女性保険に関する疑問
最適な情報を伝える

女性保険

女性保険の口コミは良くない?損をしない女性保険の選び方

女性保険のランキングを口コミで比較していきます。女性保険も年々増えており商品も多彩になってきました。そこで保障内容の概要とともに実際に加入している人の声を検証することでどの保険がおすすめなのか紹介します。選び方や利点と欠点も紹介していますのでぜひご覧ください。



▼この記事を読んで欲しい人
  • 女性保険の口コミランキングを知りたい人 
  • 医療保険を検討している女性 
  • 女性保険の選び方や特徴を知りたい人

▼この記事を読んでわかること
  • 女性保険の口コミランキング 
  • 女性保険の基礎知識 
  • 保険を選ぶ際のポイント 
  • 女性保険のメリットとデメリット
保険の悩みならまずはマネーキャリアの無料相談を気軽に利用してみてください!

内容をまとめると

  •  女性保険は女性特有の疾患に対し通常の医療保険よりも手厚い保障がある 
  • 選び方のポイント①保障対象や支払限度日数等は各保険会社によって異なるため事前チェックを 
  • 選び方のポイント②保険料は入院給付金が10,000円あると安心 
  • 選び方のポイント③保険会社の対応は口コミでチェック 
  • 選び方のポイント④元気なうちに加入を検討する、またライフスタイルが変化する際には見直しを 
  • メリットは「女性疾患に対しての保障が割安」「経済的な不安をなくし治療に専念できる」 
  • デメリットは「妊娠中の加入が難しい」「貯蓄性のあるものはない」 
  • 保険選びに迷ったらマネーキャリアでプロに無料相談を!

女性保険の基礎知識!口コミが良くないって本当?

女性保険の基礎知識についてこちらの項目では 

  • 主な保障内容 
  • 女性特有のリスク 
  • 医療保険との相違点 

について概評します。 


 保障内容や医療保険との違いを知っておくことで今後保険を検討する際に役立つことでしょう。 


 また保険相談窓口などプロに相談する場合であっても知識を頭に入れておくことで、ただ言われるままになるだけでなく自分の意見もしっかりもてるはずです。 


 女性の疾患に備えるには女性保険の他に医療保険に女性疾患特約を付けることでカバーが可能です。こちらについては女性特有の疾病を保険で備える必要性とは!女性疾病特約は本当に必要?の記事をご覧ください。

女性保険とは?女性保険の主な保障内容


女性保険とは、女性特有の病気に対して手厚い保障がついているものを指します。 


 帝王切開・子宮頸がんなどの女性特有の手術や病気が対象です。ただし保険会社によって対象の範囲は異なりますので事前に範囲を確認しておくことをおすすめします。 


 また死亡保障やお祝い金などがある場合もあるため、自分に必要な保障があるものを検討しましょう。 


 厚生労働省の患者調査によると女性の受療率は人口10万人に対して

入院外来
20代469人6311人
30代731人8311人
40代650人8582人
50代1103人11165人
60代1878人15149人

となっています。 


 入院については30代は妊娠、出産のための入院が多いため40代よりも受療率が高くなっています。 


 どちらにも言えることは40代から50代の境目になると受療率がぐっとあがってくるということです。女性特有の病気も同じように増加します。 


 入院や出産、年齢があがるにつれての疾患リスクに備え女性保険は検討しておくと安心です。

女性特有のリスクとは?

女性特有の病気としては 


  • 子宮がん 
  • 乳がん 

  • 良性新生物(乳房・子宮・卵巣) 

  • 上皮内新生物(乳房・子宮)

