がん保険の必要性に関する疑問
最適な情報を伝える

がん保険の必要性

がん保険は必要ない?不要な人、入るべき人を解説

「がん保険っていらなくない?必要なの?」「がん保険に加入しておいた方が良いのか知りたい」というような疑問を解消していきます。がん保険に入っている人がいるけど、本当に必要なのか疑問をお持ちの方が多いですよね。そこでここでは、がん保険がいらない人・必要な人を解説します。

そもそもがん保険とは?

がん保険とは、がんのために入院、手術、治療などを行った際に下りる保険です。


似たような種類の保険に、医療保険がありますが、これは脳卒中や心筋梗塞などその他の疾病に対する保証を持つので、少し意味合いが異なります。


がん保険は、その名の通りがんに特化した内容です。


がんは、一度治っても再発や転移のリスクが高い特殊な病気であることから、他の疾病よりも長期間付き合っていくこととなります。
 


この間にかかる費用を保障することが、がん保険の最大の特徴です。 

がん保険が生まれた背景

がん保険は、どのようにして生まれたのでしょうか。
 


背景として、がんが他の疾病とは異なり特殊な一面を持つことが挙げられます。
 


通常の疾病は、一度手術や治療をすると完治をすることが多いですが、がんの場合は手術をしても再発や別の部位への転移が確認される確率が高いとされます。
 


一般的に、がんが完治するまでは約5年間と言われているため、この期間は定期的に治療を続けなければならず、大きなお金が必要となります。
 


約5年間の治療中には、がんの治療以外にも生活費がかかるでしょう。


生活費を大きく削らずに治療にかかる費用は保険で賄えるように、がん保険で仕組みが整えられています。
 


また、近年は入院日数を短くして、その分通院治療をする方が増えています。
 


通院治療を続けていると、職場を休まざるを得ないため、収入が減ってしまいますよね。


がん保険では、このような収入減にも備えられるために生まれました。 

年代別がん保険の加入率

がん保険は、がんに特化した保険であることをご理解いただけたと思いますが、実際どのぐらいの方が加入しているのでしょうか。 


民間保険の加入者のうち、がん保険またはがん特約に加入している世帯の割合は以下のとおりです。 (生命保険文化センター「平成30年度「生命保険に関する全国実態調査」」)

がん保険加入率
2006年56.4%
2009年59.5%
2012年62.3%
2015年60.7%
2018年62.8%

がん保険は、比較的新しい保険商品ですが、年々加入者数が増加しており、今や6割を超える世帯が、がんに対して何らかの備えを用意しています。 


これは、他の疾病に比べてがんの罹患率が高いことが加入を後押しさせていると考えます。 


現代は、2人に1人ががんに罹患すると言われているため、誰もが将来がんにかかるリスクが高い時代です。 


がんの治療は辛くて苦しいイメージがありますが、がん保険では最新の先進医療を保障する内容が設けられているため、加入することで身体にも楽な治療を受けることができます。 


