ミニ保険ALL

小正月の由来や行事を調査!小正月はいつ?何をして過ごすのが正解?

小正月という行事を聞いたことがありますか。小正月の由来や行事を調査してみます。小正月の意味や過ごし方、さらには小正月の由来や本来の意味を詳しく調査してみました。詳しく調べると小正月の行事が大切な事もわかりました。これを読んで本来の小正月を過ごしましょう。

小正月(こしょうがつ)の由来と行事まとめ


日本には正月がありますが、小正月と呼ばれる行事もあります。

小正月には主に以下の行事が執り行われています。

  • 豊作祈願
  • 粥占
  • 悪霊払い

小正月の由来や行事を詳しく見ていきましょう。

小正月は日本が旧暦を利用していた頃の名残?その由来とは

小正月の時期は一般的に1月15日を指します。

しかし、地域によっては1月14日から16日の3日間を小正月と呼ぶ地域があったり、14日の日没から15日の日没まで、他にも1日から15日までを小正月と呼んだり地域によっても違うようです。

小正月の由来は、日本が旧暦を使っていたころにさかのぼります。

小正月といわれる1月15日は旧暦でいう正月でした。

まず、旧暦での1ヶ月の数え方が満月の日から次の満月の前日までを1ヶ月と数えていました。

そして、一年の始まりは立春の日から始まりました。

それ故に、旧暦の一年の始まりは、立春の日の次の満月の日になります。

それが、1月15日でした。

その後、明治6年1月1日に現在の太陽暦に改暦され、1月1日が正月と改められました。

太陽暦に改暦されたのちも、旧暦の名残は強く残り、1月15日も望(もち)の正月としてお祝いしています。

このような由来で、正月に対し小正月と呼ばれるようになりました。

この小正月が認知されているのは関東地方が主になります。

正月は歳神や祖霊を迎える行事としていることに対して、小正月は豊作祈願などの家庭的な行事が主となります。

小正月が定着しなかった理由には、1月15日は成人の日となり、国民の祝日となりましたので、成人の日と定着してしまい、小正月という言葉が薄れてしまいました。

小正月の他にも、小年・二番正月・若年・女正月・花正月・返り正月・戻り正月とも呼ばれたりします。

小正月は「女正月」ともいわれているその由来とは

小正月には、地域によって様々な呼び名があります。

その中でも女正月(おんなしょうがつ)と呼ばれる由来を見ていきますと、家庭を持つ女性にとってお正月はとても忙しい日になります。

正月の前からおせち料理を作ったり、年越しそばの準備や、雑煮などなど大忙しです。

さらに、母以外の家族は休みで家に居るので、息つく暇がありません。

そこで、女正月が生まれました。

女正月は、正月で忙しかった母を休ませることを目的とした行事、または、正月で忙しかった女性たちが一息ついた時期で女正月と呼ばれるようになりました。

しかし、女正月の行事があるのは地域によります。

詳しく地域を見ていきます。

長野県安曇地方では14日の夜を女正月と呼び、夕飯を男性が作り女性を休ませました。

新潟県朝日村では16日を女正月と呼び、秋田県鹿角郡では16日以降の半月を女正月と呼びます。

この頃を女正月と呼ぶことに対し、元旦を男正月とも呼びます。

小正月に行われる行事とは?3つを紹介!

小正月の由来がわかった所で、小正月ではどのような行事が行われるかを見ていきましょう。

行事1:農作業が順調に取り組めるように豊作祈願

今年の農作業が順調と安全であるようにと豊作祈願を行うのが小正月の行事の一つになります。

その願いを込めて飾られるのが餅花になります。

餅花とはヌルデ・エノキ・ヤナギなどの木に餅や団子を飾ったものをいいます。

地域によって呼び名が変わります。

長野県

長野県では稲の花・粟穂稗穂(あわぼひえぼ)と呼びます。

枝垂れ柳を使用し枝の先に餅をつけることで稲穂が垂れる形を表しています。

岐阜県

岐阜県でも主に高山市と飛騨市では花餅と呼ばれており、正月の装飾品として定着しています。

鹿児島県

鹿児島県奄美大島では生り餅(なりむち)と呼ばれます。

使われる木はニレ科のブブ木を使用し、使われる餅もとてもカラフルで白、赤、緑、黄と色付けされた餅を使用します。

飾られた餅花を、床の間、神棚、墓、高倉などに飾り五穀豊穣と家内安全を祈ります。

飾り終わった餅花は1月18日に煮て、さつまいもと練りあわされたひっきゃげにして食べます。

東日本

東日本一帯では繭玉(まゆだま)と呼ばれます。

米の粉をカイコの形に模して木に刺すことから繭玉と呼ばれます。

時代とともに餅花も変わってきました。

最初の頃は紅白の餅を小さく切り枝に刺したりつけたりしながら飾っていましたが、時代とともに餅もカラフルになり、現在では様々な色の餅が飾られています。

地域によって様々ですが、飾り終わった餅は焼いて食べたり、煮て食べたりします。

行事2:お粥を用いて農作物の豊凶を占う吉凶占い

お粥を用いて占う方法を粥占といい、読み方はかゆうら・かいうら・よねうらと地域のよって様々な読み方があります。

由来は、地域の神社で行われる祭礼で、由来は中国からつたえられた祭礼で小正月にあずき粥を蚩尤もしくは高辛氏と呼ばれるの女の怨霊にお供えし、お供えしたあずき粥を食べれば邪気を払うことができるという言い伝えに由来しています。

その方法とは様々ありますが、一般的には、出来上がったあずき粥の中を棒でかき混ぜて、その棒についた米粒の数で占います。

その他には細い竹を一緒にお粥の中で銅釜で煮ます。お粥が出来上がった後に竹を取り出し、竹の中に入っている米粒を数える方法や、お粥を放置してカビの生え方で占う方法もあります。

元々は、全国の神社や集落で見られていましたが、現在ではほとんど見かけなくなり、九州の一部で見かけられる行事となっています。

九州北部で見かけられる粥占ですが、具体的には福岡県・佐賀県さらに大分県では西部方面にみられる祭礼です。

それでは、現在残っている粥占を詳しく見ていきます。

諏訪大社

長野県下諏訪町にある諏訪大社で行われている粥占は1月14日に執り行われています。

方法は、粥炊舎という建物に設置された大釜で作られた小豆粥の中に葭の筒を入れ、一晩かけて煮立てていきます。

日付が変わった15日に、神様にお供えし、祭典を執り行います。

祭典が終わると、葭筒を割り、筒内の粥の分量を量って、定められた占いに照らし合わせて今年の豊凶を判断します。

葭筒のながさは5寸5分と定められており、42本準備します。

42本準備された筒は穀種にかたどり、社丁が大声で唱え神前に集まった人々に披露します。

42本の筒がすべて披露されたのちに神前に掲示し終了します。

出雲大神宮

京都府亀岡市千歳町にある出雲大神宮では、奇祭と言われています。

小豆を混ぜたお粥を早生、中生(なかて)、晩生(おくて)を表している3本の竹筒を同じ釜で炊き、占います。

筒に入った小豆が少なく、筒の中に米が沢山詰まっていれば今年は豊作となります。

千栗八幡宮

佐賀県みやき町にある千栗八幡宮では、2005年に行われた粥占で「地震に注意」と占いの結果が出たことが話題となりました。

実際に福岡県西方沖地震が発生したため、占いが見事に的中した形となりました。

枚岡神社

大阪府東大阪市にある枚岡神社では、小豆粥は1月11日に炊かれます。境内の御竃殿で小豆粥が作られて、12本の占木では1年間の天候を占います。

また53本の占竹では農作物の豊凶を占います。

12本で占うことを前儀と呼び、観覧は自由だが、53本で占う後儀は秘儀とされていて、見ることはできません。

作られた小豆粥は参拝者に振舞われます。

行事3:左義長やどんど焼きとも呼ばれている悪霊払い

全国でどんど焼きと呼ばれることが多いのですが、正式な名称は左義長(さぎちょう)です。

どんど焼きと呼ばれる由来は、元々は方言なのですが、今では方言とは認識されていないようです。

左義長の由来は、平安時代の宮廷の儀式であった「毬杖(ぎっちょう)を三本立てた三毬杖(さんぎちょう)」が由来となります。

しかし起源には諸説あるようで、徒然草にも登場することから鎌倉時代にはすでにどんと焼きが行われていたようです。

どんど焼きとは、一般的には、田んぼや空き地に竹や木や藁、かや、杉の葉などでやぐらを組み、そのやぐらに火をつけます。

門松や注連飾りなどを燃やすことで炎と共に歳神を見送る意味もあります。

また、燃え尽きた灰を持ち帰り自宅の周りにまくことで病を取り除くこともできます。

そこに正月飾りなどを燃やしてしまいます。また、その火力を利用して、団子や餅を焼いて食べます。

どんど焼きで焼いた餅や団子を食べれば、1年間健康で過ごせるという言い伝えもあり、無病息災や五穀豊穣を祈る行事として全国に広がっています。

さらには火が穢れを清め、竹の弾ける音は災いを遠ざけ、空高く舞い上がる煙は正月の神様が帰る様子を表しています。

どんと焼きと呼ばれる他にもとんど焼き、どんど、どんど焼き、どんどん焼き、どんと焼き、さいと焼きとも呼ばれます。

他にもどんと呼ばれるのは、爆竹の音が由来との文献も残っています。

どんと焼きは文化財指定も受けている地域もあります。

それでは、地域別に詳しく見ていきましょう。

神奈川県

神奈川県大磯町で行われているどんと焼きは国指定の重要無形民俗文化財に指定されており、セエノカミサンの火祭りとなっています。

毎年1月14日に執り行われています。

方法は松の内となる1月7日以降に、子どもたちは正月の飾りを集めて回ります。

青年はセエトの材料になる松や竹を調達します。

続いて町内各地に、大竹やおべん竹を立てて、道切りのシメを張ります。

そして、セエノカミサンのお仮屋を作ります。

祭り当日はこれまで飾っていた大竹やおべん竹を片付けて、子どもと青年が集めた飾り物や縁起物が運ばれてきます。

日が暮れるのをまち、セエノカミサンの宮元や宮世話人が恵方の方向から火をつけます。

この日で団子を焼いて食べると風邪を引かないとされています。

さらに書初めを燃やし高く舞い上がると、腕が上がるとされています。

また、松の燃えさしを持ち帰り、屋根に載せることで火災の除けができるとされています。

島根県

島根県大田市五十猛町大浦地区ではどんと焼きとは呼ばず代々伝承されている五十猛のグロと呼ばれています。

こちらも重要無形民俗文化財に指定されています。

富山県

富山県下新川郡入善町上野邑町地区で行われているどんと焼きは「塞(さい)の神まつり」と呼ばれています。

毎年1月15日に執り行われるか、15日に近い日曜日に執り行われています。

子どもたちが塞の神と呼ばれる白木でできた男女一対となっている人形(木偶人形)を持ち「塞の神じゃ、大神じゃ、じいじもばあばも、ほこほこじゃ、来年むけや、十三じゃ」と唱えながら各家庭を回り、正月の飾り物や書初め、米、豆などを集めます。

集まった飾り物等を積み上げ最後に木偶人形を安置し火をつけます。

木偶人形が完全に焼き尽くされ灰になると終了となります。

小正月の食べ物「小豆粥(あずきがゆ)」とは?

