医療保険ALL

就業不能保険

医療保険の必要性

医療保険の選び方

公的医療保険制度

医療保険が必要な人の特徴や必要な理由をわかりやすく解説します!

医療保険が必要な人とはどのような人かを、医療保険が必要な理由や必要な人の特徴について詳しく解説していきます。その中で、仕事ができなくなった場合の治療費はどうするのか、社会保障制度や先進医療についても一緒に解説していきます。

医療保険が必要な人

私たちは普段は元気に過ごしていても、突然病気に襲われたり、けがをしてしまうことがあり、その場合治療費や入院費などが必要となります。


突然治療費などが必要となり、また療養中の生活費も必要となると、経済的に苦しくなるという方も多いことでしょう。


これまでいくら真面目に貯金してきたという方でも、突然の大きな出費、そして働くことができない状況になると大変不安になるのではないでしょうか。


そこで、このような不安を解消してくれるのが民間の保険会社が販売している「医療保険」であり、日本国内でも多くの方が医療保険に加入している状況です。


そこで、この記事では『医療保険が必要な人』について、

  • 医療保険が必要な理由とは
  • 医療保険が必要な人の特徴とは
  • 医療保険が不必要な人の特徴とは
以上を中心に解説していきます。

この記事を読んでいただいたら、現在医療保険への加入を悩んでいる方、また医療保険への加入は本当に必要なのかと考えている方の参考になるかと思います。

ぜひ最後までご覧ください。

日本人の8割の人が加入している

病気やけがによって突然必要となる治療費の支払いや、仕事ができなくなることでの収入の減少は誰もが不安に感じており、それに対応することができる医療保険に対する日本人の意識は高く、約8割の方が医療保険に加入しています。

しかし、まだまだ医療保険の保障は十分ではないと考えている方が多いです。


公益財団法人の生命保険文化センターの「生活保障に関する調査(平成28年)」の「医療保障に対する充足感」によれば、現状の医療保険に満足している人の割合は半数にも達していません。


「医療保険に対する充足感」

医療保険に対する充足感


アメリカなどの欧米に比べ、公的な医療保険が充実している日本ですら医療保険を必要としている方が多いです。


アメリカでは医療費で自己破産する人がいるということを危惧してか、万が一の保障に対して日本人の多くの方も敏感になっているのです。


では、日本人の中でも医療保険が必要な人の特徴とはどういうものなのか解説していきます。


まずは、一般的に医療保険が必要とされている理由をご紹介します。

医療保険が必要とされている理由

医療保険などの保険商品というものは、基本的に保険会社が儲かる計算様式になっているので、契約者の方の中にはいくらか損をしてしまう方がいらっしゃることも事実です。


しかし、病気やけがは突然襲ってきます。

その突然襲ってくる病気やけがで治療が必要となったとき、入院などの治療費や生活費は払っていけるのか心配ですよね。

前述の通り、アメリカでは高額な医療費で自己破産しなければならない方が頻出しています。

例えば、自分は50歳の時に“何らかの病気にかかり、何日入院してどのような手術を受ける”ということをあらかじめわかっているのであれば、そのときのために必要な分を貯蓄して備えることはできます。


しかし、いつ病気になるか、何日入院するかをもともと知っている人なんていませんよね


また、先進医療のように健康保険の対象とならず、数百万円にもなる高額な技術料が必要となることまでを考えると、いったいいくら貯蓄すればいいかなんてわかりません。


このことから、契約が開始されたその日から入院や手術などの費用や先進医療の技術料などを備えることができる医療保険が必要となるのです。

入院が長期化しても一定の期間は補償してくれる

近年全体的な入院日数は減少傾向となっていますが、それでもがんや心疾患、脳血管疾患などの病気では入院日数が長期化する可能性があります。

医療保険では、このような長期化する入院に備えて、契約の際には1回の入院保障限度日数を30日、60日、120日などから選択することができます。


また、保険会社によってはがんや急性心筋梗塞、脳卒中のいわゆる三大疾病と呼ばれる病気になった場合には、入院保障限度日数を無制限とする医療保険もあります。


医療保険では、短期化する入院日数傾向にも対応しながら、長期の入院にも対応することができます。


入院が長期化すると、その分入院費などの費用が多くなりますし、働けなくなったことによる収入の減少も深刻な問題となるため、長期の入院にも対応できる医療保険が必要となります。

