生命保険ALL

生命保険の必要性

生命保険の選び方

生命保険の見直し

生命保険の無料相談で貰える注目ギフトキャンペーン総集編【2018年最新口コミ・比較・評判】

近年、無料相談をして生命保険に加入する方が急増中です。保険相談といえばほけんの窓口と考える方もいるかもしれませんが、保険会社・無料相談所は生命保険の相談や資料請求で豪華プレゼントのキャンペーンを行なっています。本記事ではCS調査(顧客満足度)などで比較します!

生命保険の無料相談キャンペーンのプレゼントと口コミ・評判を解説します

生命保険選びは、保障の面だけでなく、税金であったり、たくさんのことを考えて選ぶ必要があり、とても大変です。


そこで、お金・保険のプロであるFP(ファイナンシャルプランナー)に無料で相談できるサービスが充実しています。


相談を受ければ、お肉やお米などちょっと嬉しいプレゼントを貰えるキャンペーンをやっている会社もあります。


この記事では、

  • おすすめの保険無料相談サービスの紹介
  • その保険無料サービスをおすすめする理由
  • 保険無料相談で注意しておきたい2つのデメリット

を解説していきます。


また、この保険相談サービスを利用するにあたり、最低限知っておくべき保険の知識も解説します。


保険無料相談所の主なキャンペーン3選とおすすめの理由を公開!

では、主な保険相談所の口コミや評価、キャンペーン内容を見ていきましょう。


どこの保険相談所でも、生命保険(死亡保障)や教育資金、家計の設計、老後資金・私的年金・相続の相談をすることが可能です。

保険見直しラボ:FP経験が11.8年とベテラン揃いの質の高い保険相談

保険見直しラボは、約30の保険会社のなかから保険ごとに会社を分けて加入することができます。

いわゆる、保険をカスタマイズすることが可能です。


複数の保険会社を扱っていると、各保険商品への深い理解や、インフレなどの経済状況を把握するベテランFPと相談することが重要です。


保険の無料相談サービスの中でも最もベテラン揃いの精鋭FPが集まっているサービスと言えるのではないしょうか?

また、保険見直しラボではお得な豪華キャンペーンを行なっています。


お米をはじめ、お肉やお菓子などのプレゼントを、無料相談された全員に行なっています。


ぜひ詳細をチェックして見てください。

保険のビュッフェ:CMも行なっている保険相談所大手の一つ

保険のビュッフェは、全国で保険の相談に対応しており、平均10社の保険商品を同時にカスタマイズして提案をしてくれます。


場所は、お近くのカフェやファミレスなどを指定することができ、店舗型の保険相談所に行くのは少しハードルが高いという方にとてもおすすめです。


保険のビュッフェの特徴としては、他に比べても質の高い相談員が多数在籍しているというポイントです。

男性、女性と質の高い相談員がいるので、おすすめです。


実際に、相談した方の声を見て見ましょう。

  • 保険ビュッフェの口コミ
    「あんまり良い提案をする人でなければ断って帰れば良いか」という気持ちで保険の相談をしましたが、丁寧な女性の方でとても感じの良い印象を受けました。
    保険の仕組みから丁寧に説明してくださり、今の自分のリスクはどのようなものがあるのかを理解することができました。
    一部この保障は外してもらえますか?というと押し売りすることなく外してくださり、家計の状況や個人的な不安も考えてくださるのだなぁと嬉しくなりました。(32歳・女性・東京都)

結果、この女性の方は終身保険(死亡保険)とがん保険に加入したそうで、「とても満足した」という回答をしてくださいました。


実際のアンケート結果(保険のビュッフェ調べ)でも、「強制的に加入させられるのではないか」という不安に対して、「強制加入させられない」項目で第1位を獲得しており、相談だけをしたいという方でも気楽に相談できます。

