がん保険の選び方に関する疑問
最適な情報を伝える

がん保険の選び方

【2020年5月】おすすめの人気がん保険をランキングで比較!選び方のポイントは?

がん保険の選び方にはいくつかポイントがあります。当然20代〜60代で選び方は変わってきますし、掛け捨て型か貯蓄型かも重要です。本記事では、がん保険を選ぶ際の5つのポイントについて解説しています。また、女性のがん保険の選び方についても解説していきます。

目次

がん保険を選び方と重要なポイントを解説します!

日本人が一生のうちにがんに罹患する確率は男性62%・女性47%、合計して2人に1人以上の割合となっています。


ここまで高確率でがんにかかるなら、必ずがん保険に入っておかなければと考える方も多いのではないかと思います。


しかし一口にがん保険といっても商品によって保障内容保険料も大きく異なるため、いったいどれを選べば良いのかとお困りの方もいらっしゃることでしょう。


そこでこの記事では、がん保険の選び方とおすすめのがん保険について

  • おすすめのがん保険のランキング
  • 年代別おすすめがん保険ランキング
  • がん保険を選ぶときに知っておきたい基礎知識
  • がん保険の選び方6ステップ
  • がん保険に加入するタイミング

以上のことを中心にお伝えしていきます。


この記事を読むことで「今まで高い保険料を払ってきたのに、いざというときに全然役に立たない!」という、がん保険にありがちな困った事態を避けることができますよ。


ぜひ、最後までご覧になってください。 

おすすめの人気がん保険をランキングで比較!

がん保険は種類がいくつもあって正直どれを選べばいいのかわかりませんよね。 


そこでおすすめの人気がん保険をランキング形式でご紹介していきます。 


また、参考になりやすいように「保険料を安くしたい方向け」「通院保障を手厚くしたい方向け」などニーズによって選びやすいように、口コミも合わせて解説します。 


ぜひ比較してご自身に合ったがん保険を探して見てください。 

1位:ライフネット生命「ダブルエール 」【保険料を安くしたい人向け】

<ライフネット生命「ダブルエール」の特徴>

  1. がんと診断された時の保障が手厚い
  2. 治療サポートと収入サポートのダブル保障
  3. がん先進医療もしっかり保障
<選べる3つのプランに40歳の男性が加入した場合の保険料の目安>

プラン名シンプルプランベーシックプランプレミアムプラン
月額保険料 1,735円3,307円5,297円

ライフネット生命のがん保険「ダブルエール」では3つの特徴があります。
まずはがんと診断された時の保障が受けられます。


これはがんと診断された時点で治療前に一時金が受け取れるシステムで、初期のガンである「上皮内新生物診断一時金」でも一時金を受け取ることができます。  


2つめの特徴として、ガン治療のサポートはもちろん、働けなくなってしまった場合の収入のサポートもあります。こちらはプレミアムプランに加入することで保障されます。


最後の特徴として、すべて自己負担の場合が多い先進医療費もしっかりサポートされる点です。


ベーシックプランとプレミアムプランなら、その自己負担額が最大2,000万円まで保障されます。


次に、プランごとの比較を紹介します。


シンプルプランではガン診断一時金のみの保障となっているため、保険料を安く抑えることができます。 


ベーシックプランでは長引きやすいガン治療を長期に渡ってサポートしてくれます。 


プレミアムプランでは減ってしまった収入もサポート、生活面でも支えてくれるプランとなっています。 

30代男性

保険料が安いのに保障が充実

将来のがんのリスクには備えていけれど、毎月高い保険料は払えないという自分のニーズにはぴったりでした。月額保険料が3000円以下ですし、保険料が負担と思ったことはありません。それでも通常のがん保険と同じだけの手厚い保障が受けられるのでとても満足しています。

3位:アフラックの生きるためのがん保険 ALL-in【通院保障を手厚くしたい人向け】

<アフラックの生きるためのがん保険 ALL-inの特徴>

  1. 多様化するガン治療をしっかりサポート
  2. 治療関連費用まで保障
  3. 付帯サービスの充実  
がんの治療は手術や抗がん剤治療、ホルモン剤治療など多様な治療が必要となる上に治療は長期化しやすいです。

それらの保障もしっかりとしてくれるのがこの保険の最大の特徴でしょう。
 

また治療費関連費までもが保障されるのは大変助かると思います。 

治療関連費とは入院した際のベッド差額代や病院までの交通費、外見ケアにかかるものです。 

そしてがん治療が長引いてしまった場合、収入の面でも厳しくなってきますよね。

その時には特定保険料払込免除を受けることができ保険料を払わずに保障を受け続けることもできます。※所定の条件を満たした場合に限ります。
 

さらに、がんに関しての相談や悩みを無料で行っており専門のスタッフから最適なアドバイスを受けることもできます。 

気になる保険料ですが、40歳の男性が入院給付金額10,000円に設定した場合の月々の保険料は4,538円です。

40代男性

やっぱりがん保険といえばアフラックという安心感

以前からがん保険に加入したいと思い、複数の商品を比較していたのですが保障の幅広さと手厚さでアフラックに決めました。また、がん治療には手術だけでなく通院費や差額ベッド代などのかかるので、その部分も保障してくれるのは心強いですね。

年齢別のおすすめがん保険を比較

年齢によって選ぶがん保険は変わってきます。


それは保障内容に違いがあり、年齢によってかかる負担や治療費にも差があるためです。


今回は30代、40代、50代に分けてご紹介します。

50代におすすめのがん保険

1位:アフラックの生きるためのがん保険Days ALL-in 

アフラックの生きるためのがん保険Days ALL-inは長期的ながん治療のサポートに加えて、治療関連費までもカバーしたい方、またどんな治療をすればいいかわからない、など不安がある方にはおすすめの保険です。


手厚いサポートと専門のスタッフに相談が無料でできることがポイントです。


2位:ライフネット生命「ダブルエール」 

ライフネット生命「ダブルエール」では、がんになった時に心配な収入面でのサポートも受けられますので金銭面で心配な方にはおすすめの保険です。


また先進医療もしっかりと保障してくれます。


3位:チューリッヒ生命「終身ガン治療保険プレミアムDX」 

チューリッヒ生命「終身ガン治療保険プレミアムDX」ではガン治療にかかる費用だけではなくがんにかかったことによって引き起こされたストレス性疫病まで保障対象にすることができます。


そのほかにも入院費・通院費・緩和医療費など保障項目がとても多いのでしっかり備えたい方や精神的に不安がある方におすすめです。

40代におすすめのがん保険

1位:アフラックの生きるためのがん保険Days ALL-in 


2位:チューリッヒ生命「終身ガン治療保険プレミアムDX」 


3位:オリックス生命「がん保険ビリーブ」 


30代におすすめのがん保険

1位:アフラックの生きるためのがん保険Days ALL-in 


2位:オリックス生命「がん保険ビリーブ」 


3位:チューリッヒ生命「終身ガン治療保険プレミアムDX」 


【がん保険の選び方の前に】知っておきたい基礎知識

いざがん保険に入ろうと思ってもどうやって選ぶべきかわからない方が多いと思います。


そこでがん保険を選ぶ前に知っておきたい基礎知識を3つ解説していきます。 

がん治療は通院がメインになってきている

昔ではガン治療には1ヶ月〜2ヶ月を超える長期の入院が必要でした。 


しかし現在のガン治療は入院期間が短期化しており通院治療がメインになってきています。 


10年前では平均40日だった入院日数が今では平均17日と約半分になっています。 


またがんの外来治療率と入院治療率の推移を見てみても通院が圧倒的に多いのがわかります。これは医療が年々進歩してきた証ですね。 


がんの治療には「手術療法」「化学療法」「放射線療法」の3つが主流となっており、がんの部位や進行によって、これらの療法の中で最適なものを選びます。


どの療法もメリットもデメリットもありますのでよく考えて選びたいところです。 

生存率の上昇で再発の保障が重要になってきている

昔は「ガンは治らない病気」と言われていましたが、現在では「ガンは治せる病気」として認識され始めています。


これは先進医療の発達により治療の技術が上がったからと考えられます。 


そのためがんにかかったからといって必ずしも亡くなるわけではありません。


実際に癌患者の5年相対生存率は62%以上に上昇しています。 


ということで生存率の上昇に伴い保険の保障内容でも再発の保障が重要になってきています。


アフラックの「寄りそうDays」などがんを経験された方向けのがん保険も存在しています。


このような保険に入っていれば再発の不安を少しでも軽減することができます。

がんの先進医療・自由診療は公的保険で保障されない

がん治療の先進医療・自由診療は公的保険では一切保障されません。


公的保険で保障されるのは手術代、検査代、薬代などであり、民間のがん保険に加入していなかった場合には全額を支払わなければいけません。


高額になりやすい先進医療費は何百万円もするものもあり、それを自己負担で賄うのはとても大変ですよね。


大体のがん保険では2,000万円まで保障してくれるところが多いです。 


がん保険では先進医療費・自由診療を保障してくれますので自己負担額を減らすことができます。 


抗がん剤の治療やホルモン療法など幅広く保障できる保険だと安心できます。 


とはいえ、公的保険では高額療養費制度という制度がありこちらを利用して自己負担を減らすこともできますので覚えておくといいでしょう。 

がん保険の選び方を解説!簡単6stepで決めよう!

では具体的にがん保険の選び方を段階別で解説していきます。


ステップは全部で6つあります。1つ1つのステップを確認しながら、このステップに従ってがん保険の選んでみてください。

STEP1.診断給付金メインの保険と入院給付金メインの保険どちらにするか決めよう

まずは診断給付金メインか入院給付金メインかを決めましょう。
 


診断給付金メインの保険とは診断給付金が中心となるがん保険です。 


特徴としてはガンを診断された時点で給付金が受け取れます。


判断された時点で給付金が受け取れますが給付金が一定額となりますのでガンの重さに対して合った金額とは限りません。
 


入院給付金メインの保険とは入院給付金が中心となるがん保険です。 


入院日額を中心として他の給付金の額を決められるケースが多いです。 


特徴としては入院日数に応じて保険金の額が増えるため長期の治療に備えることができます。


ただし、入院をともわない治療の場合には給付金が不十分であります。
 


それぞれの保険を選んでも保障内容にどちらも含まれている保険もありますが、どちらをメインにするのかをまず決めておきましょう。 

STEP2.診断給付金の種類を決めよう

お次に診断給付金の種類ですが、以下のものがあります。 

  1. 初回限定タイプ 
  2. 無制限タイプ 

初回限定タイプとは、その名の通り初回のみ診断給付金が受け取れます。 


一方で無制限タイプは再発して複数回がんと診断されても何度でも給付金が受け取れます。


しかし注意したいのが保険会社によっては「2年に1度」や「2回目以降はがん治療のための入院が必要」など条件が設けられている場合もあります。 


しかし、最近の傾向を考えると再発・転移などのリスクを考えた場合、できれば診断給付金が無制限のタイプを選ぶ方がいいでしょう。


最近の傾向とはガンでは死亡を心配する時代ではなく再発・転移の心配をすることです。 

STEP3.がん先進医療特約をつけるかどうかみよう

がん保険の特約ではがん先進医療特約をつけることも出来ます。 


先進医療とは厚生労働大臣が認める医療技術のことで、医療技術ごとに実施する医療機関が決められており対象となる疾患なども決まられています。
 


ガンに使用できる先進医療として有名なのが「陽子線治療」と「重粒子線治療」があります。これらの費用は約300万円を超えてしまいます。 


これをガン先進医療特約を付加することで自己負担が大幅に減ります。 


この特約は月額100円前後で付加出来ますので、がん保険の保障内容をなるべく増やしたい方は付加することをおすすめします。
 


また先進医療特約はがん保険に限らず医療保険でも付加することが出来ます。 

STEP4.上皮内新生物の保障程度を決めよう

上皮内新生物とはいわゆる軽度の段階のがんのことです。


みなさんが思っている通常のガンは「悪性新生物」と言われます。
 


がん保険にはこの「上皮内新生物」と「悪性新生物」のどちらも同じように保障されるものと、「上皮内新生物」は「悪性新生物」よりも半額、または保障されない場合とがあります。


この場合はなるべく「上皮内新生物」も「悪性新生物」と同じように保障される保険を選ぶべきでしょう。 


しかし、この点に関してはそこまでこだわらなくても大丈夫です。


何故ならば「上皮内新生物」による死亡確率はほとんどありません。また治療費もさほど高額にはならないからです。


このことを考えるとあまり気になくても良いかもしれません。

STEP5.三大治療の保障は手厚くするべき?

