個人年金保険の必要性に関する疑問
最適な情報を伝える

個人年金保険の必要性

個人年金保険の必要性はどれほどあるのでしょうか。当然、20代の方と30代の方では当然必要性も変わってきます。各年代ごとに個人年金保険のメリットやデメリットを吟味して、ご自身が立てるライフブランに必要なのかどうかしっかり見極める必要があります。

個人年金保険は本当に必要?年代やメリット・デメリットを考慮

最近では年金の支給開始年齢の引き上げが国会で議論されており、「老後の生活は大丈夫なのだろうか」と不安を抱える人も多いのではないでしょうか。
 


国民年金や厚生年金、共済年金などの公的年金とは別に、個人年金保険に加入することで、老後の生活資金を確保することができます。 


しかし、本当に個人年金保険に加入する必要はあるのだろうかと疑問に感じている方もいる人も少なくないと思います。 


実は、個人年金保険が必要であるのかどうかは、年代によって異なるのです。
 


そこで、今回は個人年金保険の必要性について 

  • 20〜60代までの年代別の必要性。 
  • 個人年金保険のメリットとデメリット。 
  • 独身者と既婚者の孤児年金保険の必要性の違い。 
  • 個人年金保険と投資信託・iDeCoとの比較。 

以上を中心に解説していきます。  


この記事を読んでいただければ、個人年金保険が自分にとって本当に必要になるのかどうかについて判断するのに役立つと思います。 


 ぜひ、最後までご覧ください。 

20代、30代、40代と年代を重ねるごとに変わっていく必要性

個人年金保険の必要性は年代によって変わっていきます。 



まずは各年代ごとの加入率を見てみましょう。

年代加入率
20代5%
30代15%
40代26%
50代30%
60代22%



最も個人年金保険の必要性が低いのが、20代です。 


なぜなら、20代は年金を受け取るまでに約40年もの時間があるため、物価がインフレするリスクや、加入している保険会社が倒産リスクがあるからです。 


また、加入していた保険会社倒産してしまえば、年金を受け取ることができません。 


実際に、20代の加入率は5%となっており、全年代で最も低くなっています。 


30代は年金を受け取るまでに約30年の時間があり、20代に比べればリスクは少ないです。 


そのため、30代になると資産運用も兼ねて個人年金保険に加入する人も増え、加入率は15%になります。 


40代は最も加入する必要性が高い年代で、加入率は26%となっています。 


なぜなら、個人年金保険は加入するのが早ければ早いほど保険料も安くなるなり、また加入期間が長いほど返戻率も高くなるからです。 


そのため、50代で加入するよりも40代で加入した方がお得ですが、最も加入率が高いのは50代で30%となっています。 


確かに50代だと保険料が高く、返戻率も低いですが、その代わりインフレリスクや倒産リスクが低いというメリットがあります。 


60代になると年金を受け取る年齢になるので、加入率は22%と50代よりも低くなります。 


個人年金保険では5年以上加入していないと税金が多くかかってしまうので、60歳を超えてから加入するのはおすすめしません。 


年代による個人年金保険の必要性の変化について以下でより詳細に見ていきましょう。

20代にとって個人年金保険の必要性は低いの?

20代にとって個人年金保険に加入する必要性は低いです。 


その理由として最も大きいのは、インフレリスクによる資産価値の減少と保険会社の倒産です。 


もし物価がインフレすれば、その分お金の価値が下がることになるので、掛け金に対して受け取れる金額は少なくなります。 


また、年金を受け取るまでの期間が長いと、それまでに保険会社が倒産してしまうリスクもあります。 


もし保険会社が倒産しても、「生命保険契約者保護機構」により保護されるので、保険金全額を損してしまうことはありません。 


しかし、それでも加入していた保険会社が倒産すれば、受け取れる保険金が少なくなってしまうリスクもあります。 


他にも、20代から加入していることで、元本割れしてしまうリスクが高くなることも挙げられます。 


20代から加入していると、加入期間が長くなるため、その間に様々な理由で中途解約することも多くなります。 


しかし、個人年金保険は長く続けるほど返戻率が高くなるため、中途解約すると元本割れしてしまい、損をしてしまうのです。 

30代にとっての個人年金保険の必要性は?