いざあなたががんになったと想定したときに、苦しい治療を受けるのは負担が大きいので、少しでも楽な治療を受けたいですよね。 


現代人にとって、がんは身近な疾病であるため、備えを持つ意識が高いことから加入率も上がっているのだと考えます。 


多くの人が、がんという病気の恐さを認識し、万一のために備えておこうという考えを持っていることがうかがえます。 

がん保険の保障内容

がん保険の補償内容について、下記で詳しく解説をしていきます。


診断給付金

がんと診断されたときに、50万円や100万円単位のまとまったお金が支払われます。


以前は、悪性新生物と上皮内新生物とで給付金額が異なりましたが、近年はいずれも同額が支払われることが一般的です。
 


診断された初回のみか、診断された都度受け取れるタイプの2種類あります。 


入院給付金

がんの治療のために入院したときに、日額で支給されるお金です。
 


なお、所定の入院日数を超えた場合に「長期入院給付金」が支払われるタイプもあります。 入院費用を賄える給付金だと考えてください。 


通院給付金

がんの治療のために通院したときに、日額で支給されるお金です。

入院給付金と似ていますが、支給条件が細かく設定されており、あくまでも通院治療に対する保障内容となっています。 


治療給付金

がんに対する治療ごとの給付金です。

たとえば、手術を受けた際には手術治療給付金、放射線治療を受けた際には放射線治療給付金が支給されます。 


先進医療給付金

先進医療と呼ばれる治療は、高額であるにも関わらず公的医療保険での保障がなく自己負担となります。 


がん保険では、先進医療を行ったことに対する給付金が保障されます。

たとえば、重粒子線治療、陽子線治療、未承認の抗がん剤治療が含まれます。 

がん保険の必要性を加入割合、費用から考える

ご自身にがん保険が必要なのか考えたことはありますか。
 


日本人の2人に1人はがんに罹患する時代だとは言われていても、自分だけはかからないだろうと思ってしまいますよね。
 


しかし、がんにかかる割合と、がんの完治に向けた5年間の費用面のリスクを考えると、あなたも日頃から備えを持っておく必要があります。
 


また、がんの治療にはどのぐらいの費用がかかるのか気になるでしょう。
 


下記では、がん保険の必要性について解説していくので、しっかりお勉強していきましょう。 

男女別がんにかかる割合

一生涯のうちにがんになる確率は、男性が63%、女性が47%となっています。

これを年代別にみるとどのようになるのか、以下の表をご覧ください。 


現在の年齢から80歳になるまでにがんに罹っている確率を示しています。 


 男性の場合の罹患率は以下のとおりです。(国立がん研究センター「最新がん統計」)

現在の年齢10年後の
罹患率
20年後の
罹患率
30年後の
罹患率
40年後の
罹患率
50年後の
罹患率
60年後の
罹患率
20歳0.0%0.1%0.4%1.7%5.8%13.8%
30歳0.1%0.4%1.6%5.8%13.9%
40歳0.3%1.6%5.8%13.9%
50歳1.3%5.5%13.7%
60歳4.4%13.0%

女性の場合の罹患率は以下のとおりです。(国立がん研究センター「最新がん統計」)
現在の年齢10年後の
罹患率
20年後の
罹患率
30年後の
罹患率
40年後の
罹患率
50年後の
罹患率
60年後の
罹患率
20歳0.0%0.2%0.6%1.8%4.1%8.1%
30歳0.1%0.6%1.7%4.0%8.1%
40歳0.5%1.6%3.9%8.0%
50歳1.2%3.5%7.6%
60歳2.4%6.6%
女性は比較的若い年代から、男性は特に高齢になったときにがんにかかる確率が高いことが分かります。 

