静岡県でおすすめのふるさと納税を比較!納得して返礼品を選ぶには?

「静岡県でおすすめのふるさと納税について知りたい」「ふるさと納税の返礼品はどうやって選べばいいの?」このように疑問に思っている人も多いでしょう。そこで今回は、静岡県でおすすめのふるさと納税、返礼品の選び方、ふるさと納税のお金はどこに使われるのかなどを解説します。

静岡県でおすすめのふるさと納税はどこ?

静岡県といえば、お茶やうなぎなどおいしいものがたくさんあることで人気のある県ですよね。


そのため、その地域の特産品をお得に入手することができ、節税効果もあるふるさと納税の対象地域としても静岡県は非常に人気があります。静岡県のふるさと納税をまだ使ったことのない方にも満足される特産品が静岡県にはたくさんあると思います。


そこで、この記事では、 

  • 静岡県でおすすめのふるさと納税の返戻品
  • ふるさと納税の選び方のポイント
  • ふるさと納税の寄付金の使われ方

について、それぞれわかりやすくご説明していきます。


ぜひ最後まで読んでいただき、ふるさと納税についての知識や、静岡県のお得な返戻品について情報を得て、上手にふるさと納税を利用してくださいね。

静岡県でおすすめのふるさと納税・返礼品を比較

静岡県にはおいしい特産品が数多くあることをご紹介しましたが、ふるさと納税ではどのような返戻品が人気があるのでしょうか。


静岡県の返戻品についていくつか具体的にご紹介していきます。


冒頭でお伝えした静岡県の特産品として有名なお茶やうなぎの他にも、おいしい返戻品があります。


どの返戻品も人気のあるものばかりですので、しっかりチェックしてみてくださいね。

浜松市(知久屋浜松餃子たっぷりセット、浜名湖産鰻白焼き2本入など)

静岡県浜松市は浜名湖のうなぎが有名な町ですが、最近では餃子も非常に有名なことをご存知ですか。


浜松市の調べでは、平成30年の餃子の年間支出額では、宇都宮市を抑え、浜松市が全国トップだったそうです。そんな餃子の町の浜松市では、ふるさと納税でも餃子が人気のようです。


特に、知久屋浜松餃子たっぷりセット(100個入・10,000円)は無添加で国産の野菜をたっぷり使ったヘルシーさが人気で、浜松市のふるさと納税の第1位となっています。100個入の他に200個入20,000円もあり、こちらも人気となっています。


また、もちろんうなぎの返戻品も人気が高く、1位の知久屋浜松餃子たっぷりセットに続き、浜名湖産鰻白焼き2本入・10,000円が第2位となっています。浜名湖産の天然うなぎを白焼きにしたもので、蒲焼のたれと山椒もセットされています。

磐田市(純系名古屋コーチン卵(40コ入)卵かけご飯セット、しっぺいオリジナルゴルフボールなど)

静岡県磐田市は浜松市の隣に位置し、ジュビロ磐田のホームタウンでスポーツの町としても知られています。


そんな静岡県磐田市のふるさと納税で人気の返戻品のひとつに、純系名古屋コーチン卵(40コ入)卵かけご飯セット(10,000円)があります。


名古屋コーチンは、栄養価の高いきな粉やミネラル成分を配合した特別な餌を与えられており、それにより名古屋コーチンの卵の黄身は箸でつかんでもなかなか割れないほど濃厚で、卵かけご飯にぴったりだと言われています。


名古屋コーチン卵と関西風のしょうゆ1本がセットになっており、多くのリピーターの方がいるそうです。


また、少し変わった返戻品として、しっぺいオリジナルゴルフボールセットも人気があります。


これは、静岡県磐田市のイメージキャラクター「しっぺい」が名入れされたゴルフボールです。「しっぺい」とは、磐田市に古くから伝わる「霊犬伝説」 で村人たちを怪物から救った霊犬・悉平(しっぺい)太郎をモチーフにしたキャラクターです。

