医療保険ALL

就業不能保険

医療保険の必要性

医療保険の選び方

公的医療保険制度

住宅ローンのある人には就業不能保険に加入することがおススメ

マイホームを持っている方は、もし住宅ローンを抱えながら、働けなくなることを想像した事がありますか?働けなくなったときのために就業不能保険。住宅ローンを持っている方にはお勧めな保険です。就業不能保険と団体信用保険の違いを理解しましょう。

住宅ローンのある人は就業不能保険がおすすめ

住宅を購入された方は、基本的に団体信用生命保険に加入するでしょう。団体信用生命保険は、債務者が債権者に万が一は発生した場合に、債権を保全するための生命保険です。例えば一家の大黒柱が死亡やがんに罹患して時に団体信用生命保険を活用し、住宅ローンを支払わなくてもよいようになります。

そのため、住宅購入者は、それ以外の保険は不要と考える方が増えています。

確かに、私たちにとって最も大きな負担である住宅ローンが免除されることは大きいですが、団体信用保険が活用できないような事故、たとえば交通事故等で働けない場合や脳卒中で仕事ができなくなった場合では、収入が途絶えるにもかかわらず負債は残り、さらに生活費や治療費といった出費が増えることと鳴ります。

就業不能保険は、住宅ローンの有無に関わらず(ローンのある方は特に)、働けなくなった時のリスクに備えることが大切です。

就業不能保険とは

就業不能保険とは、病気やケガにより、長期間働けなくなった時に備えて加入する保険です。

就業不能状態(働くことができない状態)になった時に、毎月のお給料をカバーするように給付金を受け取ることができるタイプのものが一般的で、最近ではこちらのような生きていくための保険が万一の保障よりも重要視されつつあります。

住宅ローンのある人が加入する団体信用生命保険と就業不能保険の違い

住宅ローンのある人の加入する団体信用生命保険(いわゆる団信)は、一般的には契約者(住宅ローンの債務者)が死亡した際に、団体信用保険の保険金にて、ローン残額が免除されるというものです。

就業不能保険は、契約者(被保険者)の死亡ではなく、就業不能となった場合に保険金を支払います。

働けなくなると、収入と支出のバランスが大きく崩れます。

減ってしまった収入を補填するための保険が、就業不能保険です。

団体信用生命保険とは死亡・高度障害時に住宅ローンの返済が不要となるもの

団体信用保険とは、住宅ローンの支払い途中で契約者が「死亡」「高度障害」になったときに、生命保険会社が、ローン残高を契約者の代わって支払います。

この保険がないと、残された家族がローンを肩代わりすることとなります。

一家の大黒柱が倒れてしまったのに、それからの生活費やローンを残された家族が負担することが内容に保険商品として作られています。

また、団体信用保険といっても様々な種類があります。

単に「死亡した」「高度障害となった」場合にのみ住宅ローンが免除されるものの他にも、三大疾病(がん・脳卒中・心筋梗塞)や七大疾病といった保障を広くした商品も販売されています。

当然のことですが、保障される範囲が広がるにつれて、金額は高くなります。

また、健康診断などで加入を制限されてしまう方のための商品もあります。

就業不能保険は団信と違い、働けなくなったリスクを保障してくれる

就業不能保険は、上記でも説明した通り、病気やけがで仕事ができないリスクに備える商品です。

働けなくなると、自営業の方はその時点から、サラリーマンの方は「有給休暇」を消化した時点から、収入は途絶えます。でも収入が途絶えても生活費や住宅ローンの支払いは継続します。

働けなくなり収入が途絶えると貯金の切り崩しなどにより不足分を補うこととなります。

あるいは、家族のなかで誰かが改めて仕事を始めるなどにより補うこととなります。

就業不能保険は、不足する収入を補います。


働けなくなるということに対する備えを、保険に代替させることとなります。


就業不能保険は、さまざまな生命保険会社が発売をしていますが、保険金請求の対象となる事故にも違いがあります。就業不能保険の保険料は比較的安いものですが、「働けなくなる」状態をよく考え、商品を選択する必要性があります。

住宅ローンのある人は働けなくなり返済に困ることを想定した方が良い

住宅ローンのある方は、「働けなくなる」とどうなるかを考えてみましょう。

団体信用保険が使えませんので、ローンという負債がなくなることはありません。

住宅ローンの支払いにより家計が崩壊します。

生命保険の本質的な目的は、遺族に生活費を残してあげること、あるいは病気になったときの金銭的な負担を減らすことです。

負債を抱えること自体は悪いことではないですが、企業と同じで資金が回らなくなると倒産します。つまり、個人の場合では給与等の収入が途絶えることが最大のリスクです。

収入が途絶える要因には、リストラ、減給といった景気的な要因もあります。

まず収入が減った場合には、支出を押させることを考えるでしょう。それでも不足する場合は、副業を行うなどが考えられます。働くことができるので、深夜のバイトなど会社の規則に抵触しない程度に行えるでしょう。