この割合を見ても、決して他人事ではないとご理解いただけたでしょう。
 

がんは怖い疾病である意識をお持ちだと思いますが、現代では適切な治療をすることで、生存する確率も高いです。

そのため、がんに罹患してもその先の将来を生きていくことを考えなければなりません。

もちろん、がんの治療に費やせる十分なお金があれば問題ないですが、大抵の方は生活費と並行してお金をやりくりしていくこととなるでしょう。
 

がん保険に加入していないと、治療費をご自身で負担しなければならないため、生活費を大幅に削らざるを得なくなります。
 

生活水準を保つためにも、がん保険に入っておくことをおすすめします。 

がん治療にかかる費用総額

がん治療にはどのぐらい費用がかかるのでしょうか。
 


治療にかかる年間の実質負担額は、平均86万円です。 


内訳として、入院費、外来費、民間保険料などが含まれますが、このうちの平均62万円は給付や還付されるお金です。
 


このなかには、高額療養費や民間保険の給付金が含まれるため、負担するお金の半分以上は戻ってくると考えてください。


そのため、実質ご自身で負担する額は、年間平均24万円です。


 一月にならしても平均2万円となるので、思っていたよりも負担が小さいと感じる方もいるでしょう。
 


しかし、あくまでも民間のがん保険に加入している場合の負担額の話なので、保険に入っていなければ自己負担がさらに増えることとなります。
 


保険に入っているか否かで、負担額が大きく変わってくるため、この観点で考えてもがん保険の必要性が身に染みると思います。 

自由診療は公的医療保険ではカバーできない

自由診療とは、保険が効かない診療のことです。
 


がんの治療においては、上述した先進医療が自由診療に当たります。
 


未承認の抗がん剤を使用したり、重粒子線治療を受けると、従来の治療よりも身体への負担が楽になるので希望される方が多いと思います。
 


しかし、自由診療は公的医療保険ではカバーできず、すべて自己負担しなければなりません。


これにより、自己負担が増えるのでがん保険に入らない状態で治療を受けることはあまりおすすめできません。
 


がん保険に加入をして、先進医療特約を付けると、自由診療とされる先進医療特約を受けた際の給付金が支払われます。
 


身体への負担を減らす治療を望まれた場合、費用負担を抑える意味でもがん保険に入る必要性があると考えられるでしょう。 

年代別にがん保険がどのくらい必要なのか解説します

それでは、がん保険を年代別に見るとどのぐらい必要なのでしょうか。
 


高齢になるほど罹患率が高いので、がん保険が必要となるか気になりますよね。


下記では、20代、30代、40代、50代と4分類してそれぞれの年代でのがん保険の必要性について説明していきます。 

20代のがん保険の必要性

20代は、がんにかかる確率が約2,500人に1人と、各年齢に比べて低い数字が現れています。 


若年層であることからも免疫力が強く、がんに罹ったとしても死亡率は低いです。


この割合を見ると、まだ自分ごととは捉えられず、がん保険の必要性をあまり感じないかもしれませんね。


また、その他の疾病に関しても、公的医療保険で補填できるものが多いため、早急に保険に入らなければならないとは思わないでしょう。
 


以上のことから、20代に関してはがん保険の必要性が高いとは言えません。


しかし、20代でがん保険に入ると、最安値に近い値段の保険料で一生涯の保障を持てるメリットがあります。


今後のことを考えて、保険料の安いうちにがん保険に入っておきたいと思う方は、終身がん保険に入っておくことをおすすめします。 

30代のがん保険の必要性

30代のがん罹患率は、約900人に1人です。 


20代に比べると、罹患する確率が上がっていますが、それでも割合的には低い数字が出ているので、早急に備える必要はないと考えます。


しかし、20代と大きく変わることは、結婚をして家族を持つ方が増えてくることです。


20代は独身者が多く、自分のことだけを考えていれば良かったのですが、30代で結婚をすると家族に対する出費が増えてきますよね。


その影響もあり、生活費や教育費、早い方では住宅ローンの支払いがのしかかってくるため、20代の頃よりも貯金がしにくくなります。


そのような状況で、大黒柱が万が一がんにかかった時に、治療費に十分なお金を回せないことも珍しくありません。
 


30代で家族がいる方は特に、がん保険を備えて治療費の保障を持つと余裕を持った生活ができます。 

40代のがん保険の必要性

40代は、徐々にがん罹患率が上昇してくる世代です。 


20代、30代に比べると、仕事も責任を負う立場となり、家族を養っていくことにもなるでしょう。 


この時期にがんに罹患してしまうと、確実に生活に負担を及ぼします。


子どもが成長して教育費が嵩む時期でもあるので、治療費を自助努力だけで備えるのは難しくなるので、がん保険を備えておく必要性があります。


万が一がんに罹患すると、その後5年間の間に再発の可能性が無いとは言えません。


40代になると、一度治っても再発や転移の可能性が大きくなることから、がん保険に加入をして保障を持つことが大切です。


なお、40代にとっては、家族を守るためのがん保険であることを覚えておきましょう。 

50代のがん保険の必要性

50代になると、40代よりもさらにがん罹患率が上がるので、保険の必要性も高くなります。


一般的に、子どもの高校、大学進学や就職、結婚で教育費が大きく嵩む時期です。


