93%が家電量販店の営業を再開してほしいと回答!家電量販店営業再開に関する意識調査!

ライフプラン相談、オンライン保険相談サービス「ほけんROOM(https://hoken-room.jp/)」を運営する株式会社Wizleap(代表取締役社長:谷川昌平)では、家計や保険、最新トレンドを発信すべく、2020年5月ににユーザーからの調査データや様々な調査結果を公表します。

家電量販店営業再開に関する意識調査

2020年コロナウイルス感染拡大に伴い、外出自粛要請がされた中、家電量販店の経営が困難になっています。


そこで今回ほけんROOMでは、家電量販店で働いている方々に少しでも希望を持ってもらう目的のもと、18歳以上の1,188名に、「家電量販店営業再開について」意識調査を行いました。


アンケートの詳細は以下のようになります。


【調査概要:家電量販店再開に関する意識調査】

  • 調査日程 :2020年5月17日〜2020年5月20日 
  • 調査方法 :インターネット
  • 調査対象 :18歳以上
  • 調査人数 :1,188名



緊急事態宣言以降に家電量販店に行ったかどうか

まず、初めの質問として緊急事態宣言以降に家電量販店に行ったかどうかお聞きしました。

ほけんROOM

ご覧の通り、「行った」と回答した方が、26.3%であり、「行っていない」と回答した方が、73.7%です。

現在、家電量販店に行けなくて困っているかどうか

2つ目の質問として、現在、家電量販店に行けなくて困っているかどうかをお聞きしました。

ほけんROOM

結果、「困っている」と回答した方が、3.1%の「どちらかと言えば困っている」と回答したが方が15.7%です。


一方で、「困っていない」と回答した方が、35.4%であり、「どちらかと言えば困っていない」と回答した方が、45.9%です。


また、自粛期間中に家電量販店に行くことについてお聞きしました。

ほけんROOM

ご覧の通り、「良いと思う」と回答した方が、7.1%、「どちらかと言えば良いと思う」と回答した方が、50.8%の半数を占めます。

家電量販店の営業を再開することについて

4つ目の質問として、コロナ禍の中、家電量販店の営業についてどう思うかお聞きしました。

ほけんROOM

ご覧の通り、「再開すべき」と回答した方が、24.8%であり、「どちらかと言えば再開すべき」と回答した方が、41.5%です。


一方で、「再開すべきではない」と回答した方が、1.6%であり、「どちらかと言えば再開すべきではない」と回答した方が、7.9%です。


また、24.2%の方は「どちらと言えない」と回答しました。


以下、そのように回答した理由についてお聞きしました。

50代男性 / 神奈川県


その他

「再開すべき」と回答

家電量販店でも生活必需品を扱っており、スーパーやコンビニエンスストア同様に、営業が必要。また飲食店や居酒屋等と異なり、飲食や長時間の会話をするわけではなく、三密状態を避ける注意を怠らなければウイルス感染のリスクのリスクは低いと思うから。

20代女性 / 大阪府


主婦

「どちらかと言えば再開すべき」と回答

洗濯機やドライヤー、冷蔵庫などの家電は生活に必要不可欠なものなので、人と人の間隔を空けたり入場制限をしたり、除菌スプレーを設置したりする工夫が可能なら再開すべき。

30代女性 / 福島県


アルバイト

「どちらかと言えば再開すべきではない」と回答

家電量販店に必ず行く必要がある場面は、生活必需品の家電が故障した時の買い替えくらいだと思います。そのために家電量販店が開いていたらいいなとは思いますが、やってなければやってないで、ネットでも購入できるので、再開せずともなんとかなると思います。

30代女性 / 島根県


個人事業主

「再開すべきではない」と回答

ネット時代なので、なるべくネットショップで購入したら良いと思います。再開したら、コロナウイルスが広がる一因となるのは確実ではないかと思うので…。今は極端に暑くも寒くも無い気温なので、エアコンも急ぎませんし、まだ自粛を続けて再開しないでほしいです。

早く家電量販店の営業を再開してほしいかどうか

5つ目の質問として、早く家電量販店の営業を再開してほしいかどうかお聞きしました。

ほけんROOM

結果の通り、「再開してほしい」と回答した方が15.7%、「どちらかと言えば再開してほしい」と回答した方が77.4%です。


少なからず再開してほしいと言う方は、93.1%程いることがわかります。


以下、そのように回答した理由についてお聞きしました。

40代男性 / 大阪府


会社員

「再開してほしい」と回答

クーラーや扇風機などの、夏の家電の準備をしたい。また携帯電話の機種変更を行いたいが家電量販店が開いていない為、キャリア毎に相談が出来ない。家電量販店のポイント有効期限が迫っている為、早く使用したい。

20代女性 / 神奈川県


アルバイト

「再開してほしい」と回答

在宅ワークを本格的に始めることになり、デスクやパソコンスタンド等欲しいものが出来た。ネット販売だとどうしても感じがつかめないので実際に実物を見て選びたいと思った。

30代女性 / 兵庫県


主婦

「どちらかと言えば再開してほしい」と回答

ドライヤーが壊れたから買いに行きたいし、掃除機の紙パックもなくなって、録画用のDVDもなくなってきたので早く再開して買いに行きたいです。4Kテレビもどんなのがあるか見に行きたいです。

40代女性 / 東京都


アルバイト

「どちらかと言えば再開してほしくない」と回答

再開してほしい気持ちもありますが、お店を再開することでコロナウイルスが広まってしまうかもしれないからです。なので、まだ再開するかどうかは慎重に考えてお店をあけるべきではないと思います。

まとめ

以上5つの調査結果をご紹介しました。いかがだったでしょうか。


ECサイトで宅配をされる方も増えてきていますが、「家電量販店で買いたい!」と言っている方も多いことが今回の結果でわかります。


今回の調査結果はウェブページ等で引用していただいて構いません。


ただし、引用の際は必ずこちらのリンク(https://hoken-room.jp/money-life/9134)を載せるようにしてください。


また、ウェブページ以外での引用の際は、ほけんROOMまでご連絡いただくようお願い申し上げます。


回答者の声について詳しく知りたい方は、ご連絡をいただければより詳しいデータをご提供することも可能です。興味のある方はぜひご連絡ください。


 ------------------------------------------------------------------------- 


【ご取材・データの提供に関するお問い合わせ】 

株式会社Wizleap 広報部

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-7-5 青山セブンハイツ606号室

E-MAIL:info@wizleap.co.jp

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング