意外と安全?エジプト旅行前に知っておきたいエジプトの治安!

エジプトはスフィンクスやピラミッドをはじめ、多くの観光客が訪れる国です。しかし、アフリカ大陸に位置し、やはり日本人の誰もが治安を心配する国でもあります。今回の記事では、最新のエジプトの治安と、エジプトで気をつける点をわかりやすく説明します。

エジプトの治安は良い?悪い?

スフィンクスやピラミッドなど、エジプトの有名な観光地をぜひ訪れておきたいと思う方は少なくないでしょう。


しかし、エジプトのあるアフリカ大陸のイメージから、正直治安が悪いのではないかと二の足を踏んでいる方も多いのではないでしょうか。


エジプトの平和ランキングは142位ですが、実は、これは主要都市以外の貧困地域なども含まれている上での順位で、実際はそれほど治安が悪いわけではないのです。


そこで、この記事では「エジプトの治安」について、

  • エジプトの主要な観光地の治安
  • エジプトを観光するときのさまざまな注意点
  • 旅行に安心をもたらす海外旅行保険

以上のことを中心に解説していきます。


この記事を読んでいただければ、エジプトの治安情報をリアルタイムで得る方法や、安全にエジプト旅行を楽しむための知識などが分かります。


是非最後までご覧ください。


外務省のホームページで最新の地域別の安全性を把握しよう

エジプト旅行に限ったことではありませんが、海外旅行の際は、まず外務省のHPで最新の治安情報を手に入れるようにしましょう。


外務省「海外安全ホームページ


上記のHPで調べると、アフリカ大陸の全体的な治安の悪さに驚いてしまうかもしれませんが、エジプトは他のアフリカの国々よりも比較的治安がよく、日本人の一般的なイメージよりも安全な場所が多いです。


旅行中も、不慮の事故や事件に巻き込まれないよう、必ず外務省のHPからエジプトの最新情報をチェックするようにしましょう。

主要観光地は治安は比較的良い!

エジプトというと、カイロアレキサンドリアなどの観光都市に行く方が多いかもしれませんね。


シナイ半島などの一部地域ではテロなどが多発し治安も悪いですが、主要な観光都市は割と治安が良く、スリなどの軽犯罪に注意していれば犯罪に巻き込まれる可能性はそれほど高くないでしょう。


では、主な観光地の治安について詳しくご紹介します。

カイロ

外務省のHPによると、カイロの危険度は「レベル1(十分に注意してください)」です。


スリや置き引きなどの軽犯罪に気をつけ、危ない場所には近づかないようにしましょう。


また、カイロ中心部のタハリール広場は観光に便利な場所で治安もよいですが、現地民が多く、最近ではデモが起きやすい場所とされています。


普段は特に危険な場所というわけではありませんが、人々が急に集会を始めた場合などは、暴動に巻き込まれないようすみやかにその場から離れるようにしましょう。

アレキサンドリア

外務省のHPによると、アレキサンドリアの危険度は「レベル1(十分に注意してください)」です。


カイロと同じく、軽犯罪には常に注意する必要があります。


アレキサンドリアの地中海に面した町並みを歩きたいという旅行者もいるかもしれませんが、照明が少ないので夜に出歩くのはなるべく控えましょう

これらの地域でも注意点は多い

エジプトの主要な観光都市は比較的治安が良いのですが、だからといって無防備になってはいけません。


観光地は観光客が多いので大きな事故・事件は少ない傾向にありますが、旅行者は軽犯罪のターゲットになりやすく、旅行者に対するスリ置き引きなどの軽犯罪は後を絶ちません。


では、エジプトでスリや置き引きなどの軽犯罪を防ぐ方法をご紹介していきます。

置き引き・スリ

混雑した道を歩いていたり、親しげに近づいてきた相手と話したりしているときにスリ被害に遭うケースがあります。

特に、タクシーの運転手と話しているときやバスに乗っているときに、ポケットやバッグからスマホ・財布を盗まれることが多いようです。

エジプトでスリ被害に遭うのを防ぐためには、
  • 現金を必要以上に持ち歩かない
  • 現金や貴重品はなるべく分散して持ち歩く
  • 公共の交通機関を利用する際は特に周囲へ気を配る
  • 親しげに声をかけてきた相手を安易に信用せず、いいなりにならない
などの行動が必要です。

