一人暮らしの水道交通費の平均料金はいくら?【安くする節約方法】

一人暮らしの1カ月の水道光熱費の相場はどれくらいか知っていますか?部屋がワンルームのアパートなどマンションより小さく光熱費も安いため気にしていない方もいるかもしれませんが、出来るだけ節約したいですよね。今回は夏/冬季節ごとの光熱費の相場や節約術を紹介します‼

水道光熱費とは何が含まれる?


公共料金である「水道光熱費」に含まれる費用は、主に「電気代」と「ガス代」と「水道代」です。照明をつける、料理をする、トイレの水を流すなど、私たちの生活の中で水道光熱費はほぼ毎日する頻繁に使っているものにかかる費用です。


生活をしていくために絶対に必要なものを使用する度にこの水道光熱費がかかりますので、できれば安く抑えたいですよね。


この記事では、水道光熱費について以下のポイントを中心に解説していきます。


  • 一人暮らしの1カ月あたりの水道光熱費の相場
  • 季節ごとにかかる一人暮らしの水道光熱費の節約方法
  • 一人暮らしの方の光熱費を抑える家の選び方

現在一人暮らしをしている方やこれから一人暮らしを始める方は、水道光熱費の節約方法を知ることでゆとりを持った生活ができ、貯蓄にも繋がりますので、是非最後までご覧ください。

一人暮らしの1カ月あたり水道光熱費の相場は?

一人暮らしをしている方の1カ月当たりの水道光熱費の相場を、政府による家計調査の統計結果をもとにご紹介いたします。


【一人暮らしの1カ月当たりの平均水道光熱費】

平均額
電気代約5,700円
ガス代約3,012円
水道代約2,120円


水道光熱費の基本料金は、会社や地域によって異なります。また、水道光熱費は季節によっても変化します。


ここからは、それぞれ季節ごとにかかる平均費用も一緒に見ていきたいと思います。

一人暮らしの水道光熱費の相場【電気代】

一人暮らしをしている方の1カ月当たりの電気代は平均5,700円です。これを、季節ごとに分けて見ると以下のようになります。


【季節ごとの一人暮らしの1カ月当たりの電気代】

電気代
約3,000~4,000円
約6,000~7,000円
約3,000~4,000円
約6,000~7,000円


春と秋に比べ、夏と冬の電気代が約2倍になっていることが分かります。その原因として、エアコンや扇風機、ファンヒーターなどの使用が考えられます。


快適に過ごしやすい気温である春と秋には、特に電化製品を使って室内の温度調整をする必要がありません。


しかし暑い夏と、反対に寒い冬になると、そのままの室内温度で過ごすのは大変です。場合によっては、体調を崩してしまう大きな原因となってしまいますので、エアコンや扇風機、ファンヒーターなどは私たちにとって生活必需品です。


そのため、春と秋に比べ、夏と冬の電気代は約2倍という結果になっているのです。

一人暮らしの水道光熱費の相場【ガス代】

一人暮らしをしている方の1カ月当たりのガス代は平均3,012円です。これを、季節ごとに分けて見ると以下のようになります。  


【季節ごとの一人暮らしの1カ月当たりのガス代】

都市ガスの場合プロパンガスの場合
約2,300円 約4,100円
約1,700円約3,100円
約2,300円約4,100円
約4,000円約5,100円


冬は、他の季節と比べてガス代が多くかかります。その理由として、お湯を使う際に外気温が低いと温める際に沢山のエネルギー(ガス)が必要になるということがあげられます。


基本的に、プロパンガスに比べて都市ガスの方がガス代が安いのですが、都市ガスを供給していない地域に住んでいる場合や、住んでいる物件が都市ガスに対応していない場合もあります。


プロパンガスには、建物ごとにガスの入った容器を設置してそこからガスが供給されるため、災害時に強いというメリットがあります。


物件を選ぶ際には、都市ガスとプロパンガス、それぞれのメリットとデメリットをよく調べてから選ぶことをおすすめします。

一人暮らしの水道光熱費の相場【水道代】

一人暮らしをしている方の1カ月当たりの水道代は平均2,120円です。これを、季節ごとに分けて見ると以下のようになります。  


【季節ごとの一人暮らしの1カ月当たりの水道代】

水道代
約1,773円
約1,656円
約1,574円
約1,675円


電気代やガス代と違い、水道代に関しては季節によってあまり変化することはありません。


水道代の支払は、一般的に2カ月に1回、2か月分をまとめて請求するところが多いので、1回の支払いで約3,000~4,000円というのが平均的な金額です。


しかし、普段の生活の仕方によって、水道代に差が出てきます。例えばお風呂に入る時に、毎日浴槽にお湯を張って使用する場合と、浴槽につからずにシャワーを浴びるだけで済ませる場合とでは、1ヶ月あたり1,000円近くの差が出ることもあります。


