結婚費用や結婚後の家計管理について話し合えていますか?

人生の節目のイベントの一つに結婚が挙げられるかと思います。結婚することで生活や習慣、お金の使い方など様々な変化が起こりますよね。そこで今回は、結婚前と結婚後に分けてどんなことにお金がかかるのか、どんな風に節約やお金の管理をしていけば良いのかを紹介していきます。

この記事の執筆者と編集者

FPサテライト株式会社 ファイナンシャルプランナー
庄司 里紗
大学卒業後、広告代理店に営業事務として就職。妊娠を機に退職。専業主婦となり、家計管理を任される。しかし、子供2人分の教育費、住宅費、老後資金とお金の不安は増えるばかり。そこでお金について勉強するため2級FP技能士を取得。現在は、子育てをしながらFPとして活動中。

この記事の目次

クリックすると見出しに飛べます

結婚にかかる費用

将来結婚を考えているカップルの皆さん、実際にかかる結婚費用を具体的に把握していますか。


結婚資金と一言で言ってもどのような場面でどのくらいの費用が必要なのか知っておくと目標金額を設定しやすいですし、どこを節約していけばよいかも明確になり、資金も貯めやすくなるのではないでしょうか。


そこで初めに、結婚費用について解説していきます。 

結納・両家顔合わせ

結納にかかる費用の項目として挙げられるものは、結納式の費用・結納金・結納品・結納返しです。


結納式に係る費用の平均は15.6万円、結納金の平均額は91.1万円、結納品の平均額は14.4万円、結納返しの平均額が28万円となっています。 


その他にも、結納をする場所によっては、どちらか一方が遠方から来ることになり、会場費や食事代以外にも交通費や宿泊費がかかる場合もあります。 


一方、両家の顔合わせを兼ねた食事会にかかる平均費用は6.8万円となっています。 


結納についての考え方は、地域や家族の風習・しきたりによって様々です。費用だけの問題ではなく、家族の考えもあるので、家族で相談の上費用の節約を考えましょう。 

結婚式

結婚式が決まったらまず気になるのは、結婚式費用です。 


挙式、披露宴にかかる平均費用は、372.4万円となっています。 


挙式費用と一言に行っても、海外で行うのか、国内で行うのか挙式の会場によっても費用は大きく変わります。


同様に披露宴に関しても、招待客の人数や食事、演出によって費用が変わってきます。 


また、挙式料や衣装、料理等結婚式に必要なものがあらかじめパッケージされているプランやオフシーズンや仏滅など限定のパックプランもあります。 


このように結婚式費用の内訳としては、ウエディングドレスやヘアメイク、挙式代、料理代と多岐にわたります。


そして、結婚式費用のかけどころはカップルによって変わってきます。事前に結婚式のこだわりポイントを確認し、お得なパックプランを利用する等、金額のかけ方を考えましょう。

新婚旅行

結婚式や挙式の他に新婚旅行を計画するカップルも多いのではないでしょうか。 


お土産代を除く、二人分の旅行費用の平均額は64.6万円となっています。


またこの他に、お土産代や現地での食事等費用が平均9.3万円ほどかかります。


たとえ数日の旅行期間であってもそれなりの費用がかかることがわかります。 


一般的に、長期休みを取りやすい夏休みやGWは混みやすく費用も高く設定されています。


費用を節約することを考えると結婚式・披露宴の直後にこだわらず、料金が安くなる時期に改めて計画するという方法を取るとよいでしょう。 

結婚後のお金のやりくり

結婚後のお金の管理をどうしていくのか話し合っていますか。


お金の話はなかなか他人同士ではしにくいイメージがあると思いますが、結婚後にも教育資金や住宅費等大きな金額の資金が必要になってきます。


将来設計の話も含め、お金の話はきっちりとできるようにしましょう。 


そのうえで、結婚後のお金の管理の仕方について紹介していきます。 

妻が管理

家庭内のすべてのお金を一括管理するため全体を把握することができます。


しかし、夫が把握できない可能性があったり、小遣いの金額でもめてしまったりする可能性もあります。 


妻が全て管理することで夫が支出や貯蓄内容を知らないということがないように、妻は夫に内容を明らかにすることが重要です。 

夫が管理

妻が夫から毎月もらう生活費内でやりくりをするので余計な出費を抑えることができます。


しかし、妻が全て管理するのと同様に妻が夫の収入や貯蓄の実態を把握できないというデメリットもあります。 


この場合も夫が妻に、家計内容を明らかにすることが必要です。また、物価やどうしても出費がかさむ時期等に応じてその都度、生活費を見直していくことも重要です。  

それぞれが管理

独身時代よりも生活費の負担額は増えますが、残りはお互いが管理するため自由度も高く、独身の頃と同じようにお金が使えます。 


しかし、お互い自由に使える分支出も多くなるうえ、お互いの収入や貯蓄を把握することができません。


また、財布が別になっていることで、家計全体として節約し、お金を貯めるという意識が薄くなってしまうこともデメリットの一つです。 


この場合、将来設計をしっかり話し合い、備えについてよく考えることが重要です。 

共用口座で共通管理

お互いが家計の把握ができるというメリットがあります。 


しかし、入金した額以外の残りの収入や貯蓄状況が把握できないというデメリットもあります。


また、共有口座に黒字が残ると余計な出費につながることもあります。 


この場合、貯蓄用・教育費・マイホーム資金等、目的別に口座を作り、一定額を貯めていく方法がおすすめです。 


このようにどの管理方法にも、メリットデメリットが存在します。 


また、女性は出産・育児等で働けない期間もでてきます。結婚当初に決めた管理方法があったとしても、状況の変化に応じて変更していくことも必要です。 


そして、最も大切なことは、二人が納得できる方法で家計管理を行うことです。 


どんなことにお金を使っていくか、やりたいこと、買いたいものについて普段から夫婦でよく話し合いましょう。 


 そしてお金に関してオープンに話し合える関係を作っていきましょう。

ランキング