飲食店に必要な保険と絶対に知っておくべきリスクを徹底解説!

飲食店に必要な保険と絶対に知っておくべきリスクを徹底解説!-サムネイル画像

飲食店を経営する上で、様々なリスクに対応できる保険への加入は必須と言えるでしょう。しかし、いまいちどんな保険に加入すればいいのか分からない、という方もいらっしゃると思います。そこでこの記事では、飲食店に特化した保険の特徴や選ぶ際のポイントなどをご紹介します。




▼この記事を読んで欲しい人

  • 飲食店を経営している人
  • 飲食店を経営し、保険の加入で悩んでいる人
  • 飲食店を経営し、いま加入している保険を見直したい人

▼この記事を読んでわかること


  • 飲食店が加入すべき保険
  • 飲食店が保険に加入する際に注意するポイント
  • 飲食店に特化した保険の商品紹介

内容をまとめると

  • 飲食店を経営するなら「火災保険」「施設賠償責任保険」「店舗総合保険」「テナント保険」「PL保険」「店舗休業保険」の6つの保険加入を検討するべき
  • 飲食店を経営者は「火災」「従業員のミス」「施設の不備」「食中毒」「人格侵害」などのリスクに備えるべき
  • 飲食店経営者は、店舗開業時だけでなく、保険の更新時、年度が変わるタイミングなどで保険の見直しを図るべき
  • 自分の飲食店にぴったりの保険が知りたいならマネーキャリアの利用がおすすめ マネーキャリアはプロに保険について無料相談ができるサービス。 マネーキャリアは、専門性の高い分野はもちろんのこと、一度の相談ではわからない疑問点を何度でも相談できるので安心!

飲食店を経営しているなら絶対に検討するべき6つの保険を紹介!


飲食店を経営する上で、万が一のリスクに備えることは必要不可欠です。


飲食店は、通常のテナントとは異なり、食事を提供する事業です。

そのため、「食中毒」や「異物混入」など飲食店に特化したリスクに備えるべきだと言えます。


では、飲食店の経営者は、どのようなリスクに備え、どのような保険に加入するべきなのでしょうか

そこでここからは、飲食店を経営の上で絶対に検討するべき6つの保険ご紹介します。


飲食店の経営者であれば、必ず一度は頭に入れておくべき保険が以下の6つです。

  • 火災保険
  • 施設賠償責任保険
  • 店舗総合保険
  • テナント保険
  • PL保険
  • 店舗休業保険
これらの保険は、どのような場面で役に立つ保険なのでしょうか。

一つずつ解説していきます。

①法人向け火災保険

法人向けの火災保険とは、火災や自然災害などによる、建物・建物に収容される設備や什器・商品・製品に対する補償がある保険のこと。


火災はいつ、どんなところで起こってもおかしくありません。

ましてや食事を提供する飲食店において、火災のリスクは非常に高いと言えます。

自店舗で火を使う機会が少なくても、近隣の店舗に火を使う飲食店がある場合は火災のリスクにしっかり備えるべきです。


また、火災保険は「火災」だけに補償があるイメージですが、風災・落雷・水漏れ・盗難などのあらゆる災害に対して幅広くカバーしてくれる保険です。


例えば、

  • 給排水設備の不具合で水漏れが起きた
  • 上の階の床が抜け、店舗内の設備が破壊された
  • 店舗外で破壊行為が発生し、店舗の看板や外壁が破壊された

このように火災が起きていないケースでも、火災保険を活用し損失に備えることができます。

火災保険は、事業をするにあたり、かなり頼りがいのある保険のひとつだと言えるでしょう。

②施設賠償責任保険

施設損害賠償責任保険とは、他人に怪我を負わせたり、他人の所有物を破損したりした結果、賠償責任を負担することで被る損害を補償する保険のこと。


 例えば、

  •  店舗の床が濡れた状態になっており、お客様が転倒してしまった
  • お店にある看板が倒れ、お客様の持ち物を破損させてしまった

このようなトラブル時に活用できるのが、「施設賠償責任保険」です。 


施設損害賠償責任保険に加入しておけば、転倒してしまったお客様の治療費、傷をつけてしまった自動車の修理費などを保険金から支払うことができます。


最近ではテイクアウト専門の飲食店も多くありますが、飲食店は店内にお客様を招き入れる事業です。

日頃から細心の注意をはらっていたとしても、店内でお客様が怪我をするケースや、店員の不注意からお客さまの所有物を破損するケースなど、どうしても避けられない事態が発生する可能性を視野に入れるべきです。


つまり、施設賠償責任保険は飲食店を経営する上で欠かせない保険のひとつと言えるでしょう。

③店舗総合保険

店舗総合保険とは、

  • 火災保険 
  • 施設賠償責任保険
  • PL保険(生産物賠償責任保険)

などの複数の保険がひとつになった保険のこと。


火災で起きた店舗設備や什器の損傷や、第三者への損害賠償、店舗の休業など、様々なリスクに対応できる保険です。

店舗総合保険とは、一般的な火災保険に加え、店舗の経営で起こりうる様々なリスクに対応してくれる保険と言い換えることもできるでしょう。


特に、飲食店において「休業」のリスクに備えることは非常に大切です。


飲食店では、

  • 食中毒や異物混入
  • 台風などの自然災害による食材の仕入れ不足

などの影響で、一時的に店舗を休業する可能性がある事業だからです。

店舗の休業期間は、その期間で発生する予定だった利益がゼロになりますよね。


店舗総合保険では、このような休業に伴った損失分の一部を補償してくれる制度もあります。


店舗を経営する上で必要になる複数の保険に一括で加入できることから「店舗総合保険」は、飲食店の経営者にとてもおすすめの保険と言えるでしょう。

④テナント保険

テナント保険とは、火災や風災、水災や盗難などに伴う、設備費用や第三者への賠償責任を補償してくれるもの。


テナント保険の補償内容は火災保険と近いものがありますが、テナント保険の方が補償範囲が広く、柔軟性がある保険です。


テナント保険に加入することで、

  • 設備什器等補償
  • 費用補償
  • 借家人賠償責任補償
  • 施設賠償責任補償

などの補償を受けられるからです。


設備什器等補償


設備什器等補償とは、火災や水災などの事故によってテナント内の設備や機器などが使いものにならなくなった場合に補償してくれるものです。

事故そのものの被害だけでなく、火災の消火活動に伴う設備被害も対応してくれます。


費用補償


費用補償とは、火災や水災などの直接的な被害「以外」の費用を補償してくれるものです。

一時的な仮事務所を借りるための保険金や、お見舞金などが受け取れるます。


借家人賠償責任補償


借家人賠償責任補償とは、テナントの借主に対する賠償責任を補償してくれる保証です。

もし自店舗で火災が起きた場合、テナントを保有する貸主への賠償責任が発生します。

テナント保険に加入しておけば、保険金を活用することで賠償責任が賄える仕組みです。


施設賠償責任補償


施設賠償責任補償とは、他人に怪我を負わせたり、他人の所有物を破損したりした結果、賠償責任を負担することで被る損害を補償するもの。

店舗の設備不備で第三者へ怪我を負わせてしまった場合も、保険金で賠償責任を賄える仕組みです。


テナントを借りて事業を行うにあたり、自店舗の被害はもちろん、第三者への被害も視野に入れなくてはいけません

テナント保険は、火災保険のような一般的な補償だけでなく、第三者への被害リスクにも備えられる保険だと言えるでしょう。

⑤PL保険

PL保険とは、別名「生産物賠償責任保険」と呼ばれるもの。

生産物賠償責任保険とは、お店が提供したものや商品が原因で、提供を受けた人に身体障害が生じた場合、店側が被る損害を補償する保険のことです。


補償対象例としてあげられるのが 

  • 提供した食べ物が原因で食中毒を起こした場合
  • 提供した食べ物に異物が混入した場合

などです。


飲食店で提供した料理を食べたことが原因で食中毒を引き起こした場合、お店側がお客様に対し賠償責任を負う必要があります。

食べ物にガラスなどの異物が混入し、口の中をけがしてしまった場合も同様です。


特に食中毒は、一度に多くの方の被害が発生するもの

被害にあった方が多いほど、賠償責任も大きくなり、多額の治療費や慰謝料などが必要になります。

場合によっては、弁護士も必要になるかもしれません。


