医療保険ALL

就業不能保険

医療保険の必要性

医療保険の選び方

公的医療保険制度

医療保険が必要な人ってどんな人?その特徴や必要な理由を徹底解説!

医療保険が必要な人とはどのような人か。また、その中でも特に必要な人とはどのような人かを、医療保険が必要な理由や必要な人の特徴について詳しく解説していきます。その中で、治療費や仕事ができなくなった場合の社会保障制度や先進医療についても一緒に解説していきます。

医療保険が必要な人

医療保険が必要な人について考える前に、知っている人も多くいるとは思いますが、そもそも医療保険とはどのような保険かをまずはおさらいしましょう。

医療保険とは、ケガや病気により入院や手術をした場合に契約時に設定した入院日額(手術は入院日額の◯倍)を入院した日数に応じて入院給付金や手術給付金を受取ることができる保険です。また、特約も充実しており、先進医療特約やがん診断給付特約、通院特約、介護特約などがあり、必要に応じて特約を付けることによって、入院や手術だけでなく、がんのや介護状態、先進医療を受けたときに給付金を受取ることができます。


では、どのような人が医療保険が必要な人かといいますと、それは基本的には、すべての人と考えています。人によりその回数は違うことはあっても、産まれてから亡くなるまでの一生で1回も入院や手術をしないということはほぼないでしょう。ですから、医療保険が必要な人はすべての人ということになるのです。

日本人の8割の人が加入している

突然現れる治療費の支払や仕事ができなくなることでの収入が減少は誰もが不安を感じており、それに対応することができる医療保険に対する意識は高く、日本人の約8割が医療保険に加入しているといわれています。

しかしながら、まだまだ医療保険の保障に充足しているという人は少ないようです。公益財団法人の生命保険文化センターの「生活保障に関する調査(平成28年)」「医療保障に対する充足感」によれば、現状の医療保険に満足している人の割合は、半数にも達していないようです。


「医療保険に対する充足感」

医療保険に対する充足感


アメリカなどの欧米に比べて、公的な医療保険が充実している日本ですら、医療保険が必要な人が多いようです。アメリカでは医療費で自己破産する人がいるということを知ってなのか、万が一の保障に対して敏感になっているのが日本人かと思います。


では、医療保険が必要な人はすべての人と前述しましたが、特に必要な人の特徴とはどういう人なのか考えていきましょう。

まずは、一般的に医療保険が必要とされている理由を見ていきます。

医療保険が必要とされている理由

医療保険などの保険は基本的に保険会社が儲かる計算様式になっているので、消費者の大半は、金額の大小の違いはありますが、損をする仕組みとなっています。


しかし、ケガや病気は突然襲ってきます。その突然襲ってくるケガや病気になったときに、入院などの治療費や生活費は払っていけるでしょうか?前述の通り、アメリカでは高額な医療費で自己破産しなければならない方が頻出しています。

例えば、自分は50歳の時に何の病気にかかり、何日入院してどんな手術を受けるといったように、あらかじめわかっているのであれば、そのときのために必要な分を貯蓄して備えることはできますが、いつ病気になるか、何日入院するかを初めから知っている人はいません。


また、先進医療のように、健康保険が対象とならず、数百万円にもなる高額な技術料までを考えると、いったいいくら貯蓄すればいいかなんてわかりません。ですので、契約が開始されたその日から入院や手術などの費用や先進医療の技術料などを備えることができる医療保険が必要なのです。

入院が長期化しても一定の期間は補償してくれる

近年全体的な入院日数は減少傾向となっていますが、それでもがんや心疾患、脳血管疾患などの病気は、入院日数が長期化する可能性があります。

医療保険では、このような長期化する入院も、契約するときに1回の入院保障限度日数を30日、60日、120日などから選択することによって、長期入院につても備えることができます。