しかも、無料相談を受けた方には、豪華なプレゼントのキャンペーンを行なっています。

保険のビュッフェでは、

  • 家電や日用品
  • 海鮮やお取り寄せギフト
  • スイーツ・おつまみ・果物

など、およそ1000円から2000円相当のギフトがプレゼントされます。


条件やギフトの詳細は下記のURLから見ていただきたいですが、一部の参考となる画像はこちらです。



プレゼントキャンペーン自体の内容が変わる・終了することもあります(詳しくは後述)ので、ちょっとお得に生命保険に加入をしたいという方は今すぐチェックしてみてください。

家計・保険マンモス:FPが信頼できるランキング1位

次に、家計の見直しや生命保険の無料相談のできる保険マンモスも、保険のビュッフェと同様なサービスを運営しています。

FPが信頼できるランキング1位とFPの相談の質には保険のビュッフェ同様にこだわっています。


保険マンモスでも、場所を問わず保険のプロが複数社の保険商品を比べて提案してくれます。


特に、保険マンモスは平均22社の生命保険会社の商品を比較して提案してくれます。(一概に社数が重要というわけではないです。)


保険の初心者の方でも安心して手厚くサポートしてくれるようなので、おすすめとさせていただきました。

そんな保険マンモスですが、プレゼントがとても豪華です。

保険のマンモスのプレゼントは

  • 高級和牛専門店「季月」の厳選黒毛和牛A5クラス
    極選霜降り和牛切り落とし 家族全員分

だそうです。


家族でちょっと豪華なすき焼きなどをすることもできるので、お子様がいらっしゃる方にはおすすめかと思われます。

ほけんの窓口:店舗型の最大手の保険相談所

最後に保険の窓口です。

ほけんの窓口は言わずと知れた生命保険の無料相談の会社ですが、ショップ型の形式と取っています。

店舗数は600店舗と各都道府県に配置されています。


相談員は社員であることが多いので、必ずしもFPではないという点は少し気がかりですが、最大手だけあって相談実績は多数です。


特段プレゼントキャンペーンは行なっていないように思われますが、店舗型の方が安心する方や、子供を預けて相談したいといった方はほけんの窓口がとてもおすすめです。

その他の保険相談サービス一覧:保険見直し本舗など

保険の無料相談サービスはたくさんあります。

こちらが一覧です。(気になった箇所はHPに飛べるようになっています。) 


おすすめ度相談形式対象地域取扱保険社数1相談実績
保険見直しラボ★★★★
おすすめ①
出張訪問型
全国対象約30社不明
保険のビュッフェ★★★★
おすすめ②
出張訪問型
全国対象平均10社15万世帯超
保険マンモス★★★★
おすすめ③
出張訪問型全国対象平均22社20万件超
(10年間)
保険の窓口★★★店舗型全国対象
(600店舗)
生保25社
(全40社)
100万件超
LIFULL
保険相談 
★★★保険ショップ
検索サイト
全国対象保険会社なし
全国1,300店舗
不明
保険GATE★★出張訪問型全国対象
一部地域除く
平均10社程度10万件超
保険見直し
本舗
★★店舗型/
出張訪問型
全国対象生保24社
(全40社)
80万件超
その他代理店
保険ショップ
★★店舗型/
出張訪問型
(全国)専属代理店
複合代理店

ほとんどのサービスが全国を対象としており、各社かなりの実績があるようで、どこに相談しても問題ないと思われます。


FPの質や相談の気軽さなどを加味したおすすめ度としては、①から③の順です。


ただ、中には相談の質の低いFPもいることは間違いないので、複数社申し込み、セカンドオピニオンを求めることをおすすめします


出張訪問型の保険サービス(保険見直しラボ保険のビュッフェ保険マンモス保険GATEなど)での取り扱い保険社数は、FPごとに異なるので一概に何社とは言えません。

無料相談所で生命保険の相談をするメリット・デメリットを解説します

ここからは、無料相談所のメリットとデメリットを改めて整理していきましょう。

主に、出張訪問型の保険見直しラボや保険のビュッフェ、保険マンモスでの無料相談をオススメしていますが、それにはいくつか理由があります。


主なメリットとしては、

  • プレゼントを受け取れるうちに受け取っておくこと
  • 全員がFPであり、相談の質が相対的に高いこと
  • 保険会社間でカスタマイズして保険に加入できるということ