いくら細心の注意をはらっても、食中毒や異物混入のリスク管理は、飲食店の経営において欠かせません。

「生産物賠償責任特約」は、最も飲食店において加入が欠かせない保険のひとつと断言できるでしょう。

⑥店舗休業保険

店舗休業保険とは、店舗の休業による損失を補償してくれる保険のこと。


例えば、

  • 火災
  • 爆発
  • 落雷
  • 風災
  • 建物外部の落下・衝突
  • 水漏れ
  • 暴力行為や破壊行為
  • 盗難による損傷
  • 水災
などの事故から損傷を受けた結果、休業を余儀なくされた場合の損失を補償してくれます。

店舗休業保険に加入すれば、休業期間中の「粗利益」が補償され、保険金が支払われます。
保険金があれば、休業期間中のテナント料(家賃)や人件費などを賄えますよね。

ただし、店舗側に重大な過失がある場合や、従業員の過失による事故などは補償の対象外です。

例えば、
  • 調理中の火から長時間目を離したことが原因で火災がおき、休業を余儀なくされた
  • 店舗の冷蔵庫のスイッチを入れ忘れ、食材が痛み、休業を余儀なくされた
  • 従業員が運転する自転車が店舗に突っ込み、休業を余儀なくされた
など。

過失とは、細心の注意をはらっていれば、予防できた内容を指すことがほとんどです。
店舗休業保険は、「どんな事案にでも休業になれば補償してくれる」内容ではないことを理解しておきましょう。

飲食店を経営する上で考えられる法人向け保険で備えるべき5つのリスク


飲食店を経営するにあたり、どのようなリスクが起こりうるでしょうか。
また、それらのリスクはどういった保険に加入すれば備えられるでしょうか。

ここからは、飲食店で起こりうるリスクを6つあげ、これらのリスクに備えられる保険を紹介します。

飲食店で起こりうるリスクは以下の6つです。
  1. 火災のリスク
  2. 従業員のミスによる賠償責任リスク
  3. 施設の不備による賠償責任リスク
  4. 食中毒のリスク
  5. 人格権侵害賠償のリスク
 一つずつ解説します。

飲食店のリスク①火災リスク

飲食店を経営する上で、「火災」に対するリスク管理は必須です。

調理で火を使うのはもちろん、電子レンジや冷蔵庫などの電子調理器具から火災が発生する可能性は否定できないからです。

調理以外にも、
  • お客様が持ち込んだタバコが火災の原因になった
  • インテリアで使用した照明が倒れ、絨毯が燃えた
  • 暖房機器が故障し火災が発生した
など、火災トラブルの原因を考え出したらキリがありません。

自店舗の火災だけでなく、近隣飲食店の火災が原因で店舗の営業が難しくなるケースもあります

店舗の備品や厨房設備が焼失・破損した場合、飲食店としての営業は困難を極めますよね。
営業に必要な備品や設備をそろえ直すのは、経済的にも大きなダメージのはず。

火災保険は、火災によって生じた損害を補償してくれるものです。
保険はいざという時に頼りになる存在です。
火災保険は火災以外のトラブルにも幅広く対応してくれます。

飲食店の経営に限らず、店舗を経営するならば火災保険の加入は必須と言えるでしょう。

飲食店のリスク②従業員のミスによる賠償責任リスク

飲食店では、従業員のミスによる賠償責任のリスクも頭に入れておかないといけません。


例えば、

  • お客様に熱い飲み物をこぼしてしまい、やけどを負わせた
  • 自転車で出前に向かった従業員が通行人とぶつかり、ケガをさせた

飲食店を経営するにあたり、従業員がお客さまに怪我を負わせてしまう、不注意からものを破損するなどどうしても避けられない場合があります

このようなトラブルに活用できるのは「施設賠償責任保険」です。


施設損害賠償責任保険は、施設(飲食店)における業務中の対人・対物事故を補償してくれるものです。


保険に加入しておくことで、お客様をケガさせてしまった場合の治療費や、トラブルが原因になってお客様の所有物が破損してしまった場合の修理費などを保険金から賄うことが可能です。


