女性保険ALL

女性保険の選び方

40代になった今こそ是非とも検討していただきたい女性保険の選び方

40代になると病気のリスクも大幅に増加します。そして、40代は有効な貯蓄時期ともいわれます。専業主婦や独身女性の方などライフスタイルが多岐化している現在、そもそもなぜ保障が必要なのか、保険の検討をすべきなのか、女性疾病保険についてお話します。

あなたの保険、本当に必要?損していませんか?

みなさんが人生一度は加入する保険。保険を必要とする人は多いですが、正しい保険の知識がないと誤った選択をしてしまい損をしてしまうことがあります。


そんな方にはほけんROOM相談室がおすすめです。


今の保険がなんとなく不安な方や将来の保障について心配な方もお気軽に『無料で』ご相談いただけます。保険のプロがお近くのカフェやレストランに向かいます。


全国対応!経験豊富な家計と保険の専門家ファイナンシャルプランナーに無料で保険相談してみませんか?



40代で選ぶ女性保険、選び方で失敗しないように解説します

40代の女性の方々で、女性保険について、加入を検討している、あるいは、既に加入しているという方々は多いのではないでしょうか。

「社会人になった時に加入した医療保険に現在もずっと加入しているけれども、女性特有の疾病にもきちんと対応した女性保険の方が安心なのかな?」


そのような質問をたびたびうけます。


結論からいいますと、女性疾病、例えば乳がんや、子宮筋腫などについて女性保険の方が手厚い保障をうけることができます。


では、どのような保険を選べばいいのでしょうか?


今回は40代の女性が女性保険に加入する際に考慮すべき事項について解説させていただきます。

ワーキングウーマン、主婦、子育てなど今後のライフプランをまず明確にしておこう

さて、一概に40代の女性といえども生活スタイルは様々です。

  • 専業主婦
  • 独身ワーキングウーマン
  • 共働き家庭

大きく3つに分けましたが、専業主婦にしても、共働き家庭の奥様にしても子ども有無やその数、年齢でも大きく今後のライフプランは大きく異なります。また、専業主婦と言ってもパートなどで収入があるかどうかでも大きく異なります。

最近はシングルマザーでお一人でお子様をお育てになっていらっしゃる女性もいらっしゃいます。


家族の構成、考え方というものが多様化するにしたがって、過去の画一的な保険に対する考え方では個々のライフプランに沿った保障を提供することができなくなってきています。


じっくりと、まずは、今後のライフプランについて考えて頂き、それに見合った保険に加入しましょう。

何よりも気になる保険料は、保障内容とのバランスが大事

40代になると女性とはいえども、死亡、あるいは病気やけが、がんに対するリスクが高くなっていきますので、それに伴い、保険料も上がっていくのが現状です。

では、40代の女性の方々は保険にはいる必要はないのでしょうか。


よく、専業主婦の方々に、女性の方の死亡のリスクや病気のリスクについてお話をさせて頂く機会があります。専業主婦の方々は概ね、ご主人の保険の見直しというものが第一の優先順位であるケースが多く、ご自身の保険については後回しというご家庭が多いのが事実です。


私は、ご主人様の保険の見直しの際に、奥様の保険についても一緒にお話をさせて頂くようにしています。


「私より主人を」「私は大丈夫」とおっしゃられますが、本当に大丈夫なのでしょうか。


専業主婦といいますが、実は大変な労働をされていらっしゃいます。

仮に、奥様が長期の入院が必要になった時、あるいは、万が一のことがあって亡くなってしまった場合、ご主人様は今までと同じように働くことができますか?お子様がいらっしゃる場合、特にお子様が小学生や未就学児などの場合、ご主人は今まで同じように働いて、同じ収入を維持することができるでしょうか。


多くのご家庭の場合、答えは「NO」です。


ご主人様は奥様がご家庭を守っているからこそ外で仕事ができるのであって、奥様がいらっしゃらなかったら、掃除、炊事、洗濯と家事に時間をとられます。子どもたちのご飯も作ることができるでしょうか。家事全般できるご主人様だといいですが、そうでないご主人様もたくさんいらっしゃいます。


