がん保険の選び方に関する疑問
最適な情報を伝える

がん保険の選び方

がん保険の選び方|後悔しないための5つのポイントを保険のプロが解説

がん保険の適切な選び方を知っていますか?ポイントを押さえて選択しないと、保障や保険料で損をする可能性があります。本記事ではがん保険の選び方について、後悔しないためのポイントを解説します。がん保険の特徴なども解説しているため、ぜひ最後までご覧ください。





▼この記事を読んで欲しい人

  • がん保険への加入・見直しを検討している人
  • がん保険の適切な選び方が知りたい人
  • がん治療にかかる費用を知りたい人
  • がん保険の加入傾向が知りたい人

▼がん保険の選び方で重要な5つのポイント

  • 診断給付金が複数もらえるか
  • 長期間の通院保障があるか
  • 抗がん剤治療・放射線治療の保障が充実しているか
  • 上皮内新生物の保障があるか
  • 高額療養費制度とのバランス


保険の悩みならまずはマネーキャリアの無料相談を気軽に利用してみてください!

内容をまとめると

  • がん保険を選ぶときは、保障内容や高額療養費制度とのバランスに注目
  • 目的に応じて保険料や保険期間、特約などを設定
  • 保険金の支払い条件は加入前に確認
  • 「実損填補」タイプなら自由診療に備えられる
  • 近年のがん治療は入院よりも通院が主流 日本人の半数以上が生涯のうちにがんにかかる可能性がある!
  • がん治療には治療費・入院費など多くの費用がかかる!
  • 保険金は考えられる医療費をもとに設定する
  • がん保険の加入・見直しは保険のプロへの無料相談がおすすめ!
  • マネーキャリアなら保険のプロに無料で保険相談が可能!オンラインだから全国対応で、スマホひとつで予約から相談までできる!

目次を使って気になるところから読みましょう!

目次

がん保険の選び方!プロが教える5つの重要ポイント

がんの治療に特化している保険であるがん保険。


保障内容ががん治療に絞られているといっても、保障の範囲は商品によって異なります。


また、保険料の負担についても考えなければなりません。


 それではがん保険を選ぶときは、どのようなポイントから検討すれば良いのでしょうか。


がん保険の選び方で重要な5つのポイントは以下の通りです。


  • 診断給付金が複数もらえるか
  • 長期間の通院保障があるか
  • 抗がん剤治療・放射線治療の保障が充実しているか
  • 上皮内新生物の保障があるか
  • 高額療養費制度とのバランス
本章では上記のポイントについて詳しく解説します。

ポイントを押さえて、適切ながん保険選びをしましょう。

医療保険の選び方については以下の記事で解説しています!

がん保険の選び方①診断給付金が複数もらえるか

がん保険の選び方のポイントの1つ目は、診断給付金が複数もらえるかです。

診断給付金とは、がんと診断された場合に支払われる給付金です。  

受け取り回数には、
  • 初回限定
  • 回数限定
  • 無制限
など、様々なタイプがあります。

初回限定は初めてがんの診断を受けた時のみ受け取りが可能です。

しかし、がんは再発や転移を起こすことがあり、1回治療したからといって安心できるとは限りません。

また一度がんになってしまうと、再度がん保険に加入することは困難です。

そのためがん保険に加入する際は、複数回にわたり診断給付金が支払われるタイプを選択した方が良いでしょう。

 複数回だとしても、回数制限が設定されている商品もあります。

生涯にわたりがんへの備えをしたい場合は、無制限の商品を選択してください。

なお、無制限であっても「2年に1回」などの条件が課されている可能性があるため、加入の際は条件をよく確認しておきましょう。

がん保険の選び方②長期間の通院保障があるか

がん保険の選び方のポイントの2つ目は、長期間の通院保障があるかです。

通院保障とは、がん治療のための通院に対する保障で、通院日数に応じて支払われます。

かつてのがん治療は切除手術など、入院が前提の治療がメインでした。しかし、近年は医学の進歩もあり、通院治療がメインになりつつあります。



また、入院・手術をしたとしても、がん治療は退院したらそれで終わりではありません。

経過観察や治療などで1年以上に渡って通院を続ける必要があります。

通院をするには会社を休んだり、時短勤務などを行ったりするため、収入が減少する人が多いです。

 がん治療は長期にわたるため、収入が減少すると生活費が不足したり、十分な治療が受けられなくなったりする可能性があります。

そんな収入減への備えとして、長期間の通院保障が重要です。また、通院保障であれば、公的保障では対象外になる交通費などのカバーもできます。

そのためがん保険を選ぶ場合は、長期の通院治療に備えられるかをよく確認しましょう。

がん保険の選び方③ 抗がん剤治療・放射線治療の保障が充実しているか

がん保険の選び方のポイントの3つ目は、抗がん剤治療・放射線治療の保障が充実しているかです。

主ながん治療としては、
  • 外科治療(手術)
  • 抗がん剤治療
  • 放射線治療  
以上の3つが挙げられます。

抗がん剤治療や放射線治療は通院で、複数回にわたり治療を受けることが一般的です。

通院治療では治療費以外にも交通費など様々な負担が生じます。

長期にわたる治療では、このような費用が積み重なり大きな負担になってしまいます。

 そのため抗がん剤治療・放射線治療の保障の充実が重要です。

また抗がん剤は選択肢のひとつとして、日本で未承認のものもあります。

未承認のものを使う場合は、自由診療になり公的保障が受けられません。

抗がん剤治療の保障が充実していれば費用の負担が軽くなるため、治療の選択肢が広がります。

どの治療が合うかは人それぞれのため、自分に合った治療を選択するためにも、保障が充実しているかを確認しましょう。

がん保険の選び方④上皮内新生物の保障があるか

がん保険の選び方のポイントの4つ目は、上皮内新生物の保障があるかです。

上皮内新生物とは文字通り上皮内に止まっているがんで、一般的ながんとは別に分類されます。

転移の可能性も低く、基本的に完全に除去できれば再発の心配もありません。 

入院や通院も比較的短期で済むことから、がん保険では対象外になっている場合があります


保障がある場合でも、一般的ながんと比べると保障金額が抑えられていることも多いです。

しかし、がんの一種であることには変わりなく、進行すれば上皮内に留まらず、内部へと浸潤してしまいます。   

特に女性特有の子宮がんなどは、上皮内新生物と診断を受ける可能性が高いです。

そのため女性は特に、上皮内新生物への備えが重要になります。

また上皮内新生物と診断されると、その後はがん保険への加入が困難です。

以上の点から、一般的ながんと比べリスクは低いとしても、上皮内新生物に対する保障があるがん保険を選択した方が良いでしょう。

がん保険の選び方⑤高額療養費制度とのバランス

がん保険の選び方のポイントの5つ目は、高額療養費制度とのバランスです。

がん保険の保障を手厚くすれば、万が一の時に安心なのは間違いないでしょう。

しかし、保障を手厚くするほど、保険料は上がっていきます

保険料の負担が重くなると、生活を圧迫してしまう可能性が高いです。

そのため保障は手厚くすればするほど良いというわけではありません。

がん治療などの高額な医療費に対しては、公的制度の高額療養費制度が利用できます。

高額療養費制度を活用することで、上限を超えた分の医療費の請求が可能です。

  

医療費の負担が軽くなる一方で、

  • 差額ベッド代
  • 入院中の食事代
  • 先進医療
  • 交通費
などの費用については対象外になってしまいます。

そこでおすすめなのが、対象外になる費用をがん保険でカバーすることです。

がん保険の保障を選ぶ際は、高額療養費制度でカバーできる費用と、カバーできない費用を算出し、カバーできない費用を補えるようにバランスを取って選択しましょう。

その他のがん保険の選び方で重要な7つのポイント

前章ではがん保険の選び方のポイントを解説してきました。


しかし、選び方で重要なポイントは他にもあります。


その他のがん保険の選び方で重要な6つのポイントは以下の通りです。


  • 女性は特にできるだけ年齢が若いうちに加入する
  • 保険期間
  • 保険料の支払い方法
  • 医療保険との保障の重複がないか
  • がん先進医療特約があるか
  • 保険金の支払い条件
本章では上記についてそれぞれ解説します。