この時期に、一家の大黒柱ががんにかかってしまうと、子どものために貯金をしていた教育費を切り崩さなければならなくなりますよね。


子どもの望む進路を叶えるためにも、必要な治療費はがん保険で賄うことをおすすめします。
 


また、50代でがんの治療を受けることになり、収入が減少してしまうと家計に打撃を与えてしまいます。


がん保険は、収入源に対する補填も備わっているので、いざとなったときにあなたたち家族を助ける役目となるのです。


このように、50代になるほどがん保険が必要性が高まります。 

がん保険が必要な人

ここまで、がん保険の保障内容や年代別の必要性を述べていきましたが、がん保険について理解が深まりましたか。
 


今までがん保険に対して深く考えたことがなくても、がんに罹患する確率を踏まえると、ご自身にも必要な保障であることをご理解いただけたと思います。


これを踏まえて、がん保険が必要なのはどのような人なのか改めて考えていきましょう。


がん保険が必要となる人を簡単に述べると

  • 若いうちからがんに対する終身保障を持ちたい人
  • 先進医療を受けたい人
  • 家族がいる人 

が挙げられます。


大前提として、がんに罹患すると入院や手術でお金がかかり、さらに長期間の通院治療によって収入が減少する背景があります。
 


そのため、医療費と収入減に備えるだけのお金を必要とします。


若いうちからがん保険に加入していると、万が一がんに罹患した際に費用を給付されるので、安心して治療に取り組むことができますね。
 


また、先進医療については公的医療保険が適用されないため、全額自己負担しなければなりません。


これも、生活費だけでは補えない部分を保険で賄うことで、望む治療が受けられます。


さらに、30代以降は結婚して家族が増えていくでしょう。


ご自身だけではなく、家族の生活を考えると収入をすべて医療費に捻出できるわけではありません。


かつ、必要な治療を受けなければならないため、がん保険で保障を備えると安心です。


このように、がん保険はあなたと家族の生活を守る仕組みが整っているので、家族がいる人にとっては保険に入る必要性があります。


万が一の時に、変わらない生活の保障を持ちたい方にとって、がん保険は必要不可欠です。

がん保険不要論を検証

ここでは、がん保険を考える際によく取り上げられる、がん保険不要論について解説していきます。


本当にがん保険は不要なのか、公的医療制度などから考えていきます。

公的医療制度でカバーできる

がん保険が不要だと考える理由に、公的医療保険制度でカバーできることが挙げられます。
 


日本は、国民皆保険制度が整っているため、全員が公的医療保険に加入しています。


公的医療保険制度では、年齢ごとに医療を受けた際の自己負担割合が下記のように定められています。 (厚生労働省「医療費の自己負担割合について」)

年齢自己負担割合
未就学児
2割
義務教育就学後〜69歳
3割
70歳〜74歳
2割(現役並所得者は3割)
75歳以上1割(現役並所得者は3割)

そのため、通常の風邪であれば医療費の自己負担分で治療費を賄えてしまうことがほとんどです。 


さらに、高額療養費制度1ヶ月の限度額が定められています。


がんに関しても、一般的な治療に関しては自己負担が少なくなるので、わざわざ保険に入らず自分たちで補えると考える方も多いでしょう。


しかし、がんの場合は、先進医療や差額ベッド代、食事代など治療費以外の部分でお金がかかります。
 


これらを含めると、公的医療保険だけでは補えきれない部分が出てくるので、がん保険を備えておくと安心です。 

がん保険の保険料がもったいない

もう一つの理由に、がん保険の保険料がもったいないとする意見も挙げられます。


若いうちは保険料が安く設定されていますが、それでも必要性を断定できない保険にお金をかけるのは無駄だと思われる人もいるでしょう。


実際、貯蓄がある人にとっては保険は不要だと考える割合が大きいです。


むしろ、がん保険に入ることで支出を増加してしまうため、それよりも貯蓄をしておいたほうがお金を有効活用できます。


がんに罹患して、治療のために急に10万円、20万円のお金が必要になったとしてもすぐに支出できるのであれば、保険に入るメリットの方が少ないです。


また、公的医療保険では補えない先進医療を自己負担できる方にとっても、がん保険は不要だと考えます。


ご家庭の貯蓄状況を踏まえて、治療費を補えるだけの資産があれば、わざわざ保険に入る必要はなくなります。 

がん保険が不要な人

上記で、十分な貯蓄がある人についてはがん保険が不要であると述べました。
 


このような人は、公的医療保険が適用されない先進医療を受けた際に、ご自身で治療費を払えると考えます。


重粒子線治療などを受けると、約300万円の費用がかかるので、大きな負担になります。


ましてや、家庭を持っていれば他の生活費もかかるため、収入をすべてがん保険に充てるわけにはいかず貯金を切り崩す羽目になってしまうでしょう。


大抵の方は保険に入って備えますが、これだけのお金をご自身で用意できれば、保険に頼らなくても生活をしていけます。


お金の出所が、ご自身か保険会社かによるので、貯蓄があれば保険は必要なくなりますね。
 


しかし、がんは退院しても通院治療が長期化するため、目安として約1,000万円のお金が必要とされます。


貯蓄額の目処としては、1,000万円を用意できれば保険に加入しないと言い切れると考えますが、ご自身ですべて用意できる方は少ないでしょう。


そのため、貯蓄があるとしても一度は保険に入ることも検討してみることをおすすめします。 

独身でもがん保険は必要?