30代にとって個人年金保険に加入する必要性は高いです。 


もちろん、30代といっても、年金を受け取るまでに30年近くあるので、20代と同じようなインフレリスクや保険会社の倒産リスクはあります。 


しかし、20代と比較するとそれらのリスクは低い上に、30代の方が20代よりも所得は上がってくるので、個人年金保険に加入する経済的な余裕が出てきます。 


そのため、経済的な余裕のある30代から加入しておくと、個人年金保険の保険料も安くなる上に、返戻率も高くなります。 


個人年金保険は加入期間が長ければ長いほど返戻率も高くなるので、40代や50代になってから加入するよりも、30代の時から早めに加入した方がお得なのです。 


特に、個人年金保険は返戻率が110%から130%にもなるので、銀行に預金しておくよりも、長期的な資産運用手段としておすすめできます。 

40代だとそろそろ個人年金保険の必要性が高くなってくる?

40代にとっても、30代と同じくらい個人年金保険の必要性は高いです。 


まず、40代であるということは、年金を受け取るまでに約20年あるということです。 


すると、年金を受け取る20年の間に物価インフレしたり保険会社が倒産したりといったリスクは、20代や30代より低くなります。 


また、40代になると、一般的には会社の管理職になることで給与所得も増え、保険料を支払うだけの経済的な余裕もできます。 


20代や30代だと、結婚や住宅の購入、育児費用などでなにかと出費が多く、経済的な余裕の少ないため、保険料の支払いが生活費を圧迫してしまいます。 


その点、40代は家庭生活もひと段落している人が多く、所得も増えるため、個人年金保険に加入する年齢として適していると言えます。 


また、50代以降に加入するのに比べると、40代で加入した方がお得です。 


50代以降になってから個人年金保険に加入しても、保険料は高く、返戻率も低くなります。 


しかし、40代であればまだ保険料は安く抑えられ、返戻率も高いです。 


そのため、退職後や老後のことを考え始める40代から個人年金保険に加入する人は多くなっています。 

50代は個人年金保険に加入する必要性が一番高い??

これまで30代や40代が個人年金保険に加入する必要性が高いと説明してきましたが、実は一番必要性が高いのは50代です。 


なぜなら、これまで説明してきた物価のインフレリスクや保険会社の倒産リスクが小さいからです。


50代だと年金を受け取るまで約10年なので、その間に急激に物価がインフレしたり、保険会社が倒産したりといった可能性は低いです。 


例えば、1970年から2000年の間に物価は3倍になっているため、お金の価値は3分の1になっていることになります。 


すると、支払った保険料の総額よりも受け取る保険金の方が少なくなってしまう、という事態が生じてしまうのです。 


その点、50代から加入するのであれば、そういったインフレリスクを避けることができます。 


また、50代が個人年金保険に加入する必要性が高いことの理由として、退職金の一時払いを利用することができることも挙げられます。 


退職金の一時払いとは、契約時に全ての保険料を支払ってしまう方法のことです。 


一時払いの方が、月々の支払いよりも割引率が高く、返戻率も高くなるのでお得なのです。  

60代はもう手遅れ?個人年金保険に加入する必要性はない?

60代になってから個人年金保険に加入する必要性はないというわけではありません。 


しかし、必要性があるのかどうかは、どこで寿命を迎えてしまうかによります。 


日本人の10人に1人は、年金支給開始年齢である65歳までに死亡してしまいます。 


せっかく個人年金保険に加入しても、その前に寿命を迎えてしまったのであれば、保険料が無駄になってしまいます。 


また、60代からだと、健康状態によってはそもそも審査に通らず、保険に加入できないという事態も起こりえます。 


そして、60代から加入する場合の最大の問題点は、個人年金保険は5年以上加入しないと元本割れしてしまうということです。 


そのため、60代から加入するのであれば、60歳が元本割れしないギリギリの年齢になってしまいます。 


もし60代から加入するなら、ご自身の年齢や健康状態と相談した上で決めるようにしましょう。  

個人年金保険のメリット・デメリットを確認して必要性を吟味!