①女性は特にできるだけ年齢が若いうちに加入する

がんの罹患率は年を重ねるにつれ上昇します。しかし、若くてもがんの罹患リスクは0ではありません。


特に若いうちは女性の方が罹患リスクが高いです。


若い女性の場合、

  • 乳がん
  • 子宮がん  
などの、女性特有のがんのリスクが高い傾向にあります。

一度がんになるとその後は一般のがん保険に加入しづらくなるため、がんになる前から備えておくことが重要です。

そのため女性は特に、年齢が若いうちに加入することをおすすめします。

がん保険の中には女性特有のがんに備えられる商品もあります。

中には乳がんで乳房を切除した後の乳房再建術も保障される場合もあるため、女性特有のがんに備えたい場合は女性疾病特約や女性向けがん保険などを検討してみてください。

もちろん男性であっても少なからずリスクはあるため、年齢が若いうちの加入がおすすめです。

②保険期間

がん保険の保険期間には、終身タイプ定期タイプの2種類があります。  


終身タイプの場合は、保障が一生涯にわたり続きます


そのため、いつ起きるかわからないがんに、常に備えることが可能です。


定期タイプと比べると保険料は割高ですが、加入時の保険料から上がりません。


一方定期タイプの場合は、保障が一定の期間に限られています。


そのため子供の養育中や働いている間だけなど、特定のライフステージに絞った利用が可能です。

  


更新ごとに保険料が上がるものの、終身タイプと比べると保険料は割安です。


保険期間を選ぶ際は、

  • どのくらいの期間備えたいか?
  • 何のために備えたいか?  
といった点から検討しましょう!

③保険料の支払い方法

終身タイプのがん保険の支払い方法は、終身払い短期払いの2通りです。


終身払いは生きている限り一生涯に渡って支払い続ける必要があります。


保険料は短期払いと比べると割安なため、家計への負担は比較的少ないです。


ただし短期払いよりも支払い総額が大きくなる可能性がある点には注意が必要です。


また老後も年金から保険料の支払いが続くため、支払えるだけの余力があるかも検討しましょう。


一方短期払いは、「60歳払込満了」などのように、保険料の支払いが一定の期間で終わります。


保険料の支払いが早くに終わることで、老後に保険料の支出の必要がありません。


ただし月々の保険料は終身払いよりも割高なため、家計の負担にならないように注意が必要です。

④医療保険との保障の重複がないか

がん保険を選ぶときは、医療保険と保障の重複がないかも重要です。


医療保険ではがんだけではなく、幅広い病気や怪我に備えられます。


がん保険と組み合わせることでより手厚くカバーができる一方で、保障内容が重複する可能性がある点には注意が必要です。



例えば先進医療を受ける際に保障が受けられる先進医療特約は、医療保険にもがん保険にも存在します。


医療保険の先進医療特約を契約している場合は、がん保険にがん先進医療特約に入る必要はありません。 



2つの保険に加入するということは、その分保険料の負担が増えるということです。


そのため保障内容の重複は、保険料の面からあまり好ましくありません。



医療保険とがん保険の両方を活用する場合は、それぞれの保障をカバーしあえるような保障内容にしましょう。   

⑤がん先進医療特約があるか

先進医療は新しい医療技術による効果が期待できるものの、公的保障の対象外になるため全額自己負担です。


そのため、数万〜数千万円の医療費が必要になります。  


がん先進医療特約は、がん治療に対する先進医療への保障が受けられる特約です。がん治療の先進医療としては、陽子線治療や重粒子線治療が挙げられます。


それぞれ平均すると約300万円の医療費がかかるため、経済的に非常に大きな負担となり、選択を諦めてしまう人もいることでしょう。


がん先進医療特約を活用すれば、先進医療の費用がカバーできるため、治療の選択肢が広がります。



より良い治療方法を選択できるようにするためにも、がん先進医療特約があるかを確認しましょう。  

⑥保険金の支払い条件

がん保険を選ぶ際は、保険金の支払い条件も必ず確認してください。


  • 免責期間がある
  • 入院が支払いの条件
  • 未承認の抗がん剤は対象外
  • 診断給付金は初回のみ
  • 上皮内新生物は対象外
など、保険金の支払い条件は商品によって様々です。

 いざという時に請求をしようとしても、支払い条件を満たしていなければ請求ができません。

そのためせっかく加入したのに利用できないという事態に陥ってしまいます。

契約時に保険料や保障内容は確認しても、支払い条件は見落としがちです。

いざという時に支払われないという事態を回避するためにも、がん保険の契約時には必ず支払い条件を確認しましょう。

【参考】自由診療にも備えたいなら「実損填補」タイプも検討するべき!

