火災保険ALL

火災保険で水漏れの損害はどこまで補償できる?具体例を用いて解説

火災保険で水漏れの被害を保証できることをご存知でしょうか。万が一に備えて、どんな場合に補償されるのか、どんなときに補償されるのかを理解しておくことは大切です。この記事では、火災保険で水漏れの損害はどこまで保証できるかなどを解説していきます。

火災保険で水漏れの損害はどこまで補償できる?

火災保険で水漏れの損害はどこまで補償してもらえるのか、気になる方も多いのではないでしょうか?


そして火災保険で水漏れが補償されない場合の経済的な負担に不安をお持ちの方もいるかもしれません。


しかしできることなら、被害の修繕費は損害補償で出費を抑えたいものです。


水漏れが補償範囲に入っていれば、損害保険金を火災保険から受け取ることが可能です。


そこで今回は水漏れへの補償について、

  • 水漏れ被害の補償範囲
  • 補償範囲かの確認方法
  • 火災保険の請求方法
  • 給排水設備の老朽化やマンションの水漏れ
以上のことを中心に解説していきます。


この記事を読めば、水漏れが起きたときに上手に火災保険を活用し、出費を抑えることができるかと思います。


ぜひ最後までご覧ください。


水漏れによる被害の補償範囲を解説

ほとんどの火災保険で「漏水による水濡れ」に対しての補償を受けることができます。


ただし、「漏水による水濡れ」が補償対象に入っている火災保険に加入していることが絶対的な条件となります。


まず基本的な補償条件は、

  • 保証対象が建物の場合
  • 保証対象が家財の場合

給排水設備自体が壊れてしまった場合は保証対象外になるので注意してください。


そして故意的な損害ではなく、偶然に起きてしまった損害へのみの補償となります。

水漏れの修理費は補償されない

火災保険の水漏れの補償対象は「水漏れしたことにより損害を受けた建物や家財」にあたるため、給排水設備の修理費用は出ません。


外部からの衝撃などによるものと判断された場合は、「破損」として補償されるケースもあります。


ほとんどの保険会社の補償条件では、給排水設備に対しての補償はされないので、別の補償に加入している方はそちらで補うようにしてください。

水漏れによる損害は補償される

まず水漏れによる損害の補償条件について説明します。


原則として、

不慮の事故を対象としているため故意に起こした場合は、補償対象にならない


補償事例としては、

  • キッチンの給水管からいきなりの水漏れ
  • 洗濯機のホースがいきなり外れて水漏れ
などがあります。


火災保険の中で「水漏れ」は非常にあいまいで判断が難しいので、少しでも対象になる可能性があるか事例を参考に理解しておいてください。

火災保険の契約内容によっては補償されない

保険会社によって火災保険の内容は異なります。


火災保険の補償内容によっては補償されないこともあります。


建物が老朽化してしまうと、水漏れによる被害が発生するリスクも高くなってしまいます。


そのため、補償範囲をきちんと認識し、足りない部分は万が一に備えて補償を追加しておかなくてはいけません。

参考:水濡れが補償されるか確認する方法

次に加入している火災保険に、水漏れの補償が入っているのかを確認する方法について説明します。


加入した際に渡される保険証券に補償範囲等はすべて記載されています。


ご自宅に保管されているかと思いますんで、再度記載されている補償範囲の内容を確認してみましょう。


長期契約も多いので、もしかしたらなくしてしまっていたりすぐ見つからない方もいらっしゃるかもしれません。


もし保険証券が見当たらない場合は、加入している保険会社に電話で問い合わせてみると補償内容を確認することができます。

火災保険金の請求方法について

ここまで補償内容についてお話してきました。


補償範囲が分かったところで、ここからは火災保険の請求方法について説明します。


まず火災保険には、損害補償を「時価」で計算する場合と「新価」で計算する場合があるということを覚えておきましょう。

時価同じものを再調達する際にかかる額から経年劣化による消耗分を除いた場合
新価再調達するのにかかる額