個人年金保険に加入する必要性は年齢によって異なることを説明してきました。 


ご自身の年齢から個人年金保険に加入する必要性を確認したとしても、すぐに加入することはおすすめしません。 


なぜなら、個人年金保険にはメリットとデメリットがあるので、加入前に一通り確認しておかないと中途解約することになりかねないからです。 


そこで、ここからは個人年金保険に加入するとどのようなメリット・デメリットがあるのかを詳しく解説していきます。 

個人年金保険のメリット!公的年金の不足分をカバーしよう!

個人年金保険のメリットは、以下の3つがあります。 


  1. 積み立てた掛金が元本割れするリスクが低い。 
  2. 貯金が苦手な人でも、毎月一定額のお金を貯蓄に回すことができる。 
  3. 節税をすることができる。  


第1のメリットは、毎月積み立てた掛金が元本割れするリスクが低いということです。 


ただし、元本割れするかどうかは運用方法によっても異なるので注意しましょう。 


定額年金保険」や「確定年金」の場合は元本が保証されますが、「変額年金」は保証されません。 


「変額年金」とは保険会社が掛金を運用する方法で、上手くいけば高いリターンが期待できますが、失敗すれば元本割れしてしまいます。 


第2のメリットは、貯金が苦手な人でも、毎月一定額のお金を貯金することができることです。 


個人年金保険では毎月一定額のお金が口座から引き落とされ、将来の支払いのために積み立てられます。

そのため、貯金が苦手てつい浪費をしてしまう人におすすめです。 


第3のメリットは、節税ができることです。 


個人年金保険で支払う保険料は、生命保険料控除の対象となるため、経費にすることができます。 


経費にすることで利益を圧縮できるので、課税対象額を小さくすることができるのです。


この点についてはあとでより詳細に解説いたします。  

個人年金保険のデメリットとは?元本割れのリスクが・・・

これまで年代別の必要性について説明した際に、物価のインフレリスクや保険会社の倒産リスクについてはすでに説明しました。 


それらのリスク以外の個人年金保険のデメリットとして、以下の3つが挙げられます。  

  1. 大きなリターンは得られない。 
  2. 終身年金と確定年金には異なる寿命リスクがある。 
  3. 外貨建て年金には為替リスクがある。 


第1のデメリットは、個人年金保険では高いリターンが得られないことです。 


個人年金保険は年間の金利が高くても0.8%とされており、決して高くはありません。 


それでも銀行の普通預金の金利が0.001%であるのと比べるとだいぶ高いですが、高いリターンは期待できません。 


第2のデメリットは、終身年金では早死にリスクがあるのに対して、確定年金には長生きリスクがあることです。 


終身年金は生きている限り年金を受け取れますが、早死にしてしまうと掛金が無駄になってしまいます。 


また、確定年金は支給期間が決まっているため、長生きした後にお金に困ってしまう可能性が高いです。 


第3のデメリットは、外貨建て年金を選択した場合に、為替リスクがあることです。 


為替リスクとは、年金支給開始年齢の時に円高が進行していると、円貨に戻した時に損失が出てしまうということです。 

独身の場合と結婚する場合とで個人年金保険の必要性は変わる?

国民のほぼ全員が結婚する時代は終わり、いまでは結婚しない選択をする人も増えています。 


今後は独身者の数が増えていくとされていますが、独身者であれば子供の教育費や住宅ローンなどもかからないので、既婚者よりも貯蓄できるとされています。 


しかし、実は、独身者にとって個人年金の必要性は高いのです。 


また、既婚者であっても、長期的なライプランを立てることができるので、個人年金保険に加入する必要性は高いです。 


そこで、ここからは独身者と既婚者の、それぞれの個人年金保険の必要性の違いについて解説していきます。 

独身だからこそ個人年金で老後に備える必要性が高い?

独身を選択する人たちの中には、結婚するよりも独身でいた方が生活水準を落とさなくて済むと考えている人が多いです。 


確かに、結婚して子供ができると、様々なイベントや育児費用、子供の教育費、住宅ローンなど、多くの支出が必要になります。 


しかし、老後のことを考えると、独身者よりも結婚していた方が2人分の年金を受け取ることができるため、裕福な暮らしをすることができます。 


また、独身者だと自身が要介護状態になったときに老人ホームに入らなければならず、そのための費用もかかってしまいます。 


そのため、独身者は老後のことを考えると、個人年金保険に加入する必要性が高いと言えるのです。 


また、独身者の場合、男性なのか女性なのかによっても大きく異なります。 


サラリーマンの給与は、男性よりも女性の方が低い傾向にあります。 


また、非正規労働者も割合も、男性より女性の方が高いです。 


そのため、女性で独身者の場合は特に、所得が低くなってしまう傾向があるため、個人年金保険で老後に備える必要性が高いのです。 

結婚を機にしっかりとしたライフプランを!