がん保険の中には、治療にかかった費用が受け取れる「実損填補」タイプがあります。  


「実損填補」タイプは自由診療に備えたい人には非常におすすめの保険です。


自由診療の医療費は公的保障の対象外のため、高額になりやすい傾向にあります。


自由診療を利用したい場合、一般のがん保険では特約を付けなければなりません。


また一般のがん保険は保険金が定額のため、場合によっては不足する可能性もあります。


「実損填補」タイプなら、特約を付けなくても高額な医療費への備えが可能です。


必要な分だけ支払われるため、限度額の範囲内であれば金額が不足する心配もありません。 


また若いうちは保険料が安価なため、保険料を抑えたい人にもおすすめです。


ただし定期タイプの保険のため、更新のたびに保険料が上がる点には注意しましょう。


「実損填補」タイプは損額保険会社が販売しているため、選択肢には入りにくいかもしれません。


しかし治療の選択肢を広げたいと考えている人は、ぜひ加入を検討してみてください。

本当にがん保険選びで後悔したくないなら保険のプロに無料相談!

がん保険の選び方には、様々な押さえるべきポイントがあります。


またがん保険は多くの商品があるため、自分だけでぴったりのがん保険を選ぶのは困難です。


そこでおすすめなのが、保険のプロへの相談です。


保険のプロならそれぞれの経済状況やライフステージに合わせ、ひとりひとりに合った保険商品を提案できます。


そのため自分に合った商品の中から比較・検討が可能です。


マネーキャリアでは保険のプロによる無料保険相談を実施しています。


予約から面談まで全てオンラインでできるため、スマホひとつあれば利用可能です。


相談は納得がいくまで何度でも無料で、無理な勧誘も一切ありません。    


後悔のないがん保険選びをしたい人は、ぜひご利用ください。

【基礎知識】がん保険とは?

これまでがん保険の選び方をお伝えしてきましたが、そもそもどのような保険なのでしょうか。


選び方だけを知っていても、特徴を知らないと重視すべきポイントが抑えられません。そのため選ぶ前にがん保険について、簡単に知っておくことが大切です。


本章ではがん保険について、以下の基礎知識を解説します。


  • 加入目的
  • 医療保険との違い
  • 主な保障内容
  • 主な特約  
がん保険を選ぶ前に商品の特徴を知り、まず何が重要なのかを考えてみましょう。

がん保険に加入する目的

がん保険に加入する主な目的は、がん治療への備えです。


日本人の半数以上が、生涯のうちに何かしらのがんに罹患するとされています。治療方法は部位や進行度により異なるため、様々な治療方法に対応できる備えが必要です。


また、入院や通院で治療をするため、仕事を休み収入が減るリスクにも備えなければなりません。  


がん保険はこのようながんの診断を受けてから発生する、様々な経済的リスクへの備えが可能です。


もちろん公的保障でも一部の費用はカバーできますが、

  • 先進医療・自由診療
  • 差額ベッド代
  • 入院中の食事代
などの対象外になる費用があります。

がん保険であれば公的保障の対象外の費用に対しても保障されるため、治療の選択肢を広げたり、より安心した療養生活が送れたりします。

医療保険との違い

がん保険と医療保険の大きな違いは、保障の範囲です。


がん保険はその名の通り、保障内容ががんの治療に特化しています。


一方医療保険は、病気や怪我による入院・手術に対する保障がメインです。


基本的には広く浅くといった保障内容ですが、特約などで三大疾病(がん・心疾患・脳血管疾患)などの保障を手厚くできる保険商品もあります。


ただしがん治療は近年、入院日数が減り通院治療が主流になりつつあるため、入院給付金よりも診断給付金・通院給付金などの需要の方が高いです。


そのためがんに備えたいと考えている人には、がん保険への加入がおすすめです。


どちらに加入するか悩んでいる人は、

  • 幅広い病気や怪我への備えは医療保険
  • がんへの備えはがん保険  
といったイメージで検討すると良いでしょう。

また組み合わせ次第では、両方に加入することもおすすめです。

両方に加入する場合は保障が重複しないように注意してください。

がん保険の主な保障内容

がん保険の主な保障内容は以下の通りです。

  