その他、細かいところで見ると、トイレの水を流す際にレバーの「大」と「小」どちらで流すかによっても使用する水の量が変わりますので、それが水道代に反映されます。

一人暮らしの水道光熱費【地域別】

次に、一人暮らしの水道光熱費の平均額を地域別に見てみましょう。


【地域別一人暮らしの1カ月当たりの電気代

電気代
北海道・東北地方約5,963円
関東地方約5,505円
北陸・東海地方約6,210 円
近畿地方約5,546 円
中国・四国地方約5,932 円
九州・沖縄地方約5,506 円


【地域別一人暮らしの1カ月当たりのガス代

ガス代
北海道・東北地方 約3,073円
関東地方約3,159円
北陸・東海地方約2,831円
近畿地方約3,230円
中国・四国地方約2,575円
九州・沖縄地方約2,768円


【地域別一人暮らしの1カ月当たりの水道代

水道代
北海道・東北地方  約2,543円
関東地方約2,074円
北陸・東海地方約2,200円
近畿地方約2,009円
中国・四国地方約1,960円
九州・沖縄地方約2,055円


水道光熱費は地域によってほどんど差がありませんが、北海道・東北地方は冬になるとこの他に灯油代に多く費用がかかります。


反対に、温暖地では夏場のエアコンの使用量が寒冷地と比べて高くなっているようです。

一人暮らしの水道光熱費の節約方法を紹介!


私たちが生活をするために、毎月必ずかかる費用のひとつが「水道光熱費」です。皆さんは、夏にエアコンをつけるようになると、電気代がかかることを知ってはいるのに、実際に請求がくると毎年その金額にびっくりすることはありませんか?


水道光熱費を今よりも安くし、浮いたお金を貯蓄や他のことまわすことができると、ゆとりのある生活を送ることができます。


ここからは、この水道光熱費を、少しでも安くするためにできることをご紹介していきます。

一人暮らしの水道光熱費の節約方法【支払い方法を変える】

公共料金の支払いをするために、毎月コンビニ払いや銀行で振込をしている方は、口座振替に変更することで毎月※54円の割引サービスを受けることができるようになります。(※割引サービスを実施していない企業もありますので、確認が必要です。)


また、クレジットカード決済に支払い方法を変えることで、クレジットカード利用による※ポイントが入るようになります。(※クレジットカード会社によりますので、確認が必要です。)


例えば、住んでいる地域が東京都で全ての水道光熱費の支払方法を口座振替にした場合、以下のようになります。


企業割引額(月)
電気東京電力-54円
ガス東京ガス-54円
水道東京都水道局-54円


このように、全ての水道光熱費の支払方法を口座振替に変更するだけで、1ヶ月当たり162円も削減することができるのです。

一人暮らしの水道光熱費の節約方法【プロパンガスから都市ガスに変える】

ガス自由化」が始まり、供給するガス自体を自由に選ぶことができるようになりました。


これまでプロパンガスを使っていたのを都市ガスに変える事で、ガス代を安くすることができます。


ただし、アパートなどの賃貸物件では大家さんに権利があるため、勝手にガスを変えることができませんので、次回引っ越しをする際は都市ガスを使うことができる物件へ引っ越しをすることを視野に入れてみてください。


また、都市ガスに対応している企業があるエリア以外の方は、残念ながらプロパンガスから都市ガスへの変更はできません。


現在賃貸物件ではなく持ち家に暮らしている方で都市ガスに対応している企業があるエリアにお住まいの方は、プロパンガスから都市ガスに変えることにより、ガス代を今より半分近くも安くすることが可能になります。

一人暮らしの水道光熱費の節約方法【お風呂や食器洗いで節水】



お風呂場とキッチンですぐにでも始められる、水道代を節約する方法をいくつかご紹介いたします。


【お風呂でできる節水方法】

  • 浴槽にお湯を張る時は少なめに張る
  • 身体を洗う時は浴槽のお湯を使う
  • シャワーだけの日もつくる
  • 節水シャワーヘッドに変える
  • 必要な時以外はシャワーを止める
  • お風呂の残り湯は洗濯機で使用する 

【食器洗いでできる節水方法】
  • 食器はある程度ため込んでから一度で洗う
  • 食器を洗う時はお湯を使って洗う
  • 食器はお湯を張った桶などにつけ置きしてから洗う
  • 蛇口に節水シャワーをつける
  • 食洗器を使う

例えば、お風呂場のシャワーを節水シャワーヘッドに交換するだけで、少ない水の量で水圧を落とすことなく使うことができるようになるため、毎月約700円も水道代を節約することができるようになります。

