火災保険がおりない?火災保険が適用されないケースに要注意!

火災保険は自然災害等の損害が発生したときに補償がなされるため、万が一の際にはとても役に立つものです。しかし、万が一の場合でも保険金がおりないことがあるので要注意です。今回は、火災保険に加入していても保険金がおりないケースについて紹介します。

火災保険の対象外で保険金がおりない場合に要注意

火災保険は火災・自然災害や、プランによっては盗難や破損なども補償してくれる保険です。


しかし、いざというときに「火災保険から保険金がおりない」となると、困るどころの話ではなくなってしまうかと思います。


家が燃えてしまっても壊れてしまっても、すべて自己負担しなければならないという事態だけは避けたいですよね。


実は、火災保険には「保険金がおりないケース」があり、知っておかないと大変なことになる可能性があります。


そこで、この記事では火災保険の補償がおりないケースについて、

  • 範囲内なのに補償されない場合
  • そもそも火災保険の補償範囲外である場合

この2つに分けてお伝えしていきます。


この記事を読めば、火災保険の弱点が分かり、いざというときに愕然とするような事態は避けられることと思います。


場合によっては、今すぐプラスすべき補償があるかもしれませんよ。


ぜひ、最後までご覧になってください。

火災保険の補償範囲内なのに補償がおりない理由は?

損害の内容が火災保険の補償範囲内のはずなのに、補償がおりないということもあります。


「火災保険に入っておいて良かった」と安心していたのに一切払われないということになれば、人生を揺るがす一大事にもなりかねません。


実は以下の二つに当てはまるケースでは、損害自体は補償範囲内であっても保険金がおりないのです。

  • 被保険者の重大な過失により損害が発生した場合
  • 経年劣化により損害が発生した場合

これら二つのケースについて詳しく解説していきます。

被保険者の重大な過失で損害が発生したから

火災保険では「故意もしくは重大な過失または法令違反で損害が発生した場合」は保険金がおりないと定められています。


重大な過失とは、故意ではないにせよ「注意しないと大変なことになるのが簡単に予想できた」にも関わらず、その注意を怠ったという状況です。


たとえば「重大な過失」とされたものには、以下のような例があります。

  • ガスコンロに火をかけたまま離れた
  • 電気ストーブをつけたまま眠った
  • 布団の上で寝タバコをしていた

しかし同じような原因による火災でも、裁判で「重過失ではない」いう判決が出たケースもあります。


状況から総合的に判断されるため、重過失の線引きについては揉めることも少なくありません。

建物の経年劣化で損害が発生したから

火災保険では、たとえば「屋根などの破損事故について、台風などの異常気象による損害があったときに補償する」と定められています。


つまり、屋根の破損が経年劣化によるものであった場合には補障がおりません。


では古い屋根が台風で壊れたなら、どう判断されるのでしょうか?


この場合は保険会社側の鑑定人が事故報告書や写真から判断し、「全額補償」「一部補償」「補償しない」という判断を下すことになります。


なお、近頃はこの経年劣化住宅をターゲットにした詐欺業者が多発しています


「火災保険を使えば経年劣化でも無料で修理できますよ」と勧誘し、実際にはすべて自己負担となってしまうというものです。


「経年劣化=まったく補償がおりない」というわけではありませんが、こういった詐欺には十分警戒しておきましょう。

そもそも火災保険の補償範囲でない場合は補償がおりない

ここまでは、損害が火災保険の補償範囲内でも補償がおりない場合についてお伝えしてきました。

ここからは「そもそも火災保険の補償範囲ではないために補償がおりない」という場合について解説していきます。

火災保険では、以下のようなケースは保険金を支払わないと定めています。
  • 地震の影響で損害が発生した場合
  • 戦争や騒乱の発生により損害が発生した場合
  • 作業中の過失や技術ミスによる損害の場合
これら3点について詳しく説明していきます。

地震の影響で損害が発生した場合

補償がおりないケースの1つ目は「地震による損害」です。


地震による被害はあまりにも規模が大きすぎて保険会社の支払い能力を超えてしまうため、半公的保険である地震保険からしか補償を受けられません。


なお、火災保険に自動付帯される「地震火災費用特約」は地震・噴火またはこれらによる津波が原因で火災が起こり、一定以上の損害が発生すれば保険金額の5%が支払われるというものです。