支払い条件
診断給付金がんと診断を受けた時
入院給付金がんで入院をする時
治療給付金抗がん剤や放射線でがん治療を行う時
手術給付金 摘出や切除など、がん治療が目的の手術
通院給付金がん治療が目的の通院

以上のように、いずれもがん治療を目的としています。

特に診断給付金はがんの診断を受けた時点でもらえるため、これからの治療に向けた心強い準備資金です。  

入院・治療費はもちろんのこと、通院時の交通費など様々な目的で利用できるため、経済的な不安を軽減できます。

がん保険を選ぶ際は、がん治療で想定される、どのようなリスクに対して備えたいかを明確にすることが大切です。

保障内容は保険商品によって若干異なります。

必要な保障を明確にした上で、検討中の商品にその保障が含まれているかをよく確認しましょう。

がん保険の主な特約

がん保険の主な特約として以下の2つを紹介します。

  • 先進医療特約
  • 女性特約

①先進医療特約

先進医療特約は、がん治療のために先進医療を受ける場合に給付金が受け取れる特約です。

先進医療は新しい治療方法が試せる一方で、全額が自己負担になるため経済的な負担が大きくなります。

先進医療特約があればそんな先進医療が安心して受けられるため、治療の選択肢を増やすためにも有効です。

先進医療特約の部分の保険料は他の特約と比べて安いことが多いため、心配な人は付けておくと良いでしょう。

②女性特約

女性特約は乳がんや子宮がんなど、女性特有のがんの治療に対して給付金が支払われる特約です。

 若い女性は特に、女性特有のがんの罹患リスクが高い傾向にあります。 そのため、女性特約による備えが大切です。

乳がんの治療では乳房の切除が必要になる場合がありますが、商品によっては乳房再建術に対しても給付金が支払われます。

女性特約は保険商品によって内容が大きく異なるため、保障内容をよく確認しておきましょう。  

がん治療に関する基礎知識

がん治療に備えるためのがん保険ですが、がん治療はどのような方法でどのくらいの期間行うのでしょうか。


またどの程度罹患リスクを抱えているのでしょうか。


がん治療について詳しく知ることで、がん保険を選ぶときの具体的なイメージを持つことができます。


本章ではがん治療について以下の基礎知識を解説します。


  • 主な治療方法
  • 入院・外来受療率の推移
  • 入院日数
  • 罹患率
がん治療の基礎知識を知り、リスクなどを考えてみましょう。

がんの主な治療方法

がんの主な治療方法は以下の通りです。

  • 手術療法
  • 化学療法
  • 放射線治療

①手術療法

手術療法は、手術によってがんを切除する治療方法です。

小さな転移がない限りほぼ完全に治療できる一方で、体がメスで斬られるため回復に時間がかかります。

ただし近年は切除の範囲を最小限にする手術の普及も進んでいます。

②化学療法

化学療法は抗がん剤でがんを死滅・縮小させる治療方法です。  

薬物が全身を巡るため、手術療法では切除できない小さながんも治療できます。

一方で脱毛や吐き気などの強い副作用が出るため、辛い治療になりやすいです。

近年は副作用を抑える薬も開発されているため、以前と比べると症状は軽くなりつつあります。

③放射線治療


放射線治療は放射線の照射でがんを死滅させる治療方法です。

治療前の検査で部位や大きさを測り、ピンポイントで治療を行います。

 部位によっては全身症状などの副作用が発生するため注意が必要です。

入院・外来受療率の推移

厚生労働省の「患者調査」によると、10万人対のがんによる入院・外来受療率の推移は以下の通りです。  


入院外来
2008年125171
2011年120175
2014年114182
2017年112197

上記のデータから分かる通り、近年は入院が減り外来が増えている傾向にあります。


以前はがん治療というと、手術療法が主流でした。


しかし、体に負担がかかることから、近年は通院による化学療法や放射線治療が主流になりつつあります。


手術療法を行う場合でも切除範囲を最小限にとどめ、あとは通院で化学療法などを用いて治療を継続する場合もあります。


そのため近年は入院が減り外来が増加しているのです。


がん治療は先進医療や自由診療を含めると多くの選択肢があります。


医療の進歩によりがん治療を取り巻く環境は年々変化しているため、変化に対応するためにもがん保険で幅広い治療の選択肢をカバーすることがおすすめです。  

がん治療にかかる入院日数

厚生労働省の「患者調査」の2017年のデータによると、がん治療にかかる入院日数は16.1日です。


2008年のデータでは22.4日であることから、約10年の間で大幅に入院日数が減っていることがわかります。


