投資の勉強ができる学校を紹介!学校に通うメリットは多くない

投資を始めるために、投資を勉強できる学校に通おうと考えておられる方も多いのではないでしょうか。投資や株の学校は料金が高額なものも多く、学校に通うメリットが大きい人は限られます。この記事ではおすすめの投資の学校と株の学校に通う必要性について解説します。

投資の勉強ができる学校を紹介!学校に通うメリットは多くない


生きていく上で欠かせないお金、大事だからこそ悩みも尽きないですよね。

貯蓄や収入をふやすことを考えた時に、その手段の一つとして様々な場所でおすすめされているのが投資です。

そこで今から投資を始めようと考えられている皆さんの中には、投資の勉強ができる学校の存在を耳にしたことがある方も多いのではと思います。

中には実際に通うことを検討している方もおられるかもしれませんね。

しかし、実は投資の勉強ができる学校に通ってメリットを得られる人は限られているというのをご存知ですか?

そこで今回は、投資の勉強ができる学校や教室について
  • 投資を勉強できる各学校の特色や料金などの基本情報
  • 投資の学校へ通う利点・欠点
  • 通う際に気をつけるべきこと
以上のことを中心に解説していきます。

この記事を読んでいただければ、いざ自分が学校に通って投資を勉強する際にどの学校を選ぶべきか、またそもそも学校に通うかどうかということを判断する際に役立つはずです。

最後までぜひご覧ください。

①ファイナンシャルアカデミー


まず最初にご紹介するのは、ファイナンシャルアカデミーです。


ファイナンシャルアカデミーとは義務教育では教わることのない正しい「お金の教養」について学び身につけられる国内で最大級の総合マネースクールで、本校は東京に、サテライト会場は横浜と名古屋に開講されています。


人生で心理面・経済面におけるゆとりを持つために、貯蓄や家計管理といった生活に直接関わってくるお金のことから、資産運用や人生と社会を豊かにするためにお金をどう使うかその方法までを勉強することができます。

ファイナンシャルアカデミーの特徴

ファイナンシャルアカデミーの運営会社


日本ファイナンシャルアカデミー株式会社が運営しています。

この法人は、金融経済教育スクールの運営だけに止まらず、金融経済教育に関するカリキュラムの構築またシンポジウムの開催、シンクタンク事業、企業研修プログラムの構築やその講師派遣、さらにライフスタイル・メディア事業と幅広く展開しています。

最大の特徴


ファイナンシャルアカデミーの一番のポイントは、「絶対的な中立性」です。


投資信託や株式、保険、不動産といった金融商品を売りつけられることはなく、また客観性を保つために経済・金融・教育・法務、各分野の有識者で構成されたアドバイザリーボードを設置しています。


受講生の割合


①受講生の男女比


女性が52%、男性が48%とほぼ差がなく性別に関わらず参加しやすい環境になっています。


②受講生の年代


20代が20%、30代が46%、40代が24%、50代が10%です。


約半数が30代ですが、その他の年代の生徒もバランスよく在籍しています。


③受講生の年収


〜299万円が28%、300〜499万円が32%、500〜999万円が31%、1000万円〜が9%と実に様々な年収の方がおられます。


高所得な方が多いのではと不安な方でも安心して通うことができます。


④受講生の純資産


〜499万円が51%、500〜999万円が20%、1000万〜1億円が27%、1億円以上が2%となっています。


7割以上が1000万円以下からのスタートです。


選ばれる理由


ファイナンシャルアカデミーは
  1. 絶対的な中立性
  2. 体系的なカリキュラム
  3. 実践的なケーススタディ
  4. 選び抜かれた講師陣
  5. 共に成長する仲間
  6. 圧倒的な成果
  7. 安心の受講サポート制度
以上の7つが受講者にとって魅力となっています。

ファイナンシャルアカデミーのコース・料金

コース一覧 


投資・資産運用について的を絞って勉強したい方向けには

  • 株式投資スクール
  • 不動産投資スクール
  • 外貨投資・FXスクール 
  • 投資信託スクール

幅広くお金全般のことを勉強したい方向けには

  • お金の教養スクール 
  • 定年後設計スクール 

が開設されています。


各コースの料金設定(WEB受講コースの場合)


①株式投資スクール

値段
入学金30,000円(税抜)
基本受講料298,000円(税抜)
総額328,000円(税抜)

②不動産投資スクール

値段
入学金30,000円(税抜)
基本受講料298,000円(税抜)
総額328,000円(税抜)

③外貨投資・FXスクール

値段
入学金30,000円(税抜)
基本受講料298,000円(税抜)
総額328,000円(税抜)

④投資信託スクール

値段
入学金30,000円(税抜)
基本受講料158,000円(税抜)
総額188,000円(税抜)

⑤お金の教養スクール

値段
入学金30,000円(税抜)
基本受講料158,000円(税抜)
総額188,000円(税抜)

⑥定年後設計スクール

値段
入学金30,000円(税抜)
基本受講料158,000円(税抜)
総額188,000円(税抜)

なお定年後設計スクールを除いた全てのコースにおいて、ご紹介したWEB受講コースの他にWEB+生放送LIVE受講コース」・「WEB+教室受講コース」が用意されており(定年後設計スクールは「WEB+教室受講コース」のみ)、それぞれ別途、上記金額に80,000円(税抜)が生放送LIVE受講パス代・教室受講パス代として追加されます。


WEB無料体験セミナー


いきなり入会というには少し難しいとお考えの方もおられるでしょう。


そこでファイナンシャルアカデミーは、

  • 不動産投資スクール体験セミナー
  • 株式投資スクール体験セミナー
  • 外貨投資・FXスクール体験セミナー
  • 投資信託スクール体験セミナー
  • お金の教養スクール体験セミナー
  • 定年後設計スクール体験セミナー
以上6セミナーを無料開放しています。

まずはお試しとして無料体験から参加してみてもいいかも知れませんね。

②ABCash


続いてご紹介するのは、ABCashです。


ABCashは「すべての女性のための、お金のトレーニングスタジオ」を謳っているマネースクールです。


以前はbookee(ブーキー)という名前でしたが2019年末に現在の名称に改め、東京都内6箇所に拠点を構えてサービスを運営しています。

ABCashの特徴

ABCashの運営会社


ABCashを運営しているのは、ABCash Technologiesです。


ABCash Technologiesは「お金の不安に終止符を打つ」という課題を掲げ、

  • 2019すごいベンチャー100
  • 2019CCWA準優勝
  • 2019スタートアップピッチファイナル金賞受賞
と着実に結果を残しています。

最大の特徴


「すべての女性のための」とあるように、ABCashは女性向けに開設されているトレーニングスタジオです。

また他の多くのマネースクールや専門学校と違って、生徒専属のパーソナルコンサルトがマンツーマンで資産運用をサポートしてくれるのが一番のポイントとなっています。

受講者の割合


①受講者の年代

20代が46%、30代が42%、その他が12%と、比較的若い世代が約9割を占めています。

②受講者の婚姻状況

未婚が91%、既婚が9%です。

つまり受講者の大半が20〜30代の未婚女性となっています。

結果が出る理由


ABCashに通って結果が出せるのは
  1. お金のプロがパーソナルコンサルタントに着任
  2. 過去17年間の実績に基づいた結果から受講者に最適なオリジナルプログラムを作成
  3. ラクに支出改善が続く行動科学マネジメントの導入
以上3つが大きな理由となっています。

実際、受講者の4人に3人が資産増加の実績を持っています。

実際の評判については、ほけんROOMでABCashをピックアップした記事を掲載しておりますのでそちらをご覧ください。

ABCashの料金体系や返金制度

コース一覧


ABCashでは

  • 3ヶ月スタンダードコース
  • 4ヶ月集中プレミアムコース
  • オンライン受講
の3つが開講されています。

各コースの料金設定


①3ヶ月スタンダードコース

値段
入会金無料
コース料金238,000円
総額238,000円
②4ヶ月集中プレミアムコース
値段
入会金無料
コース料金318,000円
総額318,000円
③オンライン受講
値段
入会金50,000円
コース料金328,000円
総額378,000円
それだけではなく入会を決める前には、無料体験コースが用意されています。

こちらは60分の個別オンライン講義で、家計管理の基礎知識と資産運用・株式・不動産がわかる、初心者のための特別コースです。

1万円からはじめる1000万円の資産形成を目指す入門コースと銘打っており、
  1. 家計管理・貯金の正しい方法
  2. 資産運用を始めるための基礎知識
  3. NISA、つみたてNISA入門編
  4. iDeCoの効果的な活用方法
  5. プロが教える保険選びのポイント
  6. 賃貸と購入の判断基準
  7. 家計の健康がわかるマネー診断
以上のことを学ぶことができます。

ここで入会するかの判断ができるので、いきなりの入会は躊躇してしまうという方にも安心なのではないでしょうか。

現在は無料体験セミナーに参加すると料金を教えてもらえる仕組みになっていますので、公式ホームページに料金体系は記載されていません。

こちらの金額は参考程度にしておかれるのが良いでしょう。

③株アカデミー


最後にご紹介するのは株アカデミーです。


株アカデミーは投資に関する経験値には左右されず、株で負けないための本質を勉強することができるオンラインの学校です。


「いかに損失を減らし、堅実かつ長期的に資産を殖やしていけるか」に特化した株取引のノウハウを教えてもらうことができます。


特に、株に興味はあるけれど難しそうで手を出しにくい、失敗したらどうしようと思っている方におすすめとなっています。

株アカデミーの特徴

運営会社


運営しているのは、ストックトレード株式会社です。

この会社は投資スクール運営事業を主な事業として経営されています。

最大の特徴


9割が負けると言われている投資の世界で常軌を逸した手法を使うことで負けにくい取引をし、淡々とお金を増やしていく「波乗り株トレード」という投資手法を学ぶことができます。

この手法は
  • ロスカットをしない
  • 取引は1銘柄のみ
  • 予想も分析もしない
  • 取引時間を1日5分にすることも可能
  • 適当にポジションをとる
という、投資経験者にとっては驚きの特徴を持っています。 

手法の伝授に特化した講義のため、専門知識は必要ありません。

受講生の人数


2017年5月末の時点で、アカデミー生は3402人(有料会員のみ)を突破しています。

株アカデミーのコース・料金や返金制度

コース一覧


公式でもオンラインアカデミーと記載がありますが、

  • 通常コース
  • デイトレマスターコース
以上二つが対面講座として用意されています。

もちろん通える範囲内に株アカデミーのキャンパスがないという方には、オンラインで受講できる無料メール講座もあります。

①通常コース

こちらは6ヶ月間設けられており、最初の1ヶ月はビデオでの学習期間、2〜3ヶ月目でデモトレードを用いての練習期間、それ以降で実践とするプログラムです。

受けられるサービスとして
  • 会員専用ポータルサイトでの動画コンテンツの閲覧
  • 全4回の対面講座
  • 30万円から始められる推奨銘柄一覧
  • 下山敬三直伝!お手本トレード配信
  • 毎週水曜日の音声解答
  • 毎月最終木曜日のウェブセミナー
  • 未経験者向けのスタートアップサポート
以上が用意されています。

一番下のスタートアップサポートは、証券口座の開設・取引方法を専門のスタッフから直接教わることができるというもので、完全に一から投資を始める方にも安心なサービスです。

②デイトレマスターコース

このコースは12ヶ月で、通常コースより時間が取れる方・通常コースより素早く習得し早く大きく稼ぐことが目的の方におすすめです。

通常コースのサービス内容に加え、
  • 72時間内に返信される個別メールサポート
  • 12回開催されるグループコンサルティング
  • コース期間内何度でも参加できるセミナー
以上のサービスを受けられます。