一人暮らしの水道光熱費の節約方法【電力会社の契約を変更する】

電気代を節約する方法のひとつに「電力会社の契約を変更する」という方法がありますので、こちらについて解説していきたいと思います。


ガスと同じく電気についても「電力自由化」が始まりました。電力会社を変更することで基本料金が安くなったり、セット割という割引サービスを受けることができるようになる場合もあります。


また、電力会社は同じまま、契約しているアンペアなどのプランを変更することでも、基本料金を下げることができます。


一般的な家庭で契約している平均アンペア数は30Aです。マンションよりも小さいワンルームなどのアパートで一人暮らしをする場合、電化製品の使い方を工夫することで、20Aでもブレーカーを落とすことなく生活することができます。

【コラム】その他簡単にできる節約方法

エアコンを使用する際はサーキュレーターを併用することで、エアコンから出てくる風を室内に循環させることができ、室内の温度を一定に保つことができるので、エアコンの温度センサーが過度に反応し稼働しすぎることがなくなります。


また、エアコンを使用する際は、風量設定を「自動」にしておくことで、必要に応じて風量が強くなり、室内の温度が安定したら弱い風や送風運転に自動で切り替わるので、消費電力が抑えられます。


この他、照明を消費電力の少ないLEDライトに変えることや、冷蔵庫の扉を開けている時間を少なくすることなど、私たちが生活をするうえで必需品である電化製品やガス、水の使い方を工夫することで、水道光熱費の節約をする方法は沢山あります。

【番外編】一人暮らしの大学生/社会人OLの光熱費を抑える家の選び方

これまでご紹介してきたように、水道光熱費の節約するためには様々な方法があります。ここで、一人暮らしの大学生や社会人OLの方が、都市ガスに対応している物件を選ぶ以外にできる「水道光熱費を抑える賃貸物件の選び方」をご紹介いたします。


賃貸物件を探していると、「水道光熱費込み」と記載されている物件を目にすることがあります。


「水道光熱費込み」とは、はじめから家賃や管理費の中に電気代・ガス代・水道代が含まれていて、毎月決まった一定の料金で使用することができる物件という意味です。


物件にもよりますが、一般的に大体15,000円が水道光熱費としてあらかじめプラスされている所が多いようです。


季節によって水道光熱費が変動することがなく一定額になるため、エアコンをつけっぱなしにして寝ることが多い方や、毎日お風呂で浴槽につかりたい方など、水道光熱費が高額になりやすい方におすすめです。


反対に、普段そこまで水道光熱費のかかる使い方をしていないという方は、一定額になることによって今よりも高くなってしまう可能性がありますのでおすすめできません。使い放題だからといって、せっかく水道光熱費込みの物件を選んだのに今よりも高くなってしまうのは意味がありませんね。


物件を選ぶ際には、是非以上のことも参考にしてみてください。

まとめ:一人暮らしの光熱費の平均や相場

最後に、マンションよりも小さいアパートなどで一人暮らしをする方の水道光熱費についてまとめてみましょう。


  • 一人暮らしの1ヶ月の水道光熱費の相場は、「電気代 約5,700円 」「ガス代 約3,012円」「 水道代 約2,120円」
  • 水道光熱費は、季節や地域によっても変動する
  • 支払方法を口座振替やクレジットカード決済にすることで、安くすることができる場合もある
  • プロパンガスよりも都市ガスのほうが安い
  • 電力会社の契約を見直すことで基本料金を下げることができる場合もある

普段の生活の中で、まだまだ沢山の節約方法があります。ほんの少しのことでも、気がついたときにやってみることが大きな節約へと繋がっていきますので、思いついたら是非楽しみながら実行してみてください。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング

  • 4人家族の光熱費の平均はいくら?【目安や相場・節約方法を紹介‼】
  • 電気代を節約したい!一人暮らしの節電方法って何をすればいいの?
  • 光熱費の節約はいくらできる?契約見直し等支払いを抑えるコツまとめ
  • 3人家族の光熱費の平均はいくら?【内訳・家計簿シミュレーション】
  • 一人暮らしの食費は1ヶ月平均でどのくらいかかる?目安はいくら?
  • 一人暮らしの節約術とは?社会人・学生におすすめな方法を男女別に解説!
  • 同棲カップル・二人暮らしの電気代などの光熱費の平均はいくら?
  • 水道代を節約する方法が知りたい!どうすれば節水できるの?
  • 通信費の平均っていくら?通信費の節約・削減方法を家族構成別に解説
  • 【年代別】働く女子の平均貯金額はいくら?賢い貯金術・節約方法も解説