掛川市(クラウンメロン1玉、深蒸し掛川茶1kgなど)

最後にご紹介するのは、静岡県掛川市の返戻品です。


掛川市の返戻品の人気第1位は、クラウンメロン 白級 GABA(マスクメロン・ギフト箱入)1.1kg以上(10,000円)です。


クラウンメロンは、T字型のツルがシンボルのマスクメロンの中でも高級なメロンとして知られており、1本の木に1つの実しか収穫されないそうです。


その等級には、富士、山、白、雪の4つの級があり、この返戻品の白級は全体の60%を占める代表的なもので贈答品としても喜ばれています。


また、第2位の深蒸し掛川茶1kgは大変お得な返戻品です。


というのも、実際の商品名は『「訳あり」深蒸し掛川茶「一番茶」袋は何でもいいよ。という方向け 訳ありだから合計1kgの大容量』というもので、訳ありの理由は、大量に残ってしまったお茶の袋をパッケージとして使っているからです。


ただし、中身は深蒸し掛川茶の1番茶を使用していますので、通常のものとなんら変わりません。ご自宅用でおいしいお茶を飲むにはぴったりのお得な返戻品ですね。

下田市(干物詰合せセット、飲む温泉2リットルなど)

下田市は静岡県の伊豆半島南部に位置している町です。


天城山系から続く山の幸と太平洋の海の幸、きれいな海と砂浜、豊かな湯量の温泉などからなる観光業が盛んで、ペリー提督が停泊し開港した下田港など歴史的な遺産も多く遺されています。


そんな下田市で特におすすめしたい返礼品は以下の通りです。


小木曽商店 干物詰合せ Bセット

伝統ある小木曽商店の魚の旨味を存分に引き出した干物詰合せセット」。魚選びからこだわり、「真あじ・さんま・真さば・金目鯛」の上質な脂と旨味を味わうことができる人気の返礼品です。


一枚一枚手開きされており保存料や化学調味料無添加なので安心できる魅力的な一品です。


飲む温泉 観音温泉 2リットル(6本入)

下田市の山間にある観音温泉の源泉100%の「ナチュラルミネラルウォーター」。からだに優しい水なので、飲むだけでなく、料理にも使うことができます


また、アンチエイジングで注目されている「シリカ」も豊富に含まれているので髪や爪、お肌にもハリツヤを与えてくれます。 


詳しくはこちらをご覧ください。

後悔しない!ふるさと納税・返礼品の選び方


多くのふるさと納税の返戻品の中から何にしようか迷うのは楽しみでもありますが、例えば初めてふるさと納税の返戻品を選ぶ場合、返戻品の種類が多すぎて迷ってしまうこともあるかもしれません。


数多くの自治体の中から納得するふるさと納税の返戻品を選ぶには、何かコツのようなものはあるのでしょうか。


ご自身が欲しい返礼品を選ぶのももちろんなのですが、どの自治体のふるさと納税にするかで考える方法もあります。


以下で、その自治体で選ぶ場合の選び方をいくつかご紹介していきます。

自分が好きな町・応援したい町を選ぼう

まず、ご自身が好きな町や応援したい町がある場合、それらの自治体のふるさと納税を選ぶという方法があります。これは、本来のふるさと納税の趣旨に沿ったものですね。


総務省によるとふるさと納税は、地方のふるさとで生まれ育った人が進学や就職を理由に都会に移り住みそこで納税することによって、都会に税収が集中し地方との格差が生じることを緩和することを目的としています。


また、自分のふるさとに限らず、お世話になった地域や応援したい地域のふるさと納税を選ぶこともできます。


さらに自治体の方も、魅力ある返戻品を企画しアピールしていくことで、地方の活性化をはかることができるのです。


ですので、ご自身のふるさとを含め、自分が好きな町、応援したい町を中心に選ぶことが、本来のふるさと納税の趣旨に沿った選び方といえるでしょう。

控除・還付を受けたいなら対象外でないかは確認

大人気のふるさと納税ですが、2年ほど前にいくつかの自治体が本来のふるさと納税の趣旨からはずれているということで、総務省がそれらの自治体をその対象からはずすというニュースがありました。