精神的に安心できる

医療保険は契約すると、責任開始日(保障が始まる日)から契約した保障を受けることができます。

つまり、責任開始日の次の日に入院などの保険対象となる事案が起きれば、保険金を受け取ることができます。


実際には、責任開始からあまりにも早く保険金請求となると、保険会社の調査(保険金詐欺や告知義務違反など)が入ることもありますが、保険金詐欺の疑いや告知義務違反がない、正常な契約であれば問題なく保険金を受け取ることができます。


このように、医療保険に加入することによっていつでも保障が受けられる状態となるため、安心して日頃の生活を送ることができます。

社会保障制度がこのまま続くとは限らないから

社会保障制度として代表的なものは、「高額療養費」と「傷病手当金」です。

高額療養費とは、同じ月内(1日から末日)で所得によって異なる上限を超える分の医療費が戻ってくる公的医療保険制度です。


傷病手当金とは、ケガや病気により仕事を休まざるをえなくなったときに、最長1年6か月給付金が支給される制度で、いわばお給料の代わりようなものです。


このような社会保障制度は、はたして数十年後も存在しているか気になるところです。


現在のところ安心して制度を利用することができますが、制度自体が時代の変化によって変わることはよくあることです。


特に、今の日本の国家財政からすると、高額療養費の自己負担額が上がったり、傷病手当金の給付が減額されるということが起きる可能性もあります。


医療保険とはこのような社会保障制度を補うという役割も担っていますので、自分たちの将来を守るためにも、医療保険への加入をおすすめします。

医療保険が必要な人の特徴

医療保険とは、病気やけがをして入院した際の入院費や治療費の給付を受けることができたり、保障内容によってはその後の生活のサポートも可能な私たちにとってはありがたい保険です。


ここまで医療保険が必要な理由を説明してきましたが、それでは、医療保険が必要な人とはどのような人なのでしょうか。


医療保険の必要性はなんとなくわかったけれど、自分は医療保険が必要な人なのだろうか?と気になりますよね。


そこで、ここでは医療保険が必要な人の特徴として、

  • 貯蓄できない人
  • 自営業の人
  • 先進医療を受けたいと考えている人
以上の3つの特徴について解説していきます。

これらの特徴に当てはまる医療保険への加入が必要な人は、ぜひ一度医療保険への加入を検討してください。

貯蓄できない人

例えば、生活費などの出費が収入額とほぼ同じであったり、単に貯蓄が苦手な浪費家であったりと、貯蓄をできない人にはさまざまな理由があります。

このように、貯蓄がない、または貯蓄が少ない人こそ医療保険が必要な人なのです。


貯蓄がないということは、入院費などの医療費も捻出できず、そして退院後の療養期間の収入減少による生活費のやりくりにも影響が出てしまいます。


医療保険によって入院費や治療費などの医療費を賄うことができ、保障の内容によってはその後の生活費をも補うことができます。


収入と出費がギリギリの場合は、最低限の保障で保険料を抑えることで、年齢によっては月々2,000円前後で医療保険に加入することもできます。


一度家計状況を見直し、必要な人は医療保険への加入を検討しましょう。

自営業の人

医療保険が必要な人は、自営業の人です。

自営業の人の場合、医療費や生活費のほかに事業に関わる支払いも必要です。

病気やけがのために働くことができなくなれば、場合によっては事業を一時休業しなければならなくなるかもしれません。

また、自営業の人が加入する国民健康保険には傷病手当金制度はないため、療養中の収入を支援してもらえません。


このように、特に自営業の方はもしものときのサポート体制を自分でつくっておく必要があります。


医療費やその後の療養生活のためにも、保障内容が充実した医療保険への加入を検討してみましょう。

先進医療の必要性を感じている人

先進医療とは、高度な技術を用いた医療のことですが、先進医療にかかる技術料は健康保険の対象外となり全額自己負担となります。

そのため、技術料だけで数十万円~数百万円と高額になります。

先進医療と聞いてまず真っ先に頭に浮かぶものといえば、がん治療の重粒子線治療や陽子線治療が挙げられます。

先進医療と定められている技術は現在のところ約100種類もあり、多焦点眼内レンズを用いた白内障手術も先進医療の1つです。

この先進医療は、厚生労働省が認定する病院でなければ治療することができないことから、地域によっては遠方にある病院に行って治療を受けることになります。

医療保険における先進医療特約は、この高額になる技術料分を保障する特約で、保険会社によっては先進医療にかかる諸費用分として一時金を支払ったり、病院までの交通費や現地での宿泊費まで保障対象とするものもあります。

