食中毒に備えられる保険と食中毒による被害をわかりやすく解説!

食中毒に備えられる保険と食中毒による被害をわかりやすく解説!-サムネイル画像

店で提供した飲食物によって食中毒を起こしてしまった場合、店は客への賠償金や利益損失、信頼喪失など多大なダメージを負うことになってしまうので食中毒対策の保険や、飲食店で起こりうるトラブルに対応できる保険に加入し、万が一の時に備えておくと安心です。







▼この記事を読んで欲しいひと

  • 飲食店を営んでいるが飲食店で仕事をしている際の食中毒問題にどのように対処すべきかわからない人
  • 飲食店を営んでいて店や客になにかあった場合に備えて保険の加入を検討している人
  • 飲食店として加入すべき保険を見直していきたい人


▼この記事を読んでわかること

  • 飲食を提供する店側が食中毒を起こしてしまった場合に被ることになる店側の被害
  • 食中毒によって発生する店側のリスクに備える保険
  • 飲食店として食中毒に備えて保険に加入することの重要性
  • 飲食店として食中毒以外の経営上のトラブルや問題に対処することができる保険加入の必要性

内容をまとめると

  • 飲食物を提供する側として食中毒を発生させてしまった場合、客への損害賠償金、閉店中の利益の喪失や店の運営費用、商品回収費用、築き上げてきた信頼の損失など店にとって多大なダメージがある
  • 食中毒に対応できる保険に未加入で食中毒被害を出してしまった場合、休業中は一銭も店にお金が入らないばかりか、全額自費で客への賠償をしなければならない。
  • 飲食物を提供するという安心安全な食に対して責任ある立場である以上、万が一に備えて食中毒対策の保険に加入するべき
  • 食中毒問題における経済的リスクは保険の加入によってカバーすることが可能
  • マネーキャリアは予約から相談までスマホで完結、納得できるまで相談は何度でも無料

屋台イベントや料理教室、飲食店などでで食中毒が発生した場合の自社に影響する主な4つの被害




イベントにおける屋台の出店や料理教室、レストランなどの飲食店など外の世界では食に関わるお店やイベントがたくさんあります。


料理を作るお店側も、作られた料理を食べる客側もおいしい料理に舌鼓を打ちながら楽しくイベントや料理を楽しめることが一番ですが、食べ物を提供しているということで材料や料理の手順などに不備や問題が潜んでいることも考えられます。


もしも料理を食べた人に健康被害が出てしまった場合、料理を提供した企業としては食中毒問題として大問題となってしまいますよね。


この場合、客側の健康を害してしまうことになりますが、意図せず企業として客側に問題のある料理を提供したどのような影響が出るのでしょうか。


  1. 食中毒を起こした方への損害賠償金
  2. 営業停止期間の収入分の損失・運転費用
  3. 他の食中毒の可能性がある商品のリコール費用
  4. 飲食店の信頼喪失
食中毒を出さないことが一番ではありますが、ここでは食中毒が発生してしまった場合の企業への4つの被害についてまとめました。

①食中毒を起こした方への損害賠償金

提供した料理が原因で客側は健康を害してしまい、日常生活に不便や苦痛を強いられるようになってしまったわけです。


客としては当然、その被害にあったことによってかかってしまった費用を請求するでしょう。


この場合、企業としては誠心誠意謝罪の意をこめながら生じてしまった損害を賠償していく必要があります。


料理を口にしたことで食中毒を起こした方へ損害賠償金を支払い、被害者の生活や治療を補償することがまずは第一なので、損害賠償のためのお金として以下のものを支払うべきです。


  • 入院や通院に必要な治療費
  • 治療のための病院へ行くための交通費
  • 慰謝料

提供されたものによって食中毒を起こしてしまい、入院や通院が必要となった場合にかかった治療費はもちろんですが、病院への交通費も病院への通院や入院のためにかかった費用として支払う必要があります。

また、客側が「店が問題のある料理を客に提供した」ということを不法行為として、客個人が受けることになった精神的な苦痛に対しての慰謝料も支払わなければなりません。

体を休め治療に専念する必要があるばかりでなく、金銭的な問題、つまり治療のための費用も請求することが考えられるため、店側が負担すべき費用として治療費も発生してきます。

 仕事を休まざるを得なくなった期間に応じて、被害を受けた客が本来得ることができた収入、つまり食中毒にならずにその後も働いていたら手に入れることができていた収入(逸失利益)を補償することも必要となります。

店側としては自分たちが提供した料理が原因で罪のない客が苦しむことになってしまったという部分について謝罪の気持ちと一緒に損害賠償金を支払い、償いをしていかなければなりません。

②営業停止期間の収入分の損失・運転費用

店側が提供した料理が原因で食中毒が発生したという疑いがある場合、保健所の調査や食中毒被害の認定が行われることになります。


保健所から連絡が入り、調理に関わる人の細菌検査や料理場所の調査が行われ、それらの調査の結果店側に食中毒の原因があると認められた場合、行政から多くの場合は3日ほどの営業停止処分を受けてしまうことになります。


行政から営業停止処分を受けてしまうと、店側としては営業し、客に料理を提供することができなくなります。これを営業停止期間といい、当然ですがその期間中は店には1円も売上は入りません。


売上が入らないばかりではなく、店の運転費用の問題もあります。


閉店中だとしても、必然的に店を運営していくにあたって食材費や人を雇う人件費、そして店を借りている場合には家賃も必然的にかかってきます。


店を休業しているからといって雇っている従業員に対して給料を支払わなくていいというわけでもなく、家賃も払わなくていいという理由にはなりません。


仕入れてストックしている食材も無駄にしてしまうこともあるでしょう。


これらの店にとって入るはずだった売上を失うばかりでなく、店を維持し経営していく上で欠かすことができない運転費用もかさむため、店を営業停止にしている期間の損失は大きいと言えます。

③他の食中毒の可能性がある商品のリコール費用

レストランなどの飲食店で食中毒を出してしまった場合、体調不良を訴えた客のみが食中毒の被害にあったと考えるのは早計でしょう。


なぜなら飲食店として数多くの飲食物を提供していることを考えた場合、その料理を注文した人は他にもいると考えられます。


また、同じ料理ではないにしても、他の料理で食中毒の原因となった同じ食材を使用し、客に提供しているということも十分に有り得る話です。


客から食中毒の訴えがあった場合、それ以上の食中毒被害を拡大させないためにも食中毒の原因となった商品を責任持って回収する必要があります。


商品の回収にかかる費用としては下の通りです。


  • 郵送・通信費
  • 食中毒トラブルについての調査費用
  • 食中毒が起こってしまったことをお詫びし、回収する旨を伝えるための広告掲載料
  • 回収した商品の一時保管・廃棄費用

郵送・通信費としては商品を購入した客に食中毒が発生したこと、リコールすることを知らせるためにかかる費用です。

また、なぜ食中毒のトラブルが起こってしまったのか、今後同様のことが起こらないようにするために原因を知る必要があるため調査費用もかかります。

店を利用した客に対しては、店で提供したものが原因で食中毒被害が起こってしまったという旨とそのことについて迷惑をかけてしまったことの謝罪、それと同時に商品は責任もって回収するという内容を伝えるための広告掲載料がかかる場合もあります。

食中毒が起こってしまったことを伝え、回収するという旨を客に伝えた後に客個人の元から返品された商品が送られてきます。それらの回収した商品を一時的に保管した後、廃棄する必要があるためその費用もかかります。

食中毒が起こってしまった場合、1つだけ回収し、謝罪すれば終了というわけにはいきません。


責任持って問題の商品を回収し、これ以上の被害が出ないように食い止めるまでが仕事と言えます。

④飲食店の信頼喪失

上記で食中毒を起こしてしまった場合の店や会社が被ることになる4つの被害について挙げましたが、今回挙げる「飲食店の信頼喪失」が一番会社や店にとってダメージが大きいと言っても過言ではないでしょう。


飲食店として安心・安全な食事を提供することは義務であり当たり前のことと言えます。


客として利用する人は安心・安全が保証された食べ物が提供されるものとして店を信頼し、利用しています。


それが、「店から食中毒が出た」となるとどうなるでしょうか。


「あの店は食中毒が出た店」というレッテルが貼られると同時に、当然ですが「また同じようなことが起こるかもしれない」「あの店の料理を食べると体調不良を起こすらしい」というイメージが定着します。


つまり店から客に対しての裏切り行為といってもいいでしょう。


これまでコツコツと長年積み上げてきた安心・安全のイメージや客から店への信頼は一気に崩れ去ることとなります。


信頼とは築き上げるのは長い時間を要しますが、崩れてしまう場合は一瞬です。


信頼して足を運んでくれている客を裏切ることがないよう、しっかりとした対策をとる必要があります。

飲食店は食中毒に備えて経済的リスクだけでもカバーすることが重要!




飲食店として食を提供する以上、客に安心・安全な料理や食事を提供することは当然の仕事です。


客からの厚い信頼を裏切らないためにも誠心誠意をもって食に関わる仕事を全うしなければなりません。


しかし、そうは言っても「絶対食中毒を起こさない」ということはありえません。


なぜなら食を提供するのが人間である以上、「絶対」ということは残念ながら存在しないと同時に、人間ですからミスや事故もありえます。


食を提供する場である飲食店としては食中毒はいつ起きるかわからないもの、万が一なった場合には適切に対処できるよう前もって備えておく必要があると言えるでしょう。


飲食店として前もって備えておく事ができるリスクとして以下のような経済的リスクが挙げられます。


  •  飲食店として食中毒を出してしまった場合には客への損害賠償
  • 店が営業していた場合本来手に入るはずだった売上
  • 店を維持していくための運転費用
  • 問題の商品を回収しこれ以上被害を拡大させないために必要なりコール費用


などが経済的リスクでありこれを負担するとなると、多大な金額がかかります。


たくさん受けることになる損害の中から、これらの経済的リスクだけでもカバーすることができれば、もしも食中毒問題を起こしてしまったとしてもダメージは抑えられるでしょう。


経済的リスクだけでも最低限カバーすることが、飲食店として今できる予防策ということができます。

食中毒に備えるために検討するべき保険

ここまで飲食店として食を提供する以上食中毒の問題は切っても切れないこと、食中毒によって店や会社が被る被害などについて複数挙げました。


また、食中毒が起きてしまった場合に備えて経済的なリスクだけでもカバーすることが重要ということで、店や会社にとって食中毒に備えるために検討すべき保険について以下に挙げたとおりです。


食中毒に備える保険としては


  • PL保険(生産物賠償責任保険)
  • 食中毒見舞金の特約が付加できる保険

があります。

①PL保険(生産物賠償責任保険)

PLとはProduct Liability、日本語に訳すと製造物責任という意味があります。


作り出したモノに不備や欠陥があった場合、それを使った人が被害を被る可能性も十分にあります。


モノの不備や欠陥によって身体に障害が残ってしまった、もしくは持ち物が壊れてしまったなど何かしらの被害や損害があった場合、モノを作り出したり販売に関係した事業者が、被害にあった人に対して損害を受けたことによる賠償をする責任を負うことになります。


つまり「モノを作った人が負うべき責任」ということですね。モノを作り生み出す以上、作る人には使う人が最後まで安心安全につかうことができるようにする義務があると言えるでしょう。


PL保険は生産物によって被害を受けた人に対して、生産物を作り出した会社が賠償金を支払う際に会社が被ることになる金銭的損害を保険会社が支払うという保険です。


PL保険は「生産物」という大きなくくりですが、幅広い業種に対応しているということでもちろん飲食に関わる企業や店も対象となっています。


保険のプランや特約によっては、被害者に賠償金を支払うことで会社が被ることになる金銭的損害以外にも営業停止期間における本来得られたはずの売上利益なども補償するものもありますので、加入の際は保険会社にご確認ください。

②食中毒見舞金の特約が付加できる保険

保険会社によって名前は異なりますが、保険の内容によっては「経営している店や店主、店を訪れた客に対しての保険」をメインとし、その保険にプラスαで食中毒についての見舞金がおりる特約をつけることができるものがあります。


店を経営している場合、店の設備や店の建物自体、店舗を借りている借り主となる店主が借り物である店舗を傷つけてしまった場合、店員が店での仕事をする上で店を利用した客に何らかの被害があった場合に補償する保険があります。


これらは「店舗の経営」という点で店を経営している人であれば加入することができる保険という扱いですが、「飲食店経営者限定特約」という形で食中毒見舞金の特約が付加できるものがあります。


店の設備や建物、客に万が一何かあった場合の補償だけでは飲食店経営していく上では不十分ともいえます。


食を提供する飲食店としては食中毒は他人事ではありません。


いつ何時起きるかわからないものですので、特約という形で付加しておくといざというとき安心です。

自分の店舗に最適な保険を探すならまずは法人保険のプロに無料相談!