独身の方は、がん保険は世帯持ちの方が必要なイメージがあると思います。


また、ご自身は独身なので養うものがないことから、いざ病気にかかっても貯蓄でなんとかなると思いがちです。


しかし、独身の方でもがん保険の必要性は高く、むしろ将来のことを考えると独身者ほど備えを持っておいた方が安心です。


なぜなら、独身の方が無保険の場合、ご自身の貯蓄だけで医療費と生活費のやり繰りをしなければならないからです。


がんに罹患して入院や手術、治療が長引くと仕事を思うように続けられず、場合によっては退職しなければならない事態となるでしょう。


頼れるものがない状況で、がんの治療にかかる収入減に耐えうることは、貯蓄が多い方でも難しいと予測します。 


がん保険は、生きるための保険です。


若いうちに加入をしておくと、保険料が安いので負担なく支払っていくことが可能です。


このように、がん保険は独身の方でも必要なので、ぜひ検討してみてください。 

がん保険が必要な人へ、がん保険の選び方

この記事を読んでいて、がん保険の必要性を実感された方は、早速ご自身にあったがん保険を選ばれると思います。
 


がん保険を選ぶ際には、どのような点を重視すれば良いのでしょうか。 


注目すべき点は 

  1. 保障内容
  2. 保険期間 

の2点です。


まず、保障内容については、がん保険の要となる部分なので必要な保障を持てる商品を選びたいですよね。


たとえば、診断給付金と入院給付金のどちらを付ければ良いか迷われると思います。
 


これは、がんと診断されたときにまとまった一時金を受け取りたいか、入院日数に応じて給付金を受け取るかは個人の判断になるので、ご自身の希望に適した保障を選ぶ必要があります。
 


このように、保障内容が定められているので、希望する治療が受けられる保障を選択してください。 


また、保険期間については

  1. 終身タイプ(一生涯の保障を持てる)
  2. 定期タイプ(一定期間までの保障を持てる) 

の2種類あります。
 


こちらも、同じ保障を一生涯続けて持ちたいか、途中で見直しをしたいかによって選ぶ期間が異なるので、希望に合った方を選んでみてください。 

がん保険の選び方については、以下のページを読んでみてください。

がん保険があって良かった…がん保険が役立った人の体験談

ここでは、がんに罹患したもののがん保険に加入していたために治療費の負担が大幅に減った方の体験談を紹介します。


ここで紹介するのは、東京都のS・Sさん(50代男性)の体験談です。

  • がんになるまで、特に大きな病気はしたことがなかったので、正直保険の重要性について実感がわきませんでした。しかし、いざ自分ががんになり治療をするとがん保険の重要性に気づかされました。特に助かったのは、診断給付金収入保障でしたね。まとまったお金があると治療に専念できますし、以前のようにフルタイムでしかも治療しながら働くというのは難しくなってきます。そこで、収入も保障されるタイプのがん保険でよかったなと改めて思っています。

このように、いざという時に役立つがん保険ですので、一度加入を検討してみても良いかもしれません。


とはいえ、たくさんのがん保険の中から自分にぴったりのがん保険を選ぶのは難しいですよね。


そんな時は、保険のプロに無料相談することをおすすめします。


ほけんROOM相談室では、ベテランFPが相談に乗ってくれます。


下のボタンから無料相談予約ができますので、是非ご利用ください。

まとめ:がん保険の必要性!リスクと費用から必要性を考える

この記事では、がん保険の必要性についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたか。

記事のポイントは、

  • 年齢が上がるにつれてがん保険の必要度も高くなるが、若いうちから終身タイプの保障を持つことでがんに罹患したときに対応できる
  • がん保険は、公的医療保険の対象外となる治療を受けられるぐらいの貯蓄があれば、必ずしも加入する必要はない
  • がん保険を選ぶ際には、希望に沿う保障内容と保険期間を持てるタイプを選ぶ

の3点です。

貯蓄があればがん保険に入らなくてもお金を補えますが、1,000万円近い費用をご自身で準備できる方は少ないと思われます。


今や2人に1人ががんに罹患する時代なので、誰もが自分ごととして備えを持つ必要があります。
 


実際に罹患した際のリスクが大きいからこそ、若いうちからがん保険に加入して、長く生きるための保障を持っておくと安心ですね。


ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。 




また、保険選びに少しでも不安や疑問があれば、保険のプロへ相談するのがおすすめです。 

1