女性保険ALL

女性保険の選び方

女性特有の病気にも手厚く保障してくれる女性保険の選び方について

最近は働く女性も増えて、自分で女性保険への加入を考えられる方も多いと思います。また女性特有の病気への不安もありますよね。女性保険の選び方は人それぞれだと思いますが、今回はその女性保険の選び方について、ポイントをお話したいと思います。

女性特有の病気にも手厚く保障してくれる女性保険の選び方まとめ

最近は女性芸能人などが女性特有の病気に罹ったり、それが原因でなくなったりと、女性特有の病気非常に身近なものとして認識されつつあります。


そのような風潮もあってか、最近は女性特有の病気に対して保障される、各保険会社も女性専用の保険である、女性保険の販売に力をいれています。


また最近は、女性も男性並みにバリバリ働く方も増えており、自分の身は自分で守るという観点で、働く女性に焦点を当てる売り出し方をしている保険会社もみられます。

さらに、女性保険はなにも働く女性だけにターゲットをしぼっているわけではありません。

一家の大黒柱が男性であるという時代は終わりを迎えています。女性であっても社会に出て働く時代となったのは確かですが、家で家事や育児を担当している女性であっても、なにか体調を崩したりすることで、通常どおり家事ができないことで、たとえば旦那さんの仕事量を減らさなければいけなくなり、収入がダウンするなど、家庭に大きな影響を与えてしまいます。そこで今各保険会社が女性保険を積極的に売り出そうとしているのです。


そんなときに、女性だからこそ、男性が生命保険に加入するのとは異なる視点から自分にあった保険を選択するべきです。選び方も男性が保険に加入する際と、選び方の基準が違います。


この記事では、女性保険の選び方について、お話をしていきたいと思います。

女性保険の選び方と把握しておくべき比較のポイント

さて、それでは具体的に女性保険の選び方と、把握しておくべきポイントについて、お話をしておきます。

女性保険は女性疾病特約が付与された医療保険です

そもそも女性保険とは、女性特有の病気に罹った際に、通常の医保険に保障がプラスされて給付金が支払われる保険のことになります。


具体的には、例えば乳房や支給、卵巣など女性にしかない器官に関する病気に罹った場合などに、プラスして給付金が支払われるものになります。


たとえば、独身女性の場合、妊娠、出産を経験していないことで女性特有の病気にかかるリスクも出産を経験した女性に比べて高くなることが多いです。 そのため、万が一乳がんや子宮がんを患って入院することにでもなったら、自分が働けない期間収入が途絶えてしまうという不安がありますが、女性特有の保険に加入していると不安も少なくなります。

定期型か終身型か選べる部分も医療保険と変わらない

女性保険には、医療保険と同様に定期型か終身型を選択できるようになっています。


定期保険では、保障期間がある一定程度決められているので保障が見直しやすいというメリットがあります。その一方で、見直しを重ねるたびに年齢も上がっている分、保険料が上がっていくというデメリットがあります。


一方終身型については、一度加入すると一生涯保険料が変わらないというメリットがあります。しかし、一度加入すると見直しがしにくいというデメリットがあります。


これら、それぞれのメリット・デメリットを理解した上で、保険期間の選び方の参考にしましょう。


加入で悩んだ際に女性疾病の対象範囲を比較する

さて、医療保険に加入する際には、女性疾病特約を付加するかしないか、選択すると思います。


その際には、まず通常の医療保険のカバー範囲を確認した上で、それでも不足する分を女性疾病特約での保障範囲内でカバーするようにしましょう。


同じ女性疾病の保障範囲でも、保険会社によってカバー範囲や選び方が異なりますので、様々な保険会社を比較して自分にベストな保障を選択しましょう。

上乗せ額と保険料のバランスで比較する

普通の医療保険に女性疾病特約を付加する場合、保障範囲が広がる分、保険料もそれに伴って上がってしまいます。


女性特約が本当に必要なのか、普通の医療保険では賄うことができないのか、貯金でカバーできないのか等を考えて、比較をしましょう。

妊娠時や出産直後の加入難易度を比較する

実は妊娠出産といった場合にも女性保険の保障が下りる場合があるのです。

通常の妊娠出産であれば、病気ではありませんから保険はおりません。しかし切迫早産による入院や妊娠高血圧症、帝王切開といった場合にも、保険を請求できるというメリットがあるのです。


この反面、女性の方が保険に加入する場合、妊娠時や出産直後については保険に加入しずらくなります。

仮に保険に加入できたとしても、子宮系に部位不担保がついたり、妊娠時に起きた異常分娩時には給付金がおりないということが生じかねません。


女性の方はなるべく結婚したタイミングなど、妊娠前に加入しておくことがおすすめです。

お祝い金の有無やタイプで比較する

女性保険の中には生存給付金といったボーナスがもらえるタイプもあります。3年や5年に一度といったお祝い金がもらえるものは、定期積金のような感覚で嬉しさもあります。

ただし、ご注意頂きたいのが、そのお祝い金は支払った保険料から出ているということです。つまり、お祝い金がでる女性保険は、その分支払う保険料が高くなることを頭に入れておきましょう。


リスクに備えながら、貯金もできたらいいな、という方にはおすすめの女性保険です。支払う掛け金は当然割高となりますから、一概にメリットと言えるかどうかはわかりません。