その背景としては、地場産品とは関係のないものや、本来返戻品は寄付金の30%程度という目安を大きく上回るギフト券などを返戻品として人気を集め、多額の寄付金を集めるなど、過熱しすぎた状態を改めようとしたというものです。


現時点で、いくつかの自治体がふるさと納税の対象からはずれていますが、それらの自治体ではそのメリットである税金の還付を受けられないことになりますので、ふるさと納税を利用する前には対象外でないか確認するようにしましょう。

社会貢献のためのふるさと納税という選択肢も

また、自分が欲しい返戻品のためにふるさと納税を利用するだけでなく、ふるさと納税を通じて社会貢献するという選択肢もあります。


これには、例えば以下のようなものがあります。

  • 台風や大雨、地震などの被害に遭った地域の復興を支援する 

被害を受けた自治体にふるさと納税という形で寄付金を直接送ることができるため、通常の寄付よりもスピーディーにお金が被害地に届きます。


  • 地域の課題を解決するためのプロジェクトを支援する

各自治体では、ふるさと納税の使い道として地域の課題をクラウドファンディング型のプロジェクトとして立ち上げ、寄付金を募っています。


  • サポートを必要としている方へ必要なサービスや物を送ることで支援する

例えば、高齢者への理美容の自宅訪問サービス、こども食堂の食材の提供など、何かのサービスを必要としている方へそのサービスを返戻品として送ることができます。


いかがでしょうか。かしこまって「寄付」というとなかなかしづらいかもしれませんが、このようにふるさと納税を使って気軽に社会貢献できるのは、非常に良い試みではないでしょうか。

ふるさと納税のお金はどこに使われるの?

大人気のふるさと納税ですが、集められた寄付金は各自治体でどのように使われているのでしょうか。


もし好きな自治体、応援したい自治体が決まっているのであれば、その自治体のホームページにふるさと納税の使い道が説明されていることがありますので、それをチェックすると使い道がわかります。


また、ふるさと納税のサイトでも、使い道などが細かく表記されていますよ。


それらによると、 

  • 教育 
  • 健康・医療・福祉 
  • 子育て 
  • 地域や産業の支援 
  • スポーツや文化の支援 
  • 市民活動 
  • 観光 
  • 防災や安全 
  • 災害支援 

など多岐に渡っています。


また先ほどご紹介しましたが、ご自身が返戻品をもらうのではなく、社会貢献型のふるさと納税として利用することで、直接その地域の寄付金を届けサポートすることもできます。


いずれにしても、私達がふるさと納税を利用すればするほど、その地域をサポートしていくことにつながるというわけですね。

まとめ:静岡県でおすすめのふるさと納税を比較

静岡県でおすすめのふるさと納税などについてご説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。


最後にもう一度主な内容をまとめてみます。

  • ふるさと納税の選び方は自分が好きな町や応援したい町か
  • ふるさと納税の対象外でないかを確認、社会貢献できるものを選ぶ
  • 教育、医療・福祉、子育て、産業、スポーツ・文化、市民活動、災害支援など多岐に渡り、各自治体のホームページやふるさと納税のサイトで確認できる

これまで静岡県のふるさと納税を利用したことがない方も、「次は静岡県!」と思った方もいらしゃるかもしれませんね。


このように今も大人気のふるさと納税ですが、ご自身がほしい返戻品のふるさと納税を選ぶことはもちろん、その他にも社会貢献のために利用するという新しい利用方法も試してみてはいかがでしょうか。


ほけんROOMでは、この他にもふるさと納税に関する記事を数多くご紹介していますので、興味のある方は是非そちらもご覧ください。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング