20代の平均年収はいくら?性別・業種・学歴・地域別に徹底解説!

同世代の平均年収を知りたくても普段なかなか聞く機会はありませんよね?この記事では、性別・業種・学歴・地域別に20代の平均年収を解説します。自分の業種や地域の平均年収だけでなく、他業種や他地域の20代の平均年収もランキング形式で紹介しているのでぜひご覧ください。

20代の平均年収が知りたい!

社会人になると気になるもののひとつが年収です。


手取りの給料はもちろん、自分の年収が同世代と比べて多いのか少ないのか、気になっていてもなかなか知ることができないですよね。


20代であればこれから収入がどれほど増えるのかも気になりますよね。もし自分の会社や業界が現状維持傾向ならば、転職なども頭をよぎるのが20代という年代でしょう。


そこで本記事では、

  • 20代前半と後半での平均年収の違い
  • 様々な角度から見る20代の平均年収
  • 20代の平均貯蓄額
について詳しく見ていきたいと思います。


同じようなステータスの人の比べて自分の年収が多いのか少ないのかを知りたい人はもちろん、これから就職や転職を考える人も、ぜひ最後までご覧ください!


20代前半の平均年収は262万円、後半は361万円!

実は、20代前半と後半とでは、男女ともに平均年収が大きく変わります。


平成30年度に行われた国税庁の調査「民間給与実態統計調査」によると、20代の平均給与は以下のようになっています。

20~24歳25~29歳
男女合計262万円361万円
男性279万円
393万円
女性243万円318万円


20代前半では260万円ほどだった平均年収が、25歳を過ぎると300万円を超えるようになり、20代後半の平均年収は361万円となっています。


20代前半の平均年収が低い理由として、高卒・短大卒の人が多いことと、大卒であっても入社して間もないことが挙げられます。


後でも触れますが、高卒や短大卒では平均年収が低くなる傾向があります。また、大卒でも働き始めでは、責任ある仕事を任されることはあまりありません。


しかし、働き始めてから数年が経った20代後半では、仕事を任されるようになったり、早いタイミングで昇進する人も出はじめます。


そのため、20代の前半と後半とでは、これだけの差が開いていると言えます。

様々な切り口で見る20代の平均年収

ここからは、様々な角度から20代の平均年収を解説していきます。


今回は、

  • 男女別
  • 雇用形態別
  • 学歴別
  • 業種別
  • 都道府県別
の5つの観点から見てきます。

様々な要因によって、平均年収が大きく変わります。しかし、それらをまとめて知る機会はあまりありません。

社会人として働く20代の人はもちろん、これから就職活動をする10代・20代の人はぜひ参考にしてください。


男女別で比較

同じ20代でも、男性と女性とでは平均年収が異なります。


実際に、男女別の平均年収について先ほどの国税庁調査「民間給与実態統計調査」を参考に見てみましょう。

男性女性
合計367万円319万円
20代前半279万円243万円
20代後半393万円318万円


20代全体を通して見ると、男性の平均年収が367万円であるのに対し女性は319万円と、約50万円の差があります。この差はいつ生まれるのでしょうか?


20代前半のうちは、男性の平均年収279万円に対して女性は243万円と、そこまで大きな差はありません。


25歳を過ぎると、一気に差が開きます。男性の平均年収が393万円であるのに対して女性は318万円、つまり年収が75万円も違います。


一か月の給料に換算すると、毎月6.25万円の差が生じていることになります。


これには様々な要因がありますが、その大きなものとして以下の理由があります。

  1. 女性の非正規雇用者が多い
  2. 女性の管理職が少ない

女性は、結婚や出産などのライフイベントによって影響を受けやすいため、正規雇用で働き続けられなかったり、管理職になりにくかったりします。


すると、必然的に年収を上げにくくなってしまいます。


そのため、20代女性は就職後のライフプランを立てた上で、どのような企業・業種に勤めるのかを考える必要がありそうです。

雇用形態別で比較

次に、厚生労働省の調査を参考に、雇用形態別の平均年収を比較していきます。ここでは月収をもとに比較をしていきます。


正規雇用(正社員)の場合


厚生労働省による「平成 29 年賃金構造基本統計調査」によると、正社員の平均給料は以下の通りです。(年収は月収の12か月分で計算をしています。)

