生命保険の選び方に関する疑問
最適な情報を伝える

生命保険の選び方

生命保険の選び方のポイントを解説!賢く選べば後悔しない!

生命保険の選び方は、20代・30代・40代・50代と年代ごとに変わります。また、未婚なのか既婚なのか、子供の有無なども必要な保障内容を考える際には重要になってきます。このカテゴリでは生命保険の選び方についてライフステージごとに解説しています。

賢い生命保険(死亡保険)の選び方は?ポイントまとめ

あなたは生命保険の選び方が分からず、この記事を読んでおられると思います。


このカテゴリでは、生命保険の選び方に関する記事を紹介します。


だれもが人生に一度は加入すると言われている保険。


多くの人は正確な知識がなく保険のセールスパーソンの言いなりになって加入して損をしていることがあります。


そこで、今回は生命保険の選び方について解説していきます。


生命保険の選び方は、あなたの年代、家族構成で大きく異なります。


30代なのか40代なのか、未婚なのか既婚なのか、既婚であれば子供の有無によって必要な保障は変化していきます。


このカテゴリでは、どのように生命保険の選べばいいのか、ほけんROOMの記事を中心に解説します。


このカテゴリの記事を読んでいただければ、生命保険の選び方全般の知識を身につけることができます。


また、無料保険相談の予約を行うことも可能です。 


ぜひ、最後までご覧ください。 


生命保険(死亡保険)の選び方①種類と備えたいリスクから選ぶ

お得に生命保険を選ぶためには、まずは自分がどのようなリスクに備えたいのかを明確にする必要があります。 


年齢や家族構成のほかに、ローンや持病などの個別の事情も考慮して決めましょう。
 


そして、生命保険にはどのような種類があるのかを把握し、備えたいリスクに対応した保険を選びます。 


生命保険への加入目的をはっきりさせた後に、生命保険の種類を選ぶという手順で考えると、保険選びがスムーズに進みます。 


それでは、現在どのような保険商品があるのでしょうか。 


以下に生命保険の種類と概要をまとめます。 


生命保険の種類リスク保障内容
定期保険死亡生活費・葬儀費・ローン返済
終身保険死亡生活費・葬儀費・老後資金・貯蓄・ローン返済
養老保険死亡・老後の生活生活費・葬儀費・老後資金・貯蓄・ローン返済
収入保障保険死亡生活費・ローン返済
個人年金保険老後の生活老後資金
学資保険死亡・病気やケガ・子供の進学入院治療費・学費・貯蓄
医療保険病気やケガ入院治療費
がん保険がん入院治療費
介護保険介護介護費
就業不能保険病気やケガ生活費・ローン返済



大きな区分でもいろいろな種類の生命保険があることが分かります。 


どのような生命保険があるのか、しっかり把握することが保険選びの基本です。 

難しかったらプロに相談するのがおすすめ

上記の表に挙げた生命保険は、それぞれさらに細かい区分ができます。 


例えば、定期保険は、保障が続く期間の決め方により「更新型」や「全期型」などの種類にわかれます。


このように、保険商品の種類は非常に多岐に渡るのです。 


そのため、正しい保険選びのためには、内容を把握することが極めて重要になります。 


しかし、それらの全てを完璧に理解するのは、決して簡単なことではありません。 


どうしても自分で判断することが難しければ、保険のプロに相談することをおすすめします。
 

プロに相談するときに気を付けるべきことは、自身の状況をはっきりと伝えることです。 


プロとは言え、クライアントのライフステージや個別の状況が分からないと、アドバイスもできないからです。 

生命保険(死亡保険)の選び方②加入する年代で選ぶ

生命保険を選ぶ際に考慮する役割は

  • 死亡保障
  • 医療保障
  • 貯蓄性

の3点があります。


それぞれの役割が自分の年代で必要な保障なのかどうかを考えましょう。


また、家族構成によって必要な保障が変わります。


未婚なのか既婚なのか子供がいるのかで必要な保障は変化します。 


自分に万が一のことがあった場合、

  1. 家族の生活費をどうするか
  2. 子供の教育費をどうするか
  3. 自分の死後のあとの、お葬式代が必要か

などが考えられます。  


年代、家族構成を踏まえた上で、加入の目的について考えて、生命保険を選びましょう。



それでは、各年代ごとに詳しくみていきましょう。 

20代の生命保険の選び方

20代で独身の場合、養うべき家族がいませんので、保障の対象が家族への生活費を保障してくれる死亡保障ではなく、自分の怪我などを保障してくれる医療保障を充実させるべきです。