万が一のときにはこの多種多様で高額になりやすい先進医療での治療を受けたいと考える人は、医療保険に先進医療特約を付けて備えるようにしましょう。

医療保険が不必要な人の特徴

医療保険が不必要という人の特徴は、貯蓄が十分にある人です。

医療保険へ加入することは、もしもの際に治療費などの大金を支払わなくて済むための備えです。

また、高額な先進医療を受けたくても費用の面で諦めるということがないようにするのも、医療保険へ加入する理由でもあります。

一般的には、突然病気やけがに襲われ、入院生活がはじまり、仕事ができない状況となると気になることはお金のことではないでしょうか。

治療費はどれくらいかかるのか、この後の生活費は大丈夫なのかと心配になりますよね。

これらの不安を解消し、もしものときの備えが必要な人は、ぜひ医療保険に加入しましょう。

しかし、病気やけがをして入院しても、その治療費やその後の生活費を貯蓄だけで十分賄えるという方、先進医療費にも対応できるくらいの貯蓄があるという方は医療保険への加入は必要ないといえるでしょう。

先進医療費はだいたい数百万円、入院時の治療費や差額ベッド代などの自己負担分を合わせても、高く見積もってだいたい30万円~100万円となります。

これらの費用を貯蓄から支払う余裕がある人、その後の生活費にも困らない人は医療保険の保険料を支払うのはもったいないですよね

保険料分を貯蓄に回した方がいいでしょう。


まとめ:医療保険が必要な人とは

この記事では、医療保険が必要な人について解説してきましたがいかがでしたでしょうか。


今回のこの記事のポイントは、

  • 医療保険はもしも病気やけがで入院した際の治療費やその後の生活費への不安を解消するための備えになる。
  • 病気やけがをしても治療費などを心配したくないという人は医療保険への加入が必要な人である。
  • 医療保険が必要な人の特徴は、金銭的に不安な状況に陥りやすい「貯蓄ができない人」と「自営業の人」、また必要な場合には先進医療を受けたいという人です。
  • 医療保険が必要ではない人の特徴は、治療費や生活費を貯蓄で十分賄える人ある。
以上です。

毎月の出費となる保険料はかかってしまいますが、もしものときのサポートとなる医療保険への加入はとても心強いものです。

医療保険によっては保障内容も充実し、保険料も手頃な料金で加入しやすいものもありますので、経済的に安心できるサポートが必要な人はぜひ一度医療保険の加入を検討してみてください。

ほけんROOMでは、ほかにも読んでおきたい保険に関する記事が多く掲載されていますのでぜひご覧ください。

ランキング

  • まだ間に合う!健康リスクが急上昇する定年からの医療保険の必要性
  • 「18歳の子供が医療保険には入るべきか否か」という問題について。
  • 20代で医療保険に加入することの是非とその必要性を考えること
  • 公務員の医療保険の必要性と人生設計を見据えた賢い選び方について
  • 独身男性に適しているのは、医療保険なの?それとも死亡保障保険?
  • 公的な保険が充実する日本で、民間の医療保険の必要性を解説します
  • 医療保険は条件によっては加入する必要なしという可能性もあります
  • 自分にとって保険の優先順位を見極めて医療保険を選びましょう
  • 学生でも医療保険を理解すべき?学生のための総合共済を知ろう
  • 医療保険は子供にとって必要なの?様々な方面での補助を確認しよう
  • 民間の医療保険のメリットは一体何!?わかりやすく解説します!
  • 新入社員に医療保険ってホントに必要?みんなはどうしてるの?
  • 収入が比較的少ない主婦でも医療保険は必要になるのかをチェック
  • まずは母子家庭で医療保険が必要かどうかについて考えてみよう
  • 医療保険に加入する際女性特約は必要なのかじっくり考えてみましょう
  • 女性なら気になる医療保険の女性特約について徹底解説!女性特約とは
  • 専業主婦も医療保険に入る必要性ある?オススメの保険プランを解説!
  • 独身女性が医療保険に加入するメリットを詳細に解説します!!
  • 医療保険って独身男性、女性に必要なもの?選び方のポイントとコツ
  • 民間の医療保険でも不妊治療が保障可能に!特徴と注意点を徹底解説!
  • 全労済の共済と医療保険の女性特約を比較してみると違いがわかる
  • 20代女性の方必見!リスクの高い病気と女性のための医療保険の選び方
  • 医療保険で後悔したくない。自分に合った医療保険の選び方のポイント
  • 医療保険の加入申込時と保険金請求時に必要な書類と注意点を把握する
  • 医療保険の賢い選び方とは?2つのタイプの医療保険を徹底比較!