例えば10年前に5万円で貼ったクロスが水漏れで汚れてしまった場合、現在でも張替は5万円でできるとします。


時価の場合には、そのまま5万円が補償されるわけではありません。


5万円から10年間使用することで消耗した分(仮に3万円とします)を差し引いて残った額(2万円)が、実際に支払われる額となるのです。


新価の場合は同じものを再調達する際にかかる額(5万円)がそのまま支払われます。

給排水設備の老朽化による水濡れとマンションの水濡れについて

給排水設備の老朽化による水漏れの場合は補償内容によっては保険料をもらうことができます。

しかし、ここからはマンションでの水漏れはどうしたらいいのかを解説していきます。

マンションは一軒家と違い、管理会社にまず連絡をいれるようにしましょう。

共有部分の破損の場合は、管理会社の責任となります。

賃貸マンションであれが貸主が責任をもって対処してくれるはずです。

個人の不適切な使用方法が原因の場合は、被害者宅への損害賠償をしなくてはいけませんよね?

被害によってはそれが何百万に及ぶ場合もあります。

また、原因調査のために床板などを剥がしたりなどすることで多額な費用がかかってしまうケースもあるのです。

管理会社がどのような保険に入っているか確認し、足りないと思う部分は個人で加入するなどの対策を取っておきましょう。

給排水設備の老朽化による水濡れについて

マンションを建築してから15年、20年と経ってくると老朽化してくる設備も出てくるものですよね?


給排水設備の水漏れが共用部分で発生した場合、老朽化から来るものであればまた水漏れを起こしかねません。


保険に入っているのだからと安易に考えている人もいるかもしれませんが、修理をせず何度も同じ場所から老朽化が原因で水漏れを起こしている場合は保険会社から「事故性はない」と見なされてしまい、保険金の支払いを拒絶されるケースもあるのです。


一般的にサビなどがそうです。


事故が起きた際に修理をしないという選択はないかと思いますが、頭に入れておきましょう。

一戸建てとマンションでの水濡れの補償は違う?

一戸建てにもつけておいて損はありませんが、マンションの場合は最も付けておくべき補償ではないでしょうか。


なぜかというと、マンションのような共同住宅において水漏れ被害のリスクはかなり高くなるからです。


上の階からの水漏れもあるかもしれないし、自分が他の階の住民に水漏れによって迷惑を掻けてしまうかもしれません。


他の方への損害賠償となると金額も高くなってしまうケースも多いのです。


第三者に迷惑をかけた時のことも考えなければいけません。


個人賠償責任特約はオプションで火災保険につけることができます。


まだ加入していない方は、付け加えることを検討してみてもいいのではないでしょうか?


個人賠償責任特約とは?

自身が受けた被害に対しての損害を補償するものではなく、他人に与えてしまった損害をカバーする為の保険になります。

(他の人にけがをさせてしまったり、他人の所有物を壊してしまったなどの場合)

一戸建てはマンションに比べると水漏れのリスクは低いので必要性は薄いと言えます。


保険料をできるだけ抑えたい方は、外してしまうのも方法のひとつかもしれません。

まとめ:火災保険による水漏れ被害の補償について

今回は「火災保険での水漏れ損害の補償範囲と胃戸建てとマンションの補償の違い」について解説しましたが、いかがでしたでしょうか?


今回のポイントは、

  • 補償範囲に水漏れが入っているか
  • 請求の方法
  • 起きた水漏れ原因が補償に該当するか
  • マンションの場合は専有部分か共有部分なのか

以上の4つでした。


水漏れ被害での修繕出費は場合によってはとても高くなりかねません。


その出費をできるだけ火災保険の補償で補うためにもぜひ理解しておきましょう。


またマンションに住んでいる方は、第三者への損害賠償に備えた補償も付けておくことも見直しの際は考えてみてください。


せっかく火災保険に加入しているのですから、ぜひ上手に活用してみてください。


ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

ランキング