独身で、死亡保障を検討するのであれば、老後の資金のために資産形成機能のある保険を検討するべきです。


独身で金銭的な余裕があるうちに少しずつ貯蓄していくことが重要になります。 

30代の生命保険の選び方

30代で未婚・独身の場合の選び方は、20代独身の選び方と考え方は同じです。


一方で、30代で既婚の場合は、家族のことを考え死亡保障を検討すべきです。


夫婦共働の場合は、それぞれが収入源があるため、死亡保障はそれほど重要ではなくなります。


しかし、専業主婦の場合や子供がいる場合は、死亡保障が必要になります。


万が一の時に備えて、死亡保障を考えていきましょう。


特に、子供が生まれた時に大きな保障を考えましょう。


子供にかかる教育費は、幼稚園から大学まで全て公立の場合でも約1000万円かかるといわれています。


すべて私立の場合ならその2倍になります。


子供の将来のためにも大きな保障が不可欠です。 

40代の生命保険の選び方

40代は子供が成長し、大きな死亡保障の必要がなくなってくる年代です。


40代の生命保険の選び方は、がんなどの病気に備える医療保障を充実させることです。


年齢が上がるにつれて、病気になるリスクは増えていきます。


子供はある程度成長したけれどもまだ独立はしておらず、完全には親の責任は無くなっていない場合も多いです。


万が一、病気になった時のことも考えて、はやめに医療保障を考えましょう。 

50代、60代の生命保険の選び方

50代、60代の年代になると、子供は徐々に独立し、いわゆるシニア世代の仲間入りです。


年齢が上がるにつれて、がん生活習慣病などのかかるリスクは上昇していき、健康面が不安になってきます。


年齢が高くても、本人が健康であれば加入することが可能な保険も多くあります。


医療保障や死亡保障は比較的必要です。


しかし、50代ともなれば生活も安定してある程度の貯蓄もある場合が多いため、貯蓄性のある保険は必要がなくなっていくと思います。 

生命保険(死亡保険)の選び方③掛け捨て型か終身保険か

貯蓄型の終身保険とは、一生ものの保障があり、更新の必要がない保険です。


一度加入すると死亡するまで保障が続きます。


20代・30代の若い間に加入すると安い保険料で保障を受けることができます。


一方で、掛け捨て型の定期保険は、短期間の保障をする保険です。


たとえば子供が生まれて、中学校が終わるまでは保障してほしいといった、短期間で大きな保障が欲しい時に最適です。


それでは、より詳細の情報を見ていきましょう。 

掛け捨て型などの定期保険について

定期保険は、短期的な保障をカバーするので終身保険よりも保険料が安いことで有名です。


ここでは定期保険についての詳細情報をみなさんにお伝えします。

終身保険などの貯蓄型保険について

終身保険は、一生ものの保障があり、必ず契約の時に設定した保険金がおりるので、保険料が高くなるのが特徴です。


ここでは終身保険の詳細情報についてみなさんにお伝えします。 

生命保険(死亡保険)の選び方④シミュレーションして具体的な保障内容を決めよう

自分や家族のために、何に対して備えたいのかがはっきりしたら、どれくらいの保障が必要なのかをシミュレーションする必要があります。 


このシミュレーションはプロに任せた方が確実です。


プロとシミュレーションすることには、自分に合った保険を相談しながら考えられるという利点もあります。 


例えば、家族の生計を支える人に万が一のことがあり、亡くなったり働けなくなったりした場合、その後の生活にどれくらいのお金が必要になるのかを計算します。 


「生活のために必要な金額」から「貯蓄や公的保障等の金額」を差し引いて算出するのが基本的な考え方です。 


シミュレーションはじっくりと正確に行わなければなりません。 


計算を間違えたまま保険商品を決めてしまい、後々「これでは足りなかった」とならないようにしましょう。
 


必要な額が分かったら、実際に加入する商品の候補をいくつかに絞ります。 


そして、保険料の払込期間や受取人などの詳細な保障内容も決めていきます。 


必要な保障をお得につけるためには、生命保険の種類と保障内容を組み合わせて考えることが重要です。 


例えば、同じ終身保険でも保険金額は商品によって違ったり、同じ商品でもある程度自分で決められるものもあります。 


保険金額を高く設定すると、一般的に保険料も高くなります。 


そこで、若いうちは保険金も保険料も安く抑えておき、年齢を重ねるごとに見直しを行うなどすれば、生涯で払う保険料が抑えられます。
 


また、保険は1つしか入ってはいけないなどということはありません。 


保険を組み合わせることで、少ない保険料で十分な保障が受けられることもあります。 


自分だけで考えるのが不安という方は、やはりプロへ相談してみましょう。  

生命保険(死亡保険)の選び方⑤どの生命保険に加入するか決める

シミュレーションから、加入する商品を数個に絞ったら、いよいよどの生命保険に加入するのかを決めます。 


加入する商品を決めるときのチェックポイントは、以下の6つです。 


チェックポイント概要
保障内容入院が必要になったり万が一のことがあった時、どれくらいの保障が受けられるかを確認しましょう。
保険金額シミュレーションして必要と分かっただけの保険金が受け取れるかを確認しましょう。
保障期間保障がどれだけの期間必要なのか考えましょう。一生涯の保証が必要な場合もあれば、定年退職するまででよいなど、事情は人それぞれです。
保険料払込期間保険料の支払いがいつまで続くのかを確認しましょう。商品によって、短期払いや終身払いなど様々です。
保険料保険料は月払いや年払いなどがありますが、具体的にいくら払う必要があるのか確認しましょう。
解約返戻金保険を途中解約した時の払い戻しの金額がいくらなのか確認しましょう。



保険会社や保険商品によって保障内容は違います。 


保険料を安くしながら必要な保障をつけるには、異なる保険会社の商品を比較することが重要です。 


自分や家族のための保険なので、自分で考えたり家族と相談して決めるのは素晴らしいことです。 


しかし、生命保険は非常に多くの商品があり、仕組みも複雑です。 


保険の知識に少しでも不安があれば、保険のプロに相談するとよいでしょう。 


そこでおすすめなのが、ほけんROOM相談室です。 


保険に関する相談を無料で受け付けているので、是非お気軽にご相談ください。 

生命保険の選び方のまとめ

これまで、生命保険の選び方に関する記事を紹介してきました。

 

生命保険の選び方は、年齢、どの保険のタイプを選ぶかで変わります。


ほけんROOMでは、保険に関する様々な記事を掲載しております。 


もっと詳しく聞きたい!プロに相談したい...そんな方は


ほけんROOMでは保険の相談を無料で行なっていますので、ぜひご利用ください!


134...7