各コースの料金設定

値段
通常コース307,780円
デイトレマスターコース797,500円
デイトレマスターコースは今回ご紹介した中でも群を抜いて高額です。

返金制度


通常コース・デイトレマスターコースともに完全返金保障がついています。

これはもしこのセミナーの実践トレーニングで利益を出すことができなかった場合、セミナー代金が全額返ってくるという制度です。

今まで一人の例外もなく全員が利益を出しているからこそできる保障制度となっています。

投資の学校に通うメリットはそんなにない


ここからは、投資の学校に通うメリット・デメリットについて説明していきます。


やはりプロから教わることができるので、浮かんだ疑問をすぐ解決できるというのは利点です。


また、独学より期間が決まっているので時短になるのも嬉しいところではないでしょうか。


しかし、デメリットがあるのも事実です。


まず1つ目にテキストや講師との相性に左右されるという点があります。


今回挙げた3つの学校の例でもわかるように、受講料ははっきり言って高額です。


その額に関わらず、使用するテキストが自分にとって分かりづらかったり講師の教え方が合わなかったりする可能性があります。


ここは運の部分でもありますので、努力ではどうにもならないというのがネックです。


2つ目に、学校に通っているから絶対安心ということはないという点です。


学校で習ったことが全て正しいという慢心は危険ですので、結果的に独学も必要となります。


独学であれば、最初からネットで勉強するという手段も存在しています。


学校に通ってお得なことも確かにありますが、やはり受講料の高額さを考えるとあまりメリットがあるとは言えません。


ただ、時間をお金で買うという考えの方や短期間で集中して勉強する方が良いという方には学校に通うのもおすすめです。

投資の学校に入校する際の注意点

ここまで読んで、自分には独学より投資の学校に通う方が向いていると感じた方もおられるかも知れません。


しかし当然入校を決める際に注意すべき点もありますのでご説明します。


まず1つ目に、受講料の他にも料金が発生する可能性があるという点です。


基本的に投資の学校は

  • 入学費
  • 受講料
  • 教材費
この3つの費用がかかります。

この料金体制が明確に提示されている場合は良いですが、中には規約の中に小さく書かれているだけという悪質なものもあります。

また途中でやめてしまうと解約金が発生してしまう学校もあるので、しっかり確認しなければなりません。

2つ目に、情報商材を購入する場合は返金制度があるか確認すべきという点です。

基本的に優良であれば返金制度があることが多いので、形のないものを購入する必要がある場合は返金制度について明記されていない学校は避けた方が無難です。

3つ目は、無料体験で勧誘される可能性があるという点です。

入会する前に無料体験が用意されている学校は少なくありません。

しかし、ここで悪質な勧誘が行われる場合もあります。

無料体験のみ参加して入会は見合わせても、しつこく勧誘のDMやメール、電話がくるということもあるので無料体験だけだからと安易に参加するのは危険です。

安全かどうかを見極めてからにしましょう。

最後に、講師の経歴を確認すべきという点です。

先ほどのデメリットの項目でも講師に左右されると説明しましたが、受講する上で講師選びは一番大事とも言える部分です。

ですので、下調べをして十分な実績のある講師が在籍している学校を選択しましょう。

ホームページ上で講師の経歴や実績が全くわからない学校は注意する必要があります。

まとめ:投資の学校に通うメリットがある人はあまりいない


投資の学校について、ピックアップした3校の特徴や料金、またメリット・デメリットについて解説してきましたがいかがだったでしょうか。


今回の記事のポイントは、

  • 投資の学校に必要な受講料その他費用の総額は平均して30万円前後、さらに高額だと100万円近くかかる場合もある
  • 時短にはなるが、金額のことも考えるとあまり学校に通うのにメリットがあるとは言えない
  • 入学を決める前に注意すべき点が複数ある
でした。

大人になってから初めてのことに挑戦するのは、何にしても勇気がいりますよね。

それがお金に関係する投資となっては尚更ですし、損をする可能性もあるので慎重にならなければなりません。

学校はプロから教わることのできる場ですので、通うのももちろん一つの手段として有効です。

しかし、投資を勉強する学校に通うといういわば事前準備の段階で損をしてしまうかも知れない、ということも理解した上で入学するかを検討していただければと思います。

ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

参加費有料のマネーセミナーを紹介!有料なら怪しくないは本当?

ランキング