1月16日は禁酒の日。ご存知でしたか?その意外な由来と歴史とは。

いろいろな記念日がありますが、1月16日は禁酒の日です。その由来は何でしょうか。年末年始のお酒の飲みすぎの反省が由来でしょうか?禁酒の日の由来とともに、禁酒をした場合のメリットも見ていきましょう。美容と健康面からも、特に女性は必見です!

1月16日は禁酒の日?その由来と歴史を解説します

1月16日が禁酒の日に定められた由来はなんでしょうか?

禁酒の日だからその日だけ禁酒するのでしょうか?

それとも、今後一切飲まないと決意する日?

それは、それぞれの事情にまかせるとして、禁酒の日はお酒好きの方には気になる日ですね。


禁酒の日の由来は、年末の忘年会やお正月、新年会とお酒をのむ機会が続いた1月中旬、飲みすぎたからそろそろ肝臓を休めないといけないとか、散々お酒を飲んだ後で「禁酒する!」と宣言をする日だからではありません。


では、「禁酒の日」にどんな由来と歴史があるのかを見ていきましょう。

禁酒の日の由来とその歴史とは?

禁酒の日が1月16に定められたのは、1920年1月16日にアメリカで施行された禁酒法に由来します。

日本の「禁酒の日」がアメリカの法律に由来しているというのは意外です。


禁酒法とは、酒類の製造販売・流通を禁止するものです。

しかし、無いといえばどうしても手に入れたいと思うのは、誰でも何処でもいつの時代でも共通です。

そんな人々の心の隙を狙って、禁酒法の施行の裏でギャングによる密輸や密造が横行し、また、粗悪な密造酒などにより命を落とすことさえおこるようになっていきました。

アルコール依存症やアルコールによる暴力などの悪い面を無くすための法律が、別の大きな悪をもたらすことになりました。

結局1933年にこの法律は廃止となりました。

しかし、日本の禁酒の日の由来となりました。


アメリカの有名なギャングのアル・カポネや舞台・映画の「シカゴ」の時代です。

昔の話のようですが、約100年前の頃のことですね。

「禁酒の日」の由来となった禁酒法が制定された背景はアルコールによって引き起こされる問題を無くそうというものでしたが、今の時代でもその問題は変わらずあります。

禁酒法はかなり極端なものですが、「禁酒の日」を機会に、禁酒についても考えてみましょう。


禁酒をすることで得られる5つのメリット

「酒は百薬の長」という言葉は、皆さんご存知でしょう。

テレビでみましたが、百歳になられた方にも、毎日お酒を飲んでいると言われる方がいらっしゃいます。毎日少しだけ楽しみに飲まれているのだと思います。


確かにストレスをため込んだまま日々を過ごすより、お酒を飲んで発散した方がずっと体に良いという場合もあります。これは「程々」に飲んでいる場合の話です。


「酒は薬なんだ」と言って、どんどん飲んでいる人、いますね。

二日酔いになるほど飲んで、体調が悪くなるような方のお酒は薬にはなりません。


「禁酒の日」をきっかけに、お酒が大好きな人も禁酒宣言しようと思っている人も、禁酒をすることで、どんなメリットがあるのか見ていきましょう。


メリット1:おつまみなどを食べないことによるむくみ防止やダイエットになる

お酒好きの人にとって、「美味しいお酒と美味しいおつまみ」があると幸せですね。

それにお酒だけ飲むよりも何かつまみながらの方が、胃にも優しいのでしょう。

しかし、お酒に合うおつまみが、塩分が多くてカロリーも高いということが困ったところです。


カロリーについては、お酒自体のカロリーも高いです。

例えば、ビールは350ml当たり約140~160キロカロリー、最近はやりの酎ハイでは350ml当たり約140~227キロカロリーです。

これだけではすみませんね。一度飲み始めれば1本の缶ビールや缶チューハイではやめられなくなるのも困ったところでしょう。

特に外飲みの場合は、楽しい雰囲気でどんどん酒量も増え、それに伴ってカロリーもどんどん増えていきます。

そのうえに、おつまみも食べるとかなりの高カロリーを摂取していることになります。



次に、塩分のとりすぎは生活習慣病につながるだけではなく、ダイエットの大敵でもあります。


塩分の多量の摂取により水分をたくさん必要とするため体がむくんでしまい、また、むくむことによって代謝が悪くなり痩せにくい体になってしまいます。


禁酒によっておつまみを食べないことにより、ダイエットにもなるし、健康にもなるということですね。

「禁酒の日」から禁酒をして、健康的にダイエットをしましょう。


メリット2:出費が抑えられることにより貯蓄をすることが出来る

お酒を飲む方はご存知でしょうが、けっこう費用がかかります。

外で飲むと食事やおつまみなどもいれて、1件で安くても3,000円くらいはかかるのではないでしょうか。

節約の為に「家飲み派」にしている方でもアルコール代は結構かかります。


飲んだつもりになってその費用分を貯蓄にまわせたら、かなり貯まっていくのではないでしょうか。

今、お酒の消費量が多いかた、飲むお酒の量が多ければ多い程お酒をやめた時に貯まる金額もたくさんになりますよ。

「禁酒の日」から禁酒をして、貯蓄を増やしましょう



メリット3:女性に嬉しい禁酒をすることにより髪質の向上

適度なアルコールの摂取は、血行を良くし、ストレスの解消にもなって髪にも良いとされています。

しかし、アルコールのとりすぎは、髪の為に必要な物質をアルコールの分解の為に使い、育毛

や髪質の向上に悪い影響があります。抜け毛が増えるという例もあります。

髪の為に悪いということは、肌質など美容のためにも良くないということです。

「禁酒の日」から禁酒をして、髪もお肌も綺麗になりましょう。

メリット4:睡眠の室が上がり疲れがとれやすくなる

夜、眠れるように少しだけお酒を飲むという方もいらっしゃると思います。

寝つきが良いように飲むのですが、気を付けないと少しの量では眠れなくなり、だんだんお酒の量が増えていくことになります。

また、お酒を飲むと寝つきは良いのですが、睡眠の質が低下し、途中で目覚めることになります。

お酒には利尿作用もあるので、そのせいで途中で起きてしまうことにもなります。

禁酒をすると、睡眠の質が上がり、途中でトイレに起きなくても良いので朝までゆっくり眠れ、疲れがとれます。

「禁酒の日」から禁酒をして、爽やかな朝を迎えましょう


メリット5:内蔵の働きがよくなり代謝や排泄が改善される

お酒が肝臓に悪いのはご存知の通りです。

男女の差や体格にもよりますが、飲酒は肝臓にダメージを与えます。

肝臓は代謝や排泄を促す働きをしていますが、禁酒をすることでその働きが改善されます。


脂肪の分解にも肝臓が関わっています。

ですので、ダイエットをしているときにお酒を摂取すると、アルコールの分解に肝臓がつかわれてしまって、脂肪の分解をしなくなってしまうのです。

肝臓は大変多くのそして重要な働きをする臓器です。肝臓に負担をかけないようにしなければいけません。

禁酒の日から禁酒をして、健康になりましょう

禁酒の日にちなんでお酒の雑学を紹介します

とは言っても、人類の長い歴史の中に、お酒は必ず登場してきました。

禁酒の日は約100年前の禁酒法に由来していますが、禁酒法の制定にはキリスト教のプロテスタントが大きな役割をはたしました。

しかし、キリスト教にとってワインは大変重要な意味を持ちます。

中国では紀元前7000年にはもう酒が飲まれていたとされています。

禁酒の日から禁酒をしようとお勧めしていますが、人類の長い友達でもあるお酒の雑学を紹介していきましょう。

乾杯の由来は昔の日本の貴族などの毒味だった?

乾杯!」は今ではおめでたい席や、飲み会のスタートにはつきものです。

では、乾杯の由来は?いつから乾杯はあったのでしょうか?

グラスを合わせる乾杯は、中性ヨーロッパで、神様や死者の為にお酒を飲んだのが由来だといわれています。

カチーンとグラスを合わせたときの音で悪魔を追い払うのだとか、グラスを合わせ酒の中身を混ぜ合わせることにより毒が入っていませんよという証明になったのだという説があります。

毒味の意味合いがあったのでしょう。物騒な由来です。


日本での乾杯の由来はどうでしょう。

戦国時代、出陣の時に武士がみんなで杯をかわし、飲み干した後に割るという場面が時代劇などででてきますが、これも広い意味では乾杯といえるでしょう。

「乾杯」と言って始めてお酒を飲んだのは意外に新しく160年くらい前の江戸時代のことです。

「日英和親条約」締結後に英国の役人を招待した井上清直という人が、英国では女王陛下の健康を祝して杯を交わすというのを聞いて、「乾杯」と叫んだのが乾杯の由来だと言われています。


ビールだけで7年間も生きた男性が日本にいた

昭和9年青森県で逮捕された男が、朝食にビールをのみたい、過去7年間ビールしか口にしていないと言ったといいます。

男は医者に治らない病気を告げられ、どうせ死ぬのなら好きなお酒だけ飲んで暮らそうと思ってビールだけしか口にしないでいたら体調が良くなったと言うのです。

実際にビールだけで生きていけるのでしょうか。栄養失調になるのは目に見えていますし、ビールは利尿作用が強いので脱水症状も出るでしょう。

ドリアンを食べている時のビール摂取は死亡リスクがある?

ドリアンとビール!

日本ではこの食い合わせには、なかなかお目にかかれることは無いかもしれませんが、東南アジアへ旅行する方も多い現代では全く関係のない話ではないですね。

東南アジアでは「ドリアンとビールを一緒に食べると死ぬ」といわれています。

その由来は何でしょう。

ビールだけではなく酒類とドリアンが胃の中で反応して胃が膨張して苦しくなったり、体が火照って体温が上がり気分が悪くなったり胸焼けしたりはしますが、直接の死因にはならないようです

しかし、体調の悪い方や手術の経験のある方は、この食べ合わせは避けた方が良いのではないでしょうか。


ワインを購入したら保険に加入?高価なワインにかける保険

ワインも高価なものは、かなりの価格です。

記念日に飲むためにとか、楽しみにとっておくために頑張って買う方が多いでしょう。

高価になれば転売して利益を得ようとする人も出てくるでしょうし、高価なワインをコレクションしている方もいるでしょう。

そんな人はワインに保険をかけるという動きもあるようです。

しかし、偽物であってはダメ(当たり前ですが)だし、保存状態のチェックなど厳しいようです。

高価なワインに保険をかける、美しい脚に保険をかける、自分の大切なものを守るためにかける保険だから由来は同じなのかもしれません。


まとめ

禁酒の日の由来はアメリカの禁酒法です。

お酒はほどほどに飲むには良いものですが、禁酒をするメリットは充分にあるようです。

禁酒の日に禁酒宣言をしませんか?

そして禁酒の由来を聞かれたら、1月16日の「禁酒の日」に決心したと答えてはいかがでしょう。

ランキング