お金の相談ができる無料相談窓口10選!今すぐ相談できる窓口や注意点を解説!

お金の相談ができる無料相談窓口10選!今すぐ相談できる窓口や注意点を解説!-サムネイル画像

▼本記事を読んでほしい人
  1. 信頼できる窓口でお金の相談をしたい
  2. お金の相談以外にも家計相談や住宅ローンについても相談したい
  3. できれば無料でお金の相談ができる相談窓口が知りたい



▼お金の相談でおすすめの窓口3選【無料】

  1. マネーキャリアの無料相談
  2. ほけんのぜんぶ
  3. 保険の見直しラボ

内容をまとめると

  • お金の相談でおすすめの窓口はFP相談サービス!
  • ファイナンシャルプランナー(FP)に相談するなら独立系がおすすめ
  • 金融機関でお金の相談をするのは危険!注意が必要!
  • お金の相談は、家計相談や保険の見直しも含まれる

お金の相談はプロに無料相談がおすすめな理由



お金の悩みを持っている方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。


一人で考えても結論は出ないので誰かに相談したいけどどこに相談していいか分からないですよね。


実は、お金の相談が出来る窓口はファイナンシャルプランナー(FP)だけでなく、市役所・税理士・弁護士・銀行・保険会社などたくさんあるんです。


そこでこの記事では

  • おすすめのお金の相談窓口
  • 独立系ファイナンシャルプランナー(FP)について
  • お金の相談をする際の注意点
  • お金の相談に関するよくある質問
について詳しく解説します。

お金の相談をして不安を無くしたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

お金の相談ができる無料相談窓口10選



ここではお金の相談をする際におすすめの無料の窓口をご紹介します。


お金の相談先としては合計で10か所あり、以下が一覧表になります。


お金の相談先相談内容
ファイナンシャルプランナー(FP)
 
家計全般
貯蓄
教育資金
老後資金
生命保険
資産運用
住宅ローン
市役所
区役所
社協
借金
公共料金
就労相談
税理士税務相談
弁護士慰謝料問題
相続問題
不動産売買
保険会社
保険ショップ
貯蓄
教育資金
老後資金
生命保険
銀行家計全般
貯蓄
教育資金
老後資金
生命保険
資産運用
住宅ローン
証券会社投資信託
株式
社債
公債

自分が抱えているお金の悩みはどのような内容なのか、整理しながらご覧いただくことをおすすめします。

ぞれぞれ最適な相談内容が異なりますので、そちらも併せて解説します。

お金の相談先①ファイナンシャルプランナー(FP)相談【無料あり】

ファイナンシャルプランナー(FP)はいわばお金の相談のプロです。相談したい内容が明確に定まっておらず誰にするのか分からない、漠然とした将来の不安があるのでお金の相談をしたいという方は、ファイナンシャルプランナー(FP)にまずは相談することがおすすめです。


なぜならファイナンシャルプランナー(FP)は、金融全般・有利な税制・年金制度・マネープラン設計・資産運用・教育資金などライフプランにおける幅広い知識を備えているからです。

幅広い知識を活用することによって、家計のことから老後資金のことまで幅広く相談することが出来ます。

そのうえファイナンシャルプランナー(FP)の業務内容は、相談者の方のお金の悩みを解決することなので、専門家としてサポートしてくれるでしょう。

具体的に
  • 家計のことについて幅広く相談したい 
  • 貯金について
  • どこに相談すればいいかわからなかった
  • ライフプランについて相談したい
  • 資産運用について相談したい
  • 今の仕事の収入で今後のライフプランは達成できるのか
のような悩みを抱えている方はファイナンシャルプランナー(FP)が最適であるといえます。

また、相談内容によっては弁護士税理士などの専門家や的な機関を紹介してくれるので、まずはファイナンシャルプランナー(FP)に相談をしてみましょう。

以下の記事ではファイナンシャルプランナー(FP)に相談する際の注意点と危険性を解説しているので、ぜひご覧ください。

お金の相談先②市役所・区役所・社協

結論として市役所・区役所・社協などの自治体に相談した方がいい相談内容としては

  • 借金についての相談
  • 健康保険料や年金保険料などの公共料金の相談
  • 就労に関する悩みの相談
以上の3つになります。

以上のような借金や公共料金、就労に関する相談はファイナンシャルプランナー(FP)では対応できないので、市役所のような自治体に相談することがおすすめです。

このような自治体に相談したほうがいい方の人物像としては、「生活に困窮している方」「生活保護に至る恐れがある方」などが挙げられます。

自分がそのような状況に陥ってしまった場合は、すぐさまお住いの自治体に相談することが重要です。

また、自治体によって支援内容が異なりますので、詳細はお住いの自治体に問い合わせることをおすすめします。

お金の相談先③税理士

税理士に相談したほうがいい相談内容としては
  • 確定申告や決算書に関する相談
  • 相続が発生した場合の相続税に関する相談
  • 領収書や売掛帳、請求書、支払調書などの記帳代行
  • 法人向けの経理指導
以上の4つになります。