女性保険の3つのタイプとプラン別の選び方

さて、通常の医療保険と同様に、女性保険にも様々なタイプが存在します。そのタイプ別の選び方についてお話をしたいと思います。

医療保障重視の「掛け捨て」タイプ

女性は結婚、出産を経験することで自分の生活も大きく変わります。ずっと働いていこうとする女性でも、結婚、出産を機に仕事を変えることがあります。そういった時も掛け捨ての女性保険であれば契約内容も変えることなく、見直しもなくそのまま同じ女性保険を契約していくことができる場合が多いものです。ですから手間も少ないでしょう。

医療保障に重点を置いた基本保障内容の手厚さ

医療保険はその名のとおり入院や手術、また特約をつけると入院後の通院まで保障されます。


医療全般で充実した保障を受けることができるのが、医療保険の強みです。

さらに保障内容を追加されるプランもある

さらに、通常の医療保険にプラスして、特約をつけることで、さらに保障を充実させることができます。


通常の医療保険はどの保険会社も大差ないですが、医療保険の選び方として、この特約の充実度から選ぶのも良いかと思います。

セカンドオピニオンなどの医療相談も受けることが出来る

最近の医療保険に加入すると、無料の医療相談サービスなどが受けることができるものが増えています。

このサービスの存在の有無で、保険会社の選び方の参考にしている方もいらっしゃいます。

ボーナスの支給が受けられる「貯蓄」タイプ

医療保険には、掛け捨て型の他に貯蓄型のタイプも存在します。

掛け捨て型がもったいないと考える方は、保険に入りながら貯蓄ができるという観点で選び方の一つのポイントとして考える方も多いです。

医療保障にボーナスも受け取れる貯蓄タイプの魅力

医療保険はそもそも入院や手術に備えた保障ですが、保障をうけなければもったいないと考える方も少なくないと思います。

そこで最近は、保障と貯蓄を兼ね備えたような医療保険も存在しています。


しかし、支払う掛け金は当然割高となりますから、一概にメリットと言えるかどうかはわかりません。

貯蓄型に加入した際のメリットとは?

女性特有の終身保険は、30代から多くなる女性特有の病気をカバーできますが、ほかにも3大疾病に強いです。 がん、脳卒中、心筋梗塞です。命にかかわる病気なので診断されると保険料が免除されて保障が受けられる商品があります。 女性保険終身タイプは若いときだけでなく年齢が高くなってからのことも考えます。

月々の保険料は高めなので所得との兼ね合いが必要

さて、医療保険は充実した保障を持とうと思うと、充実させればさせるほど、もちろん保険料は上がっていきます。


とくに、女性疾病系の保障は保険料が割高になることが多いです。

保障を充実させることは悪くないですが、果たして今の自分の収入やライフサイクルに合致しているのか、きちんと見極めることが大切です。

家族のことも考えた「死亡保険」タイプ

女性の方は一般的に男性に比べて手厚い死亡保障は必要ないと言われています。


しかし本当にそうでしょうか。




女性の方もある程度は死亡保障を確保しておいたほうがよいでしょう。

加入者が死亡時に一時金を受け取れる女性保険

一般的な生命保険は、被保険者が亡くなった際には、一時金を受け取ることができるようになっています。


女性保険に死亡保険の特約をつけることもできるので、女性保険の選び方の一つとして、死亡保険がつけられるかどうか確認をしましょう。

死亡保障がより必要な場合とは?

さきほどもお話をしましたが、女性の方でも死亡保障が必要な局面があります。


今は女性のライフスタイルもひと昔前と異なり、社会に進出している方も多く、男性なみに働いている方も多いです。共働き夫婦の場合、ダブルインカムで、女性の方の収入も大切な家計を支える収入源になっています。そんなときに、仮に女性の方に万が一のことがあった場合、その収入源は途絶えてしまいます。家計に大打撃が与えられます。また、専業主婦の方でも死亡保障は必要ないと考えがちですが、もし奥さんに万が一のことがあれば、旦那さんは子供の面倒をみるために、休職したり残業ができなくなるリスクがあります。これも家計に大打撃を与える一因となります。

万が一の経済的困難時に死亡保険金はいくら必要なのか?

それでは、女性の方に万が一の場合があった場合、死亡保険金はいくら準備しておけばよいのでしょうか。


生命保険文化センターの「生活保障に関する調査」によると、死亡保障の額、つまり本人が亡くなった際に支払われる保険金額の平均は男性で1,882万円、女性で876万円です。


これだけみると、女性でも800万台と意外と高い気がすると思いますが、さきほどお話した理由からこれくらいの額は妥当かなと思います。


しかしここで死亡保険の選び方ですが、掛け捨てと呼ばれる定期保険か一生涯の保障が確保できる終身保険で迷うところですが、これも選び方は、支払うことができる保険料や保険金の兼ね合いで選択しましょう。

まとめ

女性保険は、女性特有の疾患に対して手厚いサポートがあります。その分掛け金は割高になり、メリットが多いかどうかは意見が分かれるところです。

医療保険であっても女性保険のような特約が受けられるものもあるため、比較検討した上での選び方が大切です。

ライフスタイルに合わせて選ぶようにしましょう。



ランキング