カレーの日の由来って何?全国で開催されているイベントもチェック!

カレーの日と呼ばれる日は、1年に数回あります。それぞれ由来も異なるのでその由来を見てみましょう。また、カレーの日にはカレーに関するイベントを開催されているところも多いです。全国のイベントをご紹介しますので気になるものがあったら参加してみてはいかがでしょうか。

全国で開催されているカレーの日とその由来とは?


日本の国民食でもあるカレー。大好きで良く食べるという人も多いともいますが「カレーの日」というのがあるのはご存知ですか?


じつは、カレーの日はいくつかあるのでご紹介していきますね。

1月22日それとも毎週金曜日?カレーの日の由来は様々

カレーの日の中でも一番有名なのが1月22日です。その他毎週金曜日はカレーの日、という団体もあります。複数の記念日がありますが、由来はそれぞれ違います。個々の由来を見ていきましょう。

1月22日をカレーの日と決めたのは学校給食の栄養士さん

1月22日をカレーの日と制定したのは、学校給食の栄養士さんです。全国学校栄養士協議会という団体が決めたものです。

1月22日がカレーの日になったのは、1982年に学校給食が開始から35周年を迎えた記念に1982年の1月22日に全国の小中学校で一斉にカレーを出したことに由来しています。記念メニューとしてカレーが選ばれたのは子供に人気があったことと、栄養価が高いことです。


現在は1月22日に必ずカレーを出すという決まりはないそうです。


元々は学校給食が由来の記念日ですが、カレーの日として最も有名なのは1月22日です。全国のカレーイベントなども多いので覚えておきましょう。

海上自衛隊は毎週金曜日がカレーの日?

1月22日が全国的にカレーの日とされている一方、海上自衛隊では毎週金曜日をカレーの日としています。

海軍は長く船の上にいることが多く、曜日感覚が狂ってしまうので毎週金曜日をカレーの日にしたという由来があります。海軍のものが有名ですが、陸軍や空軍でも食べているようです。


毎週同じメニューにするのならカレーでなくてもいいと思いますが、カレーは栄養バランスがよく、作るのが簡単、後片付けが楽ということで選ばれたようです。子供にも人気のメニューですが、大人でも好きな人も多いですしね。


じつは元々は金曜日ではなく、土曜日がカレーの日でした。昔は土曜日の午前中まで勤務があったので土用の昼にカレーが出されていたのです。カレーを食べたらそのあとは休みというのは分かりやすいですよね。また、その後は休みになるので、できるだけ休む時間を長く取れるように後片付けが楽なメニューを選ぶようになったのです。


ですが、現在では完全週休二日制のため、カレーの日は土曜日から金曜日にシフトされたそうです。

海上自衛隊と似た由来で防衛大学校では月曜日の昼食がカレーの日

防衛大学校では、金曜日ではなく月曜日がカレーの日となっていて、昼食にカレーがあります。なぜカレーの日になったのかという由来は定かではありません。自衛隊と同じく曜日感覚がなくなるのを防ぐためという説もあります。

横浜では6月2日が横浜カレーの日らしい?

さらに、6月2日は横浜カレー記念日です。

これはかつて横浜にあった「横浜カレーミュージアム」というフードテーマパークが制定したものです。6月2日は横浜の開港記念日でもありますが、その時にカレーも日本に入ってきたという説に由来しています。横浜カレーミュージアムは閉館しましたが、記念日は残っているようですね。

カレーの日にはどんなイベントが開催されている?

カレーの日には全国でさまざまなイベントが開催されています。1月22日は学校給食に由来していますが、いまでは給食以外のカレーのイベントも多いんです。

カレー好きなら一度は行ってみたいですよね。全国で行われているイベントをご紹介しますので、興味があるものに参加してみてはいかがでしょうか?