月収年収
20代前半20.98万円251.76万円
20代後半24.43万円293.16万円

正社員であれば、毎月の給料以外にもボーナスが支払われるため、年間で考えるとこれ以上の金額を稼いでいることになります。


また、20代前半から後半になると、毎月4万円ほど給料が増えています。


非正規雇用の場合


非正規雇用とは、アルバイトやパートタイマ―、派遣社員などが含まれています。


厚生労働省「平成 29 年賃金構造基本統計調査」によると、非正規雇用者の平均給与は以下の通りです。

月収年収
20代前半18.37万円220.44万円
20代後半19.96万円239.52万円

非正規雇用の場合、20代前半から後半になっても、毎月1万円ほどしか変化がありません。


雇用形態が違うだけで、毎月3万円ほどの差が生まれています。年間で見れば30万円~55万円、ボーナスも含めればそれ以上の差があると言えます。

学歴別で比較

さらに、学歴別の平均年収を見ていきます。ここでは、4年制大学卒・短期大学卒・高校卒の3種類で比較をします。


男性の学歴別・平均月収/年収


先ほどの厚生労働省「平成 29 年賃金構造基本統計調査」を参考に、男性について見ていきます。(年収は月収の12か月分で計算をしています。)


20代前半
(月収・年収)
20代後半
(月収・年収)
高卒20.1万円/月
241.2万円/年
22.9万円/月
274.8万円/年
短大卒20.4万円/月
244.8万円/年
23.5万円/月
282.0万円/年
大卒22.7万円/月
272.4万円/年
26.3万円/月
315.6万円/年

このように比べると、高卒と短大卒では大きな差はありませんが、大卒では毎月2万円~3万円ほどの差が生まれています。


年間を通してみると、30万円ほど変わることになります。1か月の給料以上の違いがあると思うと、学歴が与える影響は大きいように見えます。


また、30代以降についても大卒者の方がより昇給していることから、やはり学歴が高い方が稼ぎやすいと言えます。


女性の学歴別・平均月収/年収


次に、女性について見ていきます。男性同様、厚生労働省「平成 29 年賃金構造基本統計調査」を参考にしています。

20代前半
(月収・年収)
20代後半
(月収・年収)
高卒18.3万円/月
219.6万円/年
19.3万円/月
231.6万円/年
短大卒20.1万円/月
241.2万円/年
22.1万円/月
265.2万円/年
大卒22.0万円/月
264.0万円/年
24.4万円/月
292.8万円/年

実は、男性以上に女性の方が学歴によって月収・年収に差が生まれます。高卒と大卒では、20代前半で約50万円、20代後半になると60万円以上の違いが出てきます。


このように見てみると、給料の高さは学歴の高さに比例すると言えそうです。


業種別ランキング

ここからは、業種別・都道府県別の平均年収をランキング形式で解説していきます。


まずは、業種別の平均年収ランキングです。


今回は国税庁の調査を参考に

  • 建設業
  • 製造業
  • 卸売業・小売業
  • 宿泊業・飲食サービス業
  • 金融業・保険業
  • 不動産業・物品賃貸業
  • 運輸業・郵便業
  • 電気・ガス・熱供給・水道業
  • 情報通信業
  • 学術研究、専門・技術サービス業、教育、学習支援業
  • 医療、福祉
  • 複合サービス事業
  • サービス業
  • 農林水産・鉱業
の全14業種のうち、上位5位までをご紹介します。
順位業種20代年収
1位電気・ガス・熱供給・水道業507.6万円
2位
金融業・保険業452.4万円
3位情報通信業413.1万円
4位建設業
410.7万円
5位
製造業399.4万円

