火災保険の不測かつ突発的な事故(破損・汚損)に該当する場合とは?

火災保険の不測かつ突発的な事故(破損・汚損)に該当する場合とは?-サムネイル画像

火災保険の不測かつ突発的な事故(破損・汚損)に該当する場合は、子供が壁紙に落書きしてしまった場合や、子供が誤ってボールをテレビに当てて壊してしまった場合などが挙げられます。しかし、ペットによる破損・汚損は火災保険の不測かつ突発的な事故の対象外になることが多いので注意が必要です。

火災保険の不測かつ突発的な事故(破損・汚損)に該当する場合って?

みなさんは火災保険に加入していますか?

加入している方はどの範囲まで補償対象になるか認識していますか?

台風などの自然災害の被害を受けた時や火事が起きた時にはもちろんですが、



火災保険の不測かつ突発的な事故(破損・汚損)の補償内容を詳しく知っている方はあまりいないのではないのでしょうか。



そこで今回の記事では火災保険の不測かつ突発的な事故について

  • 不測かつ突発的な事故の補償内容
  • 具体的な事例を紹介
  • 実際に保険金がいくら降りるのか?
  • 不測かつ突発的な事故を補償する保険会社を紹介
を中心にまとめています。


こちらの記事を読んでいただければ、火災保険への疑問の解決に役立つと思います。

また補償されないと思っていたものが補償対象になることが判明するかもしれません。

ぜひ最後までご覧ください。

火災保険の不測かつ突発的な事故(破損・汚損)とは

まず不測かつ突発的な事故の定義について説明していきます。

事前に防ぐことが難しく、急な事故によって建物や家財などが破損や汚損してしまうという事が定義になります。

例えば「掃除機が壁にぶつかって壁が壊れてしまった。」など

「子供が室内で遊んでいて窓ガラスを割ってしまった。」など

そんな日常生活の中でのうっかり事故が起きてしまった場合にも保険金を受け取ることができます。


また火災保険の加入状況によって補償対象になるか、補償対象にならないか別れます。

  • 建物のみを補償対象にしている場合、建物のみが補償対象となる
  • 家財のみを補償対象にしている場合、家財のみが補償対象となる
  • 建物と家財を補償対象にしている場合、建物も家財も補償対象となる
また住居が持ち家賃貸かなどでも補償対象範囲が変わります。
賃貸の場合は建物は持ち主が加入しているので家財のみを選択するのが一般的です。

火災保険の不測かつ突発的な事故(破損・汚損)の例

では具体的に事例を建物と家財と分けて例をあげていきます。


以下の場合には建物を補償対象にしている場合に補償されます。

  • 掃除中に壁に物をぶつけてしまい壁を破損してしまった
  • 子供が室内で遊んでいて物を投げて窓ガラスを割ってしまった
  • ドアノブに物を引っ掛けてしまいドアノブを破損してしまった
  • 子供が壁紙に落書きをしてしまった

以下の場合には家財を補償対象にしている場合に補償されます。

  • 掃除中に掃除機のコードが引っかかり転んでテーブルが壊れてしまった
  • 食器を洗っている時に食器を落としてしまった
  • 子供が室内で遊んでいてテレビを倒してしまった
  • パソコンにコーヒーをこぼしてしまった
など防ぎようのない事故であれば火災保険の対象となります。
ですが日頃から事故が起きないようきをつけることも必要です。

