『コロナ保険』とは?コロナに対する各保険会社の取り組みも紹介!

内容をまとめると

  • 新型コロナウイルスでは入院・死亡・通院の給付金が受け取れる
  • 各保険会社では保険料の払込等に対して特別措置を行っている
  • 新型コロナウイルスに備える新しい保険が各社から発売されている
  • 新型コロナウイルス罹患後は、保険加入が難しくなる
  • PCR検査には保険適用と自費検査がある
  • どんなに些細なことでも保険に関して不安や疑問があるならマネーキャリアの保険相談を利用するのがおすすめ!
  • マネーキャリアなら何度でも無料で、スマホ1つで気軽に予約から相談が可能!相談場所も47都道府県対応可能!
  • マネーキャリア顧客満足度93%だから安心して気軽に利用できる!

新型コロナウイルスへの各保険会社の取り組みやコロナ保険について


新型コロナウイルスが世界的に流行し、健康面や経済面に不安を抱えている人も多いのではないでしょうか。


万が一感染してしまった場合に、加入中の保険が利用できなかったら困りますよね。


本記事では、


  • 新型コロナウイルスに保険金は支払われる?
  • 各保険会社が行っている特別対応
  • 新型コロナウイルスに備える新保険
  • 各保険会社の取り組み
  • 新型コロナウイルス感染後に保険加入はできる?
  • PCR検査にかかる費用

以上について解説しているため、ぜひ最後までご覧ください。

各保険会社ではどんな対応をしているか、チェックしていきましょう。

ほけんROOMではこの他にも、保険に関する様々な記事を掲載しているのでぜひ参考にしてください。

新型コロナウイルスに罹患した場合に保険金・給付金はもらえる?

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、これまでとは違う対応を取られる場面が増えています。


新型コロナウイルスへ感染し入院や死亡をしてしまった場合は、保険金を請求したいですよね。


それでは、現在各保険会社は


  • 入院給付金
  • 死亡給付金
  • 通院給付金


についてどのような対応を行っているのでしょうか。


各保険会社によって対応の詳細は異なりますが、一般的に行われている対応を解説します。

入院給付金

新型コロナウイルスの治療を目的とした入院の場合は、入院給付金が受け取れます。


この場合陰性・陽性は問いません。


新型コロナウイルスは病院への入院ができない場合、ホテルや自宅での療養となります。


よって新型コロナウイルスするに関しては、病院以外での療養であっても入院給付金を支払う保険会社が増えています。


また病院側の都合で当初の予定より退院予定日よりも早く退院させられた場合も、入院給付金の対象となることが多いです。

死亡給付金

新型コロナウイルスは、病気による死亡に対する死亡給付金の対象です。


また一部の保険会社では感染が直接的な死因である場合に、災害死亡保険の対象としています。


保険会社によっては保険金請求が、通常の手続きよりも簡素化している場合がありますので、各社ホームページで確認しておきましょう。

通院給付金

新型コロナウイルスで入院や療養をした場合、退院後にその治療を目的とした通院給付金が受け取れます。


感染拡大を防ぐために、病院によってはオンラインや電話での診療を行っています。


一部保険会社では、オンライン・電話診療も支払い対象です。

新型コロナウイルスでの各保険会社の特別な措置について

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、各保険会社が特別な措置を行っています。


基本的には緊急事態宣言に伴う収入減への措置としたものが中心です。


本章では


  • 保険料払込猶予期間
  • 契約者貸付に対する金利


以上に対する各社の対応を解説します。

保険料払込猶予期間の延長

新型コロナウイルスの影響で経済的な打撃を受け、保険料の払い込みが難しくなったご家庭もあるのではないでしょうか。

保険会社では保険料支払いに猶予期間を設けています。

猶予期間内に払い込みできればそのまま契約が継続可能です。

多くの保険会社では、新型コロナウイルスの影響を考慮し、保険料払込猶予期間の延長を行っています。

以下、一部を表にまとめました。

期間
明治安田生命2021年7月31日まで
※全額支払い困難の場合は、条件付きで2022年2月28日まで延長可
オリックス生命保険2021年7月31日まで
第一生命2021年7月31日まで
アクサダイレクト生命2021年7月31日まで

なお支払いが免除になるわけではありませんので、必ず期間内に保険料を支払いましょう。


期間内に支払わなかった場合、契約が失効する恐れがあります。


問い合わせの際は、各社カスタマーサービスセンターや、契約者専用サイト等から連絡をしてください。

契約者貸付に対する金利が0%に

保険会社からお金が借りられる契約者貸付という制度を知っていますか?