結婚をすると、出産や育児、子供の進学、就職など様々なイベントが控えています。 


それぞれのイベントでは支出が必要になるため、ライフプランを立てた上で、支出を見越して貯蓄をしておくことが必要になります。 


結婚後の大きな支出として、子供の大学の進学費用や住宅購入費用、車の購入費用などが挙げられます。 


これらの費用はローンを組んで支払うことも多いため、会社の昇進による給与の増額なども考慮しながら、計画的に積み立てていくことが重要になります。 


個人年金保険は、保険料が毎月口座から自動的に引き落とされるため、ライフプランに沿って積み立てていく上で役に立ちます。 


また、個人年金保険は口座から毎月自動的に引き落とされることになるため、浪費を避けられるというメリットもあります。 


結婚すると夫婦共有の口座を作ることが多いですが、どちらかが夫婦の共有財産に手をつけてトラブルになることも少なくありません。 


個人年金保険に加入しておけば、毎月自動的にお金が引き落とされるため、そのようなトラブルも少なくなります。 

退職金と公的年金で十分?公務員は個人年金保険が必要ない?

公務員はかつて、退職金と公的年金で十分なお金がもらえたため、それだけで老後の生活を送ることができました。 


しかし、公務員の定年は60歳から65歳にまで引き上げられ、年金の支給額も現役時の給料となっています。 


年金支給開始年齢は65歳であるということは、60歳で退職すると、年金支給開始までの収入が途絶えてしまうことになります。 


しかし、ほとんどの公務員は「再任用制度」により、60歳から65歳まで再就職することができます。 


とはいえ、再任用制度で働く場合は給与が大幅に低くなってしまうので、それだけで生活するのは難しいです。 


そのため、公務員でも老後の生活のために、個人年金保険に加入する必要性は高いと言えます。 


公務員が個人年金保険を選ぶなら、再任用期間に給与が減った分を補えて、65歳以降も受け取れるものを選ぶと安心できます。 

【必見】個人年金保険の保険料は控除されます!

個人年金保険の保険料は、税金が控除されます。 


具体的には、個人年金保険は「生命保険料控除」の対象となります。 


「生命保険料控除」は、以下の3つの控除に分類されます。

  • 一般生命保険料控除 
  • 介護医療保険料控除 
  • 個人年金保険料控除 


一般生命保険料控除とは、生存または死亡に起因して支払う保険金に関わる保険料が対象となり、死亡保険や収入保障保険が該当します。 


介護医療保険料控除とは、入院や通院に伴って給付される保険に関わる保険料が対象で、医療保険、がん保険、介護保険が該当します。 


個人生命保険料控除とは、「個人年金保険料税制適格特約」を付加した個人年金保険に関わる保険料が対象となります。 


加入した個人年金保険に「個人年金保険料税制適格特約」が付加されていれば、個人年金保険料控除を受けることができます。
付加されていなかったとしても、一般生命保険料控除の対象となるので、控除を受けることができます。 