理由としては入院・外来受療率の推移でも解説した通り、治療方法の変化が挙げられます。


以前の治療方法の主流は手術療法でした。手術療法は体にメスを入れるため、回復までに時間がかかります。そのため、入院日数が長期になりがちでした。


しかし、現在は化学療法や放射線治療が主流になりつつあり、通院での治療が増加しています。


また手術療法も回復を早めるために最小限にし、あとは化学療法などを用いて通院で治療を継続することが多いです。


以上の理由により入院日数が減少する結果となりました。



通院で治療を行う場合は、会社を休んだり時短勤務に変えたりする必要があるため、収入が減少する可能性があります。


収入の減少に備えるためにも、がん保険でがん治療にかかる費用を確保しましょう。  

がんの罹患率

国立がん研究センターの「最新がん統計」によると、がんの罹患率は以下の通りです。

罹患率
男性65.0%
女性50.2%


以上のデータから分かる通り、日本人の半数以上が生涯のうちに何らかのがんになる可能性があります。


若いうちは比較的罹患率が低いですが、年齢を重ねるごとに上昇していきます。


女性は乳がんや子宮がんのような女性特有のがんのリスクがあり、若いうちは男性よりも罹患率が高いです。


そのため、女性の場合は特に若いうちからの備えが大切です。


一方男性は若いうちは罹患率が低いですが、年齢を重ねると女性よりも罹患率が高くなってしまいます


がん保険は一度がんになると加入が困難です。年齢を重ねるごとに罹患率が上がることを踏まえると、男性であっても若いうちに加入を検討した方が良いでしょう。


日本人の半数以上が罹患する可能性がある以上、がんは他人事ではありません。


いつ発生するかわからないがんに向けて、早めの備えをしておきましょう。

がん治療にかかる費用

がん治療には多くの費用があります。日本は公的保障が充実しているため、一部の費用はカバーできます。


しかし、対象外になる費用もあるため、高額な費用への備えが大切です。


また、がん治療には治療費だけでなく、療養中に十分な生活が送れるだけの資金も必要になります。  


本章ではがん治療にかかる費用について以下の5点を解説します。


  • 傷病別のがん治療にかかる費用
  • 治療方法別にかかる費用
  • 1ヶ月入院したときの自己負担総額
  • 公的医療保険でカバーできない費用
  • がんで療養中に減少する収入
がん保険を上手く活用して、経済的な負担を軽くしましょう。

①傷病別のがん治療にかかる費用

傷病別のがん治療にかかる費用の目安は以下の通りです。


がん罹患部位平均入院日数1日あたりの入院費用(3割負担)
19.3日15,600円
結腸16.1日16,700円
気管・気管支、肺17.6日16,700円
肝、肝内胆管 17.4日15,900円
乳房12.1日18,300円
子宮17.6日18,300円
上皮内新生物13.9日19,700円


上表から分かる通り、1回の入院で20万円前後の自己負担が発生します。


高額療養費制度を活用すれば、所得にもよりますが、大体10万円前後に抑えることもできます。


ただし対象外になる費用も多く、また退院後も通院治療が必要であることを忘れてはいけません。


多額の費用がかかるがん治療ですが、貯蓄が十分にある場合は貯蓄から支払うこともできるでしょう。


しかし特に若い世代は貯蓄が不十分な人も多く、いざという時に十分は費用が準備できない可能性があります。


がん保険なら毎月保険料を支払うことで、高額な治療費に備えられるため、十分な費用の準備が難しい人は特に活用がおすすめです。

②治療方法別にかかる費用

①手術療法の治療費

手術療法の治療費は、部位によって異なりますが、3割負担で大体30〜40万円前後です。


また、入院も必要になるため、手術費用とは別に入院費も発生するため、医療費が高額になる可能性が高いです。


②抗がん剤の治療費

抗がん剤の治療費は、投与量や薬品の種類によって変わります。小瓶1つあたり数百円〜数万円と、薬品の種類によって金額は大きく異なります。


また、投与量は患者の身体の大きさや体重によるため、金額は一概には言えません。


薬品は合うものと合わないものがあるため、安いものが投与できるとは限らず、高額な薬品を複数回にわたり使用することになる可能性も十分考えられます。


③放射線の治療費

放射線の治療費は部位や照射方法により変わりますが、3割負担で大体20万円〜40万円前後です。


以上のように公的保障の対象となる三大治療であっても、多額の費用が発生します!そのため、がん保険で多額の治療費に備えておくことが大切なのです!