  • 卵巣機能障害 乳房の障害 

  • 卵巣機能障害 妊娠の合併症 

  • 分娩の合併症 産褥の合併症 

  • 子宮頚部の異形成 

  • 月経異常 

  • 流産
などがあります。 

がんは特に治療費が高い病気です。国立がん研究センターによると女性のがんの罹患率のランキングは

部位
1位乳がん
2位大腸
3位
4位
5位子宮がん

となっており、乳がんと子宮がんという女性特有のがんの罹患率は1位と5位です。 

 また働く女性の健康に関する実態調査(女性労働協会調査)によると女性の6割近くは月経に関して問題を抱えています。 

 月経異常は女性特有リスクの初期段階ともいえるため多くの方が疾患リスクを抱えていることが分かります。

医療保険と女性保険の違い

医療保険と女性保険の違いは形式上はありません。 


 医療保険に比べて女性特有の疾患リスクに手厚く対応しているのが女性保険なのです。


 主に入院した際の日額が一般の病気で入院した場合に比べ上乗せ額が3000円~5000円になるものが多いうえに、入院保障日数も長い傾向にあります。 


 また女性特有の手術の場合も普通の医療保険に比べれば給付金が多くでるものが一般的です。 


 医療保険にも女性疾患特約を選択できる商品があるので、一般的な疾患も手厚く、なおかつ女性特有の疾患もしっかり準備したいという方は特約での付属も1つの手です。

損をしないための女性保険の選び方

をしないための女性保険の選び方を紹介します。 


注目してほしいポイントとしては 

  1. 保障内容 
  2. 保険料・払込期間 
  3. 保険金を請求したときの対応 
  4. 加入条件・タイミング  

 の4つがあります。 


 保障内容や月々の支払額についてはもちろんのこと、困った時の対応や給付金の支払いがスムーズだったかも調べておきたい項目です。 


いくら安い保険料だったとしても対応が良くなければ満足度は下がってしまいますよね。 


 また加入の条件やタイミングについても覚えておくと見直し等に役立つためチェックしておきましょう。

①保障内容(手術給付金・入院給付金の条件)

保障内容は 

  • 入院給付金・手術給付金条件 
  • 支払限度日数 
  • 健康祝い金の有無 

の確認をしっかり行いましょう。 


 入院給付金・手術給付金の条件 

女性のがん罹患率では乳がんが1番多くなっています。乳がんになった際かかる費用の中に乳房再建手術がありますが、保険によっては対象外になっているものもあります。 


 またがんと診断された時に一時金がでる、または上乗せがあるかも取扱い保険会社によって異なります。 


 思わぬ病気になった際に、「保障がでると思っていたのにでなかった」とならないようにするためにも事前チェックはきちんとしておきましょう。 


 支払限度日数 

妊娠・出産を予定している女性は入院時の支払限度日数も重要です。 


 厚生労働省によると日本の帝王切開率は20%を超え30年前と比べると3倍になっています。今後も増加傾向にあるようです。 


 2割の人が経験する帝王切開は医療保険によってカバーできます。 


 帝王切開での入院日数は短くて6日、状況によっては2週間以上かかる場合もありますので、支払限度日数は余裕をもって30日はあるものを選びましょう。 


 健康祝い金

 健康祝い金があるかもチェックしましょう。 


 健康祝い金は加入後一定期間たてば条件によってお祝い金がもらえるというものです。 


 お祝い金がある分保険料は少し割高になる可能性がありますが、定期的にお祝い金があるのは思いのほか嬉しいものです。

②保険料・払込期間

保険料についてはまず令和元年度生活保障に関する調査の1日の自己負担額平均をみていきましょう。

割合
5,000円未満10.6%
5 ,000~7,000円未満7.6%
7,000~10,000円未満11.1%
10,000~15,000円未満24.2%
15,000~20,000円未満 9%
20,000~30,000円未満12.8%
30,000~40,000円未満8.7%
40,000円以上16%