仮に、炊事はできるとしても、毎日毎日、奥様のような栄養バランスと価格に考慮したご飯を定まった時間に用意できるとは思えません。


そうなると、どうしても、外食や昼食が増えてしまう結果、支出が増えてしまいます。


労働時間が減った結果、収入が減少するにもかかわらず、支出が増えてしまいます。


その収入減少分を補てんするためにも専業主婦の方々も保険が必要になります。


また、共働きのご家庭の場合はどうでしょう。

最近は、自宅を購入時に、夫婦で銀行から借り入れる場合も増えてきています。


夫婦それぞれで銀行ローンを借りている場合はそれぞれに団信をつけているケースがほとんどですので、問題は少ないケースがありますが、ご主人様と奥様の収入を合算して、ご主人様がメインとなってローンの借り入れをしている場合は注意が必要です。


奥様に万が一のことがあった場合に、住宅ローンを支払い続けるだけの収入があればよいのですが、奥様の収入を含めて生活をやりくりしている場合は、奥様の収入が途絶えてしまったらローン返済が苦しくなる可能性もあります。


そうはいっても、万が一のために高額の死亡保障や医療保障、あるいはがんに対する高額な備えをしていくべきではありません。


あくまで保険は万が一のためのものであり、無駄な保険料を支払って高額な保障を備える必要はありません。必要な時に必要な分だけの保障をそなえることが重要なのです。


年代別で価格比較している40代女性保険ランキングを見てみよう

社会人となった折に、死亡保障や医療保障を備えた保険に加入しているケースもあるかと思います。


仮に大学卒業後の22歳に加入したとして、40代の女性の方々が現在も同じ保険に加入し続けているということは実はとても危険です。


社会の現状の変化に対応し、保険も改良に改良を加えていっています。


20年も前の保険で安いからとかけ続けていても万が一の時に十分な保障が得られないケースもあります。


皆様ご承知の通りだと思いますが、年齢が上がれば上がるほど、保険料も上がっていきます。 

当然のことながら20代で加入していた方が保険料は安いですが、40代でもまだまだそこまで高額というわけではありません。ですので、40代の女性の方々こそ、将来に対する備えの一つとして今こそ保険の再検討が重要になってきます。


是非とも年代別で価格比較している女性保険のランキングをみてみてはいかがでしょう。


ただ、安いからといっていい保険ではありません。

当然のことながら価格というものも重要な要素ではありますが、本当に必要な保障を備えることができるのかという点で是非とも検討ください。

ここは重要!女性特有疾病の範囲は必ずチェックしよう

また、女性には女性に特有の病気があります。

乳がんや子宮ガン等、女性特有の臓器や女性が疾病する確率が高い病気です。


生命保険会社はそれぞれ女性疾病に対する保障を備える保険商品を準備していますので、40代に限らず、女性の方々はどのような範囲の保障が備えられているのか、是非とも検討の際の目安にしてください。


例えば、乳がんで入院した場合にはどれくらい入院日額に上乗せできるのか、手術費用の上乗せができるのか、あるいは、一時金が出るのか等です。


特に乳がんに対して不安をお持ちの方は一時金のでるタイプの保険をお勧めします。


40代男性の場合は一時金というと収入の減少に対する備えやあるいは、高額な医療費のための備えというイメージで保険に加入する場合がほとんどです。


40代女性の方々は収入の減少はもとより、クオリティ オブ ライフ(生活の質)という面でも一時金を活用すべきだと私はお勧めします。


女性特有の臓器である乳房を全部摘出されても、乳房再建術という手術により再建することも可能です。


40代の女性の方々は今までのライフスタイルと今後の人生設計のためにも、今現在の病気やけがに対する不安、経済的な不安といったご自身の悩みをきちんと相談できるパートナーを探してい頂きたいと思います。

独身女性でも主婦でも、貯蓄を考えるなら積み立て型女性保険がおすすめ


また、保障保障と言っても、40代の女性の方々にとっての不安の一番は何かというと、やはり「老後の生活資金」という問題がでてきます。

昔のように企業の退職金が充実していたり、国の年金、医療保険制度の破たんの心配など一切感じられなかった時代では現在はありません。


検討の際には貯蓄もできる積み立て型の女性保険もおすすめです。

折角なら保障も充実させながら貯蓄もできるという商品を検討することも一つです。


死亡保障と、がんや脳梗塞、心筋梗塞などのいわゆる三大疾病になった際に一時金がでてなおかつ貯蓄もできるという商品もありますし、5年ごとなどの期間に生存祝い金としてお金が出る商品などもあります。


独身女性の方でも主婦の方でも貯蓄をお考えの際には是非とも保険で貯蓄をするという手法についても検討ください。

価格重視なら、使わない場合を考えて掛け捨てもあり

しかし、貯蓄型の保険ですと保険料が高額になりがちです。

ですので、今の生活スタイルと今後のライフプランをまずはじっくりと考えてください。


将来に対する備えという点も重要ですが、今現在の生活も当然ことながら重要です。

無理して高額な保険で貯蓄をするということではなく、少額で多くの保障を備えられる、所謂掛け捨て型の保険に加入するという方法もあります。


よく「掛け捨て」という言葉の特に「捨て」というイメージの悪さで特に40代の女性の方は捨てるのがもったいないので掛け捨ていやだと言われる方が非常に多いです。


しかし、掛け捨ての保険も別に無駄な保険料を支払っているわけでありません。

万が一の場合には保障が十分にでるので、私はよくたとえでいいますが、会員権のようなイメージを持ってください。


レンタルショップであれ、フィットネスクラブであれ、会員になっているからサービスを受けることができます。保険も生命保険会社の保険に加入することで万が一のために高額なサービスを受けることができるという会員になったと思えばけして保険料を捨てているということにはなりません。


逆にサービスを受けなくてよかったと思えるようになって頂ければと思います。

40代女性の女性保険の選び方はさまざま、体験談も参考にしよう


40代になるとご自身の人生設計について深く考えていらっしゃる方々も多いです。

特に同じ40代でも男性より女性の方が「将来に対する不安」という漠然とした不安をお持ちの方は多いと感じます。


病気、特にがんは昨今の芸能界でも若くして乳がんになるというニュースも多々聞かれているので不安に感じられる40代の女性の方々は増えています。


不安に思う一番の原因は情報の不足です。

インターネットで簡単に情報を検索できるので、インターネットで体験談などを参考にされるのもよろしいかと思います。


保険会社のホームページでは、どうしても保険加入のために公開されているというイメージが強いので、ピンクリボンなど医療系のホームページで体験談や座談会など公開されていますので是非とも情報を集めて頂きたいと思います。

色々と見てきたけど、よくわからない!そんな時は必ず保険のプロに相談しよう


40代ともなると人生も節目を迎え、また、人生の酸いも甘いもそれなりに経験されてきていらっしゃるかと思います。

しかし、保険は商品体系が複雑で一から勉強するとなると大変な時間と労力がかかります。

保険に加入されていらっしゃる方はいわゆる保険契約約款という契約内容についての詳細を必ず配布されていらっしゃるかと思いますが、それをすべて熟読し保険を知るということがとても大変なことだとわかられるかと思います。


また、がんなどの医療現場の実情や、最先端治療、今後の社会情勢の動きなどにも精通している保険のプロはいらっしゃいます。

そのようなファイナンシャルプランナーの方々に気軽にご相談ください。

まとめ

今回は40代の女性の方々にこそ考えてほしい生命保険について説明させていただきました。

独身の方も専業主婦の方もひとそれぞれ保障が必要であるということをまずはご理解いただいて、「どういった不安があるのか」「どういった病気が怖いのか」という不安を除去するために上手に保険を活用していただければと思います。


資金繰りに余裕があるならば、保障と貯蓄が合体した貯蓄型の保険も有効な手段の一つですし、最低限の保険料で最大限の保障を備えるという掛け捨て型も有効な手段です。


ご自身のライフプランに沿った保険の検討をお願いいたします。


そしてその際は是非とも有益な情報を提供して頂けるファイナンシャルプランナーをパートナーとして見つけてください。

ランキング