税理士はファイナンシャルプランナー(FP)とは異なり、「税金に関する専門家」なので税務相談をする際に最適です。

そのうえ
  • 税務の代理
  • 税務書類の作成
  • 税務相談
以上のような3つの独占業務が法律で定められています。

独占業務とは、ある特定の業務を独占的に行うことが出来る権利のことです。つまり、以上に挙げた3つの業務は、税理士以外では携わることが出来ません。

相続税に関しては分配方法などではなく、「このように分配したら税金はこうなります。」のように、税金に関する内容のみのアドバイスになるので注意しましょう。

相続税に関して少しでも節税したいと考えている方は、税理士に相談することで節税できる場合があるのでおすすめします。

お金の相談先④弁護士

弁護士に相談したほうがいい相談内容は

  • 不動産売買関係のトラブル
  • 交通事故の慰謝料問題
  • 相続に関しての相談
主に以上の3つになります。

しかし弁護士は法律の専門家なので、法律に関係するトラブルであれば弁護士に相談することが最適です。

先ほどもご紹介した通り、お金全般に関する相談はファイナンシャルプランナー(FP)、確定申告や決算などの個別具体的な相談は税理士、裁判になるようなトラブルに関する相談は弁護士が最適です。

事例としては相続税に関して被相続人が遺書を作っておらず、遺産分割協議が必要になった場合です。

相続税は遺書が残っていない場合に相続人間の間でトラブルが発生し、民事裁判まで発展してしまうケースがあります。

そのような事態を避けるためにも、身内で解決できないと判断した場合は早急に弁護士に相談することが重要です。

お金の相談先⑤保険相談窓口

保険会社・保険ショップに相談したほうがいい相談内容は

  • 自分に最適な保険を見つけたい
  • 保険料が家計を圧迫している
  • 保険料を節約して支出を管理したい
以上の2つになります。

保険会社・保険ショップは保険商品を取り扱っているので、「生命保険」「損害損保」などに関するお金の相談の場合、とても強い味方になってくれるでしょう。

しかし、保険以外に関するお金の相談は対応していないので注意しましょう。

お金の相談先⑥銀行

銀行に相談したほうがいい相談内容は

  • 貯蓄・資産運用に関して
  • 結婚・住宅ローン・養育費・退職などのライフプランに関して
  • その他の介護や相続について
以上のような項目になります。

銀行で相談する際にも対応してくれる方はFPの資格を保有しているので、基本的にFPに相談することと大差ありません。

なので資産運用から住宅ローンなどの住まいの相談まで幅広く行うことが出来ます。

しかし、銀行で相談する場合は系列会社の商品を勧められる可能性が高く、本当に自分に合った商品を紹介してくれるとは限りません。

また、転勤などの問題で一人の担当者と数年にわたって関係を気付くことが出来ないため、担当者が変わってしまうとその都度詳細の話し合いを行わなければならなくなるので注意が必要です。

お金の相談先⑦証券会社

証券会社は投資商品の取り扱いを専門にしており

  • 投資信託
  • 株式
  • 社債
  • 公債
以上の4つの分野においては銀行以上に長けています。

そのため、様々な選択肢の中から投資効率のよい投資商品を提案することが出来ます。

しかし、デメリットとして
  • 担当者が細かく分かれている
  • 1人の担当者とパートナーとして長期的に関係を構築できない
以上の2つが挙げられるので注意しましょう。

お金の相談をするなら独立系FPがおすすめ【独立系とは?】



ファイナンシャルプランナー(FP)は

  • 企業系ファイナンシャルプランナー(FP)
  • 独立系ファイナンシャルプランナー(FP)
の2種類に分けることが出来ます。

先ほどご紹介した通り、企業系ファイナンシャルプランナー(FP)は金融機関に属しており、自社商品の販売が優先で、自分に本当にあった商品を紹介してくれるとは限りません。

そのような際におすすめなのが独立系ファイナンシャルプランナー(FP)なんです。

ここでは
  • 独立系ファイナンシャルプランナー(FP)がおすすめな理由
  • 独立系ファイナンシャルプランナー(FP)の相談の流れ
について解説します。

お金の相談は独立系FPがおすすめな理由

企業系ファイナンシャルプランナー(FP)と比較して独立系ファイナンシャルプランナー(FP)がおすすめな理由として

  • 様々な商品を横断して提案することが出来る
  • 顧客の利益を優先
  • 販売ノルマが課されていない
  • 転勤・異動がないので長期的な関係を構築できる
以上の4つになります。