がん治療は長引くことが多いので治療給付金で備える必要があります。


治療内容に合った給付金を受け取るためには治療給付金の保障を手厚くするべきです。
 


その給付金を備えるには、「手術療法・化学療法・放射線療法」の三大治療を保障内容に含むようにしましょう。 


ガンになってからではないとどの治療法を用いるかわかりません。 


そのため、それぞれの場合でも給付金を受け取れる保障にしておくべきです。
 


手術給付金では1度の手術に対して支払われる金額が決まっている固定給付金と、手術内容によって給付金の金額が変動する変動給付型があります。
 


抗がん剤治療や放射線治療は1回の治療につき約10万円〜30万円が給付金として支払われる保険が多いです。 

STEP6.入院給付金・通院給付金をつけるか決めよう

入院給付金とは入院した際に給付金が受け取れます。 


基本的には1日いくらまでか金額が決められており、入院日数に応じた給付金が受け取れます。


一般的には1日5,000円〜20,000円の中から選べるがん保険が多いです。 


通院給付金とは通院した際に給付金が受け取ることができ、こちらも入院給付金と同様に1通院につき1日いくらまでか金額が決められています。 


設定金額も5,000円〜20,000円の中から選べる保険会社が多いです。 


保障内容の違いとしては入院給付金ではベッドの差額代や入院中の食事代、通院給付金では通院交通費などが保障対象に含まれます。


最近では通院のガン治療が増えていますので通院保障は優先してつけておくべきではないでしょうか。 

実損型がん保険という選択肢もある

比較的に新しいタイプの保険の中に「実損型がん保険」というものもあります。 


この実損型とはがん治療で実際にかかった費用を全額保障する保険のことです。
 


最新の医療の発展でガンに関する医療技術はかなり成長し、ガンによる入院日数は約半分の日数にもなりました。 


1996年では平均入院日数は46日、2017年には17日までに短縮されました。
それは手術の内容が変わり、ガン患者の方の回復が早まるように工夫されているためです。
 


このようにどんどん入院日数・通院日数が減っていきますと「1日◯◯円」と決められている給付金の制度とうまく釣り合いません。
 


そこで実損型のがん保険が誕生しました。


この場合ですと入院日数・通院日数による制限もありませんので、損をしない保険でもあります。

今後このような保険が増えると見込まれています。 

よくわからない・自分で決められないという人はプロに相談しよう

ステップを見てもイマイチわからない、自分で決められない方は保険のプロに相談しましょう。


保険会社によって特徴やどの保障に対して強いのかパターンは様々です。 


まずは大まかなところから設定して、細かいところを設定していくといいでしょう。
 


ほけんROOM相談室では、ベテランの保険のプロ(FP)がご自身に合った最適な保険を紹介してくれます!


ご自身でたくさんの資料から選ぶのが苦手な方にはおすすめです。


下のボタンから無料相談予約ができますので、是非ご利用ください。

がん保険の保険期間の選び方

がん保険の保険期間には定期型がん保険と終身型のがん保険とがあります。 


人によっておすすめのタイプが違いますので詳しく説明していきます。 

定期型がん保険がおすすめな人

定期型保険とは一定期間だけ保障されるタイプのがん保険です。


定期型の保険だと一定期間ごとに保険料が上がるシステムになっています。


若い時に加入すれば低価格で加入することができます。
 


定期型がん保険は一定期間だけ保障がしたい方や、仕事をしている間だけなどご自身の都合によって決めたい方におすすめです。


また年齢別にライフプランを見直したい方もこちらのタイプの保険が合っていると思います。
 


また最近では医療の技術の発展が目覚ましいので今現在の最新治療よりも新しい治療方法が出てくる可能性があります。


その時に新しい治療方法が保障対象にならないリスクが終身型にはあります。


そのため定期的に見直しができる定期型の方が契約内容は変えやすいです。 

終身型がん保険がおすすめな人

終身型保険とは一生涯保障されるタイプのがん保険です。 


保険料は生涯変わらないため、若い時から老後に備えたい方に向いています。


がん保険はがんになってしまったら見直しができない場合が多いです。


またガンにかかってしまったら余裕がなくてそれどころではない可能性もあります。 


その時のことを考えて診断給付金を中心に備えたがん保険に加入するのは一番安全な方法です。 

がん保険の保険料払込期間の選び方

がん保険の保険料払込期間は短期払いか終身払いの2つのパターンがあります。


短期払いは短期で支払う分、毎月の保険料は高くなります。


終身のタイプでは月々の支払う保険料は安く済みますが長期化するところがデメリットとして挙げられます。 

短期払いがおすすめな人

短期払いでは毎月の支払いが終身よりは高くなりますが早く支払いを終えたい方におすすめです。


しかし長期に渡って考えたときには加入の期間が長くなれば長くなるほど保険料を支払い続けますので結果的には短期払いの方が総支払額が抑えられる可能性もあります。


また短期払いの中でも一括払いなどまとめて払うと保険料が安くなる保険会社もあります。


一生涯にかけて保険の加入を考えているのならば短期払いの方がおすすめです。 

終身払いがおすすめな人

終身払いは途中で保険の見直しをしたい方におすすめの支払い方法です。 


先ほどもお話ししましたがガンの医療の発展は日々成長しており5年後、10年後には最新の治療法が開発されているかもしれません。


その時の備えとして保障内容を見直せるようにしたい方におすすめです。
 


また終身型でも払込期間を定年までには支払い終えたいなど、働いている間に支払いを終えたい場合でも対応してくれる保険会社もありますので相談してみるといいでしょう。 

参考:医療保険のがん特約ではダメなの?

