つみたてNISA(積立NISA)は20年後どうする?20年後の利益はいくら?

つみたてNISA(積立NISA)は20年間非課税で投資できることが大きなメリットですが、20年後どうするか、20年後利益はいくらに増えているのか気になると思います。20年後どうするかは、つみたてNISAを売却して現金にする方法や課税口座で継続して運用する方法等があります。

つみたてNISAは20年後どうする?20年後の利益はいくら?


つみたてNISAで今後に向けて資産形成をしていきたいと思っている方は多いと思います。


また、すでにつみたてNISAを始めている方もいるかもしれません。


しかし、20年間の非課税期間を終えたときのことを考え「利益はいくらになっているのだろう」「損はしないのかな?」など不安に思っている方もいるのではないでしょうか。


今後のために長期にわたって投資を行うのですから、失敗はしたくないですよね。


また「20年の非課税期間が終わったらどうすればよいのか分からない」という方もいると思います。


そんな方へ向け、この記事では「つみたてNISA」について

  • 20年後はどうしたらよいのか
  • 20年後にどの程度の利益が期待できるのか
  • 20年後に元本割れをしていた場合はどうしたらよいのか
  • 途中解約は損
上記を詳しく解説していきます。

この記事を読んでいただけたら、つみたてNISAの非課税期間が終わる20年後の利益や運用資産をどうすればよいのか等理解できるため、つみたてNISAの20年後の利益等について不安を抱えている方の参考になると思います。

ぜひ最後までご覧ください。

つみたてNISA(積立NISA)はロールオーバーできない


ご存じの方も多いと思いますが、積立nisaとは毎年40万円までの投資資金で得られた利益を20年の間、全額非課税にできる制度です。


通常、投資をして得られた利益には、20.315%の税金がかかってきます。そのため、100万円稼いだとしても、手元に残るのは80万円程度となってしまいます。


しかし、積立nisaでは20年の間利益が非課税となるため、仮に100万円稼いだら100万円がそのまま手元に入ってくるという違いがあります。


ただし、利益が非課税の対象となるのはあくまでも20年間のみです。


そのため20年が終了したら、運用資産はその後どうなるのか気になる方も多いでしょう。


通常のNISAでは非課税の対象期間(5年間)が終わった後も、運用を継続していきたい場合には、ロールオーバーの選択が可能です。


ロールオーバーとは、非課税の対象期間が終わった後、新しいNISA口座に運用資産を持ち越すことをいいます。


これを行うと、その後も5年間にわたって非課税枠での投資ができるようになります。


では、このロールオーバーを積立nisaでもできるかというと、それはできません。


なぜなら、積立nisaでは非課税の期間が終わった後、自動的に一般口座か特定口座に運用資産が移されて(移管)しまうからです。


NISA口座を新しく作り直しても運用資産を持ち越すことはできず、その後の運用では一般の投資同様に利益に対して税金がかかってしまいます。


そのため、つみたてNISAでは20年という期間を上手に活用して、いかに利益を上げるかが重要となってくることが分かると思います。

つみたてNISA(積立NISA)は20年後どうするか


つみたてNISAではロールオーバーできないため、非課税期間が終了する20年後からは一般の投資と同様に利益が課税対象となってしまうことはお伝えしました。


ただ、この話を聞いて「20年後はどう対応したらいいの?」と思った方もいるかもしれません。


つみたてNISAの20年後にとれる手段は以下の4つがあります。

  • 持っている商品を売って現金にする
  • つみたてNISAの枠を再度使う
  • 一般口座や特定口座に移管後、継続して運用する
  • iDeCoに移して運用をする
ただ、これだけ聞いてもよく分からない方が多いと思うので、ここからは上記にあげた4つの手段について順に解説していきます。

つみたてNISAを現在利用中で20年後どうしようか悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

つみたてNISA(積立NISA)を売却して現金にする

まず、一番分かりやすい手段として、持っていた商品を売って現金に換えてしまう方法があります。


つみたてNISAの非課税投資期間が終了して、一般口座や特定口座に移管されてしまう前に、現金化することで課税対象になることなく利益を確実に受け取れるからです。


つみたてNISAと聞くと、20年間継続して運用していく必要があると思いがちですが、投資商品であることに変わりはないため、運用商品を売り現金化することは、いつでもできます。