独立系ファイナンシャルプランナー(FP)は、自社製品を売らなければならない条件に縛られていないので、あなたの相談内容によって様々な商品の中から最適な解決策を提示することが出来ます。


また一度きりの関係ではなくパートナーとして継続的に対応することが出来るので、より理解を深めることができ、さらに最適な解決策につながる可能性もあります。


このように独立系ファイナンシャルプランナー(FP)は企業系ファイナンシャルプランナー(FP)を比較して、メリットがたくさんあるので検討してみてはいかがでしょうか。

独立系FPにお金の相談する流れ

それぞれの独立系ファイナンシャルプランナー(FP)事務所によって多少は異なりますが、基本的な相談の流れとしては

  1. ヒアリング
  2. 問題点の把握
  3. 解決策の提示
  4. 実行のサポート
  5. アフターフォロー
以上のような5つの流れになります。

相談内容によっては問題点の把握や対策の提示に時間がかかってしまい、複数回行われる可能性もあるので、相談する前に相談内容をしっかりと整理することで、フローを短縮することが出来ます。

継続的に関係を構築していくファイナンシャルプランナー(FP)は、どのような質問を何度しても親身に答えてくれるので、遠慮せずに疑問点や将来の不安などを質問して解消しましょう。

お金の相談をする際の注意点4つ!



ファイナンシャルプランナー(FP)にお金の相談をするうえで注意すべきことは

  • 相談費用が無料と有料は質の違いではない
  • 相談回数を短縮するために事前に相談内容をまとめておく
  • 複数のファイナンシャルプランナー(FP)に相談しよう
  • 口コミ・評判を参考にする
以上の4つになります。

初めてファイナンシャルプランナー(FP)に相談する方はしっかりと注意点を把握することをおすすめします。

お金の相談の注意点①相談料金・費用

結論から言うと、有料か無料かの違いはビジネスモデルの違いにあります。無料だからダメ、有料のほうがファイナンシャルプランナー(FP)の質が高いということはありません。


具体的にはファイナンシャルプランナー(FP)が銀行や保険会社、住宅会社などの企業に所属しているか、あるいは独立して活動しているかで異なります。


前者の場合は、相談自体は無料ですることが出来ますが、その代わりに自社の商品を案内されることがあります。その商品を顧客が購入した際に手数料が発生し、利益が生まれるシステムになっています。


一方、後者の場合は相談すること自体を商品としているので相談費用は有料であるケースが多数です。


有料の相談であれば保険の手数料は発生しないので、強引に保険商品を紹介されるということも少なくなります。


相談費用が無料か有料で相談窓口を選択するのではなく、自分の抱えているお金の悩みが解決できるのか否かに重きを置いて窓口を選択することが重要です。

お金の相談の注意点②相談目的を明確にする

ファイナンシャルプランナー(FP)にはそれぞれ得意分野苦手分野があります。まずは解決したい相談目標を事前に見直すことが大切です。


そうすることによってその分野をメインに実績のあるファイナンシャルプランナー(FP)を選択することが出来ます。


また、相談費用が有料の場合には、事前に目的をまとめると話が円滑に進み相談回数を減らすことが出来る場合があるので、経済的にもメリットがあります。


例えば資産運用に関する相談をしたい場合は、企業に属しているファイナンシャルプランナー(FP)に相談するのではなく、金融商品の販売資格を持つファイナンシャルプランナー(FP)に相談する方が最適をいえます。


その他にもライフプランの見直し・教育資金についてなど相談内容は多岐にわたります。


このように相談目的を事前にまとめておくことは、自分が抱えている悩みの本質的な解決につながるだけでなく、経済的にも得をすることが出来ます。

お金の相談の注意点③FPの提案を鵜呑みにしない

先ほどもご紹介した通りファイナンシャルプランナー(FP)にはそれぞれ得意分野と苦手分野があります。


それに加え、企業や事務所の体制・人脈・知識・経験・ネットワークの差など様々な要素が複雑に絡み合っています。


そのため同じ相談内容であってもファイナンシャルプランナー(FP)ごとで、受けることが出来るアドバイスは異なります。


最初に相談したファイナンシャルプランナー(FP)の提案に不満がある場合は、その方に自分の考えを伝えることはもちろんのこと、のファイナンシャルプランナー(FP)にも相談してみることも検討しましょう。

お金の相談の注意点④相談窓口の口コミ評判

初めてお金の相談をする方はしっかりと口コミ・評判を調べることをおすすめします。


なぜなら、初めて相談をする方は自分の悩みを解決してくれそうな窓口ではなく、誰にするのか分からないので有名な企業や身近な窓口にとりあえず相談してみようという方が多くいらっしゃるためです。


もちろんそのような選択の仕方が悪いわけではありませんが、本当に悩みを解決したいと考えているのならば、自分の悩みとマッチングしている独立系ファイナンシャルプランナー(FP)をピックアップして、念入りに口コミ・評判を調査することが重要です。

お金の相談でよくある質問



お金の相談を初めてする方にとってはわからないことだらけでとても不安ですよね。


そこでこの項では

  • 相談前に準備すること
  • 相談の際に必要な持ち物
  • 個人情報を伝えるのが不安
  • 勧誘されるのが怖い
  • 家族や友人を同席させることはできるのか
  • 相談電話やオンラインで行うことは可能なのか
以上のようなよくある質問をご紹介します。

質問に対する回答もご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

お金の相談前に準備することはあるの?

