医療保険の選び方に関する疑問
最適な情報を伝える

医療保険の選び方

「医療保険に加入したいけど選び方のポイントが分からない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回は、そのようなお悩みをお持ちの方に向けて「医療保険の選び方」をご紹介します!保険のタイプや保険内容、保険料などのポイントに触れて説明するのでぜひご覧ください!

あなたに合った保険とは?医療保険の選び方のポイントを紹介!

あなたは医療保険の選び方が分からず、この記事を読んでおられることと思います。


このカテゴリでは、医療保険の選び方に関する記事を紹介いたします。


医療保険への加入を検討されている方の中には、たくさんある制度や仕組みの中でどのような保険に入るべきかお悩みの方もいらっしゃることと思います。 


また「公的医療保険だけで十分なの?民間の医療保険に加入した方がいい?」というお悩みをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。


医療保険に加入するのであれば、損をしたくありませんよね。 


そこで、今回の記事では、医療保険の選び方で押さえるべきポイントを知りたいという方や、公的医療保険だけでは不安だけど医療保険への加入を迷われている方に向けて「医療保険の選び方」についてわかりやすく解説いたします。
 


この記事を読んでいただければ、医療保険についての知識を深めることができるだけでなく、自分に合った医療保険の検討ができます。 


ぜひ最後までご覧ください。 

医療保険の選び方で重視するポイント4つ

このページでは、医療保険を選ぶ際に重要となるポイントを4つに分けてお伝えします。


重要視したい要素は


  • 年齢・年代で選ぶ
  • 保険のタイプ 
  • 保険の内容 
  • 保険料:保険料払込期間  

です。

これらのポイントを押さえて保険を選んでいただければ、納得のいく保険選びができることでしょう。

ぜひ参考にしてみてください。

医療保険の選び方は年齢・年代ごとに変わる

医療保険を選ぶ際、年齢や年代によって必要な保障・重視するポイントは変わります。


ここでは、

  • 20代(就職して間もない独身)
  • 30代(既婚)
  • 40代
  • 50代
と、各年代ごとの選び方についてご紹介します。

ぜひご覧ください。

20代の選び方:就職して間もない独身の場合は?

20代独身で医療保険に加入する際には、ご自身に万が一のことがあった際の最低限の保障があればよいでしょう。 


保障は大事ですが、就職して間もない頃は貯蓄がまだ十分でないので、保険料が家計の負担となってしまうおそれがあります。 


そのため、保険料を重視して、シンプルな保障内容にしましょう。


特約はご自身に必要な最小限のものがあればよいと思われます。

30代(既婚)の医療保険の選び方:女性の場合は?

30代既婚の場合、出産や子育て、マイホーム購入などの大きなライフイベントを迎える方が多いです。


そのため、家族のことも考えて医療保険に加入して、万が一大きな病気にかかった際の金銭的な備えをしておく必要があります。


一般的に、30代は20代の時より疾病にかかるリスクが高まりますので、万が一の際の医療費に備えておきたいところです。


しかし、保険を選ぶ際には家計とのバランスも大切ですから、必要な保障を見極める必要があります。


ただし女性の場合、女性特有の病気にかかりやすくなる年代ですので、医療保険に加入して女性疾病特約を付帯することを強くおすすめします。

40代の医療保険の選び方

40代になると収入が上がってきますが、住宅ローンや、子供がいる場合は教育費などにお金がかかるため、家計の支出も増える時期です。


また、40代は、男女ともに生活習慣病にかかるリスクが高まる時期ですので、金銭面で病気への手厚い保障が必要になります。


そのため、40代で新たに医療保険に加入する際には、保障が一生涯続き保険料が一定の終身型の医療保険をおすすめします。


20代や30代の時に定期型の医療保険に加入していた方は見直しを検討してもよいでしょう。


また、特約も必要に応じて付帯しましょう。

50代の医療保険の選び方

50代になると退職が近くなり、老後の生活に備え始める方も多くなることでしょう。


また、子供が独立し始めることから、生活に余裕が出てくる頃だと思います。


しかし、50代は身体の不調を訴えることが多くなったり、生活習慣病への大きな不安を抱えやすくなる時期でもあります。


そのため、老後の生活への備えとして、保障が一生涯続く終身タイプの医療保険に加入することをお勧めします。


若いころに定期型の医療保険に加入していた方は、思い切って見直しを行うのも良いでしょう。

保険のタイプで選ぼう!

医療保険は、タイプごとに分類することができます。


例えば、


  • 「掛け捨て型」と「貯蓄型(積み立て型)」
  • 「定期保険」と「終身保険」

というように保険料の仕組みや保険期間において様々なタイプの保険があります。 

  

そしてどのタイプを選択するかは、ライフスタイルや年代・性別、保険への加入目的によっても変わってきます。

「掛け捨て型」か「貯蓄型(積み立て型)」、どちらを選ぶ?