急遽まとまったお金が必要になった場合に利用したいと考える人もいるかと思います。


しかし緊急事態宣言の休業等の影響で収入が減ってしまうと、金利の負担が重くなってしまうのではないでしょうか。


一部の保険会社では緊急事態宣言を受けて、一定期間貸付の際の金利を0%にする措置を取っていました。


残念ながら現在は受付を行っていませんが、以下一例をご紹介します。


受付期間利息なし期間
ジブラルタ生命2021年1月7日〜2021年3月31日2021年7月31日迄
プルデンシャル生命保険2021年1月7日〜2021年3月31日2021年7月31日迄
エヌエヌ生命保険2020年2月18日〜2021年3月31日 2021年7月31日迄


今後も長期にわたる緊急事態宣言が発令された場合、同様の措置が取られる可能性があります。


そのため定期的にご利用中の保険会社のサイトをチェックしてみてください。

新型コロナウイルスに備える新しい保険商品 口コミあり

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、様々な保険会社が新しい保険を発売しています。


本章では


  • 感染症プラス入院一時金保険
  • コロナ助け合い保険
  • コロナminiサポほけん


以上3つの保険をご紹介します。


いずれも自宅から申し込み可能な保険ですので、外出自粛をしたいコロナ禍にぴったりです。


口コミと合わせて紹介しますので、参考にしてみてください。

2020年9月1日から太陽生命の感染症プラス入院一時金保険

太陽生命では2020年9月1日より、「感染症プラス入院一時金保険」を販売しています。


詳細は以下の通りです。


詳細
加入年齢有期:0〜75歳
終身:12〜85歳
保障額上限20万円
保障内容保障内容 新型コロナウイルスを含む特定の感染症

不慮の事故による傷害
特徴入院一時金と組み合わせ、従来の2倍の保障が受けられる(最大40万円)
スマホから申し込み可能



なお加入の際は入院一時金との組み合わせが必須です。


単体での加入はできないため、注意をしましょう。


残念ながらこちらの口コミは確認できませんでした。


有期の場合は10年になりますので、新型コロナウイルスへの感染リスクに対する備えとして、一時的に加入してみても良いかもしれません。

2020年5月1日からjustInCaseのコロナ助け合い保険

2020年5月1にjustInCaseより発売されたのが、「コロナ助け合い保険」です。


詳細は以下の通りです。


詳細
加入年齢15〜64歳
保障額10万円
保障内容怪我、または病気による入院
(自宅・臨時施設待機も含む)
特徴少額な保険料
入院期間は1泊〜可能


保険料が非常に安く、最も高い30〜34歳女性でも月々960円です。


申し込みや請求は全てオンライン上から可能です。


なお「コロナ助け合い保険」の利益は、全て医療従事者に寄付されます。

20代女性

入会直後でも迅速な対応をしてもらえた

サイトから申請するだけというシンプルな物でした。 請求に関して不安な点があった時、お問い合わせをしたのですが、丁寧に教えて頂けました。
突然の入院についていろいろな不安があり、その中の保険金請求になりましたが、とてもわかりやすく、説明、手早い対応して頂けて安心できました。 保険入会後のまもなくの事だったので大変申し訳なかったのですが、早く入金して頂いた事で、入院費も緩和でき、とても感謝しております。 ありがとうございました。
(公式サイトより)

30代男性

ネット上から時間を問わず請求できた

スピーディーに対応していただきありがとうございます。
ネット上で出来たので簡単で、時間帯に関係なく請求ができて助かりました。
(公式サイトより)