陽子線治療や重粒子線治療といった先進医療の場合は、200〜300万円程度の費用がかかります。先進医療の費用は公的保障の対象外になるため、全額が自己負担です。


近年の医療では、QOL(Quality of Life、生活の質)も重視されています。
治療中であっても今までと同じような生活を送れるようにすることで、QOLの向上が可能です。


がん治療の場合は、抗がん剤の副作用による脱毛をカバーするためにウィッグを用意したり、家事代行をお願いしたりすることが挙げられます。もちろんQOL向上のための費用は全額自己負担です。


 がん保険の通院保障などを活用すれば、がん治療中でもこれまで通りの生活を送る手助けができます。


がんは再発・転移を起こすこともあります。再発・転移をしたら、再度治療を行わなければなりません。


再発の場合は手術・抗がん剤・放射線のいずれか、もしくは併用を、転移の場合は抗がん剤を使用することが一般的です。


診断給付金が複数回もらえるタイプのがん保険であれば、再発・転移をしても給付金で再びがん治療に備えることができます。

③1ヶ月入院したときの自己負担総額

1ヶ月入院した時の自己負担総額は、ケースによって大きく異なります。



例えば42歳の一般会社員が1ヶ月入院した場合だと、3割負担でおよそ32万円の費用がかかります。 


内訳としては以下の通りです。

項目費用
医療費82,430円
差額ベッド代90,000円(1日あたり3,000円)
収入減少分の補填150,000円


以上のように、差額ベッド代や収入減少による生活費の補填など、入院中には純粋な医療費以外にも様々な費用がかかります。


退院後に通院治療が必要になることを踏まえると、貯蓄だけに頼っているといずれ生活に影響が出てくる可能性が高いです。


そのためがん保険で、入院にかかる費用のカバーをすることをおすすめします。

④公的医療保険でカバーできない費用

公的医療保険を活用すると、医療費が3割負担になります。


しかし公的医療保険では保障されない費用があるため注意が必要です。(高額療養費制度も同様)


主な保障外の費用は以下の通りです。

  • 差額ベッド代
  • 入院中の食事代
  • 入院中の日用品の購入費
  • 先進医療・自由診療
中でも差額ベッド代には注意しましょう。

差額ベッド代とは、1〜4人の個室に入院する場合に発生する費用です。

費用には特に決まりがなく、病院によって1日あたり千円〜1万円くらいかかります。

そのため、入院が長期間になるほど負担が重くなっていくのです。

がん保険であれば、公的医療保険の対象外になる費用もカバーができます。

より快適な治療を行うためにも、事前に対象外の費用への備えをしておきましょう。

⑤がんで療養中に減少する収入

がんの療養中は、長期休暇などの影響で収入が減少する可能性があります。


療養中は医療費・生活費がかかるのはもちろん、状況によっては生活サポートを依頼することになるかもしれません。子供がいる家庭の場合は、子供の教育費なども発生します。


そのため、収入が減少すると、今まで通りの生活が難しくなる可能性が高いです。公的制度の傷病手当金では、療養中にこれまでの収入の一部が受け取れます。


しかし、傷病手当金は全額が保障されるわけではないため、収入が不足することは間違いありません。


また、フリーランスなどの個人事業主の場合は、傷病手当金の対象外になるため収入がなくなってしまいます。


がん保険の中には、収入保障が受けられる商品もあります。がんの療養による収入の減少に備えられるため、特に単身世帯や家族を養う人におすすめです。


治療に専念するためにも、収入保障を活用しましょう。

がん保険の加入傾向

実際にがん保険に加入している人は、保険料や保険金などをどのくらいに設定しているのでしょうか。


本章ではがん保険の加入傾向について、


  • 保険料
  • 保険期間
  • 診断給付金の設定金額
  • 通院保障の設定金額
以上のデータやシミュレーション結果をもとに解説しますので、ぜひ加入や見直しの際の目安にしてみてください。

