がん保険の必要性に関する疑問
最適な情報を伝える

がん保険の必要性

【いらない!?】がん保険が不要な人と必要な人をリスクから考える

「がん保険っていらなくない?必要なの?」「がん保険に加入しておいた方が良いのか知りたい」というような疑問を解消していきます。がん保険に入っている人がいるけど、本当に必要なのか疑問をお持ちの方が多いですよね。そこでここでは、がん保険がいらない人・必要な人を解説します。

そもそもがん保険とは?

がんは日本人の2人に1人が一生のうちに一度は罹ると言われており、日本人の死因の第1位となっている病気です。 


一度がんに罹ると、治療や再発予防に多くのお金がかかります。 


必要な治療をしっかり受けるためには、経済的な備えが不可欠です。 


このような場合に強い味方になるのが、がん保険です。

がん保険は、その名のとおり、がんに罹ったときのための保険です。 


がんにより入院・通院または手術を受けた場合の経済的な備えを用意しておくことにより、お金の心配をせずにがんと闘うことができます。 


それでは、具体的にどのような保証があるのでしょうか。
現在、がん保険は多くの保険会社から様々な商品が出ています。 


主にがん保険の保障の対象になるのは、 

  • 入院、通院費用
    ・三大治療(手術・放射線治療・抗がん剤治療)の施術費用 
  • 健康保険が使えない先進医療にともなう技術料 
  • 女性特有のがんの治療費用

があります。


商品によっては、入院に対しては日数無制限、放射線治療が回数無制限で保障されるものもあります。 


また、経済的なサポートだけでなく、カウンセリングや専門医を紹介するサービスにも対応した商品があります。 


金銭面はもちろん、精神面でも心強い味方になってくれるのががん保険です。 

がん保険にみんな入っているの?加入率を解説

がん保険は、今では様々なメディアで広告などを目にするようになり、がん保険は一般に広く認知されました。


また、近親者をがんで亡くしたことをきっかけに、がんに対する関心を持った方もいるかもしれません。


2人に1人はがんに罹ると言われているので、いつか自分や家族もがんになったときのために、がん保険に入った方がよいのか悩んでいる方も多いことでしょう。 


そこで、実際にどれくらいの人ががん保険に加入しているのか、解説します。 


 民間保険の加入者のうち、がん保険またはがん特約に加入している世帯の割合は以下のとおりです。 (生命保険文化センター「平成30年度「生命保険に関する全国実態調査」」)

がん保険加入率
2006年56.4%
2009年59.5%
2012年62.3%
2015年60.7%
2018年62.8%

上の表から分かるように、がん保険の加入者数は年々、増加傾向にあり、今や6割を超える世帯が、がんに対して何らかの備えを用意しています。 


多くの人が、がんという病気の恐さを認識し、万一のために備えておこうという考えを持っていることがうかがえます。 

がん保険が不要・いらない人

がん保険の加入率を解説しましたが、すぐに「みんながん保険に入っているのだから自分も入らなきゃ」とは考えない方がよいです。
 


それは、がん保険はすべての人に必要というわけではないからです。 


中には、がん保険に加入する必要のない人もいますが、それはどのような人なのでしょうか。


 一言でいうと、貯蓄がある人です。
 


がん治療における先進医療では健康保険が使えません。 


しかし、たとえこのような高額な治療を受けたとしても自分で治療費を払いきれる場合は、がん保険には加入する必要はないと言えます。
 


しかし、がんの治療は場合によっては1,000万円以上かかることもあり、これをすべて自己負担できる人は非常に少ないでしょう。
 


つまり、大半の人にとっては、がん保険は必要になります。
 


がん保険は、保険料を払い続けても、がんにならなければ保険料は返還されません。 


また、日本には高額療養費制度もあり、高額な治療を受けても自己負担額が抑えられることがあります。
 


だからと言って、百万単位の治療費を払うのは大きな負担になるのは間違いないので、がん保険には加入すべきです。 

公的保障が手厚い子供・高齢者の必要性も低め

一般的には子供や高齢者の医療費は高額にならないことが多いため、がん保険の必要性も低いとされています。


国が定める医療費の自己負担額を見ますと、

  • 6歳未満が2割負担
  • 70歳から74歳は2割負担(現役並み所得者は3割)
  • 75歳以上は1割負担(現役並み所得者は3割)
となっています。(厚生労働省「医療費の自己負担割合について」)

このほかにも、自治体によっては子供は18歳まで医療費が無料だったりするため、そのような地区に住んでいれば医療費自体が高額になることは少ないです。

やみくもにがん保険を検討するよりも、まずは公的な医療制度をチェックするのもよいかもしれません。

【結論】がん保険が必要な人はどんな人?