参考:子供が壁紙に落書きした場合も不測かつ突発的な事故に該当

程度にもよりますがこの場合も不測かつ突発的な事故に該当されます。

壁紙は建物に含まれるので建物を火災保険の補償対象にしている場合には適用できます。


また他人によってペンキで外壁に落書きをされた場合でも不測かつ突発的な事故として扱われます。

他にもスプレーで落書きされた場合は物体の落下・飛来・衝突として扱われることが多いです。


このように幅広く補償できるのが火災保険です。

ですが保険金で修理代が「安くなった、無料になった。」と思いがちですが、その分保険料を払っていることを忘れないようにしましょう。

火災保険の不測かつ突発的な事故(破損・汚損)の対象外になるケース

こちらでは、火災保険の補償対象外となるケースについて解説いたします。


 結論から申し上げますと、 

①ダメージの少ない傷だけの場合では補償はされません。 

②損害の金額が少額の場合でも補償はされません。


 例えばテレビの外側が傷ついてもテレビが視聴できる状態など、基本的に外観が傷ついても機能に問題がなければ補償はされないのです。 

また、損害の金額が少額というのは、免責金額を下回る金額の場合のことです。 

そもそも、免責金額というのは、火災保険加入時にご自身で決めた損害の一部を自己負担する金額です。 

お客様に支払われる損害保険金は損害金から免責金額を引いた額のことをさします。

 免責金額を0円にできる保険会社は少ないのもポイントです。 


それではここから、他にも補償されないケースがありますので紹介していきます。

わざと破損・汚損させたケース

わざと破損・汚染された場合は補償されません。

  • 傷つくと予想できたのに家具を引きずってフローリングを傷つけてしまった
  • 喧嘩してカッとなり物を投げ窓ガラスを割ってしまった
  • 苛立ってものにあたり壊してしまった
などのように予想できた事故や自らの感情によって起こしてしまった事故に関しては補償の対象外となります。

スマホ(携帯電話)・メガネが壊れたケース

万が一スマートフォンやメガネが故意でなくても破損した場合は火災保険の補償対象外となります。

それは元々スマートフォンやメガネが壊れやすい物ですので、ほとんどの保険会社が免責事項としていることが多いでしょう。

*免責事項とは契約者自身が責任を負う項目のことです。


またノート型パソコンやタブレットも同様に補償対象にはなりません。

自宅の外で壊してしまったケース

基本的に不測かつ突発的な事故の補償となるのは自宅内での事故のみです。


もし自宅の敷地内に駐車していた自転車が盗まれてしまった場合は補償対象になります。

この場合は火災保険の盗難補償の対象になります。

ですが自宅以外の場所に駐車していて盗まれてしまった場合には補償対象になりません。

経年劣化のケース

まず経年劣化とは、時間とともに品質が低下することです。

通常使用していて起こる摩擦や汚れなども経年劣化です。

経年劣化により破損した場合には不測かつ突発的な事故ではないので補償されません。

例えば

  • 設置から長年経っているカーポートに亀裂が入った
  • 家具の設置により床が凹んでしまった(長年設置していたため)
  • テレビや冷蔵庫による電気焼け
などのケースは対象外となります。

また経年劣化による事故は基本的に火災保険では補償対象外となるので注意してください。

不測かつ突発的な事故が発生した日が不明なケース

いつ事故が起こったのか不明な場合も補償対象外となります。

保険金を受け取るのには

  • いつ(事故発生日)
  • どこで(場所)
  • 誰が
  • 何を(対象物)
  • どのようにして(事故である説明)
を専用の証明書に記載する必要があります。
また写真も証拠として撮っておくことをおすすめいたします。
証拠が残っていれば修理後でも保険金が受け取れる場合もあります。

注意:ペットによる損傷も火災保険のほぼ対象外


飼っているペットによって破損した場合も補償対象外となります。

  • 飼い猫が壁を使って爪とぎをしてしまった
  • 飼い犬が畳の上で用を足してしまった
  • 飼い猫、飼い犬が走り回ってフローリングが傷ついてしまった
などは残念ですが補償はされません。

また飼っているペットが他人にケガをさせてしまったり、他人の物に損害を与えてしまう場合もありますよね。
この場合には個人賠償責任補償の対象となる可能性が高いです。

ですが雷が落ちそれに驚いた飼い犬がテレビにぶつかりテレビが破損した場合は、不測かつ突発的な事故として扱われる可能性もあります。
この場合には保険会社に確認してみましょう。

なおペットによる破損・汚損についてまとめた記事もございますので、ぜひ読んでみてください。

火災保険の不測かつ突発的な事故(破損・汚損)で保険金はいくらおりる?

