生命保険ALL

生命保険の必要性

生命保険の選び方

生命保険の見直し

保険の相続をシミュレーション!相続税がかかる場合と計算方法を解説

相続の際にかかる税金をシミュレーションしようと考えて、この記事をお読みのことと思います。保険商品に相続税がかかるのはどんな時かご存知でしょうか?本記事では、保険商品に相続税がかかる場合の解説と相続税の計算方法にも触れて、相続税のシミュレーションをしていきます。

保険商品にかかる相続税をシミュレーション

万が一のときに支払われる生命保険金は、遺族の生活を支えることに繋がります。


この記事をお読みの方のほとんどは、生命保険に加入していることと思います。


その生命保険の死亡保険金には様々な税金がかかることをご存じでしょうか。


せっかく遺族に遺す死亡保険金に多額の税金がかかるとしたら、そのときあなたはどうしますか。


そこでこの記事では、保険商品にかかる相続税のシミュレーションについて

  • 契約によって、相続税、所得税、贈与税に分かれる
  • 相続税の実際のシミュレーション
  • 相続税対策は専門家に相談する
以上のことを中心に解説していきます。

この記事を読んでいただければ、相続税に対する知識が高まり節税に繋げることができます。

是非最後までご覧ください。

ほけんROOMでは、完全無料の保険相談を行なっております。


相談からアフターフォローまで、何度でも無料、納得できるまで相談することできます。


全国対応!経験豊富な家計と保険の専門家ファイナンシャルプランナーに無料で保険相談してみませんか?

保険に相続税がかかるのはいつ?契約形態により異なります

生命保険で相続税などの税金がかかるのは、保険金を受け取ったときとなります。


生命保険による相続税のシミュレーションをする前に、生命保険の契約形態によって

  • 相続税
  • 所得税
  • 贈与税
この3つの税金に分かれることを先に解説していきます。

この制度が理解できていなければ、いくら相続税の計算方法を知っていても、いざという時にせっかくの知識が無駄になってしまいます。

ぜひご自身の加入している生命保険と照らし合わせてシミュレーションしてみてください。

相続税がかかるのは、契約者・被保険者が同一のとき

契約者と保険の対象となる被保険者が同一のときには、万が一の生命保険金は相続税の対象となります。


相続税は、所得税や贈与税よりも税率が低く設定されているので、節税に大きな効果を得ることができます。


相続人が相続した場合、「500万円×法定相続人の数」として非課税枠が存在します。


さらに、相続税には「3,000万円+600万円×法定相続人の数」という基礎控除もあり、このような控除の多さから、相続税はかかりにくいと言われているのです。

契約者と受取人が同一の場合は所得税

満期保険金がある養老保険などの場合は、契約者と満期保険金受取人が同一となっているケースがほとんどです。


このような場合は、所得税の対象となるので注意が必要です。


一時所得として、給与や年金など、収入とされる他の所得と合算した所得となるので、満期保険金を受け取った年は所得税が上がってしまう恐れがあります。


しかし、養老保険であっても、契約途中に死亡保険金を受け取った場合には、相続税の対象となります。

契約者と被保険者・受取人が全て異なるときは贈与税

贈与税は、他の人に贈与する形となるため、

  • 契約者:夫
  • 被保険者:妻
  • 受取人:子供
このように、すべて異なる場合には、贈与税がかかるので、注意が必要です。
贈与税の控除額は110万円しかありません。

多額の死亡保険金を子供が受け取った場合、保険金のほとんどに贈与税が課せられると言っても過言ではありません。

もしこのような契約形態の場合は、相続税の対象となるように、早急に契約形態を見直した方が良いでしょう。

相続税をシミュレーションしてみよう!

相続税、所得税、贈与税の仕組みがわかったところで、さっそくではありますが、相続税のシミュレーションをしていきたいと思います。


シミュレーションをするにあたり大切なことは、

  • 法定相続人の数を把握すること
  • 相続財産を把握すること
この2つとなります。

あとは、相続税のシミュレーションですが、(相続財産-税金免除額)×税率で簡単にシミュレーションすることが可能です。

実例を出してシミュレーションしていきますので、ぜひ最後までご覧ください。

法定相続人の数と相続財産を把握すること

相続税のシミュレーションをするにあたり、必要なのは法定相続人の数と相続財産の把握です。

特に、法定相続人が誰になるのかを知っておく必要があります。


法定相続人には順位があり、高い順位の人から順番に相続していくことになります。


妻は常に法定相続人とされており、その次の順位は子供となります。配偶者も子供もいない場合には、親が法定相続人となります。


相続財産は、死亡保険金だけでなく、現金や不動産なども踏まえる必要がでてくるので、亡くなった方の財産を把握する必要があります。

実際に計算してシミュレーションしよう

それでは、実際に死亡保険金を受け取った場合のシミュレーションをしてみましょう。


7,000万円の死亡保険金を、妻と子供2人が相続したとしてシミュレーションしていきます。


死亡保険金の場合、非課税枠が存在します。

500万円×3人=1,500万円

さらに、相続税の基礎控除が加わるので

3,000万年+600万円×3人=4,800万円

上記によって、計算される控除額は6,300万円となり、相続税が課税されるのは、残りの700万円となります。


この700万円に税率をかけます。

相続金額
税率
控除額
1,000万円以下
10%

1,000万円超~3,000万円以下
15%
50万円
3,000万円超~5,000万円以下
20%
200万円
5,000万円超~1億円以下
30%
700万円
1億円超~2億円以下40%1,700万円
2億円超~3億円以下45%2,700万円
3億円超~6億円以下50%4,200万円
6億円超55%7,200万円

700万円×10%=70万円


このシミュレーションで考えると、遺された妻と子供が支払わなければならない相続税は、70万円ということになります。

まとめ:相続税対策は専門家に相談しましょう!

保険商品にかかわる相続税のシミュレーションについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。


今回のこの記事のポイントは、

  • 契約形態によって、相続税、所得税、贈与税が変わる
  • 法定相続人の順位
  • 相続財産の把握

です。


シミュレーションをすることは、そんなに難しいことではありませんが、相続税対策は、やはり専門家に相談することが一番です。

法定相続人と相続財産がわかれば、あとのシミュレーションは簡単に行うことが可能です。

ぜひ一度は、ご自身の生命保険に関して相続税のシミュレーションを行ってみてください。


保険ROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

ランキング

  • 保険の見直しで生命保険にするか共済にするかで悩んでいる方に
  • 理解できていますか?生命保険と県民共済の違いや共通点をおさらい
  • 生命保険の約款には何が書かれている?特に注意すべきことは?
  • 生命保険は中世ヨーロッパが始まり! 生命保険の成り立ちを解説
  • 分かりにくい、とても面倒、だけど重要な生命保険の主契約の見直し方
  • 今更聞けないけれども、必ず知っておきたい生命保険の特約の全情報
  • 生命保険(医療保険)に入院保障は必要?入院給付金についても解説!
  • 10年満期の生命保険で100万円受け取ることについてFPの意見を激白!
  • 生命保険の終身型と掛け捨て型を相場から見る、自分に合った保険選び
  • 生命保険の貯蓄型は老後に有利?貯蓄型生命保険で賢く資産形成しよう
  • 低解約返戻金型の生命保険を最大限活用すると、こんなにお得!
  • 生命保険料を毎月払いと前納って何が違う?メリットやデメリットは?
  • 残高証明書は生命保険会社に請求しなければ発行してもらえません
  • あなたは大丈夫?無駄のない生命保険の入り方を生活スタイル別に解説