地震保険とは別物ですのでご注意ください。


地震保険は火災保険とセットでしか加入できませんが、現在加入している火災保険に後からプラスすることは可能です。


ただし地震の警戒宣言が出された地域は、もう契約できなくなる可能性があります。


なお、地震保険は政府と損保会社が共同で運営しているため、どこで入っても同じ内容です。

戦争や騒乱で損害が発生した場合

補償がおりないケースの2つ目は「戦争騒乱による損害」です。


火災保険でカバーできる補償の一つに「建物外部からの物体の落下・飛来・衝突による損害」というものがあります。


しかし同時に、ほとんどの火災保険では「戦争や内乱、暴動などにともなう被害は免責となる」と約款に明記されています。


つまり、もし戦争でミサイルが当たって家が壊れても火災保険で補償することはできません。


「建物外部からの落下・飛来・衝突」とは、自動車の飛び込みや飛び石、ボールが飛んできた場合などを想定したものです。


損害保険だけではなく生命保険においても、死亡原因が戦争であった場合は保険金が支払われなかったり減額されるのが一般的です。

作業中におきた過失や技術ミスで損害が発生した場合

補償がおりないケースの3つ目は「作業中におきた過失や技術ミスによる損害」です。


たとえばリフォーム業者のミスにより発生した損害なら、火災保険ではなく業者から賠償を受けることになります。


しかし、責任関係がはっきりするまで補償が受けられなければ、そこに住む人が大変になってしまうこともあるでしょう。


雨漏りで家中が水浸しになったまま、鑑定の結果を数ヶ月待つなどということは到底できませんよね。


このように緊急性が高いケースでは、責任の所在が明らかになる前でも保険会社が保険金を支払ってくれる場合もあります。


その後に事故の責任が業者にあったことが判明すれば、保険会社からその施工業者に直接賠償を求めることになります。

参考:台風や竜巻などの風災でも火災保険で補償される

台風竜巻で自宅の屋根や瓦が飛ばされたり、飛来物がぶつかってガラスが割れたなどの被害は火災保険の補償の対象となります。


台風にともなう大雨による浸水被害は「水災」のオプションがないと補償がおりないのですが、風災(風による被害)は、ほとんどの火災保険で基本契約に入っています


ややこしいのですが、たとえば屋根が風で飛ばされ自宅に雨水が入って被害が出た場合は「風災」ということになります。


家財を対象としている契約なら、敷地内にある物置や自転車が暴風で壊れた場合も補償されます。


台風で屋根や壁の破損しても気付かないこともあるため、台風が過ぎた後には必ず自宅全体の状態を確認するようにしましょう。

補足:契約した保険の約款を再確認することが大事

他にも、意外なケースとして 

  • 水濡れによる建物などの損害は補償されるが、その原因となった水道管などの給排水設備の損害には補償がおりない
  • 台風のときに窓を閉め忘れ、雨が吹き込んで損害が出た場合は補償がおりない

などの支払い対象外の例があります。


最近の火災保険はオリジナルの商品が多く補償範囲もそれぞれ異なりますので、必ず約款を再確認しておきましょう。


ただし、保険金がおりるかどうかは保険会社が個別に判断することですので「どうせ補償対象外だから…」と自己判断せず、とりあえず保険会社に問い合わせることをおすすめします。 

まとめ:火災保険は偶然かつ突発的な事故でしか適用されない

火災保険の補償がおりないケースについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか? 

今回のこの記事のポイントは、
  • 本人の重大な過失・建物の経年劣化によって発生した損害には補償がおりない
  • 地震・戦争や騒乱・作業中のミスによって発生した損害は、そもそも補償の範囲外である
  • 商品により補償内容は異なるため、必ず約款を確認する
以上のことでした。

火災保険は自動車保険と同じく損害保険の一種ですが、自動車保険のような「等級」が存在しません。

何度申請しても保険料は変わりませんから「この損害は補償されるだろうか?」
と悩んだら、小さなことでも遠慮せず損保会社に問い合わせていただきたいと思います。

ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事を多数掲載しています。

ぜひご覧になってください。

ランキング