広島県でおすすめのふるさと納税を比較!納得して返礼品を選ぶには?

「広島県でおすすめのふるさと納税について知りたい」「ふるさと納税の返礼品はどうやって選べばいいの?」このように疑問に思っている人も多いでしょう。そこで今回は、広島県でおすすめのふるさと納税、返礼品の選び方、ふるさと納税のお金はどこに使われるのかなどを解説します。

広島県でおすすめのふるさと納税はどこ?


ふるさと納税は自分の出身地や興味のある市町村を応援できて、なおかつ節税対策にもなり、返礼品をもらえるお得な制度です。


そんな魅力あるふるさと納税ですが、利用するからには失敗したくないですよね。


広島県は自然豊かな土地柄、農産物、畜産物、海産物などが豊富でふるさと納税の候補としている人もいらっしゃるかと思います。


そこで今回は、

  • 広島県でおすすめのふるさと納税・返礼品
  • ふるさと納税の選び方のポイント
  • ふるさと納税で寄付したお金の使い道

以上のことを中心に解説していきます。 


この記事を読んでいただければ、広島県のおすすめの返礼品やふるさと納税の選び方について知ることができるはずです。 

 

また、広島県のふるさと納税を利用したいと考えている方だけでなく、まだふるさと納税を利用したことがない方もお得な返礼品をチェックしていただくことができます。 


ぜひ、最後までご覧ください。  

広島県でおすすめのふるさと納税・返礼品を比較

ふるさと納税ふるさとを応援することを目的として始まった制度ですが、返礼品として地域の特産品をもらえるのが魅力です。


特に、広島県は自然豊かな環境ゆえに、ご当地ならではの食べ物にとどまらず、衣類品や寝具、宿泊チケットまで、様々な返礼品が準備されています。


どれも魅力があるものばかりで、選ぶのに迷ってしまいますよね。


というわけで、ここからは広島県でおすすめのふるさと納税の返礼品を紹介していきます。

世羅町(世羅町産種無しピオーネ2房入り、広島牛A4等級切り落とし約800gなど)

広島県世羅町は広島県の中東部に位置する農業や畜産業のさかんな町です。

穏やかな気候ですが、昼夜の寒暖差が大きく農作物を作るのに向いており、広島県の中でも米、りんご、ぶどう、トマトなどの有数の農産物生産地となっています。

世羅町のおすすめの返礼品は、世羅町産種無しピオーネ2房入り、広島牛A4等級切り落とし約800gです。

世羅町産種無しピオーネ2房入り

ピオーネは「ぶどうの王様」とも呼ばれており、甘さと豊潤な香りが魅力なのですが、世羅町産の種無しピオーネは、種無しなので食べやすく、大粒でジューシーなのが特徴です。

世羅町は昼夜の寒暖差が大きいという気候の特徴があるため、より大粒で甘みのある美味しいぶどうを味わえるのが魅力です。

広島牛A4等級切り落とし約800g

広島牛とは、日本格付協会によって肉質等級が4級以上であるものに与えられる称号です。

それだけでなく、広島牛特産化推進対策協議会が認定した枝肉に限られており、非常に希少性の高い牛肉です。

まろやかでほんのり甘みの感じられる広島牛の切り落としは、すき焼きや牛丼など、いろいろな料理をワンランクアップしてくれるでしょう。

北広島町(アンデルセン ファームワイン「幸」、アンデルセン 芸北カレー&コーンスープなど)

広島県北広島町は広島県の西北部に位置する農業や林業のさかんな町です。


中国山地の1000メートル級の山々を有し四季折々の表情が大変魅力的で、常に多くの観光客で賑わいます。また、西日本最寒の地とも言われています。


北広島町のおすすめの返礼品は、アンデルセン ファームワイン「幸」、アンデルセン 芸北カレー&コーンスープです。


アンデルセン ファームワイン「幸」

アンデルセンファームは全国にパン屋を展開しているアンデルセンが「土づくりから食卓づくりまで」をモットーとして始めた有機栽培にこだわりのあるファームです。

そこで収穫されたぶどうを用いて作られたファームワイン「幸」は定評があり、ミディアムタイプで辛口、飲みやすくシーフード料理にぴったりなワインです。

アンデルセン 芸北カレー&コーンスープ

同じくアンデルセンの手掛けている芸北カレー&コーンスープは、どちらも深いコクのある味を楽しめます。アンデルセンのネットショップでも人気の商品です。

庄原市(美湯の天然水500ml×24本、手作り梅ジャム4個セットなど)

広島県庄原市は広島県の北東部に位置する農業や林業のさかんな町です。


中国山地のすそ野に位置しており、なおかつ1200メートル級の山に囲まれています。


北広島町のおすすめの返礼品は、美湯の天然水500ml×24本、手作り梅ジャム4個セットです。


美湯の天然水500ml×24本

中国山地のおいしい水である「美湯の天然水」は、硬度7.1、PH9.2の軟水で、まろやかな味が特徴です。

飲料水としてだけでなく、お米を炊く時に使うとおいしいご飯が炊きあがります。

水は必ず使うものなので、返礼品として選択するのはおすすめです。


手作り梅ジャム4個セット

庄原市に住む田中かず子さんが手作りされている梅ジャムのセットです。

梅ジャムはジャムとしてだけでなく、料理の隠し味やお湯に溶かして梅ジャム湯などと、様々な用途に使えます。添加物を使っておらず、梅そのものの味が引き立ちます。

東広島市(広島産ジャンボかきフライ、富久長 瀬戸内を感じるセットなど)

東広島市は、2005年の1市5町の合併により現在の規模になりました。


内陸の山々や美しい瀬戸内の海などの豊かな自然と多くの学術研究機関が集まる個性的で魅力あるまちです。多くの企業も立地しており、これからのさらなる成長も期待されています。


そんな東広島市でおすすめしたい返礼品は以下の2つです。


広島産 ジャンボかきフライ

1粒40gという大きな粒が特徴のかきフライは、かきの旨味とふんわりとした口あたりが魅力的です。


かきが一番おいしい時期に、窒素凍結という細胞の破壊がほとんどないという凍結方法により、かきの旨味を閉じ込めています。


富久長 瀬戸内を感じるセット

富久長瀬戸内を感じるセットは、純米吟醸「八反草」と富久長リキュール「温州みかん酒」のセットです。


八反草は、広島県最古の酒米で「幻の酒米」と呼ばれています。4軒の契約農家で難しい栽培方法により作られ、素朴と洗練を融合した香りのよさが特徴です。


温州みかんのリキュールは、果汁たっぷりのジューシーな味わいが口いっぱいに広がります。ロックで飲むのがおすすめです。


詳しくはこちらをご覧ください。

後悔しない!ふるさと納税・返礼品の選び方


ここまで、広島県でおすすめのふるさと納税の返礼品を紹介してきました。 



豊富な自然環境を持つ広島県の返礼品は、ぶどうや牛肉、天然水など、質の高い食べ物を選べることがお分かり頂けたかと思います。


ですが、返礼品を選ぶ際には、返礼品が何かといったことだけでなく、違う視点でも検討してみて欲しいです。


というわけで、ここからは納得してふるさと納税をするための自治体・返礼品の選び方を解説していきます。

自分が好きな町・応援したい町を選ぼう

元々、ふるさと納税は、自分が生まれ育った「ふるさと」を応援するために作られた制度です。

近年では、若者の多くが都市部へ移り住むために地方は高齢化が進み、その結果、地方自治体の税収は減少しています。

というわけで、地方の活性化を目的としてふるさと納税という制度ができました。

自分が住んでいない地域にふるさと納税という形で寄附をすることで、その地域の活性化の一助となるわけです。

ですので、ふるさと納税の寄付先として、自分が好きな町・応援したい町を選ぶのも手です。

寄附という形での直接の支援だけでなく、その地域の特産品を使うことで生産者への支援や特産品を広めることにもつながります。

控除・還付を受けたいなら対象外でないかは確認

前にも述べた通り、ふるさと納税は自分が好きな町・応援したい町に寄付することで応援できる制度ですが、税金の控除・還付のためにふるさと納税を利用したいと考えている人も多いのではないでしょうか?


