医療保険は団体制度で会社を通して入ると、個人で加入するよりお得

医療保険で所属する会社の社員向けで団体扱いで、月々の保険料が安くなるって本当ですか。会社の福利厚生の一環でやっていると聞いて興味を持ちました。本当に加入していい団体医療保険なのかをメリット、デメリットを含めて教えてください。

医療保険における団体医療保険って?

万が一の保障と商品付帯サービスがあることから団体医療保険は、企業にとって従業員を守ってくれる制度といえます。

多くの従業員が、保障を十分だと思っていない現状では、会社が自助努力のサポートをすることも大切です。


企業は、福利厚生の一環として団体医療保険を導入しています。

団体医療保険には、全員加入が義務付けられるタイプと任意加入で個別に入るものがあります。


全員加入タイプは、企業が従業員のために福利厚生の一環として契約している場合が多く、保障内容が充実していたり、月々の保険料が割安に設定されているものが多く、加入することによってお得になります。


基本的には1年契約の掛け捨てタイプが原則なので、個人で医療保険に入る予定なら有利な契約ができる団体医療保険を選択することをおすすめします。


最近の医療状態は、急速に進歩しており医療保険の役割も高くなっています。

団体医療保険は、こんな病気のリスクをなくしてくれる強い味方です。 

個人の医療保険との相違点

団体医療保険は、企業や組合が団体で加入して、加入人数や加入率、事故率などに応じて保険料が設定される保険のことです。

集団で加入するため数%~50%まで割引率が適用されます。

基本的には掛け捨てで終身保険はありません。


個人で団体医療保険に入る場合には、退職などで保障や月々の保険金は変わりませんが、団体医療保険は、保障内容や安くかけられる利点がなくなることもあります。 

団体保険に入るメリットとは?

なんといっても、個人で団体医療保険に入るより月々の保険料が安くなる。

すなわち、ランニングコストが低くて団体医療保険に入れるのは魅力的です。


一般に医療保険は、掛け捨てだというイメージが強く高額だとみられています。


間違えていけないのは、企業が給与から引き落とす団体扱い医療保険との違いです。

この場合、集金手数料分だけ保険金額が安くなっているだけですので基本的には個人加入の医療保険です。 

保険料が安い

団体医療保険は、保険料が安いのは大きなメリットです。

引き落とし費用ではなく、月々の保険金が安くなります。

その割合は、数%~50%という大きな金額です。


団体加入のため、若い世代が多い企業などでは、団体医療保険が有利で加入しやすい内容となっています。 

告知だけで加入できる

団体医療保険の加入期間は1年で、以後申し出のない限り更新して継続します。

お申込みにあたって通常、医師による診断や健康診断書の提出は必要ありません。


個別告知方式と一般告知方式があります。

一般告知方式では、定期健康診断を行っている団体が、代表して個々の加入者のについて告知することがあります。 

団体保険に入るデメリットとは?

団体医療保険は、加入期間が1年なので終身保障はありません。

原則掛け捨ての保険です。


任意加入のものは、企業の従業員に向けたものなので勤務先の企業を退職すると加入できなくなります。


退職する可能性も考えて、企業の福利厚生制度による保障が亡くなった場合に備えて最低限の医療保障は、個人で加入しておくことが必要になります。 

本人が退職すると、家族の保障もなくなる

団体医療保険は、企業が独自に加入者の人数によって保障金額、保険料を決めているので、通常の医療保険より有利な内容になっています。

従業員が、対象となる保険ですから退職した場合は、本人の保障のみならず家族が加入していた保障もなくなることになります。 

1年に1度しか加入・辞退できず、保険料が変動する

団体医療医療保険は、通常企業が一括して組合員の団体医療保険をまとめて加入する形をとります。

従って、料率の見直しや、加入者の年齢構成などで1年ごとに保険料が変動するシステムになっています。

加入したり辞退するのは、1年に1度です。

加入期間が1年ですからその期限で契約が見直しされます。 

退職するとき、団体医療保険はどうなるの?

転職などで勤務先の企業を辞めた場合には、当然団体医療保険(全員加入型)の保障はなくなります。

勤務先の福利厚生制度が充実している場合は、自分で準備する保障は小さくて済みました。

退職すると自分で保障を増やす必要がでてくることを覚悟しておくことが必要です。


健康に問題があれば新たな医療保険に加入できないこともあります。 

個人継続できる場合が多い

団体医療保険でも、退職してから再び自分でも入りなおすことが容易な保険である場合は、個人継続という方法もあります。

保険会社の担当者に確認しておくべきです。


積極的に団体保険を利用しても問題ありません。

なるべく抑えられる保険料は継続しましょう。


さらに保障を充実させるために利用することはできます。 

まとめ

団体医療保険は、全員加入型と任意に加入できるタイプがあります。

全員加入型は、福利厚生の制度が反映されて有利になっています。

任意加入型の団体医療保険は、保険料が安いことが魅力的です。


退職すると加入ができなくなってしまったり、転職などの退職リスクを考えて加入するのが得策です。 

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気記事一覧