また、保険会社によっては、がんや急性心筋梗塞、脳卒中のいわゆる三大疾病と呼ばれる病気になった場合には、入院保障限度日数を無制限とする医療保険もあり、短期化する入院日数傾向にも対応しながら、長期の入院にも対応することができます。入院が長期化すると、その分入院費などの費用が多くなりますし、仕事ができなくなったことによる収入の減少も深刻な問題となるため、長期の入院にも対応できる医療保険必要となります。

精神的に安心できる

医療保険は契約すると、責任開始日(保障が始まる日)から契約した保障を受けることができます。

つまりは、責任開始日の次の日に入院などが保険対象となることが起きれば、保険金を受け取ることができます。実際には、責任開始からあまりにも早く保険金請求となると、保険会社の調査(保険金詐欺や告知義務違反など)が入ることがありますが、保険金詐欺の疑いや告知義務違反がない、正常な契約であれば問題なく保険金を受け取ることができます。このように、医療保険に加入することによって、いつでも保障が受けられる状態になるため、安心して日頃の生活を送ることができます。

社会保障制度がこのまま続くとは限らないから

社会保障制度として代表的なものは、「高額療養費」と「傷病手当金」です。

高額療養費とは、同じ月内(1日から末日)で所得によって異なる上限を超える分の医療費が戻ってくる公的医療保険制度です。傷病手当金とは、ケガや病気により仕事を休まざるをえなくなったときに、最長1年6か月支給される制度で、いわば給料のようなものです。


このような社会保障制度ははたして数十年後も存在しているでしょうか。現在のところはなくなるということはないでしょうが、制度自体が時代の変化によって変わることはよくあることです。特に、今の日本の国家財政からすると、高額療養費の自己負担額が上がったり、傷病手当金の給付が減額されたりというのは目に見えるような将来の気がします。


医療保険とはこのような社会保障制度を補うという位置づけですので、加入していることに越したことはないのです。

医療保険が必要な人の特徴

最初の方で医療保険が必要な人はすべての人としていますが、その中でも特に必要な人の特徴を考えていきます。医療保険が特に必要な人の特徴としては、急な出費に対応できない人や、万が一のときには高度な治療を受けたいと考えている人が特に医療保険が必要な人といえます。

貯蓄できない人

例えば生活費などの出費が給料などの収入でギリギリであったり、単に貯蓄のことをあまり考えない浪費家であったりと、貯蓄をできない人といっても人それぞれ様々な理由があります。

このように、貯蓄がないまたは貯蓄が少ない人こそ、医療保険が必要なのです。貯蓄がないということは、入院費などの医療費もさることながら入院中や退院後の療養している期間(仕事ができない期間)は仕事ができず、収入が減少してしまうことになってしまい、生活費にも影響が出てしまう可能性があるからです。医療保険によって入院費などの医療費や保障の内容によっては、その後の生活費をも補うことができます。収入と出費がギリギリの場合は、最低限の保障で保険料を抑えることで、年齢によっては月々2,000円前後で加入することもできます。

自営業の人

自営業の人の場合、医療費や生活費のほかに事業に関わる支払もあります。場合によっては事業を一時休業しなければならなくなるかもしれません。

また、自営業の人が加入する国民健康保険には傷病手当金制度はないため、収入を支援してもらえません。ですので、医療保険が必要であり、保障の内容も充実させたものが望ましいでしょう。

先進医療の必要性を感じている人

先進医療とは、高度な技術を用いた医療のことであり、先進医療にかかる技術料は健康保険の対象とはならず、全額が自己負担となります。そのため、技術料で数十万円~数百万円と高額になります。先進医療と聞いてまず真っ先に頭に浮かぶものといえばがん治療の重粒子線治療や陽子線治療が挙げられますが、先進医療と定められている技術は現在のところ約100種類もあり、多焦点眼内レンズを用いた白内障手術も先進医療の1つです。この先進医療は、厚生労働省が認定する病院でなければ治療することができないことから、地域によっては遠方にある病院に行って治療を受けることになります。医療保険における先進医療特約は、この高額になる技術料分を保障する特約で、保険会社によっては先進医療にかかる諸費用分として一時金を支払ったり、病院までの交通費や現地での宿泊費まで保障対象とするものもあります。万が一のときには、この多種多様で高額になりやすい先進医療を受けたいと考えている人は、医療保険に先進医療特約を付けて備える必要があります。