飲食店では「接客」は不可欠ですよね。

営業するにあたり、お客さまにケガをさせてしまう、不注意からものを破損するなど、どうしても避けられない場合があります。

飲食店のリスク③施設に不備による賠償責任リスク

飲食店は、施設の不備による賠償責任のリスクも頭に入れておかないといけません。


例えば、

  • お店の看板が落下し、通行人がケガをした
  • 店舗のエレベーターが故障し、お客様がドアにはさまれた
  • 店舗の床が濡れた状態になっており、お客様が転倒してしまった

施設の使用で起きたトラブルに活用できるのも「施設損害賠償責任保険」です。


施設損害賠償責任保険は、対人・対物事故を補償してくれるだけではありません


施設損害賠償責任保険は、施設(飲食店)に不備があり、お客様がケガをさせたり、お客様の所有物を破損したりした場合の賠償責任を補償してくれます。


保険の加入によって、ケガをされたお客様への損害賠償金や、裁判になったケースの費用も賄うことが可能です。

飲食店では対人トラブル以外にも、飲食店の建物や設備の原因トラブルも視野に入れておくべきと言えるでしょう。


「施設賠償責任保険」は、飲食店を経営する上で加入が欠かせない保険の一つです。

飲食店のリスク④食中毒のリスク

飲食店を経営する上で、食中毒ほど怖いものはありません。


飲食店で食中毒が一度発生すると、多くの方が被害にあわれる可能性があります。

また、食中毒は、重症化や死亡事故に発展するケースもあります。

被害を受けた方が多いと、賠償金が高額になることも視野に入れなくてはいけません。


食中毒のリスクに備えられるのが、「生産物賠償責任保険」です。

生産物賠償責任保険とは、お店が提供したものや商品が原因で、提供を受けた人に身体障害が生じた場合、店側が被る損害を補償するものです。


補償対象例としてあげられるは、

  • 提供した食べ物が原因で食中毒を起こした場合
  • 提供した食べ物に異物が混入した場合

など。


もちろん飲食店において、食中毒や異物混入はあってはならないことです。

しかし、どんな事業も「絶対に安全」という確証はありません。


飲食店を経営にあたり、「生産物賠償責任保険」への加入は店舗を経営する一つの「責任」と言い換えることもできるでしょう。

飲食店のリスク⑤人格権侵害賠償のリスク

飲食店は、食べ物を提供するだけでなく、接客が必要となる事業でもあります。
接客するにあたり、どのようなリスクが発生するでしょうか。

例えば
  1. 従業員の何気ない一言でお客さまを傷つけてしまった
  2. 無銭飲食が発生し、当事者でないお客様を誤って捕まえてしまった

このようなトラブルに活用できるのが、「人格権侵害賠償責任保険」です。
人格権侵害賠償責任保険とは、お客様の人格を侵害したトラブルに対する損害を補償してくれるものです。

人格侵害は飲食店において比較的発生ケースの低い事案ではありますが、万が一の場合に備えることは非常に大切です。

接客時、故意ではないにしろお客様を傷つけてしまうケースがあることも事実です。
人格権の侵害は、いわゆる「精神的ショックを与えられた」とお客様が訴えてきた場合も当てはまります。

このようなケースを考えると、接客する従業員のすべてが「自分の発言がお客様を傷つける可能性がある」ことを頭に入れる必要があります。
飲食店において保険の加入はもちろん大切ですが、接客に対する心構えを従業員に伝えることも、お店を守る一つと手段と言えるでしょう。

