がん保険ALL

がん保険の必要性

がん保険の選び方

がん保険の必要性に関する疑問
最適な情報を伝える

がん保険の必要性

本当にがん保険の必要性はあるのでしょうか?このカテゴリでは性別・年代別のがん保険の必要性、特約で保障を充実させる必要はあるのか?以上の2点の切り口からがん保険の必要性について解説します。年齢やライフステージにより、がん保険の必要性は異なるので注意が必要です。

がん保険は不要?加入する必要性はある?

このカテゴリでは、がん保険の必要性についてお伝えします。


今や2人に1人ががんにかかると言われており、がん保険は若年層の方にも人気の商品となっております。


しかし、中には「公的な医療保障制度が充実しているから、がん保険はいらないのでは」とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。


そこで、今回は「がん保険の必要性」についてお伝えします。


がん保険に加入しない場合のシミュレーションをした後、がん保険の必要性を年代や性別ごとに解説し、特約の必要性についてお伝えしていきます。


このページをお読みいただければ、がん保険とは何か、がん保険はなぜ必要なのかということが理解できると思います。


さらに、無料の保険相談の予約をすることもできます。


ぜひ最後までご覧ください!

治療費は高額療養費制度でカバーできる?「がん保険不要論」を検証

日本人の死因一位のがんですが、世間には根強い「がん保険不要論」があるのも事実です。
 


不要論の根拠としては「がんの治療費は高額療養費制度でカバーできる」というものです。
 


確かに高額療養費制度を使えば、一般的な所得の方ならば1ヶ月にかかる医療費は8万円程度に抑えることができるでしょう。


 しかし、自由診療や先進医療の費用はもちろん、差額ベッド代・食費・日用品費・働けないことによる減収は高額療養費制度でカバーされません。


 差額ベッド代の全国平均が6,100円・食費は三食で1,080円ですから、がん平均入院日数の20日間入院すれば、この2項目だけで自己負担は14万3,600円となります。


 入院日額1万円のがん保険なら20万円がカバーされ、さらに診断給付金100万円も上乗せされますから、安心して治療を受けることができます。
 


このような数字を見れば、がん保険=不要と決めつけてしまうのは極めて危険ということが分かります。 

性別・年代別に考えるがん保険の必要性

がん保険は公的保障の不足を埋めるためにありますから、貯蓄が少ない人ほど不可欠なものといえます。 


 では、その人の年齢や性別によってがん保険の必要性はどの程度変わるのでしょうか? 


がんに罹患する可能性の高さだけではなく、ライフステージによってもがん保険の優先度は異なります。


 そこで、ここからは初めてがん保険に加入する場合を想定し、

  • 20代
  • 30代から40代 
  • 40代から50代 
  • 60代以降の高齢者


 以上の4つに年代を分けて、がん保険の必要性と加入する場合の注意点についてお伝えしていきます。
 


「まだ早すぎる?」「今からでも安くがんに備える方法はある?」という、その世代ならではの悩みにお答えしていきましょう。 

20代:就職して間もない独身の場合

就職して間もない20代独身の場合、がん保険に加入する必要はあるのでしょうか。 


国立がんセンターの発表によると、20代のがん罹患率は0.03%とかなり低い数字です。


結婚して一家を養う立場ならともかく、独身で実家暮らしなら必ずしもがん保険が必須というわけではありません。
 


とはいえ、20代は「体調が悪くてもがんと気づかれにくい」ことから、発見時にはかなり進行しているケースが多いのです。
 


定期型のがん保険は月額180円の商品もありますから、自らのがんへの注意を促すためにお守りとして入っておくのも良いでしょう。
 


また、終身型のがん保険も20代ならかなり保険料が安くなりますから、今から将来のために備えておくという選択もあります。 

関連記事

30代から40代:人生の転機を迎える時期、女性はがん罹患のリスク高い

30代から40代は「結婚して新たな家庭を持ち、子供を育てていく」という人生の転機を迎える時期であり、もっとも多忙な世代でもあります。
 


30代・40代でがんを発症する確率は0.6%(男性30代)~3%(女性40代)と、20代の頃よりは格段に増加します。
 


男性は胃がんの罹患率が上がり始め、女性は子宮頸がん乳がん罹患率がピークに近づきます。


先ほども述べた通り、がんの治療には多くの費用と時間がかかりますが、家族や子供に負担や犠牲を強いることだけは避けたいことと思います。  


罹患する可能性が高まるという理由だけではなく、守るべき家族への保障を確保するためにも、終身型だけでなく定期型でも備えておくことをおすすめします。 

関連記事

40代から50代:がんの発症リスクが急激に高まる

40代~50代でがんを発症する確率は1%(男性40代)~6%(女性50代)と、急激に高まります。 


リスクが高まれば当然保険料もアップし、50代なら30代の倍以上、月額1万円程度となることも珍しくはありません。
 


しかし40代~50代は子供の進学や結婚の費用や老後の準備があるため、経済的に厳しい世代なのではないでしょうか。
 


そんな場合には、可能なら加入中の医療保険にがん特約を付けるのもひとつの方法です。

また、がん保険の中には主契約が「抗がん剤またはホルモン剤の治療」などとピンポイントで設定されている商品もあります。
 


こちらは50歳男性でも、月額1,000円台という安さで医療保険の不足を埋めることができます。 

関連記事
関連記事

60代以降の高齢者:保険料は高くなるが、がん罹患のリスクも高い

60代でがんを発症する確率は女性9%、男性15%となり、保険料はさらに急上昇します。


 仮に保険料が月額13,000円とすると10年で総支払額は156万円となり、一般的ながん診断給付金100万円よりはるかに高くなってしまいます。 


子供の独立後に大きな保障は必要ありませんので、50代の場合よりさらに保障を絞ることをおすすめします。
 


また、がん保険に入らず貯蓄するという方法も高年世代なら有効ですが、これは「通常のがん治療ならまかなえても先進医療にはとても足りない」という状況におちいりがちです。
 


そんなリスクに備えられる「先進医療」のみに特化した全世代で月額500円のがん保険もありますので、活用してはいかがでしょうか。 

関連記事

参考:子どもにがん保険は必要か?