医療保険は不必要な人の特徴

医療保険は不必要であるという人は、とにかく貯蓄がある人です。

治療費はもちろん、生活費を長期的に負担しても十分やっていけるという人です。場合によっては先進医療でさえも、すぐに資金を準備できてしまうという人は医療保険は不必要である人といえます。


医療保険に関しては、不要論をよく耳にすることがあります。確かに、先進治療でも数百万円程度、差額ベット代を利用したとしても高くて1ヶ月30万円〜100万円程度と考えると、貯蓄でなんとかやりくりできる方も多いと思います。しかし、一気に支出すると怖い部分もあると思うので、このような医療保険の不必要な人は別の方法で貯蓄しておくことが大事でしょう。


生命保険文化センターのデータによれば、預貯金や有価証券で貯蓄をしている方が、数%の割合でいるようです。

まとめ:医療保険は必要な人とは

基本的にはすべての人が医療保険が必要な人と言えますが、収入が減り、治療費などの出費が多くなることに少しでも不安があるのであれば、その人は特に必要な人と言えます。医療保険を検討する場合には、短期化する入院傾向に合わせることはもちろんのこと、入院が長期になった場合の治療費やその期間中の生活のこともよく考える必要があります。また、保障が手厚ければいいというわけではなく、収入と出費のバランスが取れる保険料でなければなりません。契約方法により、数十年や保障が続く限り(終身)保険料を支払っていくことになりますので、無理のない保険料で加入するようにしましょう。

ランキング

  • まだ間に合う!健康リスクが急上昇する定年からの医療保険の必要性
  • 「18歳の子供が医療保険には入るべきか否か」という問題について。
  • 20代で医療保険に加入することの是非とその必要性を考えること
  • 公務員の医療保険の必要性と人生設計を見据えた賢い選び方について
  • 独身男性に適しているのは、医療保険なの?それとも死亡保障保険?
  • 公的な保険が充実する日本で、民間の医療保険の必要性を解説します
  • 医療保険は条件によっては加入する必要なしという可能性もあります
  • 自分にとって保険の優先順位を見極めて医療保険を選びましょう
  • 学生でも医療保険を理解すべき?学生のための総合共済を知ろう
  • 医療保険は子供にとって必要なの?様々な方面での補助を確認しよう
  • 民間の医療保険のメリットは一体何!?わかりやすく解説します!
  • 新入社員に医療保険ってホントに必要?みんなはどうしてるの?
  • 収入が比較的少ない主婦でも医療保険は必要になるのかをチェック
  • まずは母子家庭で医療保険が必要かどうかについて考えてみよう
  • 医療保険に加入する際女性特約は必要なのかじっくり考えてみましょう
  • 女性なら気になる医療保険の女性特約について徹底解説!女性特約とは
  • 専業主婦も医療保険に入る必要性ある?オススメの保険プランを解説!
  • 独身女性が医療保険に加入するメリットを詳細に解説します!!
  • 医療保険って独身男性、女性に必要なもの?選び方のポイントとコツ
  • 民間の医療保険でも不妊治療が保障可能に!特徴と注意点を徹底解説!
  • 全労済の共済と医療保険の女性特約を比較してみると違いがわかる
  • 20代女性の方必見!リスクの高い病気と女性のための医療保険の選び方
  • 医療保険で後悔したくない。自分に合った医療保険の選び方のポイント
  • 医療保険の加入申込時と保険金請求時に必要な書類と注意点を把握する
  • 医療保険の賢い選び方とは?2つのタイプの医療保険を徹底比較!