ふるさと納税は、寄附金のうち2,000円を超える部分について、所得税や住民税の控除・還付対象となります。 


ですが、2019年6月の法改正により、総務省の指定を受けていない自治体はふるさと納税での控除・還付の対象外となりました。



該当の自治体は、東京都、静岡県小山町、大阪府泉佐野市、和歌山県高野町、佐賀県みやき町になります。


今のところ、広島県で控除・還付の対象外である自治体はありませんが、他県のふるさと納税を利用することもあるかと思いますので、その都度確認すると良いでしょう。


また、申請書を提出しない、限度額を超えているといった場合も還付の対象外となりますので、注意が必要です。

社会貢献のためのふるさと納税という選択肢も

ふるさと納税は返礼品がもらえて税額の控除・還付を受けられるお得な制度ですが、社会貢献という形でふるさと納税を利用してみるのもおすすめです。


普段、募金という形で自分でできる寄附は小さなものですが、ふるさと納税の場合だと、自分の負担を抑えながらも大きな支援ができます。


これは思いやり型返礼品と呼ばれ、2017年に群馬県前橋市が始めて現在では全国に広がっています。


思いやり型返礼品としては、障害者の方たちが作った作品を選ぶという支援、車椅子や福祉サービスなどの寄贈、NPOや障害者施設への協賛金などから選べるので、ふるさとのために社会貢献したいという方はぜひ利用してみてください。

ふるさと納税のお金はどこに使われるの?

通常、私たちの納める税金は使い道を選ぶことができませんが、ふるさと納税は寄附金の使い道を自分自身で選べます。


広島県が提示している寄附金の使い道は以下の通りです。

  • 世界を目指すジュニア選手の支援
  • 県民が安心して暮らすための減災の取り組み
  • 子ども・子育て支援
  • 教育改革の推進支援(県全体の支援、もしくは県内の特定の国公私立学校を支援できる)
  • 鞆(とも)の歴史や伝統文化を継承していく支援
  • コロナウィルス感染対策への支援

鞆(とも)とは、江戸時代に瀬戸内の経済中心となった港町のことです。現在は福山市に属しており、今なお多くの神社や仏閣、史跡が残っています。


そして現在はどの自治体もコロナウィルス感染対策に尽力しています。


コロナウィルス感染対策への支援は、税額控除あり・なしを選べますので、余裕のある方は控除なしを選んで自治体を応援するのも良いのではないでしょうか。


ぜひ使い道にも興味をもってふるさと納税を利用してみてくださいね。

まとめ:広島県でおすすめのふるさと納税を比較

広島県のおすすめの返礼品やふるさと納税の選び方について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか? 


今回の記事のポイントは 

  • ふるさと納税は自分の出身地や興味のある市町村を応援できて、なおかつ節税対策にもなり、返礼品をもらえるお得な制度である
  • ふるさと納税の寄附先として、自分が好きな町・応援したい町を選ぶと良い
  • ふるさと納税で税額の控除・還付を受けたい場合は、対象外の自治体ではないか、事前に確認する
  • 社会貢献のためにふるさと納税をする「思いやり型返礼品」も選べる
  • ふるさと納税は寄附金の使い道を自分で選べる
でした。

ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険の記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング

  • 神奈川県でおすすめのふるさと納税を比較!納得して返礼品を選ぶには?
  • 鹿児島県でおすすめのふるさと納税を比較!納得して返礼品を選ぶには?
  • 岐阜県でおすすめのふるさと納税を比較!納得して返礼品を選ぶには?
  • 静岡県でおすすめのふるさと納税を比較!納得して返礼品を選ぶには?
  • 宮城県でおすすめのふるさと納税を比較!納得して返礼品を選ぶには?
  • 京都府でおすすめのふるさと納税を比較!納得して返礼品を選ぶには?
  • 三重県でおすすめのふるさと納税を比較!納得して返礼品を選ぶには?
  • 兵庫県でおすすめのふるさと納税を比較!納得して返礼品を選ぶには?
  • 秋田県でおすすめのふるさと納税を比較!納得して返礼品を選ぶには?
  • 長野県でおすすめのふるさと納税を比較!納得して返礼品を選ぶには?