がん保険は、非常に潤沢な貯蓄のある人を除いて、大体の人に必要な保険です。
 


がんは年齢が上がるにつれて罹患のリスクが高くなります。


男性の場合、40代後半から罹患率が上がり始めます。その後は年齢とともに右肩上がりで上昇を続けます。 


女性の場合、30代から罹患率が上がります。その後、年齢とともに緩やかに上がり続けます。
 


がん患者は30代後半から急激に増えていくので、35歳を過ぎた方は特に加入を検討した方がよいでしょう。
 


ほかの医療保険と同じく、がん保険もいろいろなニーズに対応しています。


例えば、子供が学校を卒業して独立するまでの間の保障をつけたい方のために、定期がん保険があります。 


がん罹患率が特に高くなる老後のがん治療に不安がある方は、終身がん保険に加入するべきです。
 


ただし、がん保険はライフプランに合わせて適切ながん保険に加入するのがベストです。 


年齢やライフステージに合った保険を選ぶためには、やはり保険のプロへの無料相談をおすすめします。
 


がんと聞くとなにか恐ろしい病気に罹ってしまったと感じるかもしれませんが、適切な治療を行えば助かる見込みのある病気です。 


がんに罹ったときに必要な治療ができるよう、がん保険に加入して備えておきましょう。 

\ LINEで相談予約可能 /保険のプロに無料相談

がん保険の必要性はどれくらい?リスクと費用から考える

がん保険には、ほとんどの人が加入した方がよいということはお分かりいただけたと思います。 


ここからは、がんにかかるリスク費用から、がん保険の必要性について解説します。 


がんの治療にともなってどのような費用が発生するのか、ご確認ください。 

がんにかかる確率を年齢別に解説

一生涯のうちにがんになる確率は、男性が63%、女性が47%となっています。

これを年代別にみるとどのようになるのか、以下の表をご覧ください。 


現在の年齢から80歳になるまでにがんに罹っている確率を示しています。 


 男性の場合の罹患率は以下のとおりです。(国立がん研究センター「最新がん統計」)

現在の年齢10年後の
罹患率
20年後の
罹患率
30年後の
罹患率
40年後の
罹患率
50年後の
罹患率
60年後の
罹患率
20歳0.0%0.1%0.4%1.7%5.8%13.8%
30歳0.1%0.4%1.6%5.8%13.9%
40歳0.3%1.6%5.8%13.9%
50歳1.3%5.5%13.7%
60歳4.4%13.0%

女性の場合の罹患率は以下のとおりです。(国立がん研究センター「最新がん統計」)
現在の年齢10年後の
罹患率
20年後の
罹患率
30年後の
罹患率
40年後の
罹患率
50年後の
罹患率
60年後の
罹患率
20歳0.0%0.2%0.6%1.8%4.1%8.1%
30歳0.1%0.6%1.7%4.0%8.1%
40歳0.5%1.6%3.9%8.0%
50歳1.2%3.5%7.6%
60歳2.4%6.6%
女性は比較的若い年代から、男性は特に高齢になったときにがんにかかる確率が高いことが分かります。 

先進医療は高額療養費などの公的医療保険制度で保障されない

国民皆保険制度のもとでは、すべての国民が健康保険など、何かしらの公的医療保険に加入しています。 


がんの治療においても、一部を除いて公的医療保険が適用されるので、自己負担額は軽くなります。


 そのほかにも、がんに罹ったとき、治療費の自己負担が軽減されたり、手当が支給される制度があります。 


具体的には、

  • 高額療養費制度(医療費が高額の場合、一定の基準を超過した分が返還される) 
  • 傷病手当金(会社員または公務員が、入院などで働けなかった場合に傷病手当金が支給される)
  • 介護保険(末期がんで介護が必要になった場合、介護サービスの自己負担が1割になる) 