小豆粥とは、煮た小豆を混ぜたお粥の事をいいます。

味付けも地域によって様々で、塩で味付けをする場合もありますし、砂糖で味付けする地域もあります。

米だけの粥と違って白いだけではなく、小豆の色で赤く染まるので桜粥とも呼ばれます。

小正月に小豆粥を食べる由来とは?

小正月には小豆粥を食べる風習は昔からあります。

その歴史は枕草子にも記載されていますので、かなり昔から小豆粥を食べていたことがわかります。

小豆粥を食べる理由は七草粥と同様です。

七草粥は、春の七草を具材とし、餅と一緒にお粥にしたものです。

一年間の無病息災を願い食べられるお粥であり、1月7日に食べられます。

他にも、正月が理由で行った暴飲暴食をお粥で胃を休めるという意味もあります。

正月や小正月の帰省時に実家の車を運転する際に自動車保険の「運転者の範囲」に要注意



自動車保険には自賠責保険と任意保険とあります。

自賠責保険は、強制的な保険となり絶対に加入しなければならない保険です。

法律でも自動車損害賠償保障法で加入することを定められており、加入していないと厳しく罰則を受けることとなります。

任意保険はその名の通り任意で加入する保険となります。

交通事故を起こした場合、自賠責保険に加入していたとしても、それだけでは被害者への保障は足りません。

そこで、任意保険に加入することで、被害者への保障を手厚くします。

事故で加害者となった場合、被害者のケガなどの治療代や、車の修理代から代車の手配など、お金が掛かります。

ましてや、被害者が死亡した場合は億単位の賠償金が発生する場合もあります。

だからこそ、任意保険への加入は大切なものとなります。

実家に帰った時に実家の自動車を運転することもあると思いますが、その際には運転者の範囲に注意しましょう。

任意保険には年齢制限があります。

なぜ年齢制限があるのかを説明しますと、一般的に年齢が若いほど事故を起こす確率が高くなります。

それ故に年齢が若いほど任意保険の保険料は高くなります。

年齢条件の区切りは以下のように区切られていることが多いです。

年齢条件保障される年齢
全年齢補償全ての年齢
21歳以上補償21歳以上の人
26歳以上補償26歳以上の人
30歳以上補償30歳以上の人
35歳以上補償35歳以上の人
以上のように区分されており、年齢条件は免許書の誕生日などで自動的に設定される訳ではなく自己申告となります。

実家の父親や母親が35歳以上保障に加入していた場合、35歳以下の子供が運転し、事故を起こすと任意保険の保障はありません。

では、全年齢保障に加入しているから誰が運転しても任意保険の保障対応となるのかというとそういう訳ではありません。

年齢条件の対象となるのは、本人と同居家族となります。

年齢条件が対象となる範囲をまとめてみましょう。

  • 記名被保険者
  • 記名被保険者の配偶者
  • 記名被保険者または配偶者の同居親族
  • 上記に該当する人の業務に従事中の人

上記の方が年齢条件に当てはまる方々になります。

年齢条件に当てはまらないが保障の対象となる人もいます。

年齢条件が対象とならない範囲をまとめてみましょう。

  • 別居している親族
  • 知人・友人

勘違いされることが多いのですが、年齢制限が適用されるのは親族になり、友達に車を貸して仮に事故を起こしたとしても保障の対象となります。

仮に都市部で一人暮らしをしている場合、別居している親族となりますので35歳以上の任意保険に加入していたとしても、保障されることとなります。

しかし、運転者を特定する特約を付けていた場合、保障の対象外となる場合もありますので、保険の内容を理解しておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

小正月の由来や行事をまとめてみました。

小正月の行事はあまり浸透していないようですが、地域によっては大事にされている行事となるようです。

ここで取り上げたいのは女正月です。

女正月は正月で忙しかった女性を休ませるための行事で、良い行事と言えます。

また、正月で実家に帰った時に運転する機会がある車。

車を運転するには任意保険が重要となってきますが、別居している親族ならば保障が受けられるようです。

これで、正月の運転も安心できますが、特約が付いていないか注意が必要です。

ランキング