不測かつ突発的な事故で保険金を受け取るには破損・汚損損害等補償特約を火災保険に付帯することです。

では実際に保険金はいくら受け取れるのでしょうか。

まずは支払う保険金の算出の仕方ですが家財の新価の範囲内で金額の設定が可能です。

*新価とは同じものを新しく購入する為に必要な金額のことです。

例えば家財の新価額が600万だった場合に600万円を上限として設定できます。


保険の契約時には免責額も同時に設定します。

免責額の相場は0円〜10万円が相場です。

免責を増やすことによって保険料が安くなるメリットもありますがデメリットもあります。


例えば10万円免責額を設定しているとします。

損害額が10万円以下だと免責額を下回ってしまい損害保険金が受け取れなくなってしまいます。


子供の落書きによる壁紙の損害金(修理費)が20万円、免責額が5万円だとすると15万円の損害保険金が受け取ることができます。

火災保険の不測かつ突発的な事故(破損・汚損)を補償する保険会社を紹介

それではどこの保険会社に加入すれば保証が受けられるのでしょうか?

不測かつ突発的な事故(破損・汚損)が保証内容に含まれる保険会社を6社紹介して行きます。

あいおいニッセイ同和損保

あいおいニッセイ同和損保では火災保険に加えて地震保険・オプション特約が充実しています。
また万が一事故が起きた場合に24時間対応の専用モバイルサービスもあるので、いつでも相談することができるのも特徴です。

東京海上日動

東京海上日動では、火災保険に加入すると無料で様々なオプションサービスを受けることができます。
またオプションを追加することでさらに手厚くサポートを受けられるサービスもあります。

また企業向けにも保険プランがあり、不測かつ突発的な事故が補償内容に含まれます。    

AIG損保

AIG損保では付帯サービスに24時間365日何かトラブルが起きた時にかけつけていただけるサービスがあります。
 例えばエアコンが水漏れした時、トイレが詰まってしまった、家の鍵を紛失してしまった時などに対応してくれます。

楽天損保

楽天損保のホームアシストでは基本補償には含まれておりませんが、選択することで補償が受けられます。
また損害保険金だけではなく費用保険金も充実しています。 
なお契約しますと楽天のポイントがつく特徴もあります。。

全労済

全労済では 加入すると火災共済と自然災害共済の補償が受けられます。 
また共済や特約を追加することでさらに手厚く保険をかけることも可能です。    

損保ジャパン

損保ジャパンでは火災保険に含まれる地震保険を充実させたい方向けの特約、事故の思わぬ費用に備える特約もあります。 
ですのでご自身が気になる部分を手厚く補償することができます。 

まとめ:不測かつ突発的な事故(破損・汚損)を火災保険で補償しよう

いかがでしたでしょうか。

今回は不測かつ突発的事故についてまとめました。

ポイントは

  • 不測かつ突発的な事故は火災保険の保証対象となる
  • 補償できるケースとできないケース
  • 損害保険金
  • おすすめの保険会社の紹介
でした。


不測かつ突発的な事故はいつ起こるか予想ができません。

その万が一のために備えて火災保険に加入することをおすすめします。

また加入している方も保険を見直してみてください。


今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

他にもほけんROOMではみなさんのお役に立てる記事を用意しておりますのでぜひご覧ください。


この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング

  • 【簡単3分見積もり】火災保険/地震保険の一括見積もりはこちら
  • 火災保険・地震保険の加入率を紹介!地震保険は付帯するべき?
  • 火災保険の加入って必要?加入の必要性と加入時の選び方を徹底解説
  • 火災保険の必要書類って何?状況ごとに異なる書類を詳しく解説!
  • 2019年に火災保険が値上げ。保険料節約のための加入時期は?
  • 火災保険料の相場って平均いくら?目安となる平均金額と保険料の仕組み!
  • 賃貸住宅の火災保険の選び方とは?必要性と選び方の手順を解説
  • 雪害・雪災に火災保険が使える!保険金が支払われる条件とは?
  • 自然災害のために火災保険は必要!補償範囲を確認しよう!
  • 【必読】住宅が土砂崩れ被害にあった!火災保険は適用される?
  • 【必読】台風で自宅が被害を受けた!火災保険は適用される?
  • 火災保険の風災・雪災・雹災補償の適用範囲は?ケースごとに解説!
  • 火山の噴火による家の被害は火災保険・地震保険で補償される?
  • 落雷による被害は火災保険で補償される?補償範囲と請求方法を紹介
  • 液状化・地盤沈下による家の傾きは火災保険・地震保険で補償される?
  • 津波の被害は火災保険で補償されない!地震保険の加入が必要!
  • 【簡単3分見積もり】火災保険/地震保険の一括見積もりはこちら
  •