終身医療保険で人気の先進医療特約、本当に必要性を理解してますか?

最近CM等で終身医療保険に付帯する先進医療特約について耳にすることが増えています。だけど、そもそも「先進医療」とは何で「先進医療特約」は何を保障してくれるのでしょうか?この記事では、基本事項から終身医療保険に先進医療特約は必要なのかどうかを具体的にまとめます。

終身医療保険に先進医療特約は必要なのか

最近、医療保険やがん保険についている先進医療特約をよく耳にすると思います。

今回は、終身医療保険に先進医療特約は必要なのかについて考えていきたいと思います。




ちなみに、終身保険と定期保険の違いですが、


  • 終身保険は、加入したその日から一生涯保障
  • 定期保険は、期間が定められている保険である一定期間保障

です。


やはり保険料は安くていいもの、終身医療保険に入っておけば安心と考える方は多いと思います。


一生涯続く終身医療保険ですが、ずっと保険料が変わらず一生涯払い続けるタイプ(終身払い)と働いている間や払う期間を決めて前倒しで保険料を払うタイプとあります。


現在の日本では、健康保険制度で3割負担であったり、高額医療制度なので、そこまで莫大な医療費はかかりません。


しかし、健康保険の3割でで賄えない治療を医療保険でカバーできれば、受けることができなかった治療が受けることができます。ここで使える治療が先進医療です。


先進医療特約は、終身医療保険につけた方がお得なのか?

また、注意するべきことはあるのでしょうか?

そもそも先進医療とは?

「先進医療」と調べると、とても堅苦しく書いており難しいと思います。


現在、医療技術は、大学病院など高度な医療機関で研究・開発されています。その開発された医療技術を、安全性や病気に対する効果は確保できたが、保険診療の対象にするかは検討している治療のことを指します。この技術の許可をする役割を果たしているのが厚生労働省です。

また、医療技術が高度なため、厚生労働省が許可した医療機関でのみ治療を受けることができません。


高度な医療技術を用いた、治療を行いますので今後保険適用が検討される技術とも言えます。


先進医療にはどのような治療法があるのか

先進医療は、2017年9月1日現在で、105種類の治療項目があります。

先進医療は、がんの治療によく使われております。

がんの治療といえば、放射線療法が主流です。

しかし、従来の放射線療法では、エックス線等を浴びることにより、元気な細胞を傷つけてしまいます。それだけでなく、がん病巣に当たる可能性が低いとされています。

先進医療の重粒子線治療や陽子線治療を実施することで、がん病巣にピンポイントにダメージを与えることが出来、かつ元気な細胞へのダメージを最小限に抑えることができます。ちなみに治療費は、重粒子線治療は約300万円、陽子線治療は約280万円と高額になります。



現在は、がんだけでなく、家族性アルツハイマー病の遺伝子診断や白内障の治療においても先進医療の治療があります。


治療費は、健康保険適用外ではありますが、必ずしも高額というわけではありません。家族性アルツハイマー病の遺伝子診断は3万円で受けることができます。自由治療ですので、病気にはなりたくはないと思いますが、自分に合った治療を行うことができるのは良いと思います。

医療保険の先進医療特約の治療費と保険料

先進医療特約は、高額な治療費を保障するための特約です。

特約をつけることで、保険料は高くなってしまうと考える方は、多いと思います。

実際は、保険会社によっても異なりますが、数十円~数百円円程度でつけることができます。


なぜ、医療費が高額なのにもかかわらず、保険料が安いのか不思議ですよね?

単純に考えて、先進医療を受ける病気になる人が少ないということです。また、先進医療を受けることができる病院も限られています。

そもそも、設備が増えて多くの人が受けられるようになれば、健康保険が適用されます。


保険は、皆で少しずつお金を出し合って、困っている人を助けるという考え方を元に作られています。先進医療を受ける人が少なければ、一人一人の保険料も安くなるということです。