そのため、20年間の中で値上がりした商品があり、今が売り時と思ったらそのタイミングで売却しても問題ありません。


逆に、現在値上がりしている商品でも20年後まで待っていたら、値下がりして元本割れしている可能性も十分考えられます。


20年後まで待たずに今が売り時だと思ったら、運用している商品を売却し利益を確定させておくとよいでしょう。

つみたてNISA(積立NISA)の枠を再度使う

2つ目の方法は、つみたてNISAの枠を再度使うという方法です。


つみたてNISAは加入から20年後、運用資産が一般口座や特定口座に移管されてしまいます。


この資産をロールオーバーすることはできませんが、つみたてNISA口座を開設し資産を元手に再度積み立て投資を行うことは可能です。


ただし、投資金額は毎年40万円までという制限は変わらないため、それ以上の金額分は他の方法での活用を考える必要があるといえます。

一般口座や特定口座に「移管」して継続して運用する

3つ目は、一般口座などに移されてからも継続して運用を行う方法です。


積立nisaは、20年後に運用資産が一般口座などに移されますが、決して解約となるわけではありません。


そのため、口座を移された後も積立NISAで運用したいという場合には、そのまま継続して行うことが可能です。


しかし、積立NISA口座に資産があったときとは違い、運用したことでの利益が発生した場合には、一般的な投資と同じく20.315%の税金がかかることには注意が必要です。


例えば、積立NISAで40万円で運用していた商品が15万円まで下落し、そのままでは損をしたことになるので、一般口座などで運用を継続したとします。


そして運用の結果、40万円まで戻ったため売ったとします。


この場合、15万円を差し引いた25万円に税金がかかることになるため、実際手元に残るのは35万円となってしまい、結局損をすることになるのです。


積立NISAの開始から20年後に元本割れを起こしてしまい、黒字に転じるまで運用を継続したいという方は税金を考慮したうえで、どの程度の利益が出れば手元に残る額が黒字になるのかを考えて行うとよいでしょう。


また、自分の資産がどのくらいになっているのか等の管理監視はしっかり行うことが大切です。


管理・監視をしっかり行えば、知らない間に暴落していたという事態を未然に防げます。

iDeCoに移して運用する

最後に紹介する方法は、つみたてNISAで運用した資産をiDeCoに移して運用する方法です。


iDeCoは、老後の資産形成のために自身が決めた掛け金で金融商品を運用していくというものです。


つみたてNISAは、非課税期間が終了した20年後も利用可能ですが、運用益に税金がかかってしまうというデメリットがあります。


しかしiDeCoの場合、60歳まで運用益に税金がかかることはありません


そのため、つみたてNISAで20年後も運用していくよりも、20年後はiDeCoに切り替えて運用を行っていった方が資産は増えやすいといえます。


ただし、iDeCoには60歳まで資産を引き出せないというデメリットもあります。


老後の資産形成が目的のため、老後のためにはよいかもしれませんが、万が一まとまった資金が必要になった際には利用することができないことを覚えておきましょう。


また、iDeCoも投資商品であるため、利用したからといって確実に老後資金の支えになるとは限りません。


運用次第では、元本割れを起こすことも十分考えられます。リスクが伴うことを押さえたうえで、利用するとよいでしょう。

つみたてNISAの20年後の利益は?シミュレーションしよう


ここまで、つみたてNISAの20年後はどうしたらよいのかについて解説してきました。


実際つみたてNISAの20年後には利益がいくらになっているのか気になる方も多いでしょう。


ここからは、つみたてNISAの20年後の利益をシミュレーションを行いながら、解説していきます。


シミュレーションで設定した条件は以下の通りです。

  • 毎月の積立額:2万円
  • 積立年数:20年
上記で年率7%・5%・3%の場合を比較してみていきたいと思います。


年率7%年率5%年率3%
最終金額1,2080,121円8,144,156円6,553,211円
積立金額4,800,000円4,800,000円4,800,000円
利益5,408,121円3,349,156円1,753,211円
税金で得する金額1,098,660円680,381円356,165円
リスクは高いですが、ハイリターンを期待して年率7%の投資商品に掛けた場合、積立金額よりも多く稼げており、税金面をみても100万円以上得していることが分かりますね。

堅実に投資を行った場合も、利益は約200万円、税金は35万円程度も得をしていることが分かります。

もちろん、この通りになるとは限りませんが、つみたてNISAを20年間利用すると利益を積み立て額の3倍程度に伸ばすことも可能で、かつ税金面でもかなりお得になるといえます。

つみたてNISAで損する?20年後に元本割れした場合


長期にわたって運用を行うことで、利益の大幅な増加が見込めるつみたてNISAですが、仮に20年後に元本割れを起こしていたらどうすればよいのか不安に思っている方も多いでしょう。


ここからは、つみたてNISAで20年後に元本割れした場合の対応方法を紹介していきたいと思います。


元本割れを起こしていた際に、とれる手段は以下の3つです。

  1. プラスに転じるまで運用を継続する
  2. 割り切ってマイナスで売却する
  3. 何もせずに放置する
1つ目は、非課税期間終了後も一般口座などでプラスになるまで運用を継続する方法です。

先ほどもお伝えしましたが、つみたてNISAは20年経ったら解約になるわけではなく、税金がかかるようになってしまうだけです。

そのため、20年経った後もつみたてNISAを利用して運用したいなら、そのまま継続はできます。

しかし、絶対にプラスに転じるという保証はなく、運用を継続することによって逆に更なるマイナスへ落ち込む可能性もあります

そのため、運用すべきかどうかは自身でしっかり見極めることが大切です。

老後の生活費を全部なくすわけにはいかないといった方は、割り切ることが大切かもしれません。

2つ目は、マイナスになってしまっているけど割り切ってそのまま売却をするという方法です。

投資商品には必ず損をする可能性があるため、これは仕方ないことだともいえます。

後悔することのないように、始める前に損をする可能性もあるという心構えをしっかり行うことが大切です。

3つ目は、何も心配せずに放置する方法です。つみたてNISAは一般口座に移管後、放置していても運用が継続していきます。

先ほど見た通り利益率は高い商品であるため、放置しておいたらいつの間にか値上がりすることもあるかもしれません。

あまり深刻に考えずに一旦放置するのも1つのよい方法といえるでしょう。

今現在利益がマイナスになっているという方は、上記の3つの選択肢から自身に合った方法を選ぶとよいと思います。

つみたてNISAは20年後になる前に途中解約が可能


つみたてNISAは、いつでも途中解約が可能です。そのため、緊急で資金が必要になってしまった場合などに役立てることができます。


しかし、この途中解約を早い段階で決めてしまうのはあまりよい方法とはいえません。なぜなら、つみたてNISAの途中解約は基本的にだからです。


相場の下落や利益が出ていないことを気にしたり、元本割れを起こしているのを見ていたりする方のなかには、2、3年で途中解約をしてしまう方がいます。


しかし、積み立てNISAは掛け金を積み立てていくことで、利益が上がっていくものであるため、途中解約をする前にほかの方法で回避できないか考えることも大切なポイントです。


ここからは、途中解約をする前に行うべきポイントについて説明していきます。


以下が途中解約前に見直してほしいポイントです。

  • 積立額を減らす
  • 金融商品を変更する
  • どうしてもの場合は部分売却をする
まずは、毎月の積立額を減らしましょう。つみたてNISAは、最低100円程度まで積み立て額を減らすことが可能です。

経済的に掛け金の支払いが難しくなってしまったという方は、まず積立額を減らすことから始めてみるとよいと思います。

現在、運用している商品の値動きがいまいちだから解約したいという方におすすめなのが、運用する商品を変更するという方法です。

その際、完全に解約するのはあまりよい方法とはいえないため、現在まで運用していた商品の買い付けを一旦ストップさせ、代わりに新しい商品の買い付けを行うのが主流となっています。

積み立てをストップさせていた商品は、値上がりしてきたら再度積み立てをすることも可能であるため、なるべく解約させずに商品のみ変更するとよいでしょう。

ただ、どうしてもまとまった資金が必要で解約せざるを得ないこともあると思います。

その場合は、全てを売却してしまうのではなく、一部のみ売却して残りは今後のために残しておくとよいでしょう。

まとめ:つみたてNISAで20年後に利益を得よう

ここまで、つみたてNISAの20年後の利益や運用資産についてお話してきましたが、いかがでしたでしょうか。


この記事のポイントは

  • つみたてNISAではロールオーバーできない
  • 20年後もつみたてNISAで運用継続は可能だが、税金がかかる
  • 利益率・節税効果が高い
  • 元本割れした際は、運用継続・売却・放置の3つから選択する
  • 途中解約は可能だが、早い段階で行うのは損である
以上のことでした。

つみたてNISAは長期的に積み立てることで利益が上がっていくものです。

一時の相場に左右されて2、3年で解約することなく、長期視点をもって考えていけるとよいと思います。

ほけんROOMでは、他にもほけんに関する記事を多数掲載しておりますので、よろしければご覧ください。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング