女性保険ALL

女性保険の選び方

更年期障害は健康保険に適用されるのか?わかりやすく解説します!

誰にでもやってくる更年期。そして心配なのが、やはり「更年期障害」でなないでしょうか。更年期障害の症状・治療法、更年期障害の治療に健康保険は使えるのか、更年期障害になってしまっても医療保険やがん保険に加入できるのかを詳しく解説します。

健康保険は適用される?更年期障害について確認しておきたいこと

40代~50代になってくると、いろいろと体のことが心配になってくるもの。


特に女性の場合は、「更年期障害」が気になるのではないでしょうか。


実際のところ、女性の7割~8割は更年期に何らかの不調を感じ、4人に1人は更年期障害を患うといわれています。


しかし、更年期障害はそのようにありふれた病気であるとはいえ、保険に加入できる条件には大きく影響を及ぼしてしまいます。


そこで、この記事では「更年期障害になったときの保険加入」について、


  • 更年期障害とはどのような病気なのか
  • 更年期障害の治療手段と健康保険
  • 更年期障害になっても加入しやすい保険


以上のことを中心に解説していきます。


この記事を読んでいただければ、更年期障害になったとき、医療保険の加入時に起こりうる問題をスムーズに解決しやすくなります。


更年期障害になった方、または更年期障害が心配だという方の不安を解消いたします。


是非最後までご覧ください。


聞いたことはあるがわかりにくい!更年期障害とはどんな病気か?

40代になると卵巣機能が低下し、女性ホルモンの1つであるエストロゲンの分泌が急激に減少します。


その結果、ホルモンバランスが乱れ、さまざまな不調を引き起こします。


これが更年期障害です。


更年期障害には、いろいろな症状があります。


  • 急に汗をかく
  • のぼせやほてり
  • めまい
  • 疲れやすい
  • 動悸や息切れ
  • イライラや不安感
  • 不眠


その他にも、だるい・手足が冷える・頭痛・肩こり・腰痛・皮膚の痒みなど、さまざまな症状があります。


これらの症状が重なって現れたり、日によって症状が違ったりすることもあります。

更年期障害の治療はどこでするの?保険は適用されるの?

例えば、たまたまだるい日があったり肩こりのひどい日があったりしても、更年期障害だとは考えないでしょうし、本当に更年期障害だとは限りません。


ただ、そのような不調な日が多くなり、「更年期障害かも」と思ったときには、婦人科を受診するのがよいでしょう。


検査すれば、その不調が更年期障害からくるものなのかどうか分かります。


また、更年期障害とは違う病気が隠れているかも知れないので、「更年期だからだろう」と放っておくのは危険です。


検査の結果、更年期障害と診断されれば、ほとんどの治療は健康保険が適用となるので、安心して保険治療を受けることができますね。


しかし、一方で、更年期障害の治療を受けてきちんと完治していないと、他保険への加入が難しくなることが多いです


そのため、更年期障害であることが判明したら、必ず治療を受けましょう。


では、更年期障害の治療には具体的にどのようなものがあるのか、簡単にご紹介しておきます。

治療法1:ホルモン補充療法(HRT)

ホルモン補充療法(HRT)は、閉経前後に減少するエストロゲンを補充するための治療で、更年期障害の根本的な治療法といえます。


プラセンタ注射などが代表的な例ですね。


プラセンタ注射を含め、ホルモン補充療法(HRT)は保険治療なので、健康保険が適用されます


この治療は、急に汗をかいてしまうホットフラッシュや自律神経の乱れを改善する治療で、安全性と有効性が実証されています。


また、骨粗鬆症心臓血管系疾患のリスクを下げる効果もあります。

治療法2:漢方薬による治療法

効きが弱いイメージの漢方薬ですが、実際は違います。


漢方は、複数の症状に対して効果を発揮します。


ただし、薬が合うかどうかは人によるので、いくつかの種類を試すことになるかもしれません。


自分に合う漢方薬が見つかれば、更年期障害がかなり改善することが実証されています。


また、


  • 乳がん子宮がんで投薬中の方
  • 脳卒中心筋梗塞を患ったことのある方


などは、ホルモン補充療法(HRT)が使えないことがあるので、漢方薬で治療します。


漢方薬はすべてが保険適用ではありませんが、今は保険適用の漢方薬を処方してくれる病院が多くあります。


かかりつけの婦人科があれば、相談してみるのもよいでしょう。

治療法3:抗うつ薬や抗不安薬などの治療法

気分が落ち込んだり不安感が強かったりと精神的な症状が重い場合は、抗うつ薬抗不安薬を使用したり、カウンセリングを行ったりします。


また、ホルモン補充療法(HRT)が効かない場合なども、抗うつ薬や抗不安薬を処方します。


抗うつ薬や抗不安薬は保険適用となり、診療自体も保険診療の範囲内です。


一方で、カウンセリングなどは保険適用外となる場合もあるのでご注意ください。

更年期障害を発症してからでは遅い!保険への加入

「更年期障害は誰でもなりうる病気。重篤な病気ではないから保険に入れるだろう」というのは間違いです。


更年期障害は、今後いろいろな症状の現れる可能性があるので、保険加入時の審査はシビアになります。


特に、うつや不安感などの精神疾患がある場合は、ほぼ加入できないと言っても過言ではありません。


保険に加入する際は、必ず健康状態を告知します。


「症状が軽いから」、「もう収まってきたから」いって更年期障害であることを告知しなかった場合、告知義務違反となり、保険の契約を解除されてしまうケースもあります。


では、どのようなことを告知しなければならないのでしょうか。

更年期障害で入院治療の履歴がある場合

保険に加入する際の告知書類には、


  • 過去5年以内に、病気や怪我で継続して7日以上の入院をしたことがありますか?


という欄があります。


更年期障害に限らず、過去5年以内に病気による入院経歴があると、保険加入時の審査を通るのは難しくなります。


仮に加入できたとしても、保険料が割増しになったり、「入院の原因となった部位に関しては数年間不担保」といった条件がついたりしまうことがほとんどです。

更年期障害が完治した場合

保険会社や商品によって多少違いはありますが、告知には主に下記のような項目があります。


  • 過去5年以内に「別表」の病気で医師の診断、検査、治療、投薬のいずれかを受けましたか?(「別表」には大きめの病気が記載されており、うつ、不眠症、自律神経失調症も含まれています)
  • 過去5年以内に、7日間以上にわたる医師の診断、検査、治療、投薬のいずれかを受けましたか?


これを見ると、更年期障害が完治してから5年経過していれば、告知欄に「いいえ」と記載することはできます。


ただし、それには医師からはっきりと「完治した」と宣告されている必要があります。


体調が良くなったからといって自分の判断で治療を中断した場合は、「完治した」とは言えないのです。


更年期障害を患ったことがあり、この告知で「はい」という回答になった場合は、やはり保険に加入できないか、またはいろいろな制限がついてしまうことがほとんどでしょう。

入院未満の通院治療などの場合

入院はせずに治療・検査・投薬を受けている場合も、更年期障害に対する保険の審査は厳しくなってきます。


告知では、以下のような条件もよくみられます。


  • 最近3ヶ月以内に、医師の診察、治療、検査、投薬のいずれかを受けたことがありますか?
  • 過去5年以内に、「別表」の病気で医師の診断、検査、治療、投薬のいずれかを受けましたか?(「別表」には大きめの病気が記載されており、うつ、不眠症、自律神経失調症も含まれています)
  • 過去5年以内に、7日間以上にわたる医師の診断、検査、治療、投薬のいずれかを受けましたか?


上記の告知内容は、入院しているかどうかは関係ありません


この告知の回答が「はい」となった場合も、保険に加入できないか、条件がついてしまうことがほとんどです。

引受基準緩和型医療保険の場合

更年期障害になると告知審査の基準が厳しくなる一方で、持病があっても入れる引受基準緩和型医療保険というものもあります。


では、引受基準緩和型医療保険の告知内容はどのようになっているのでしょうか。


  • 最近3ヶ月以内に、医師から入院・手術・検査のいずれかをすすめられたことがありますか?または現在入院中ですか?
  • 最近3ヶ月以内に、がんまたは上皮内新生物、慢性肝炎、肝硬変で、医師の診察、検査、治療、投薬のいずれかを受けたことがありますか?
  • 過去2年以内に、病気や怪我で入院、または手術を受けたことがありますか?
  • 過去5年以内に、がんまたは上皮内新生物で入院、または手術をうけたことがありますか?


これも、保険会社や商品によって違いはありますが、どこでもたいてい似たような告知内容です。


上記の告知内容がすべて「いいえ」であれば、引受基準緩和型の医療保険に加入することができます。


引受基準緩和型の医療保険は、更年期障害で治療中の方でも加入しやすい保険です。


ただし、引受基準緩和型医療保険は、健康な方が加入できる医療保険と比べると保険料が高く、保障内容も小さい場合が多いです。

医療保険と異なるがん保険の場合

最後に、がん保険の告知について見ていきましょう。


  • 今までがんまたは上皮内新生物にかかったことがありますか?
  • 現在入院中ですか?または最近3ヶ月以内に入院、手術をすすめられたことがありますか?
  • 過去3ヶ月以内に「別表」の病気または症状で医師の診察、検査、治療、投薬のいずれかを受けたことがありますか?(「別表」には、がんとの因果関係がありそうな病名が記載されています)
  • 過去2年以内に健康診断、人間ドックを受けて、「別表」の検査結果の異常を指摘されたことがありますか?(「別表」には、がんの疑いの出そうな検査項目が記載されています)


告知内容を見て分かるように、がんに関すること以外のことは告知事項に入っていません。


更年期障害とがんには因果関係がないので、がん保険の加入には、他医療保険ほどの高い壁はないでしょう。

まとめ:更年期障害は健康保険が適用されるのかについて

更年期障害になったときの保険加入について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。


今回のこの記事のポイントは、


  • 更年期障害とはどのような病気なのか
  • 更年期障害の治療手段
  • 更年期障害になっても加入しやすい保険


です。


心身共にさまざまな症状が出る更年期障害。


一部の漢方薬などを除き、更年期障害の治療は保険診療・保険治療なので、健康保険が利用できます。


治療してきちんと完治していないと医療保険に加入しづらくなるので、通常の条件で医療保険に加入したい場合は、まず完治を目指しましょう。


完治していない場合でも、引受基準緩和型の医療保険なら加入できることもあります。


また、更年期障害とがんに因果関係はないので、医療保険の中でもがん保険には加入できる可能性が高いです。


今後どのように医療保険を利用したいのか考え、適切な治療を受けましょう。


ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。 

ランキング

  • 女性保険の給付金について徹底解説!生存給付金(ボーナス)はお得?
  • ボーナス付き女性保険の仕組みや条件、メリットとは?商品紹介も!
  • 保険料はいくらくらいから?気になる女性保険の保険料について
  • 知っておきたい!50代女性が考えるべき女性保険の内容をご紹介!
  • 出産に関する女性保険の保障内容と助成金を確認!