があります。


一方で、デメリットとしては、「押し売りされる不安」であったり、「個人情報の管理」といったところが挙げられます。


それでは見ていきましょう。

商品券・金券プレゼントがなくなり、2018年内でキャンペーンが終了する可能性があるので注意!

まずは1つ目のメリットについてですが、生命保険の無料相談をするだけで豪華なプレゼントが貰えるというのは、販売のきっかけとわかっていてもちょっと嬉しいものです。

このプレゼント自体の費用は、元をたどれば保険会社の付加保険料に当たる部分になります。

(純保険料、付加保険料に関してはこちらの記事で確認してください。)

直接保険会社から加入しても、無料相談を受けたのちに相談しても、保険料が変わるわけではありませんから、相対的にちょっとだけお得になります。


しかし、このプレゼントのキャンペーンも終了する可能性があります。

2017年の4月までは、保険のビュッフェや保険マンモスでは金券・商品券のプレゼントを行なっていましたが、金融庁の方針により、禁止となりました。


これを受け、豪華なお肉や果物、スイーツなど換金性の低いプレゼントに統一されるようになりました。


この換金性の低いプレゼントも今だけの可能性があり、2018年内でなくなる可能性も示唆されています。


必ずしも生命保険に加入する必要性はないだけに、ちょっとお得に生命保険に加入したい方は今すぐに保険の相談をしてみることをオススメします。

CS調査でも高い顧客満足度の結果があり、押し売りされることはあまりない

2つ目のメリットは、高い顧客満足度です。

CS調査という顧客満足度を測る調査があり、保険のビュッフェ、保険マンモスともに、9割以上の方が満足するなど、高い評価を受けています。

各相談会社の口コミでも、多くの方が満足していらっしゃるので、質は確かに高いようです。


生命保険選びは正直なところ、保険の担当者が全てといっても過言ではありません。

成果にしか目がいってない方は、顧客の望み通りの提案をすることはできないでしょうし、知識や経験のない保険マンには精度の高い提案はできません。


ほけんの窓口や銀行窓販では、新人であったり、FPではない方の担当になる可能性があり(FPは一部の担当者だけということは有名です)、必ずしも満足した保険選びができない可能性があるので、気をつけましょう。


保険会社間で比較してカスタマイズして加入することもできる

3つ目のメリットは、保険会社間で比較してカスタマイズして保険を設計することが可能ということです。

例えば、生命保険はA生命保険会社、がん保険はB生命保険会社、個人年金保険はC生命保険会社と分けて加入することができます。

要は、それぞれの保険会社のおいしいとこどりをできるということです。


この場合、自分で加入しようと思うと保障の重複であったり、保障の漏れが起きてしまいます。


こう行った保険会社のカスタマイズの点に関しては、口コミをみる限り、近年とても人気が出てきています。

保険会社ごとに強みとしている商品は異なりますので、合理的であると言えます。

ただし、事前に知識をつけて無料相談に臨もう

デメリットとしてあげられる1点目の、押し売りされる不安に関してです。


保険は人生で2番目の出費というだけに、必ず事前知識をつけた上で臨むようにしましょう。

特に知っておくべき知識としては、生命保険の場合、この辺りは最低限知識をつけておきましょう。

  • 生命保険の種類と加入目的
    (死亡保険、収入保障保険、養老保険、終身保険、ドル建て保険など)
  • 生命保険に必要な死亡保障額
  • 生命保険の平均的な保険料(対年齢)など

医療保険の場合は、

  • 医療保険の三大疾病・八大疾病・九大疾病の保障の種類
  • 通院保障・入院保障・手術保障の必要性
  • がんの場合の保障を保険を別にするかどうか
  • 掛け金の安い共済では不十分かどうかなど

自分なりに知った上で、提案した方がFPとしても話が早いです。

もちろん生命保険の仕組みや種類から説明してくれると思いますが、最後に判断するのはあなたでしかないので、最低限は保険を理解しておくようにしましょう。

個人情報のセキュリティー面の不安は大丈夫か?