また、置き引きの被害も発生しているので、レストランや公共交通機関の座席では荷物を体から離さないように心がけましょう。

ぼったくりに注意しよう

エジプトでは、観光客を狙ったぼったくりにも注意が必要です。


ぼったくりの一例としては、

  • 空港でタクシー料金を高くとる
  • お土産店で、パピルスの絵などの芸術品を高く買い取らせる
  • ピラミッド周辺でラクダの運行料金をつり上げる

などのケースがみられます。


空港から市内へ行くタクシーの相場は100~150ポンド、ラクダの運行料金の相場は100ポンド程度だといわれています。


これよりも大幅につり上げるようなら、ぼったくりの可能性があるので気をつけましょう。


また、お土産店では普通の芸術品を「有名な画家が描いた」などのように言い、あたかも価値があるように思わせて高く売りつけるというケースもあります。


芸術品を買うときは、本当に高価なものであれば雑に扱われていないはずなので、その品物が店舗内でどのように置かれているのかチェックしましょう。

客引きにはNo, Thanksの一点張りが有効

特にピラミッド周辺では、しつこい客引きがたくさんいます。

  • タクシーの運転手やラクダ乗りなどが声をかけてくる
  • ピラミッドの観光ガイドを強引に申し出る
  • お土産をしつこく売ろうとする

などのような客引きが非常に多いです。


客引きを遠ざけたい場合は、「No, Thanks(ノー・サンクス)」の一点張りが有効です。


興味があるそぶりをなるべく見せず、はっきりと断りましょう。

テロへの不安

ここまで軽犯罪の実態についてご紹介してきましたが、治安といえば、多くの旅行者がテロのことを気にしているのではないかと思います。


現在は、エジプトや日本も含め、どの国でもテロが起きる可能性があり、今のところ特にエジプトがテロリストから狙われているというわけではありません


しかし、万が一に備えて外務省のHPからテロの最新情報を確認しておいたほうが良いでしょう。


普段からテロに遭う可能性を少なくするためには、用もなく人が集まる場所(イベント会場など)に行かないのがベストです。


また、エジプトで過去に起きたテロは主に警察や教会・モスクを狙ったものが多いので、それらの施設にもできるだけ近づかないようにしたほうがよいでしょう。

エジプトは女性でも安全に旅行できる?

スリや置き引きなどの軽犯罪を除けば、エジプト主要都市の治安はそれほど悪くないということがお分かりいただけたと思います。


では、エジプトは女性のみでも安全に旅行できるのでしょうか?


結論から述べると、エジプトの公共交通機関や観光地では痴漢の被害が多発しており、外国人に対する婦女暴行被害が起きた例もあるので、女性が手放しで安全に旅行できるというわけではありません。


ここからは、女性だけでエジプト旅行する際の注意点について詳しくご説明していきます。

夜間・人気の少ないところの一人での外出は避けましょう

エジプトに限ったことではありませんが、女性1人で夜間に出かける、または人気の少ないところへ出かけるのはやめましょう。


女性というだけで狙われやすく、さらに1人だった場合は、なおさら犯罪のターゲットにされやすい傾向があります。


複数人の女性と一緒に出かける場合も、夜間外出や人が少ない場所へのお出かけはなるべく控えるようにしてください。

宿泊先は少しランクの高いものを選びましょう

特に女性のみでエジプトに旅行する場合は、少しランクが高い宿泊先を選びましょう。


高くても4,000円/1日ほどで泊まれる宿泊先を選んでおいたほうが無難です。


もちろん、「ランクが高い宿泊先は絶対に安全」と言い切ることはできないので、貴重品は肌身離さず持ち歩き、自分が部屋にいるかいないかに関わらず施錠を徹底するように心がけてください。

病気に注意をしましょう

ここまでエジプトの治安についてご説明してきましたが、もう1つ注意点があります。


エジプト旅行の際は、感染症や寄生虫などの疫病に気をつける必要があります。


しかし、「疫病を防ぐためにはどうしたらよいのか分からない」という方も多いと思うので、ここからは具体的な疫病対策をご紹介していきます。

感染症

エジプトでは感染症にかかる心配があります。


感染症にかからないためには、生野菜、生魚、生水などのなまものを避け、水は煮沸するかミネラルウォーターを飲むようにしてください。


また、ゴミが多い場所や、衛生環境が悪い場所にはくれぐれも近づかないようにしましょう。


他にも、エジプトはA型肝炎の流行地なので、必ずワクチンを接種してから渡航してください。

寄生虫

ナイル川やその近くの川には、ヒトの血を吸う寄生虫がいるので注意が必要です。


ナイル川に生息するビルハルツ住血吸虫の幼虫は、川に入ったヒトの皮膚を食い破って経皮感染します。


ビルハルツ住血吸虫に感染しても旅行中に症状が出ることは少なく、数日間後に発疹や血尿などの初期症状がみられ、長い間放置するとがんに移行することもあります。


ビルハルツ住血吸虫はヒトからヒトに感染することはなく、汚染された水に接触することで感染するので、ナイル川に裸足で入ったり川を泳いだりしないでください。

海外旅行保険への加入をおすすめします

ここまでエジプトの治安や衛生環境について解説してきましたが、他にも、海外で持病が悪化したり思わぬ事故に巻き込まれたりする心配もありますよね。


海外で病院にかかるのが心配な場合は、海外旅行保険への加入をおすすめします。


商品にもよりますが、一般的な海外旅行保険に加入すれば、

  • 医療費の自己負担額を少なくできる
  • 事故に巻き込まれたときの賠償責任額を保障してもらえる

などのサポートがつくことが多いです。


エジプトの病院では、保険未加入の場合、病気・ケガによっては数百万単位の医療費を請求され、その治療費を前払い・担保できないときは治療を受けられないというケースもあります


そのため、医療費を負担してくれる海外旅行保険に加入しておくと安心です。


ある海外旅行保険では、「治療費用300万円、賠償責任費用5,000万円」を保障してくれます。


旅行先でそこまで高額な治療費を支払うケースはあまりみかけられませんが、加入しておけばいざというとき安心でしょう。


ほけんROOMではおすすめの海外旅行保険についての記事を書いています。

お得に海外旅行保険に入りたい方はぜひ読んでみてください!


まとめ:エジプトは治安のいい地域だけ訪れよう

エジプトの治安について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。


今回のこの記事のポイントは、

  • エジプトの主要な観光地の治安
  • エジプトを観光するときのさまざまな注意点
  • 旅行に安心をもたらす海外旅行保険

です。


一部の地域を除けばエジプトの治安は安定しており、エジプトの主要都市で重犯罪に遭うリスクはそこまで高くないので、決して危険地帯には行かず、治安のよい場所だけ訪れるようにしましょう。


ただし、治安がよいとはいってもスリや置き引きなどの軽犯罪は多発しているので、常に貴重品に気を配る必要があります。


また、エジプトでは、医療費が払えないと治療してもらえないこともあるので、医療費を負担してくれる海外旅行保険への加入も検討してみてください。


ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。 

ランキング