結論から言うと相談前に必ず準備しなければならないことはありません。


しかし

  • なるべく少ない相談回数で解決したい
  • 円滑に話を進めたい
以上のように考えている方は、事前に相談内容を簡単にまとめておくことをおすすめします。

具体的な方法としては
  • 現状を頭の中で整理する
  • 当日相談する内容をメモなどにまとめておく
  • 家計に関する相談の場合は、直近の貯金金額や資産の状況を事前に確認しておく
以上のことが挙げられます。

整理することで悩みの本質的な解決につながりやすくなるので、ぜひ実践してみてください。

お金の相談の際に必要な持ち物はあるの?

結論から言うと持ち物は用意しなくても相談することは可能です。


しかし、相談内容に関連するものを持ち込んだほうがより円滑に話をすることが出来ます。


具体的な持ち物としては

  • 家計簿
  • 住宅ローン返済予定表
  • 保険証券
  • 保険契約の内容のお知らせ
  • 年金定期便
  • 取引残高報告書
以上の6つになります。


相談内容によって必要な持ち物は異なるので、自分の相談内容を整理して用意するか否かを判断しましょう。

個人情報を伝えるのが不安だが大丈夫なの?

相談する際にどこまで個人情報を話していいのか不安に感じている方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。


そういった方は個人情報を伝えずに相談をすることも可能です。


しかし、このような場合には伝えてある個人情報の範囲内でしか相談に乗ることが出来なので、全く個人情報を提示しないというやり方はあまりおすすめしません。


自分の相談内容に関連する個人情報を事前にピックアップしておくこともおすすめです。

勧誘されるのが怖いけど大丈夫なの?

事実として家計を改善する手段の1つとして金融商品を紹介することはあります。しかし紹介されたからといって、強制的に加入しなければならないということではありません。


特に無料相談に関して勧誘されるのではないかと不安に思っている方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。


そのような際に重要なことは、不要と感じたり納得できないのであればはっきりと断ることです。


もし万が一、商品の紹介が強引であったり何度も加入を勧めてくる場合は、別のファイナンシャルプランナー(FP)に相談することをおすすめします。

家族や友人を同席させることはできるの?

結論から言うと事前に同席する旨を伝えてあれば、同席させることは可能です。


初めてのお金の相談で不安なので、家族や友人を同席させたい。また、小さな子供がいるので同席させたいと考えている方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。


こういった方に向けて多くのファイナンシャルプランナー(FP)事務所では同席可能としています。


さらに事務所によっては自宅や自宅近くの喫茶店まで訪問してくれるところもあります。


もし同席させる場合は必ず事前に伝えましょう。

相談電話やオンラインで行うことは可能なの?

結論から言うとお金の相談をオンラインで行うことは可能です。


オンラインで行うメリットとして

  • 時間や場所を選ばない
  • 画面で資料も確認できるので対面と同じように相談できる
  • コロナ感染などのリスクを無くすことが出来る
  • 知らない人に自宅や自宅近辺を知られることがない
  • 一般的なネット環境だけで相談できる
以上の5つを挙げることが出来ます。

ネットで検索すればオンラインで対応してくれるサービスが出てくるので、時間がなく忙しい方や外出したくない方は一度オンラインで気軽に相談してみるのも1つの手です。

まとめ:お金の相談は1人で悩まずプロに相談しないと危険な場合がある

ここまでお金の相談をする際におすすめの窓口やよくある質問に関して解説しましたが、いかがだったでしょうか。


この記事では

  • お金の相談をする際におすすめの窓口
  • 独立系ファイナンシャルプランナー(FP)について
  • お金の相談をするうえでの注意点
  • よくある質問とその回答
以上の内容を詳しく解説しました。

お金は人生にとってとても重要な要素の1つです、お金で人生が狂ったり、前科がついてしまうこともあります。

そのため、お金に関する悩みは一人で抱え込まずにぜひ専門家に相談して解決してください。

また、どうすればいいのか分からない方は、一人で闇雲に模索せず、お金の専門家であるマネーキャリアに相談することをおすすめします。

マネーキャリアでは無料かつオンラインで気軽に相談することが可能です。

ランキング