1日の平均は23,300円となっています。10,000~15,000円までの割合が一番高いですが、2番目が40,000円以上なことにも注目しましょう。 


 医療費自体は公的保証がありますが、差額ベッド代や消耗品費はすべて自己負担です。


高額に設定すると保険料が高くなってしまいますが、入院保障額は1日につき10,000円は欲しい所です。 


 振込期間は終身医療であれば「終身」もしくは「短期」、定期医療であれば「保険期間と払込期間が同一」が一般的です。 


 終身医療の際どちらを選ぶと良いのかは医療保険は短期払いと終身払いどっちがいい?払込期間の選び方を解説をご参考ください。

③保険金を請求したときの対応

保険金を請求した時の対応も口コミなどで確認しておくと安心です。 


 保険金を請求するのは自分が病気やけがをした時です。そんな時に相手の対応が悪かったらいくら良い保険でも精神的にがっかりしてしまいますよね。 


 またできるだけ早く給付金が必要なのになんなかスムーズに手続きがすすまないということがあれば保険会社に対しての信用も落ちるでしょう。 


 口コミ以外では一度保険内容の確認のため電話をしてみると雰囲気をつかむことができますよ。

④加入条件・タイミング

女性保険の加入条件としては 

  • 早産・流産・帝王切開の経験 
  • 不妊治療をしている 
  • 睡眠薬、精神安定剤等を服用している 
  • 無職・危険を伴う職業従事者 

の場合には加入ができない、または加入できても条件が伴う場合があります。 


 そのため加入のタイミングの大前提として「健康なうち」がポイントとなります。 


 健康なうちに加入をする場合、保険の選択肢が広がるだけでなく商品によっては保険料が割安になる場合もあるというメリットがあります。 


 また 

  • 就職 
  • 結婚 
  • 出産・妊娠 
  • 老後への備え 

も保険の加入や見直しのタイミングです。 


自分のライフスタイルが大きく変わる際には必要な保障もかわります。転換期には必ず保険の確認を行いましょう。

女性保険のメリット

加入するメリットは 

  1. 女性特有の病気への保障が割安 
  2. 経済的な不安を無くして治療に専念できる 

が主な点です。 


妊娠や出産、女性特有の疾患について経済的補填ができる女性保険は結果的に精神的な支えとなります。 


治療時の不安やストレスは回復の大きな敵です。手厚い保障があることは治療への精神的負荷も軽減してくれますよ。

①女性特有の病気への保障が割安

女性保険は女性特有の疾患になると通常の疾患に上乗せして給付金が払われることが一般的です。 


 通常の医療保険に女性保険と同等の保障を求めると、保障設定金額を上げなければなりません。その点女性保険なら保障額を倍にするよりも割安な保険料で備えることができます。 


 女性特有のがんや月経関連の病気は年齢があがるにつれてリスクも大きくなるため備えは大切です。また妊娠を希望している方は帝王切開や異常分娩の可能性もありますので活用をおすすめします。

②経済的な不安を無くして治療に専念できる

保険全般にも言えますが、やはり経済的な不安を軽くしてくれる点は大きなメリットです。 


 3割自己負担で済むこと、公的制度として高額療養制度があることもあり大丈夫と思っている方もいるかもしれません。 


 しかし乳がんの例をあげると入院は1週間以上で治療費は自己負担が20万円以上を超えます。また入院が長引いた場合や通院や必要な場合はさらに必要です。 


 切らずにがんを治す陽子線治療は276万円ほどの費用がかかりますが、公的医療の対象外のため全額自己負担となってしまいます。 


 保険に加入することで最先端の技術や長引く入院にも経済的な保障がしっかりできるため治療に専念することが可能なのです。

女性保険のデメリット

女性保険のデメリットは 

  1. 妊娠中だと入れない保険が多い 
  2. 貯蓄性のある商品がない 

の点があげられます。 


 欠点は利点よりも重要と言っても過言ではありません。 


 欠点を見逃して納得のできない保険に加入してしまった、ということがおきないようにきちんと理解しておきましょう。

①妊娠中だと入れない保険が多い

妊娠中だと入れない保険が多いのは知っておきたいポイントです。 


相互扶助で成り立っているのが保険です。加入者からお金を集め、万が一が起こった人へ支払われるという仕組みです。 


女性保険の多くは出産に関しての異常分娩に関して保障をつけています。 


妊娠をしている女性はしていない女性に対して支払いのリスクが高くなっているので加入制限がないと不公平になってしまうのです。 


妊娠中でも加入できるものはありますが、保障内容が制限されるケースがあります。詳しくは女性保険は妊娠中でも加入できる?妊娠中の保険加入は条件付きに?の記事に記載されていますのでご一読ください。 


 妊娠を望む方は早めに女性保険への加入を検討しましょう。

②貯蓄性のある商品がない

女性保険には貯蓄性のある商品がありません。 


 基本的に保険料は掛け捨てです。 


 貯蓄性の代わりになるものとして強いてあげるならばお祝い金がある程度にとどまります。定期的にお金が入るのは嬉しいことですが、保険料はその分上乗せされているためやはり貯蓄という言葉には合わないでしょう。 


 どうしても「掛け捨てはもったいない!」と感じる方は女性保険よりも貯蓄性のある終身医療保険を検討することをおすすめします。

まとめ:自分に今必要な保障に迷ったらまずは保険のプロに相談を!

今回は女性保険について 


  • 口コミランキング 
  • 女性保険の基礎知識 
  • 検討の際に注目してほしいポイント 
  • メリット・デメリット 

を中心に解説してきましたがいかがでしたでしょうか。 


ランキングを参考にしても今自分に必要な保障が何か迷ってしまうことがあればプロに相談してみることも1つの手です。 


 相談窓口でおすすめは「マネーキャリア」です。 


 全国対応で何度でも相談は無料、スマホ一つで簡単に相談できます。 


 契約件数は10,000件以上にのぼり、顧客満足度は驚きの93%を誇っている信頼できる保険サービスのため、あなたにぴったりの保険を提案してくれるでしょう。 


 ほけんROOMでは、保険に関する記事が数多くありますので興味のある方は合わせてご覧ください。 

13