投資信託やiDeCoとも比較して個人年金保険の必要性を確認

老後の生活のための貯蓄と考えると、どうしても個人年金保険を考えてしまいがちです。 


しかし、老後までに資産運用をして豊かな生活をしようと思うなら、個人年金保険だけでなく投資信託iDeCoも選択肢に入ります。 


なぜなら、投資信託やiDeCoは、個人年金保険とは異なりリターンが大きいため、老後に大きな資産を残せる可能性があるからです。 


そこで、ここからは個人年金保険と、投資信託およびiDeCoを比較し、どちらの方が必要性が高いのかを確認していきます。 

投資信託と個人年金保険を比較して必要性を知ろう

投資信託とは、自分の資産を運用の専門家に預けて、株式や債券を購入して運用してもらうことです。 


ここで注意していただきたいのは、投資信託とは金融取引であるため、元本を大きく上回る利益を上げることができる一方で、元本割れするリスクもあるということです。 


利益を上げられるか損失を出してしまうかは、その時の市場の動向に左右されます。 


そのため、投資信託を選んだものの、結局元本割れしてしまったという事態も想定しておかなければなりません。 


その点、個人年金保険では、投資信託のような大きなリターンが期待できない一方で、元本割れするリスクもありません。 


個人年金保険は元本が保証されているため、リターンはなくてもいいからギャンブルをしたくないという人に向いています。 


また、投資信託か個人年金保険かの2択ではなく、投資信託と個人年金保険の両方を利用する方法もあります。 


これにより、資産の半分を個人年金保険で堅実に運用しつつ、残りの半分を投資信託で運用し、大きな利益を狙うということも可能です。 

iDeCoと個人年金保険を比較して必要性を知ろう

iDeCoでは、毎月一定額の掛金を積み立てて、定期預金や保険、投資信託の中から自分で運用します。 


iDeCoのメリットとしては、掛金が全額所得控除され、運用中の利益に課税されないため、運良中の課税負担が小さくなることです。 


また、資産を受け取る時に退職所得控除や公的年金控除が利用できるので、税金対策をすることもできます。 


この点、個人年金保険でも、個人年金保険料控除や一般生命保険料控除の対象になります。 


また、運用する金融商品のコストが低く、定額資金から始められるというメリットもあります。 


しかし、iDeCoには、60歳になるまで資産を引き出すことも解約することもできないというデメリットがあります。 


個人年金保険では元本割れするリスクはあるものの、中途解約することは可能です。 


iDeCoでは投資信託を選んだ場合、運用実績が悪いと元本割れしてしまうこともありますが、個人年金保険では元本が保証されます。  

不要説も多いけれど自身にとっての必要性を吟味することが大事

個人年金保険の必要性について説明してきましたが、当然ながら、全ての人に個人年金保険が必要になるわけではありません。 


個人年金保険が不要になるケースとして、以下の3つが考えられます。 


  • 公的年金に不安がない場合。 
  • 潤沢な資産がある場合。 
  • 将来大幅なインフレになるだろうと予測できる場合。 


老後にいくらのお金が必要になるのかは人によって違います。 


老後に求める生活水準がそれほど高くないのであれば、公的年金だけで足りるという人もいるかもしれません。 


公的年金に不安がないのであれば、個人年金保険に加入する必要性は低いです。 


また、潤沢な資産がある場合も、それだけで老後も生活していけるのであれば、個人年金保険に頼る必要はありません。 


将来大幅なインフレになるだろうと予測できる場合は、個人年金保険に頼るとリスクが高いです。 


個人年金保険は物価のインフレが起こると、お金の価値が下がるので、掛金総額よりも受け取る年金の額が少なくなってしまうことがあります。 


その時の政治状況や経済状況から、将来のインフレが予測可能であるなら、個人年金保険に加入しない選択をすることもあるでしょう。 


その時の環境やご自分の状況に応じて、個人年金保険の必要性を吟味しましょう。  

個人年金保険の必要性についてのまとめ

個人年金保険の必要性について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。 


今回のこの記事のポイントは


  • 20代と60代は個人年金保険の必要性が低いが、30〜50代は必要性が高い。 
  • 既婚者だけでなく独身者も個人年金保険に加入する必要性は高い。 
  • 公務員も退職金と公的年金だけでは不安があるため、加入の必要性が高い。 
  • 投資信託は大きなリターンが期待できるが元本割れのリスクがあり、個人年金保険は元本が保証されている。 
  • iDeCoは運用コストの低い金融商品があり、低額から運用できるが、60歳まで解約できず、個人年金保険は自由に解約できる。 

でした。 


個人年金保険の必要性は年代によって異なりますが、年代が上がるごとに必要性も高まってきます。 


現在、20代や30代で老後のことはそれほど考えていない人も、いずれ個人年金保険への加入が必要になる可能性が高いです。 


年金支給開始年齢が近づいてきてから慌てて老後について考えるのではなく、できるだけ若いうちから老後の生活については考えておきましょう。 


ほけんROOMでは、読んでおきたい個人年金保険に関するさまざまな記事を掲載していますので、ぜひご覧ください。 

13