イベント1:チェーン展開されているカレー屋さん(ココイチ)でも毎年1月に開催されている

全国チェーン展開しているカレー店ココ壱番屋(ココイチ)でも毎年1月にイベント・キャンペーンが行われています。

このイベント・キャンペーンの由来は、1月22日がカレーの日だからというだけではありません。じつは1月17日がココイチの創業日でもあるんです。


イベント・キャンペーンの実施日や内容は毎年変わります。2018年は1月9日から1月22日までの期間で「SPECIAL PASSPORTキャンペーン」というのが開催されています。期間中、食事をした人全員にSPECIAL PASSPORTが配布されます。(宅配は対象外)。


SPECIAL PASSPORTを持っていると1月9日から2月28日までは対象ドリンクを1杯サービス。3月1日から3月31日までは対象のトッピングがサービスになります。


パスポートですので期間中は何回でも使用可能。しかもパスポートを持っている本人だけでなく、1人が持っていればグループ全員がサービスを受けられる(カレーを注文した方に限る)という太っ腹な企画です!さすが年に一度のカレーの日のイベントですね。


ココ壱番屋(ココイチ)のファンの方はぜひこの機会に来店しましょう!

イベント2:大阪府茨木市では市内の飲食店を巻き込んでカレーサミットを開催している

大阪府の茨木市では年に2回カレーサミットというイベントを開催しています。

茨木市内のカレーサミット参加店に行くとカレーメニューを味わうことが出来ます。初めは20店舗ほどしか参加していなかったのですが、多い時には100店舗を超える参加店があるんです。どのメニューを食べようか迷ってしまいますよね。


参加しているのはカレー店だけではありません。カレー味のおかず、お寿司屋さんのカレーいなりや、おせんべいやさんのカレーせんべいなども参加しています。この期間だけしか食べられないメニューも多いので毎年楽しみにしている人も多いんですよ。


このイベントのルールは「お金をかけないこと」だそうです。ですから大々的なイベントとは少し異なりますが、楽しいことが好きな人ならきっと好きになるイベントです。

冬と夏に行われているので、冬のイベントはカレーの日に近い日程で行われます。ですが2月に開催されることもあります。冬に行われるのは1月22日のカレーの日に由来しています。夏のイベントは8月に開催されることが多く「盆カレー」としてお盆にカレーを食べることを推奨しています。


2018年の日程はまだ決まっていないのですが、決まったら予定を合わせて出かけるということもできますね。近くの人はもちろん、ちょっと遠い人も日程が合えば足を運んでみてはいかがでしょうか。

イベント3:西日本最大級のカレーの祭典カレーEXPO

カレーのイベントとして西日本最大級だといわれているのは大阪の万博公園で行われている「カレーEXPO」です。日程はその年によってまちまちです。2017年は9月に行われましたが、2018年は5月の3日から6日までの4日間で行われます。カレーの日に由来したイベントではありませんが、ゴールデンウィーク中なので行きやすい人も多いのではないかと思います。2018年5月の開催で5回目を迎えます。

万博公園に屋台が集まるフードフェスティバルですね。2017年のイベントでは、大阪のスパイスカレー店を中心に40店舗が集結しました。しかも、グルメブロガーやカレー通の人が厳選したお店ばかりです。


カレーの料金は一律で

  • ライスとカレールー2杯のセット:1,200円
  • ハーフカレー(ルーのみ):500円
  • ライスのみ:300円

という価格設定です。野外のフードフェスティバルでは、量が少なくて物足りないというケースも多いですが、ライスの量が300gとしっかりあるのでお腹もいっぱいになりますね。ルーのみの販売もあるので色々なカレーを味比べできて楽しいです。


2017年9月はスイーツEXPOも同時開催されていました。カレーの後に甘いものというのは最高ですね!2018年の出店情報などはまだ明確になっていませんが楽しみなイベントですね。


なお、入場は無料ですが公園内で開催されるため公園の入場料が必要になります。公園の入場料は大人250円、小中学生70円です。


イベント4:1年に一度下北沢で開催される下北沢カレーフェスティバル

東日本で有名なカレーイベントと言えば下北沢カレーフェスティバルです。こちらもカレーの日に由来したものではなく、毎年10月に10日間に渡り開催されています。

下北沢というと古着や演劇のイメージが強いかもしれませんが、実は個性的なカレー店が多く「カレーの街」ともいわれています。期間中は駅前でカレーマップが配布され、参加店のカレーを食べ歩くというイベントです。茨木のカレーサミットに近い内容になっていますね。