飲食店経営で保険に加入しておくメリット:経済的な損害負担を軽減できる


飲食店経営で保険に加入するメリットは、経営破綻のリスクを軽減できることです。


例えば、お店で食中毒が発生した場合。

お店側には、被害にあわれた方の治療費や損賠賠償を支払う義務が発生します。

食中毒で多くの方が被害にあわれた場合は、損害賠償の金額も多額になる可能性があります。


ただし、保険に加入しておけば、保険金で損賠賠償費用を賄うことが可能です。

食中毒が発生した場合、「食中毒が発生したお店」という信用面の被害は逃れられません。

しかし、保険に加入しておくことで経営破綻のリスクを軽減することが可能と言えます。


もちろん、保険に加入していても、食中毒や異物混入、店舗内の事故などの対策は十分に行う必要があります。

ただ、日頃から徹底的に対策していても、トラブルが発生しない確信はありませんよね。

いつ起こるかわからない、「もしも」の事態に事前に備えられるのが、保険です。


飲食店において、保険に加入する一番のメリットは、いざという時に経済面をサポートしてくれることですが、「安心して営業できる」という精神的なサポート役であるとも言えるでしょう。

飲食店の保険を見直しするべきタイミング


ここまで、飲食店を経営するなら加入しておきたい保険について詳しくご紹介しました。


ここまで読んでくださった方の中には、

  • 紹介された保険はすでにいくつか加入している
  • 保険はお店の開店時にプロに相談したから問題ない
とお考えの方も多いのではないでしょうか。

実は、お店の開店時以外にも保険の見直しは必要です。
経済状況の変化や自然災害、感染症など、世界は日々変化を遂げています。

保険も同じく、何度か見直しのタイミングを設け、今の経済や情勢の変化に合わせていくことが大切だと言えます。

保険を見直すタイミングとしておすすめなのが、以下6つのタイミング。

  1. 店舗の改装したいと感じた時
  2. 事業の追加や変更を考えた時
  3. 年度が変わるタイミング
  4. 保険料が高いなと感じた時
  5. 保険の更新時期
  6. 近くで自然災害があった時
最近ではテイクアウトをメインとする飲食店も増えてきましたよね。

お客様へ提供する料理の内容に変化はなくても、
  • テイクアウトに力を入れる
  • 店舗の従業員が出前にでる
など、食事の提供の仕方に変更がある場合などは保険の見直しがおすすめです。

また、自然災害のリスク管理も大切です。
近くの地域で自然災害がおきた場合などは早めに保険の見直しを図りましょう!

飲食店の保険の見直しや選び方を知るならまずは法人保険のプロに無料相談!


飲食店を経営する上で、保険の加入は「万が一」のリスク時に大きく役に立ちます

しかし、ひとりで自分の店舗に合った保険プランを探すのは、かなり時間がかかる作業ですよね。

ましてや、誤った保険に加入し、店舗のリスクに備えられないのであれば保険加入の意味がありません。


そこでおすすめなのが、マネーキャリアの無料相談です。

マネーキャリアは、法人保険のプロに何度でも無料相談ができるサービス


  • 自分のお店にぴったりの保険が知りたい
  • 今加入している保険が十分な内容が確認したい
  • とにかく相談に乗って欲しい

という方にぴったりのサービスです。


複数の会社の保険を一括で比較してくれるため、自分にぴったりの保険が見つかるはずです。

自分の店舗にぴったりな保険を見つけるには、プロへの相談が近道です!

ひとりで抱えこまず、まずは相談しましょう。


さらにマネーキャリアでは、保険以外の相談も無料で対応してくれます。

保険・お金のことで少しでも不安なことがあれば、ぜひ利用を検討してみてください。

飲食店経営者が保険に入る際に知っておくべき注意点


飲食店を経営する上で、保険への加入は必須です。
保険は、火災や事故、トラブル、食中毒など、あらゆるリスクから店舗・経営者・従業員を守ってくれる存在だからです。

では、飲食店の経営者が保険へ加入する際、どのようなポイントに注意すべきでしょうか。
ここでは、以下2つのポイントについてご紹介します。

  1. 故意や重大か過失は保障してもらえないこと
  2. 免責金額・保険金の限度額をしっかり確認すること

一つずつ見ていきましょう!