第1位は電気・ガス・熱供給・水道業でした。


一方、最も平均年収が低い業種は宿泊業・飲食サービス業でした。この業界の20代の平均年収は261.8万円となっています。


電気・ガス・熱供給・水道業と比べるとおよそ倍ほどの差があることや、扱う商材の違いから、業界による給与差が存在すると言えます。

都道府県別ランキング

次に、厚生労働省の調査を参考に、都道府県別の20代の平均年収をランキング形式で解説していきます。

順位都道府県20代年収
1位
東京都 484.4万円
2位大阪府415.2万円
3位神奈川県
愛知県
380.6万円

やはり東京・神奈川といった首都圏や、大阪・愛知のような商業地域では20代でも平均年収が高い傾向にあるようです。


日本の最北端・北海道は311.4万円、最南端の沖縄県は全国最低の276.8万円、お茶などの農業で有名な静岡県は346.0万円、九州最大都市福岡県は346.0万円です。


3位以下のランキングは以下の通りです。


【4位】346.0万円


宮城県・茨城県・栃木県・群馬県・千葉県・静岡県・石川県・福井県・長野県・滋賀県・京都府・奈良県・兵庫県・岡山県・広島県・山口県・徳島県・福岡県・三重県


【5位】311.4万円


岩手県・山形県・福島県・埼玉県・新潟県・富山県・山梨県・岐阜県・和歌山県・鳥取県・島根県・香川県・愛媛県・高知県・長崎県・熊本県・大分県・鹿児島県


【6位】276.8万円


北海道・青森県・秋田県・佐賀県・宮崎県・沖縄県


このように見ていくと、首都圏から離れるほど平均年収が下がる傾向があるようです。


20代の年収の中央値は約290万円

ここまで20代の平均年収について見ていきました。ここからは、より実情に即した数字を見ていきたいと思います。


この時に使うのが「年収の中央値」です。実は、平均年収と年収の中央値では表す内容が変わります。


例えば、年収200万円の人が9人いる中に年収1000万円の人が1人いる場合、平均年収は280万円になります。これは、あまり実情には即していないですよね。


そこで見るべきが年収の中央値です。調査対象の結果を順位付けした際に、ちょうど真ん中の順位に来た対象の値を中央値と呼びます。


先ほどの例でいえば、1位は1000万円の人で、残り9人は全員200万円でした。この時5位の年収になるのは200万円の人になるので、中央値は200万ということになります。


では、20代の年収中央値はいくらなのでしょうか?


実は、20代の年収の中央値は298万円だと言われています。


20歳で220万円、22歳で250万円、24歳で300万円、27歳で350万円と、年齢が上がるにつれて年収の中央値も上昇しています。

20代の平均貯蓄額は約180万円

それでは、20代の人は年収のうちどれほどを貯蓄に当てているのでしょうか。


20代で貯蓄をしているのは54.7%だと言われています。そのため、約半数の人は貯蓄できていないと言えます。


実際の平均貯蓄額は184万円なので、貯蓄ができている人とそうでない人でくっきり分かれてしまっているようです。


20代後半から30代にかけては、人生でのライフイベントもたくさん控えています。20代のうちにしっかり貯蓄できるようにしたいですね。

20代の平均年収まとめ

20代の平均年収について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。


この記事のポイントは

  • 20代の平均年収は260~360万円ほど
  • 20代の年収中央値は298万円
  • 性別・業種・学歴・地域などによって平均年収は大きく異なる
  • 20代の平均貯蓄は約180万円だが、半数近くは貯蓄ができていない
でした。


自分以外の年収について知る機会はあまりありませんが、様々な要素が影響を与えていることがわかりましたね。


あくまで平均ではありますが、平均年収が高い業界や地域などもあるので、より高い年収を目指すのであれば、こういった情報を知った上で職業選択をする必要がありそうです。


ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、是非ご覧ください。

ランキング