一方で、健康を害し、働けなくなることで収入が減ってしまった場合には、副業のようなことはできません。また治療費という支出も増えてしまいます。だからこそ、就業不能保険のようなものへの加入は効果的だと思います。

貯蓄が十分にない限り、住宅ローンのある人には就業不能保険はおすすめ

保険は、大金持ちの方には必要がありません。

一般的に大金持ちではないので、住宅ローンを組むこととなります。


働けなくなること、それは「収入の減少」につながります。

「収入の減少」は支出とのバランスが崩れます。


減少は「就業不能保険」で補うことができるので、加入をおすすめします。

疾病保障付きの団体信用生命保険もある

団体信用保険にはどのような内容があるのでしょうか。

まず三大疾病保障付の内容から説明します。

  • 悪性新生物(がん 上被内がんはのぞく)
  • 脳卒中
  • 急性心筋梗塞


といったものが三大疾病となります。

7大疾病となると上記に加え


  • 高血圧性疾患
  • 糖尿病
  • 慢性腎不全
  • 肝硬変

といった病気を対象とします。


団体信用保険も「死亡」だけでなく、このような病気への保障も厚くしています。

その点は、就業不能保険と重なるところもあります。


会社員の方は、傷病手当金も働けなくなったときに助けになる

働けない状態になった場合には、収入の減少が最も怖い部分ではありますが、会社員の場合、し健康保険から、「傷病手当金」の給付を受けることができます。

この「傷病手当金」は、四日以上同じ病気であること、無給であることなどいくつかの条件を満たしていれば、受け取ることができます。

有給休暇が1年の20日給付され、2年間を保留されます。

40日間程度の休みがあることになります。この有給休暇を使い切っても、まだ同じ病気が継続している状態にあるときには、最長1年6カ月の間、収入の6割程度を支給されるので、長期離脱を余儀なくされた際には非常にありがたい保障です。

一方で、フリーランスや自営業者の方は、傷病手当金がないので、やはり休業時の備えをしておくことが会社員以上に必須といえます。


就業不能保険は、会社員の働けない状態に対して合わせられています。

よくあるのは、働けない状態を2ヶ月以上となった場合に、就業不能保険の支払いができることになります。

まとめ

住宅ローンを持っている方は、団体信用保険に加入をしていますが、その内容は把握できていますでしょうか。

働けなくなったときに、収支のバランスが崩れます。

住宅ローンは非常に重たい存在となります。

もし、団体信用保険が就業不能状態を保障できないのであれば、就業不能保険の加入を検討しましょう。

せっかくのマイホームです。働けなくなることへの備えを行い、住宅ローンの支払いができないなどで手放すことがないように、保障を見直しましょう。

ランキング

  • まだ間に合う!健康リスクが急上昇する定年からの医療保険の必要性
  • 病気のリスクは誰にでもあるものだから新入社員も医療保険が必要
  • 「18歳の子供が医療保険には入るべきか否か」という問題について。
  • 20代で医療保険に加入することの是非とその必要性を考えること
  • 公務員の医療保険の必要性と人生設計を見据えた賢い選び方について
  • 独身男性に適しているのは、医療保険なの?それとも死亡保障保険?
  • 公的な保険が充実する日本で、民間の医療保険の必要性を解説します
  • 医療保険は条件によっては加入する必要なしという可能性もあります
  • 医療保険が必要な人ってどんな人?その特徴や必要な理由を徹底解説!
  • 自分にとって保険の優先順位を見極めて医療保険を選びましょう
  • 学生でも医療保険を理解すべき?学生のための総合共済を知ろう
  • 医療保険は子供にとって必要なの?様々な方面での補助を確認しよう
  • 医療保険のメリット・デメリット
  • 収入が比較的少ない主婦でも医療保険は必要になるのかをチェック
  • まずは母子家庭で医療保険が必要かどうかについて考えてみよう
  • 医療保険に加入する際女性特約は必要なのかじっくり考えてみましょう
  • 女性なら気になる医療保険の女性特約について徹底解説!女性特約とは
  • 専業主婦も医療保険に入る必要性ある?オススメの保険プランを解説!
  • 独身女性が医療保険に加入するメリットを詳細に解説します!!
  • 医療保険って独身男性、女性に必要なもの?選び方のポイントとコツ
  • 民間の医療保険でも不妊治療が保障可能に!特徴と注意点を徹底解説!
  • 全労済の共済と医療保険の女性特約を比較してみると違いがわかる
  • 20代女性の方必見!リスクの高い病気と女性のための医療保険の選び方
  • 医療保険で後悔したくない。自分に合った医療保険の選び方のポイント
  • 自分にあった最適な医療保険とは?医療保険の選び方ので気をつける事
  • 医療保険の加入申込時と保険金請求時に必要な書類と注意点を把握する