子供にも「小児がん」という病気がありますが、子供にもがん保険は必要なのでしょうか?
 


小児がんは増殖スピードが早いことと深部に発生することで早期診断が難しく、治療期間が長引きがちです。
 


しかし、子供のがんは「小児慢性疾患医療費助成制度」という保障制度を利用することができます。


所得が200万円~430万円なら、月5,000円または2,500円の自己負担限度額が設けられ、入院中の食費負担は1/2となります。 


ただし看護による親の減収は避けられませんので、がん保険がまったく必要ないわけではありません。
 


一部の終身型がん保険は0歳から格安の保険料で入れますので、子供の将来へのプレゼントとして加入しておくのも良いでしょう。  

関連記事

がん保険の特約は必要?保障内容の必要性について

ここまでは、 それぞれの年代や性別におけるがん保険の必要性を考察してきました。

では、いざがん保険に入る場合に特約はどこまで付ければ良いのでしょうか?
 


標準的ながん保険の主契約として「がん診断給付金」「入院給付金」「手術給付金」がありますが、どんな保障をプラスαしたら良いのかも悩むところと思います。
 


多くのリスクに備えておきたいものですが、あれもこれもと特約を付けると保険料が高額になってしまいます。


 そこで、ここからはがん保険の代表的な特約の中から、 


  • 自由診療を保障する特約
  • 通院を保障する特約 
  • 先進医療特約 


これらの必要性について解説していきます。

あなたに合った特約を無駄なく選ぶため、ぜひ知っておいてください。  

自由診療も保障する必要はある?

日本では自由診療と保険診療の併用はできず、自由診療を受けると保険診療まで全額自己負担になってしまいます。


しかし、数百万円がかかる自由診療の抗がん剤を使う患者は約42%存在します。

なお自由診療と先進医療は別物ですので、この費用は「先進医療特約」ではカバーできません。 


自由診療を完全に補うためには、実額保障型のがん保険への加入が必要です。


 実額保障型では、保険内外を問わず自己負担分が全額補償されます。 


ただし補償に上限が設けられている場合もあります。


また、実額保障型は基本的に定期型で更新の度に保険料が上がるため、一生涯の保障には向いていません。 


 子供の養育期間中のみ加入するなど、終身型のがん保険と併用するのが効果的です。  

通院保障は必要?

がん治療による入院日数は減少傾向にあり、現在は通院治療が主になっています。
 


ではがん保険には通院の特約を付けた方が良いかいうと、通院保障は「入院をともなう場合」など給付条件が限られていることが多いため、そうとも言い切れません。
 


なお、通院治療は抗がん剤給付金放射線給付金といった特約で対応することも可能です。
 


通院保障は「通院1回5千円」というような内容ですが、これらは「治療を受けた月に10万円」などのまとまった金額が受け取れます。
 


通院は月数回で済むこともあり、その場合はこちらの方が十分な保障を得られます。
 


診断給付金が少なく通院交通費が多い方には通院保障も有効ですが、支払い条件はきちんと確認しておきましょう 。 

先進医療特約は必要?

先進医療とは、安全性と治療効果が厚生労働省に認められた新しい技術で、 自由診療とは異なり保険診療との併用が可能です。 


 先進医療のうち陽子線治療や重粒子線治療は300万円程度かかりますが、先進医療特約に加入しておけば通算で1,000万円・2000万円までの実費が給付されます。
 


「先進医療を受ける可能性は低いから、特約は不要」という意見もあります。


 確かに陽子線治療や重粒子線治療を受ける確率はがん患者の0.26%以下とごくわずかですが、月額100円程度で最悪の事態を避けられるなら決して高くはありません。 


また、今後新しい治療が先進医療として認められる可能性もありますので、保険料が安い今のうちに入っておくことをおすすめします。  

がん保険の必要性のまとめ

関連記事

がん保険の必要性についてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?


この記事のポイントは、


  • 高額療養費制度だけでは、がん治療にかかる費用は補いきれない
  • 年齢やライフステージにより、がん保険の必要性は大きく異なる 
  • 通院や自由診療の特約は状況によって選択するべき 


 以上のことでした。 


しかしこれらのことは、すべての人に当てはまるわけではありません。

貯蓄が十分にある方はもちろん、「がんは治療しない」と決めた方も大きな保障は不要でしょう。
 


がん保険を選ぶということは、がんとの付き合い方を決めることでもあります。 


「もし、自分ががんになったら?」

お金だけでなく、心の面でもがんについてシミュレーションしていただければと思います。
 


ほけんROOMでは、保険に関する記事を多数掲載していますので、ぜひご覧ください。


また、保険に関して専門家に相談したい、という方は、


ほけんROOMが運営する無料の保険相談サービス「ほけんROOM相談室」をご利用ください!

13