


ぜひ最後までご覧ください。

地震保険の保険金の相場

まずは、地震保険でいくらもらえるかということについてお伝えしていきましょう。


地震により自宅を失ったときに、保険金で自宅を建て直せるかどうかは、もっとも気になることではないかと思います。

  • 地震保険で契約時に設定できる補償額の上限
  • 損害の程度による実際の補償額

これらについて解説していきます。

保険金は付帯する主保険の保険料の30~50%

地震保険は、火災保険に付帯する形でないと加入できません。


そして、地震保険で設定できる補償額の上限は「火災保険で設定した補償額の上限」の30~50%の範囲内と決められています。


さらに、建物5,000万円・家財1,000万円という上限も設けられていますので、いくら豪邸でも巨額の補償額を設定することは不可能です。 

全損・大半損・小半損・一部損の損害認定について

実際に支払われる保険金額を算出するためには、まず「損害の程度」を分類する必要があります。


この損害の程度は、損害額によって以下のように分類されます。


建物の基準

損害の程度主要構造部の損害率焼失・流失した床面積/建物の延床面積
全損時価の50%以上70%以上
大半損時価の40%以上50%未満50%以上70%未満
小半損時価の20%以上40%未満20%以上50%未満 
一部損時価の3%以上20%床上浸水または45cm超の浸水を受け全損・半損に至らないとき 

家財の基準

損害の程度家財全体の時価から見た損害額
全損80%以上
大半損60%以上80%未満 
小半損30%以上60%未満
一部損10%以上30%未満 


以上の損害の程度に応じて「時価」または「補償額の上限」のどちらか低い方から見た、以下の割合の金額が支払われます。 

  • 全損…100%
  • 大半損…60%
  • 小半損…30%
  • 一部損…5% 

どの保険会社でも保険料はほぼ一律

ここまでは、地震保険で設定できる補償額の上限と、損害の程度による実際の補償額についてお伝えしてきました。


ところで、地震保険は他の保険のように「どの保険会社なら安く加入できるか」と悩む必要はありません。


地震保険は、どの会社で入っても条件が同じなら保険料は同じだからです。


なぜ同じになるのか、以下でその理由を解説していきます。

保険料が一律である理由

なぜ保険料が一律になるかというと、地震保険は政府と民間の共同運営であり、政府が民間の再保険を引き受ける形で成り立っているからです。


再保険とは、簡単に言えば保険会社が加入している保険です。


地震は被害総額が巨大になりがちで、民間の保険会社では準備金が不足してしまう可能性があるため、国がその責任の大部分を担っているのです。


なお、地震保険の保険料には保険会社の利益は上乗せされていません。

上限は付帯される主契約(火災保険)の保険金額の50%

前述した通り、地震保険の補償金額は最高でも主契約である火災保険の補償額の50%です。


つまり、火災保険で新価(新築できる値段)として3,000万円を設定していても、地震による全損なら「1,500万円と時価額のどちらか低い方」しか補償されないことになります。

建物の所在地・構造によって保険料が異なる

ここまでは、なぜ地震保険の保険料に保険会社による差がないのかということについてお伝えしてきました。


とはいえ、もちろん地震保険の保険料は全て同一というわけではありません。


ここからは保険料を決める基準となる

  • 建物の構造
  • 建物の所在地

これら2点について解説していきます。

イ構造とロ構造

まずは、その建物が「イ構造」か「ロ構造」かによって、保険料は大きく異なります。


イ構造とは主に鉄骨・コンクリート造の建物を指し、ロ構造とは主に木造の建物を指します。


ただし木造の建物でも、建築基準法に定める耐火建築物・準耐火建築物・省令準耐火建物に該当するものはイ構造とされます。


ロ構造の方が保険料は高く、イ構造の1.6~2.3倍程度の金額となります。

都道府県別の補償額

建物が所在する都道府県によっても、保険料は大きく異なります


保険料がもっとも高い都道府県は東京・千葉・静岡などで、保険金額1,000万円あたりの年間保険料はイ構造で2万5,000円・ロ構造で3万8,900円です。


保険料がもっとも低い都道府県は岩手・長野・福岡などで、保険金額1,000万円あたりの年間保険料はイ構造で7,100円・ロ構造で1万1,600円です。


この違いは、都道府県によって地震の損害リスクに差があることから生じています。 

参考:長期契約の保険料

地震保険の保険期間は通常1年ですが、2年~5年の長期契約とした場合、保険料は以下の長期係数を乗じた金額となります。

保険期間係数
2年1.90
3年2.80
4年3.70
5年4.60

たとえば東京都内の木造住宅が5年契約で加入したなら、

38,900×4.6=178,940

38,900×5=194,500

194,500-178,940=15,560

1年更新に比べれば、5年で1万5,560円安くなります。 

地震保険の割引制度

ここまでは、地震保険の保険料を決める建物の構造・建物の所在地・長期係数について解説してきました。


「長期契約でもまだ高い」と感じますか?


それでは、ここからは保険料を最大半額にできる、地震保険ならではの4つの割引制度についてお伝えしていきます。

建築年割引

1981年6月以降に新築された建物またはそこに収容された家財については、保険料を10%割引します。


このタイミングで法が改正され、耐震基準が変わったことによります。

耐震等級割引

法律にもとづき定められた耐震等級に該当する建物、またはそこに収容された家財については以下の割引率で保険料を割引します。

  • 耐震等級3…50%
  • 耐震等級2…30%
  • 耐震等級1…10%  

免震建築物割引

法律で定められた免震建築物である建物またはそこに収容された家財については、保険料を50%割引します。


免震建築物とは、地面の上に「免震装置」があり、その上に建物が乗っている構造の建築物のことです。



耐震診断割引

耐震診断または耐震改修の結果、法の規定と同等の耐震性能を有することが確認できた建物またはそこに収容された家財については、保険料を10%割引します。


ここまでの割引を振り返ると、都内の木造住宅で「免震建築物割引あり」「5年契約」なら5年間の保険料は8万9,470円です。


通常より10万円以上保険料を下げられることになりますね。

地震保険控除について

地震保険料は、所得から控除することができます。


控除額は、その年に支払った保険料の金額に応じて以下のように計算されます。

  • 5万円以下…支払額全額
  • 5万円超…5万円

ただし「旧長期損害保険料の控除(最大1万5,000円)」も受ける場合は、両方の合計で5万円が限度です。


旧長期損害保険料の控除とは、開始日が平成18年までの積立型火災保険などに適用される控除です。


かつて火災保険は控除対象であり、最長で36年契約ができたことから、現在もこういった経過措置が設けられています。


なお、一つの契約で地震保険料と旧長期損害保険料の両方を支払っている場合は、契約者がいずれか一方を選ぶことになります。

まとめ:地震保険の補償は主保険の保険料に依存

地震保険の補償額や保険料についてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。


この記事のポイントは、

  • 地震保険の補償額の上限は、付帯する火災保険で設定した補償額の30~50%
  • 地震保険は、どの保険会社で加入しても内容は同じ
  • 建物の所在地・構造・割引の有無によって保険料は異なる

以上のことでした。


特に火災保険の補償額を新価(再度新築できる額)ではなく時価で設定している場合、地震保険の補償額は、たとえ全損でも再建築額の3分の1以下となる可能性があります。


住宅の古さや割引率なども考慮して、無駄のない加入方法を検討していただきたいと思います。


ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事を多数掲載しています。

ぜひご覧になってください。

ランキング