①保険料

がん保険の保険料は、保険商品や加入年齢、性別によって異なります。


以下は世代別のシミュレーションです。


男性女性
20歳1,797円1,839円
30歳2,380円2,713円
40歳3,658円4,611円
50歳6,275円6,264円
60歳11,589円7,720円
70歳18,857円9,208円

シミュレーションの結果から、年齢を重ねるにつれ保険料が上昇することがわかります。


また、若いうちは女性、年を重ねると男性の保険料の方が高いです。


変動する理由としては、がんの罹患率が挙げられます。


罹患率が高いほど保障が必要になる確率が上がり、保険料が高くなるのです。


がん保険に加入する場合は、若いうちに加入を検討しましょう。

②保険期間

がん保険以外の生命保険を含めたデータではありますが、生命保険文化センターの平成30年度「生命保険に関する全国実態調査」によると、保険期間の平均は13年0ヶ月です。


加入傾向としては子育て世代の加入率が高いことから、ライフステージに応じた需要が伺えます。


子育て世帯の場合は家族の生活費に加え、子供の教育費がかかるため支出が多くなりがちです。


がん治療には多額の費用がかかり、収入が減少することを踏まえると、貯蓄だけでは生活費が不足することが考えられます。


定期タイプのがん保険であれば、子育て期間中だけ備えることも可能です。


がん治療時の経済的な負担を軽くするためには、ライフステージごとに必要になるお金を算出し、がんになった場合に不足しそうな費用をがん保険で補うようにしましょう。

③診断給付金の保険金の設定金額

診断給付金は50〜200万円程度から設定可能です。


厚生労働省の「医療給付実態調査」によると、がん治療にかかる自己負担金額は以下の金額となっています。


  • 入院:20万円前後
  • 外来:1万円~2万円程度
ただし実際には公的保障の対象外の費用もかかる上に、通院による治療の継続や収入の減少も考えると、100〜150万円くらいが必要になります。

がん保険では入院給付金や手術給付金なども受け取れるため、診断給付金を高額にする必要性は高くありません。

また無闇に高くすると、保険料が上がってしまうため注意が必要です。

そのため必要な医療費の3割程度を目安に設定すると良いでしょう。

④がん通院保障の保険金の設定金額

厚生労働省の「患者調査」によると、近年のがん治療は入院よりも通院が主流となりつつあります。


通院に交通機関を使う場合は交通費も発生するため、医療費以外の費用への備えも大切です。


通院治療は複数回に分けて行うことから、治療が長期間になるほど経済的な負担は重くなります。


通院保障は大抵3千円〜1万円くらいの範囲で設定でき、3千円程度に設定する人が多いです。


がん保険の通院保障なら抗がん剤治療や放射線治療に備えつつ、交通費などの公的保障の対象外になる費用にも備えられます。


そのため一般的な医療保険と比べると、通院保障の必要性が高いです。


がん保険に加入する場合は、通院保障を充実させると良いでしょう。

  

すでに加入していてもがん保険の保障内容の見直しも重要!

がん保険に加入したまま放置していませんか?


医療の技術は日々進歩を続けています。進歩に合わせがん保険の保障も新しくなっているため、保険料を損している可能性があります。


そのため、定期的な保険の見直しが大切です。


見直しを行う場合は自分自身で行っても良いですが、最新の情報を知り選び方のポイントを押さえるためにも、保険のプロへの相談をおすすめします。


 保険のプロなら現在加入中のがん保険と比較した上で、経済状況やライフステージに合う商品の提案が可能です。


マネーキャリアでは保険のプロによる無料の保険相談を行なっています。


予約から面談までオンラインで無料で行えるため、スマホひとつあれば利用可能です。


がん保険の見直しを検討している人はぜひお気軽にご利用ください。

まとめ:がん保険を正しく選ぶならマネーキャリアで無料相談!

がん保険の選び方を中心に解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。


がん保険を選ぶときは、商品の特徴をよく知った上でポイントを押さえることが大切です。


たくさんの種類から自分にあったがん保険を選ぶ必要があるため、自分で選ぶのは難しいと感じる人もいるのではないでしょうか。  


そのためがん保険を選ぶときは、保険のプロへの相談がおすすめです。


マネーキャリアなら保険のプロに、無料の保険相談ができます。


全国どこでもスマホひとつで利用できて、納得のいくまで何度でも無料です。


 がん保険の加入や見直しを検討している人は、ぜひご利用ください。

1