自分の店舗を持ち客に飲食を提供するというのであれば、提供する飲食物に責任をもって安全を確保する必要がありますが、もし万が一なにかトラブルがあった場合に備えて飲食を提供する店や会社向けの保険に加入しておくと安心です。


自分の店に最適な保険に加入して、もしもの時に備えたいという思いがめばえたら、法人保険のプロに相談するのがいいでしょう。


マネーキャリアにはお金や法人保険のプロが多数在籍しているため、自分の店にとってぴったりの保険を紹介することができます。


マネーキャリアでの保険相談はZOOMなどを利用するため、スマートフォンやパソコン1台で申し込みから面談まで全て完結します。


また、相談につきましてはご納得いただけるまで何度でもわかりやすく無料で説明いたしますので保険の相談が初めてという方も、保険の相談に不安があるという方も安心してご相談いただけると思います。


ぜひとも一度、法人保険のプロが多数いるマネーキャリアにご相談ください。

食中毒に備えられる保険商品をまとめて紹介!



法人保険として自分の店に保険をかけるということは客だけでなく自分自身やお店を守るためにも必要なものであるということです。


ここでは、実際に保険会社から出ている食中毒に備えることができる保険商品をまとめてご紹介します。


今回ご紹介する食中毒に備えられる保険は


です。

東京海上日動の生産物賠償責任保険は店が作った商品や仕事が原因で発生した事故について備える保険です。

こちらは人に対して被害が生じた対人事故、ものに対して被害が生じた対物事故どちらにも適用されます。

飲食店の場合ですと、提供した料理によって客が食中毒を起こしてしまったという場合などに適用されます。

保険期間は1年間、保険料につきましては店で提供する料理や仕事の種類、支払限度額によって決定、その他店の売上や仕事における領収金が基準となるため店によって異なってきますので詳しくは東京海上日動に問い合わせてください。

三井住友海上のビジネスプロテクター(製造・販売・飲食・サービス業用)は製造業、販売業、飲食業、サービス業をメイン業務としていて年間売上が100億円以下の店を持つ会社が加入できる保険です。

費用の損害や休業補償、客への損害賠償など事業は常にトラブルと隣合わせといっても過言ではありませんが、そのような事業における様々なトラブルに対応することができる保険です。

この三井住友海上のビジネスプロテクター(製造・販売・飲食・サービス業用)に加入した上で、飲食店特有のトラブルに備えるためにオプションとなる補償を追加することができます。

そのオプションが食中毒・特定感染症利益補償です。

店として提供した料理によって食中毒や感染症が発生してしまった場合に、店の営業がストップしてしまったことによる本来得られるはずだった売上利益や、今後の利益が減少してしまうことを防止するための費用を補償するというものです。

また、食中毒同様、指定感染症などで店の営業がストップしてしまった場合に生じる対策費用も補償します。

払限度額(1事故/保険期間中)は食中毒による場合1事故あたり1,000万円 、感染症による場合は1事故あたり500万円まで保険金として支払い、補償します。

※食中毒事故、感染症事故をあわせて保険期間中の保険金1,000万円が限度となっております。 

食中毒だけではなく、指定感染症で店を休業せざるをえない場合も20万円(保険期間中に1回限り)補償してくれるというものです。

参考までに、三井住友海上で年間売上1億円の飲食業で保険をかけた場合、保険料は以下の通りになります。

ビジネスプロテクターベーシックプラン77,750円
ビジネスプロテクターワイドプラン93,640円
ビジネスプロテクターワイドプラン+特定感染症利益補償145,840円

こちらはあくまで一例です。保険料は1事故あたりの支払限度額や免責金額によって多少変わりますので詳しくは三井住友海上にお問い合わせください。

損保ジャパンの商賠繁盛という保険は企業として事業を行っていく過程で、他人の身体やモノに損害を与えてしまったときのための損害賠償責任に備える保険商品のことです。

その中でも飲食店向けに特化したリスクに対応した保険が「商賠繁盛(飲食業)」なのです。

飲食店として起こりうるとされる、原因が「調理・販売した商品」「建物・設備」「販売・サービス業務」である場合に被害を受けた客への損害賠償や訴訟が起こった場合その訴訟費用を補償するというものです。

商賠繁盛(飲食業)にはオプションとして食中毒による休業損害の補償も加えることができますので、飲食店として食中毒にそなえてオプションも一緒につけておくと安心でしょう。


支払限度額年間保険料
年間売上1億円のレストラン1億94,200円
年間売上7,000万円のパン・菓子製造小売5,000万円59,150円

年間売上やオプションの有無によって年間保険料は変化しますので、詳しくは損保ジャパンにお問い合わせください。

参考:その他の飲食店など飲食物を提供する人が検討するべき保険



上記で食中毒に備えて加入しておくべき保険について紹介してきましたが、飲食物を提供することを生業とする以上、食中毒対策の保険に加えて加入を検討するべき保険があります。


食中毒対策の保険と一緒に一緒に加入を検討するべき保険は以下の通りです。


保険の種類概要
火災保険 火災や自然災害などによって店に収容される設備や什器・商品・製品に被害があった場合、その被害に対する補償がある保険
施設賠償責任保険
床や看板など、店の備品などによって客に怪我させてしまったり、他人の所有物を破損してしまった場合に賠償責任を負担することで被る損害を補償する保険
店舗総合保険火災保険
施設賠償責任保険
PL保険(生産物賠償責任保険)
などの複数の保険が合体し、ひとつの保険という扱いになったもの  
テナント保険火災や風災、水災や盗難などに伴う、設備費用や第三者への賠償責任を補償してくれるもの。  
店舗休業保険店が休業したことによって発生した損失を補償してくれる保険


火災保険については避けることのできない自然災害や、調理中などの火の不始末や不注意で火事が起こってしまった場合に店の道具や設備に被害があった場合、その被害を補償するものです。


施設賠償責任保険は、滑りやすい床で客が足を滑らせて転んだ、店の看板が飛んできて客が怪我した、店の電飾が飛んで隣の店の壁を傷つけてしまったなど、他人や他人の所有物を傷つけてしまった場合の賠償責任を負担する保険です。


店舗総合保険はこちらの保険1つで飲食店に加入をおすすめしている保険がカバーできるため、あれこれ加入することが難しいという方におすすめの保険です。


テナント保険は内容としては火災保険と重複する部分もありますが、設備什器等補償、費用補償、借家人賠償責任補償、施設賠償責任補償など補償範囲が広がるというメリットもあります。


飲食物を提供するという責任ある立場である以上、「心配しすぎる」ということはありません。


トラブルや問題が発生してからでは遅いので、発生する前に保険に加入し備えておくということが大切です。

まとめ:飲食物を提供するなら食中毒に対するリスク対策は必須!

以上が食中毒が発生した場合の店としての損害、そして飲食物を提供する以上加入しておくと補償をうけることができるという飲食店向けの保険の紹介でした。


食中毒が発生してしまった場合、店としての損害は


  1. 食中毒を起こした方への損害賠償金 
  2. 営業停止期間の収入分の損失・運転費用 
  3. 他の食中毒の可能性がある商品のリコール費用 
  4. 飲食店の信頼喪失
がありました。これらによって店は多額の費用を必要とすることになり、非常に大きなダメージを受けることが考えられます。

食中毒が発生してしまった場合、これらによって店側として金銭的なダメージを受けることになりますが、保険に加入し、万が一の場合に備えていた場合には被害は最小限に抑えることも可能です。

飲食店が加入するべき保険としては、食中毒に備えて

  1. PL保険(生産物賠償責任保険)
  2. 食中毒見舞金の特約が付加できる保険
が挙げられますが、その他にも食中毒以外のトラブルや問題も考慮し、

  1. 火災保険 
  2. 店舗総合保険火災保険 
  3. テナント保険 
  4. 店舗休業保険

があります。

店として客に飲食物を提供する以上、安心安全に気を配ることはもちろんですが、もしも万が一ということも避けられない場合もあります。

そのような場合に備えて保険に加入しておくと安心でしょう。

ランキング