「掛け捨て型」の医療保険は、満期や更新、中途解約時に保険料が戻ってこない保険のことです。


これに対し「貯蓄型(積み立て型)」は保険料が戻ってくるもので、戻ってくるお金は医療保険の種類によって変わってきます。


一般的に、掛け捨て型には毎月の保険料の負担が軽いというメリットがありますが、貯蓄型(積み立て型)にも資産形成機能が高いというメリットがあります。


どちらを選ぶべきかは、年代や性別によっても変わってきます。


保険期間で選ぼう!「定期保険」か「終身保険」

保険期間とは、ズバリ、保障が受けられる期間のことです。


保険期間には2種類あります。


1つ目は、期間を10年や15年などに限定して契約する「定期保険」です。


2つ目は、保障が一生涯続く「終身保険」です。


このどちらを選ぶかは、ライフスタイルや年代・保険への加入目的によって異なります。 


定期保険 

定期保険は保険料が終身保険に比べて割安ですが、更新ごとに保険料が割高になっていきます。


そのため、保険料を安く済ませ、その分を自己投資にかけたいと思っている20代の方にはオススメの商品と言えるでしょう。


しかし、保険によっては80歳までしか更新できないものもあるので、定期保険に加入する場合は更新時に適宜見直しを行うことが望ましいです。


終身保険

終身保険は加入料が定期保険に比べて割高ですが、保障が一生涯続き、更新もないので保険料が一定です。


そのため、保険料が上がることがないのが大きなメリットと言えるでしょう。


一生涯にわたり保障を受けたいとお考えの方には、終身保険をおすすめします。



医療保険の内容を選択

医療保険の基本的な保障は入院給付金と手術給付金です。


そのため、入院給付金の日額支払限度額は保険を選ぶうえでのポイントとなります。


これに加えて、医療保険ではご自身に必要な保障を特約として付帯することができますが、どのような特約が付けられるのかという点は重要視したい要素です。

特約の保障内容で選ぶ

先ほどもお伝えしましたが、保険対象の医療だった際には入院給付金と手術給付金がもらえます。


その2つの基本的な保障に上乗せするのが特約です。


特約の例として、「がん特約」「女性疾病特約」「先進医療特約」などがあります。


メリットは、より多額の保険金がもらえることです。  

がん特約、がん保険の場合

今や2人に1人が罹るがんなどは「がん特約」を付帯することで手厚い保障が期待できます。


また、最近では保障内容をがんに特化した「がん保険」といった独立した保障もあります。


がん特約やがん保険については次の記事をお読みください。 

女性疾病特約の場合

女性の場合、通常の病気やケガに加え、女性特有の病気にかかるリスクも考える必要があります。


女性疾病特約とは、一般的に「女性保険」と呼ばれているものです。


医療保険に女性疾病特約を付帯することで、女性特有の病気にかかった際の治療費をカバーすることが可能になります。

その他の特約

医療保険の特約は、先程取り上げた「がん特約」や「女性疾病特約」だけでなく、「三大疾病特約」や「健康祝金特約」など多岐にわたって存在します。


特約を付ける際には、ご自身に必要な保障を見極める必要があります。


特約の選び方に関する記事をご紹介しますので、ぜひ参考になさってください。   

入院給付金日額:1日あたり5,000円か、1日あたり10,000円

入院給付金日額とは、給付金の対象となる病気で入院した際に、1日あたりでもらえる給付金額のことです。


使い道は様々ですが、通常はベッド代や入院代等に使われます。


種類は保険会社によって様々ですが、多いのは5,000円10,000円の2つです。


そして、入院給付金日額は保険料を低く抑えるために5000円の方がオススメだと言えます。


理由は、日額の金額を上げることで保険料も上がってしまい、その日額分の保険料はこのあと説明する特約等の保険料に当てたほうが有用に活用できると思われるからです。


しかし、入院時に収入が無くなってしまうのも問題なので、貯蓄が現在あり入院の費用が心配な方は10000円にしてもいいでしょう。 


給付金に関する詳細は、こちらの記事をご覧ください。


入院給付金の支払限度数:おすすめは何日?

入院給付金の支払限度数とは、1回の入院に対して最大何日分の入院給付金が支給されるかというものです。


種類は60日から1000日まで多岐にわたりますが、専門家がオススメするのは、60日です。 


最近の傾向として、医療の発達により入院日数は減少しております。


(厚生労働省調べ:https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/iryosd/16/dl/gaikyo.pdf


現在の平均入院日数は約30日で1か月ほどですので、60日でも少し多いくらいですね。


今後も入院日数が上昇することはないかと思いますので、オススメを60日とさせていただきました。


しかし、もちろん年齢が上がるについて病気のリスクも入院リスクも上がりますので、必要に応じて日数は調整しましょう。 

保険料で選ぶ:保険料払込期間

保険料払込期間とは、保険料を振り込む期間のことです。


定期保険の場合、保障期間に合わせて10年や15年単位で振り込むことになります。


これに対して、終身保険の払込方法は2通りあります。


終身まで払い続むタイプと、60歳・65歳払いという形です。


定期保険の場合は年齢が上がるにつれて保険料も上がるので、ライフスタイルの変化の際に保険の見直しが必要です。


保険料が一定の終身保険の方が魅力的に感じるかもしれませんが、保険は絶えず変わり続けます。


新しい保険の方が自分に合っていると感じても解約返戻金があるのでなかなか踏み込めないう方もいらっしゃいますので、専門家に相談してみましょう。 


医療保険の選び方まとめ

ここまで、医療保険の選び方について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。


どの医療保険を選べばよいかは、年代や加入目的によって変わります。


ほけんROOMには、保険に関する様々な記事を掲載しています。


もっと詳しく聞きたい!という方や、保険のプロに相談したい!という方は、


ほけんROOMが行っている無料の保険相談サービス「ほけんROOM相談室」もぜひご利用ください。

134...6