という制度があります。


ただし、先進医療については、公的医療保険制度で保障されません。


「陽子線治療」や「重粒子線治療」は、がんの治療にも使われる先進医療技術ですが、費用は全額自己負担になります。 


がん保険で先進医療の保障をつけておけば、このような高度な治療も安心して受けることができます。

治療以外のお金が意外とかかる

 がんを治す過程で必要になるお金は、治療費だけではありません。 


治療と直接の関係はなくても、どうしても払わなければならないお金があります。 


 例えば、

  •  差額ベッド代 
  • 日用品代 
  • 衣類代 
  • 交通費(家族のお見舞いなど)
といった費用が必要になります。 

さらに、普段仕事をしていた場合は、入院している間は働けないので、入院にともなう収入の減少も大きな痛手となります。 

上記の費用は、治療には直結しないため、もちろん公的医療保険は適用されません。

治療そのものについても、たとえ公的医療保険制度の保障があるとしても負担になることは間違いありません。 

がんの治療は長期間に渡って行うことが多く、それゆえ治療費が高額になるケースが多いためです。
 

また、公的医療保険だけでは経済的に厳しい状況になる可能性が高くなります。 

そこで、がん保険が重要になってきます。
 

実際に入院することになった場合、本人や家族の生活全体を見て、何にどれだけのお金がかかるか考えてみましょう。 

がん保険によっては自由診療も保障対象

日本のがん治療では手術、放射線療法、薬物療法の三大治療が行われることが多いですが、自由診療により快方に向かうケースもあります。
 


自由診療は公的医療保険制度の保障が及ばない治療であり、先進医療もその一つです。 


がんを治すためには先進医療が有効な場合もありますが、治療費が全額自己負担となります。
 


先進医療の技術を使えばがんは治ったかもしれないのに、治療費が払えないために断念しなければならないという事態は避けたいですよね。


三大治療以外にがんの治療に使われる手法には、以下のようなものがあります。

  • 先進医療技術 
  • 温熱療法 
  • 免疫療法 
  • ビタミンC 
  • 漢方 

以上の治療方法には、一部、公的医療保険が使える施術もありますが、ほぼ自由診療になります。


自由診療を受けるためには、民間のがん保険が役に立ちます。
商品ごとに保障の対象や条件は異なるので、幅広く調べてみましょう。 


 がん治療の技術は研究が続けられており、日々進歩しています。
より有効な治療を受けるためにも、自由診療にも対応したがん保険への加入がおすすめです。


自分に合ったがん保険を選ぶためにも、一度保険のプロ無料相談することをおすすめします。


下のボタンから保険のプロへの面談予約が1分で完了しますので、ぜひご利用ください。 

\ LINEで相談予約可能 /保険のプロに無料相談

【振り返り】がん保険が必要な人は?

ここまで、がん保険の必要性について解説してきました。


がん保険が必要な人は、「極めて多くの貯蓄がある人以外のすべての人」です。
 


つまり、ほとんどの人にはがん保険が必要であるということです。


世の中の流れとしては、がんへの備えに対する意識が高まってきており、その表れとして、がん保険の加入率は年々増加傾向にあります。  


実際にがんに罹ってしまい入院したときには、入院中に行う治療は当然のこと、それにともなう費用が多く発生します。 


このような状況になった場合、公的医療保険だけでは経済的に苦しくなってしまう人が大半ではないでしょうか。
 


さらに先進医療などの自由診療を受けたいと思ったときには、お金がないという理由で諦めざるを得なくなることも予想されます。
 


ここで先進医療を受ける決断をする助けになるのが、がん保険です。
 


ただ、民間の保険商品はたくさんあり、どの保険を選べばよいか分からないという方も少なくないでしょう。 


そこでおすすめするのが、プロへの保険相談です。
 


年齢やライフステージにあったがん保険を見つけるために、プロのアドバイスを聞いてみましょう。 

【自分に必要だと思った方へ】がん保険の選び方を解説

ここでは、これまでの解説から、自分にはがん保険が必要だと感じていただけた方へ、がん保険の選び方を解説します。 


 がん保険を選ぶときの重要ポイントは、以下の3つです。 

  • 保険期間
  • 保険金が受け取れる回数
  • 通院治療も保障されるか
  • 公的医療保険が適用されない治療に対する保証があるか
     

保険期間については、定期タイプ終身タイプかを選びます。
 


定期タイプは、子供が親の手を離れるまでなど、一定の期間だけ保障をつけたい人に向いています。 


なお、更新も可能ですが、そのたびに保険料は上がります。

そのような事情がなければ終身タイプがおすすめです。 


がんは年齢が上がるほど罹患率が上昇するためです。

保険金が受け取れる回数は、商品によって実に様々です。 


初診時の1回のみの支払いのものや、治療が終了してから一定期間経過していれば複数回支払われる商品などがあります。
 


がんは再発する可能性が高い病気なので、保険金がもらえる頻度についてもしっかり検討する必要があります。
 


また、がん保険の商品には、入院治療だけが補償対象だったり、通院だけでも保険金が受け取れる商品があります。
 


最後に、自由診療に対する保障がついているかどうかです。
自由診療も安心して受けられるようにしたい場合は、忘れずに確認しましょう。 


がん保険の選び方については以下のページで詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください!

まとめ:がん保険はいらない?リスクと費用から必要性を考える

がんのリスクやがん保険の必要性について、お分かりいただけたでしょうか。
 


ポイントを以下にまとめます。

  • がん保険は、がんの治療費を保障してくれたり、カウンセリングなどのサービスが受けられる保険である 
  • がん保険の加入率は年々上昇傾向にある
  • がん保険は、高額な治療費を容易に自己負担できる人以外には必要な保険である 
  • 先進医療などの自由診療は公的医療保険が適用されないので、経済的負担が特に大きい 
  • がん保険には、自由診療の費用を保障してくれる商品もある 
  • がん保険を選ぶときには、保険期間・保険金が出る回数・通院も保障するか・自由診療を保障するかという点に着目するとよい 

 がんは高齢になると高い確率で罹患しますが、若いうちから罹る人もいます。


そのため、早めにがんに対して備えておくことをおすすめします。




また、保険選びに少しでも不安や疑問があれば、保険のプロへ相談するのがおすすめです。 

\ LINEで相談予約可能 /保険のプロに無料相談
13