医療保険は、万が一の時に備えて、少額で大きな保障がついてくのは、とても意味があると考えます。



先進医療は毎年対象となる治療範囲が変わっている

先進医療は、大学病院など高度な医療機関で研究・開発された医療技術ですので、日々発展しております。

安全性と治療の効果が確認できれば、保険診療の対象となるという特徴があります。


前にもお話しましたが、2017年9月1日現在では、105種類の治療項目があります。


保険診療の対象になれば、治療項目は減少しますし、また新たな技術が研究で治療の効果・安全性が認められれば、追加されるという流れになります。

後から先進医療特約をつけることができない場合が多い

医療保険の特約は、加入していた時についている場合は、後から解約することができます。

保険会社によっては、後から先進医療をつけるものもあります。しかし、ほとんどの医療保険は先進医療特約をつけることはできません。契約時の年齢や健康状況は変わっている場合が多いということも理由の一つだと思います。

先進医療特約をつける場合は医療保険に加入し直すことになる

考えたくはないと思いますが、将来の不安でもある病気のために、どうしても先進医療特約をつけたい場合は、現在加入している終身医療保険を新しく終身医療保険に加入しなければなりません。

新しい終身医療保険に加入する場合


  • 健康状態が良好であること(告知が必要になります。)
  • 年齢によっては、保険料が高くなること。


また、保険会社によっては、引き受けられない場合もあるので、新しい保険が開始してから、今までの保険を解約することをおすすめしております。

加入し直した場合、終身タイプのメリットがなくなる

もし、今加入している終身医療保険に先進医療特約をつけるために加入し直した場合、年齢が若いうちに加入していた場合は、保険料は高くなる可能性は、とても高くなります。

余談ですが、見直しのことを考えると、終身医療保険と比べて、定期医療保険の法がよい気がしますが、定期保険は、10年等で見直されるので保険料はとても高くなる可能性が高いです。

終身医療保険は、以上の理由から見直しずらいの事実だと思います。


まとめ:終身医療保険の先進医療特約の必要性について

それから、生きていく上で将来病気になるリスクも考えないといけないと思います。日本人の2人に1人はかかる病気で、3人に1人はお亡くなりになる病気でもある、がん。 医療技術の進歩により、見つかった時期やその部位にもよりますが、治らない病気ではなくなりました。 

先進医療は、がんだけでなく他の病気にも適応されます。

先進医療を受ける場合は、担当医師の判断が必要にはなってきますが、つけることで安心に変えることができると思います。


一生涯の保障で、もしものための保障として、終身医療保険に先進医療特約をつけることを少し考えてみるのはいかがですか?

ランキング

  • まだ間に合う!健康リスクが急上昇する定年からの医療保険の必要性
  • 「18歳の子供が医療保険には入るべきか否か」という問題について。
  • 20代で医療保険に加入することの是非とその必要性を考えること
  • 公務員の医療保険の必要性と人生設計を見据えた賢い選び方について
  • 独身男性に適しているのは、医療保険なの?それとも死亡保障保険?
  • 公的な保険が充実する日本で、民間の医療保険の必要性を解説します
  • 医療保険は条件によっては加入する必要なしという可能性もあります
  • 医療保険が必要な人ってどんな人?その特徴や必要な理由を徹底解説!
  • 自分にとって保険の優先順位を見極めて医療保険を選びましょう
  • 学生でも医療保険を理解すべき?学生のための総合共済を知ろう
  • 医療保険は子供にとって必要なの?様々な方面での補助を確認しよう
  • 民間の医療保険のメリットは一体何!?わかりやすく解説します!
  • 新入社員に医療保険ってホントに必要?みんなはどうしてるの?
  • 収入が比較的少ない主婦でも医療保険は必要になるのかをチェック
  • まずは母子家庭で医療保険が必要かどうかについて考えてみよう
  • 医療保険に加入する際女性特約は必要なのかじっくり考えてみましょう
  • 女性なら気になる医療保険の女性特約について徹底解説!女性特約とは
  • 専業主婦も医療保険に入る必要性ある?オススメの保険プランを解説!
  • 独身女性が医療保険に加入するメリットを詳細に解説します!!
  • 医療保険って独身男性、女性に必要なもの?選び方のポイントとコツ
  • 民間の医療保険でも不妊治療が保障可能に!特徴と注意点を徹底解説!
  • 全労済の共済と医療保険の女性特約を比較してみると違いがわかる
  • 20代女性の方必見!リスクの高い病気と女性のための医療保険の選び方
  • 医療保険で後悔したくない。自分に合った医療保険の選び方のポイント
  • 医療保険の加入申込時と保険金請求時に必要な書類と注意点を把握する
  • 医療保険の賢い選び方とは?2つのタイプの医療保険を徹底比較!