2つ目のデメリット(というか不安?)は、セキュリティー面です。

保険に加入する際には住所や年齢、世帯人数などの個人情報を伝えなければなりません。(でないと正しく相談できません。)

マイナンバーを取得するところもあるということを聞いたこともあります。

さらに、以前、どこかの保険無料サービスで、情報漏洩事故があったこともあり、不安に感じていらっしゃる方も多いようです。


しかし、保険のビュッフェや保険マンモス、ほけんの窓口では、過去1度も怒っていないようですので、実際には問題はあまりないという認識で大丈夫なのではないでしょうか。


FPが個人情報を漏らすと言ったこともありえませんので、ここに関しては安心してもらって大丈夫なようです。


生命保険会社の見積もり・資料請求でのキャンペーンもある

無料相談サービスのキャンペーンがある一方で、保険会社も契約でプレゼントを行うキャンペーンを行なっているところもあります。

例えばSBI生命では、終身医療保険に加入をすれば、ご当地名産のお米をプレゼントされるようです。


こちらは、契約時にプレゼントですが、中には見積もりや資料請求時にプレゼントを受けられるような保険の種類・保険会社もあります。


ソニー生命保険相談では、お子様向けのミニ容器であったり、アフラックの医療保険の資料請求ではハンドタオルがプレゼントされたりと、工夫している保険会社もあります。

まとめ:ちょっとお得に生命保険に加入しよう

ここ数年、生命保険に加入・見直しをする際に、ファイナンシャルプランナー(FP)に無料相談やアドバイスをしてもらうという方法が増えています。

一方で、保険の営業マンの押し売りや生保レディーの接待などは減ってきています。


これは消費者は保険に対して本質的にどの商品が良いか考えるようになっていると捉えられます。

そんな、保険を真剣に考えたいあなたにお伝えすべきまとめとしては下記の通りです。


最もおすすめな生命保険の加入・見直し方法は、まず自分で調べ(資料請求や見積もりをしてみる)、その後に無料相談するという方法です。


ちょっとお得に保険に加入できるので、気軽に生命保険の無料相談をやってみてはいかがでしょうか?

ランキング

  • 保険の見直しで生命保険にするか共済にするかで悩んでいる方に
  • 理解できていますか?生命保険と県民共済の違いや共通点をおさらい
  • 生命保険の約款には何が書かれている?特に注意すべきことは?
  • 生命保険は中世ヨーロッパが始まり! 生命保険の成り立ちを解説
  • 分かりにくい、とても面倒、だけど重要な生命保険の主契約の見直し方
  • 今更聞けないけれども、必ず知っておきたい生命保険の特約の全情報
  • 生命保険(医療保険)に入院保障は必要?入院給付金についても解説!
  • 10年満期の生命保険で100万円受け取るのは、お得なの?損なの?
  • 生命保険の終身型と掛け捨て型を相場から見る、自分に合った保険選び
  • 生命保険の貯蓄型は老後に有利?貯蓄型生命保険で賢く資産形成しよう
  • 低解約返戻金型の生命保険を最大限活用すると、こんなにお得!
  • 生命保険料を毎月払いと前納って何が違う?メリットやデメリットは?
  • 残高証明書は生命保険会社に請求しなければ発行してもらえません
  • あなたは大丈夫?無駄のない生命保険の入り方を生活スタイル別に解説