女性保険で終身タイプの商品が人気で特徴やメリットをお話します

終身保険を考えている方で人気なのが、女性保険の終身保険タイプで女性特有の病気を手厚い保障があります。特に女性保険は独身女性の強い味方になってくれると評判になっています。キャリアがあって仕事をしている女性は、病気のときも収入を得られるようにすれば安心です。

長く仕事がしたい働く女性に人気がある終身タイプの女性保険

働く女性はできるだけ長く仕事を継続することを希望します。


今は元気だけど将来病気になっても安心できるように考えています。


人気が出ているのが終身タイプの女性保険で一般の病気の入院より手厚い保障があります。


終身タイプの女性保険で対応する病気は会社によって違いますが、乳がんや子宮筋腫、子宮がん、卵巣嚢腫、そして異常分娩も対応しています。



終身タイプの女性保険、子宮ガンなど女性特有の病気に

終身タイプの女性保険はなぜ人気が出ているかというと、若い30代の女性で病気にかかる率が高いからです。


病気というと今までは定年近く60歳過ぎてからかかる人が多くいました。


30代というと女性がキャリアを伸ばす時期で、この時期にしっかりとした保障があることは大切です。


思った以上にお金がかかったという先輩も多いです。

短期も長期もカバー終身タイプ女性保険

終身保険というと今までは1週間以上の商品が多かったのですが、最近の女性保険は日帰りからカバーします。


また終身タイプの女性保険は入院日数が長くなると費用の負担も増えますが、この場合はまとまったお金が出る契約があります。


入院日数は予想がつかないので短期と長期両方カバーする保険が人気が出ています。

女性保険の終身タイプ様々なタイプがあることを知っておこう

女性特有の終身保険は、30代から多くなる女性特有の病気をカバーできますが、ほかにも3大疾病に強いです。


がん、脳卒中、心筋梗塞です。命にかかわる病気なので診断されると保険料が免除されて保障が受けられる商品があります。


女性保険終身タイプは若いときだけでなく年齢が高くなってからのことも考えます。

手術の時も保障があるので助かります

一般的な病気の入院と手術をともなう病気では、精神的な負担や体の負担がかなり違ってきます。


終身タイプの終身タイプ女性保険は、手術をする場合は対応しています。


なかには日帰りで手術をする場合もあって、1日のみの入院保障では少なくなるので、入院日数に関係なく保障があります。


手術してからの入院日数は短くなっています。

終身タイプ女性保険先進医療特約があります

現在がんの治療は国が認められているものがありますが、最新の治療では認可が下りてないものがあります。


先進医療を受けるには国の健康保険がききませんが、女性保険の終身タイプでは先進医療特約が希望で申し込みができます。


1000万から2000万までの保障が可能になります。

ネットからで女性保険の終身タイプに申し込むことができます

女性保険の終身タイプは、ネットからも申し込みが可能です。セールスレディーとの契約よりは保険料が安くなります。


年間の保険料が思ったより安いと保障額も大きいのに入れます。


保障内容をチェックしていらないサービスをやめることも可能になります。


また追加もできるので最低限のものだけ入っておくこともできます。

ネットで女性保険を選ぶときの注意

ネットで女性保険を選ぶときは、前もってある程度ホームページなどを見ておくと契約のときにスムーズにいきます。


カスタマーセンターでは具体的なプランについても教えてくれます。


入院や手術の保障に力を入れる場合は、貯蓄型で年金として受け取る場合、とにかく保険料が安ければいいなど自分の希望を話しましょう。

家族とも相談することが

独身の女性は親に、主婦の方は夫にも相談してみましょう。親や夫が最低限の保険に入っている場合は、ほかの足りない部分をカバーすることが大切です。


たとえば入院保障は会社のものが使えるので少し安くてもいい、年金は違うところに入っているので貯蓄型の必要がないというケースがあります。

女性保険を利用した人の口コミについて

女性保険を健康なときから入っておくと、安心感が生まれたという口コミがあります。


なかでも健康相談が電話で受けられたのがよかったと話しています。


保険会社に契約すると、医療スタッフが健康面で電話で相談にのってくれます。生活習慣やダイエットのことも話す女性も多いです。

実際に入院した方も助かったという声が

女性保険の終身タイプに入って、入院保障が下りて助かったという声は多いです。働く女性は会社からの休業補償はありますが、転職したという女性も多いです。


転職してそのままのお給料ならいいですが、下がったということも多いので保障は必要だったと言われます。


主婦の方は入院中に家事サービスや外食で思ったよりお金がかかったという声があります。

介護も視野に入れている

女性保険の終身タイプに入った女性は、長生きの時代も考えて介護も興味を持ったという方もいます。


子供にめいわくをかけたくない、できれば最後まで自立して暮らしたいという方が増えました。


介護特約をつけてサービスを受けたいと考えている方もいます。国の制度はだんだん縮小するので備えたいですね。

まとめ

女性保険の終身タイプは、女性特有の病気を手厚くカバーすると同時に手術や三大疾病である、がん、脳卒中、心筋梗塞にも対応します。手術や先進医療の保障もあるので安心感があります。


実際に利用した女性は、入院で思ったより費用がかかったので助かったと言われます。また介護を視野に入れている女性も増えています。


ネットで申し込める保険会社では、保険料が安いのが魅力です。

ランキング