がん保険に加入しなくてもがんになった時の保障が受けられるガン特約が医療保険にはあります。 


がん保険との違いとしてはがんへの保障の手厚さです。


がん保険はがんに特化した保険ですが医療保険はガンに限らずにケガや病気を全般的に保障する保険です。
 


もしがんになってしまった場合には効果の高い先進医療を受けることになります。


またがんは再発のリスクもあり、一度かかって仕舞えば治療が長引く可能性が高いです。


その時を考えた場合がん保険では「入院給付金・通院給付金」がもともと付いている保険が多いのでおすすめです。
 


また先進医療に関しても保障がされますのでがんに対しての保障が手厚いがん保険を選ぶのもいいかと思います。
 


しかし、ある程度がんへの備えがあればいいという方であれば医療保険のがん特約でもとりあえずは大丈夫でしょう。


そのほかにもがん保険と医療保険のどちらにも加入することも可能です。その場合には保障内容が被らないように調整して加入することが大事です。 

県民共済のがん保障はどうなの?民間がん保険と比較

民間の保険会社だけではなく県民共済などでもがんの保障は受けられます。 


そこで県民共済と民間保険を比較し、実際はどのような方に向いているのか解説していきます。 

県民共済民間の保険会社
管轄している母体厚生労働省・農林水産省金融庁
倒産時の
セーフティネットの有無
なしあり
職業審査の有無告知無し告知あり
年齢による保険料の違い一定 年齢に応じて変動する 
保険商品の種類商品の種類が少ない商品の種類が多い

県民共済の民間の保険会社の違いは以上の通りになります。 


県民共済のがん保障の内容は、

  1. 入院支払い日数に制限無し 
  2. 通院保障あり 
  3. 診断一時金あり 
  4. 上皮内新生物も保障対象 
  5. 2度目のがん診断でも共済金が受け取れる 
  6. 手術や再発も保障 
  7. 先進医療も保障 

ととても充実した内容であることがわかります。


保険料も月額1,000から付加できますので、保険料の出費を抑えつつがん保障を備えたい方におすすめです。 

【振り返り】おすすめがん保険一覧比較表

おすすめな人商品名
保険料を安くしたい人向けライフネット生命「ダブルエール」
無駄な保険料を支払いたくない人向けSBI損保のがん保険 自由診療タイプ
通院保障を手厚くしたい人向けアフラックの生きるためのがん保険 ALL-in

以上のようにご自身の要望に合った保険を選べるように保険会社によって保障内容や保険料に違いがあります。


そのため保険会社を比較するのはとても大事です。
 


しかし、自分で選ぶのが難しい方には、無料で保険について相談できるサービスもありますのでそちらを利用することをおすすめいたします。 


ほけんROOM相談室では、ご自身に合った保険を保障内容、保険料も考えて提案します。


下のボタンから無料相談予約ができますので、是非ご利用ください。

がん保険に入るタイミングはいつにすべき?

がん保険に加入するのは20代や30代の若いうちに加入するべきです。


終身タイプの保険では20代や30代のうちに加入すればお得になりますし、20代から保険料を払っていれば30代や40代で加入するよりも総支払額も安くなり結果的にお得になります。 


なおかつ早めに保険に加入していれば、その分早く保障を受けることができます。


現在ではがんのかかる年齢は30代後半から徐々に増加傾向にあります。


そのため事前に加入して備えて置くことをおすすめします。
 


年齢が若いうちに加入することで告知の審査にも通りやすいですし、お子さんが幼い時に自分の保険に入れる安心感もあります。


保険料もそれほど高くありませんので家計の負担にもなりにくいです。 

まとめ:おすすめの人気がん保険をランキングで比較

がん保険の選び方のポイントについてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?


この記事では 

  • おすすめのがん保険の紹介
  • がん保険の選び方
  • がん保険の他、特約や県民共済 

などを中心に解説していきました。
 


がん保険を検討中の方は今回の記事を踏まえて年齢が若いうちに加入することをおすすめします。


保険料がお得になるだけではなく、その分の保障を受けることもできます。


今では日本人の二人に一人がガンにかかると言われています。


それを踏まえるとがん保険は決して無駄にはならないと思います。
 


今回も最後までお読みいただきありがとうございました。 


ほけんROOMでは、保険に関する記事を多数掲載していますので、ぜひご覧になってください。 

また、無料の保険相談サービスも運営しています!

がん保険の選び方をもっと詳しく知りたい、専門家に相談したい!という方は、「ほけんROOM相談室」を利用してみてはいかがでしょうか。

13