注意点①故意や重大な過失は保障対象外

保険に加入していても、補償対象外となる事案に対して保険金は受け取れません


例えば、

  • わざとお客さまへ飲み物をこぼした
  • 冷蔵庫のスイッチを入れ忘れ、食材が痛んだ
  • 痛んだ食材をそのまま使用し、食中毒が起こった
  • 従業員の車が店舗の入り口にぶつかり、休業となった

など。


保険は幅広いトラブルに対応してくれる力強い味方ですが、すべてのケースに対応してくれるわけではありません。

トラブルの原因が故意である、過失だと判断された場合は補償対応外であることをしっかり頭に入れておきましょう。


これらの危機意識は、飲食店経営者だけでなく、従業員も持ち合わせる必要があります

お店を守るためにも、日頃から従業員の教育には力を入れておく必要がありそうです。

注意点②免責金額・保険金の限度額をしっかり確認する

一言で「保険」といっても、幅広い種類の保険が存在します。

大切なのは、いざという時に自分の店舗で起こりうるリスクに対応できるか、という点です。


保険加入時にチェックしたいのが

  • 免責金額
  • 保険金
の2点です。

免責金額とは、トラブルが発生した際に自己負担する金額のことです。

例えば、保険金20万円・免責金額5万円の保険に加入した場合、トラブルの損害金額が5万円を超えない場合は、保険金は支払われません。


保険金と合わせてチェックしたいのが、月々の保険料です。


保険料が安いものだと、月々の支払いは軽くすみます。

しかし、保険料が安いものはいざという時に支払われる保険金も少ないのです。


もちろん月々の保険料を安くおさえたいとお考えの方も多いでしょう。

しかし、最も大切なのは損害が出た時に今の保険でどのくらいのカバーができるのか、という点です。


保険加入時はよく検討し、自分の店舗にあったプランへの加入を心がけましょう。

実際に販売されている飲食店向けの保険を紹介!


ここでは、実際に販売されている飲食店向けの保険をご紹介します。


①三井住友海上の「ビジネスプロテクター」


 さまざまなリスクを1つの保険でカバーしてくれるのが特徴。

  • 休業のリスク
  • 自然災害の事故

などの基本的なリスク管理だけでなく、オプションとして 

  • 従業員のハラスメント
  • サイバー攻撃
などのリスクにも対応した保険。
 1つの保険加入で幅広いリスクに備えることが可能なため、安心できる内容です。


火災、自然災害、盗難、トラブル等で、店舗の設備や什器を損失・故障した場合に補償してくれる保険。
対象となる設備や什器は、
  • 業務用のロッカー、いす、テーブル
  • コピー機やプリンター
  • パソコン・通信機器
など。

保険金額は、店舗で所有する設備や什器の金額に見合ったものに加入できるのが大きな特徴です。

③損保ジャパンの「商賠繁盛」

飲食店にニーズの高い補償がパッケージとなったプランです。

1つの加入で、

  • 従業員のミスによる賠償責任リスク
  • 施設に不備による賠償責任リスク
  • 食中毒のリスク
などのリスクに備えられます。

オプションを利用すれば、店舗休業・火災のリスクに備えることも可能です。

まとめ:飲食店はリスクが多いため必ず保険加入の検討を!


飲食店経営におすすめの保険について詳しくご紹介しました。


飲食店は他の事業に比べ、

  • 火災
  • 対人トラブル
  • 食中毒
などのリスクが比較的多いと言えます。

飲食店の経営において、保険加入は必須であり、義務とも言えるでしょう。
お店を経営する上で「絶対に安心」「絶対に大丈夫」という確信は捨てるべきです。

それよりも、いつ、どんなトラブルが舞い込んできてもスムーズに対応できるような準備・心構えをしておきましょう。
保険は、トラブルが発生した時に、お店や従業員を守ってくれる存在でもあります。

まずは、自分の店舗にどんなリスクが潜んでいるのか、徹底的に洗い出しましょう。
もちろん1人で問題を抱え込む必要はありません。

マネーキャリアであれば、保険のプロが何度でも無料で相談に乗ってくれます。
保険の新規加入だけでなく、保険料や保険内容の見直しの相談ものってくれます。

ぜひプロの手を借りて、経営者や従業員が安心して営業できるお店を作ってください。

ランキング