2017年の参加店舗は149店舗!世界の様々なカレーを味わうことが出来ます。もちろん、イベント期間にしか食べられない限定メニューもあるので見逃せません。


専用アプリをダウンロードすると、各店で大盛無料、トッピングサービス、おかずがもらえるなどの特典があります。さらに300円でスタンプラリーキャンペーンにも参加できます。スタンプの数に応じてさまざまなプレゼントがゲットできますよ。下北沢カレーフェスティバルに参加するなら、ぜひアプリをインストールしておきましょう。


イベント5:全国のご当地カレーなども楽しめるよこすかカレーフェスティバル

横須賀の三笠公園では、よこすかカレーフェスティバルというイベントを実施しています。2018年の日程はまだ発表になっていませんが2017年は6月3日、4日で開催されました。日程から考えると横浜カレー記念日に由来したイベントなのかもしれませんね。

こちらのイベントでは、普段なら食べることが出来ないよこすか海軍カレーと海上自衛隊カレーを味わうことが出来ます。自衛隊のカレーは家庭ではまねできないおいしさだといいますし、一度は食べてみたいですよね!


各10種類、合計20種類のカレーがバイキング形式で食べられて700円ととってもリーズナブルです。


他には全国から有名なご当地カレーが集まり、人気投票でグランプリを決定します。さまざまなカレーが味わえるイベントなので一度は参加してみたいですよね!

お店の人も意外と知らないウェルシュ菌と食中毒に備えるための保険とは?

みんな大好きおいしいカレーですが、カレーは大量調理するとウェルッシュ菌食中毒のリスクがあります。

ウェルッシュ菌とは人や動物の腸管や土壌、下水などで発生する細菌です。熱に強く、加熱後に常温で長時間放置された食品が原因で食中毒を起こすことがあります。


原因となる食品を食べてから6~18時間後に下痢や腹痛などの症状が起こります。嘔吐や発熱を起こすことは少ないです。再加熱するときは中までしっかり加熱することで食中毒を防ぐことが出来ます。


調理や保存に十分に気を付けることはもちろんですが、万が一の時に備える飲食店のための保険があります。食中毒やお客様が食事や備品などが原因でケガをしてしまった時に補償してくれる保険です。


食中毒を起こしてしまうと営業停止になってしまい収入が減ってしまう上に、治療費や賠償責任などを追わなくてはいけません。食中毒や事故は起こさないことがもちろん一番ですが、飲食店用の保険に入っておくと少しは安心できるのではないでしょうか。飲食店用の保険の名前は保険会社によってさまざまです。オプションで営業停止中の損害を補償してくれるものもあります。ぜひ一度検討してみてください。


また、残念ながら個人が加入できる医療保険や傷害保険は食中毒を補償してくれません。お店で食べたり買ったりしたもので食中毒を起こした場合はお店に損害賠償を請求することが出来ますが、自分で起こしてしまうこともあります。その場合はどの保険も使用することが出来ませんので、食中毒を起こさないように家でもしっかり衛生管理を行ってください。

まとめ:カレーの日やカレーのイベントやキャンペーンを楽しもう!

カレーの日と呼ばれる日は1年に数回あります。

  • 1月22日(全国学校給食栄養士協議会が制定)
  • 6月2日(横浜カレー記念日・横浜カレーミュージアムが制定)
  • 毎週金曜日(海上自衛隊)
  • 毎週月曜日(防衛大学校)

カレーの日の由来は記念日によってさまざまです。


全国ではカレーにまつわるさまざまなイベントが開催されています。1月22日のカレーの日に由来しているものもあればそうでないイベントもありますがどれもカレー好きには嬉しいイベントです。ぜひ行ってみてはいかがでしょうか。


今回は有名なイベントを紹介させていただきましたが、他にも個人店でサービスなどがあるかもしれません。1月22日前後はカレー店をチェックしてみてください。

ランキング