「コロナ助け合い保険」はオンライン上から請求可能な点がとても手軽な商品です。


対応もスピーディーなため、欲しい時に素早く入金をしてもらえる点が好評でした。


なお保険期間は1年です。


そのため新型コロナウイルスへの一時的な備えをしたい人におすすめです。

2021年4月9日から第一スマート少額短期保険のコロナminiサポほけん

2021年4月9日から第一スマート少額短期保険では、「コロナminiサポほけん」を販売しています。


詳細は以下の通りです。


詳細
加入年齢18〜69歳
保障額10万円
保障内容新型コロナウイルスを含む特定の感染症
特徴1類〜3類の感染症に対応
オンラインから手続き可能



新型コロナウイルスや特定の感染症に罹患した場合に、一時金10万円が支払われます。


申し込みは第一スマート少額短期保険のサイトの他、


  • MRT
  • カンゴトーク
  • 先払い
  • Smart One Health
  • FREENANCE
  • HoiClue


上記サービスからも申し込み可能です。


保険期間は3ヶ月と非常に短期ですので、感染が増えている時期に一時的に備えたい人におすすめです。


なお保険料は、感染状況に応じて毎月変動します。

代男性

保険料変動が助かる

手続きが全てオンライン上で行える点が非常に手軽でした。
毎月保険料が変動するとのことなので、感染状況が落ち着いている際は保険料が抑えられる点が嬉しいです。

30代男性

申し込みページまでたどり着けなかった

至急加入をしたいと考えているのですが、公式サイトの申し込みページまでの行き方が分からず加入ができませんでした。
電話窓口がなくWEB上のみの対応なので、やや不親切に感じます。

契約手続きが全てオンライン上から行える点が便利な商品です。


一方で、加入までのプロセスがわかりづらい点に不満の声がありました。


電話窓口がなくWEB問い合わせのみの対応なため、人によっては不親切さを感じるかもしれません。


WEBの利用に抵抗のない人は、ぜひ利用を検討してみてください。

新型コロナウイルスに対する各保険会社の取り組み


新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、各保険会社は様々な取り組みを行っています。


本章では


  • 保険料払込猶予期間延長
  • 臨時施設での入院給付金
  • 請求の簡易化(一部手続きの省略)


以上について各保険会社の取り組みを簡単にまとめました。


ぜひ参考にしてみてください。



保険料払込猶予期間延長臨時施設での入院給付金請求の簡易化
アクサ生命
アクサダイレクト生命
朝日生命
アフラック
エヌエヌ生命
FWD富士生命
記載なし記載なし
オリックス生命保険
ジブラルタ生命記載なし
住友生命保険
ソニー生命
2021年3月31日で受付停止
SOMPOひまわり生命
第一生命
第一フロンティア生命
記載なし
大同生命
太陽生命
チューリッヒ生命記載なし
T&Dフィナンシャル生命
東京海上日動あんしん生命記載なし
ニッセイ・ウェルス生命
日本生命
ネオファースト生命
はなさく生命保険
富国生命
マニュライフ生命オンライン請求可
三井住友海上あいおい生命
明治安田生命記載なし
メットライフ生命
メディケア生命記載なし


なお保険料払込猶予期間延長は、保険会社によっては地域が限定されている場合もあるためご注意ください。


また保険料払込猶予期間延長は時期が限定されているため、タイミングによっては適用されない可能性があります。


詳しい取り組みについては、各社ホームページをご覧ください。

コロナに感染した後は保険に新規加入できない?

新型コロナウイルスに罹患した場合、重症・軽症を問わず保険加入が難しくなります。


保険に加入をする際は、健康状態の告知が必要です。


治療法の分からない病気は、保険会社の不安要素を高めます。


そのためまだ有効な治療法の確立されていない状況においては、新型コロナウイルスへの罹患が保険加入を困難にする可能性が高いです。


対応は保険会社により違いますが、


  • PCR検査の結果が出ていない
  • 新型コロナウイルスの経過観察中


以上の場合は加入不可とする保険会社が多いです。


ただし完治してから再発せずに一定期間経過している場合は、加入を認める保険会社が多くあります。


よって新型コロナウイルスに罹患し、完治してからある程度時間が経っている人は、加入を検討してみても良いかもしれません。

PCR検査を保険適用で受けることができるのは症状がある場合だけ

新型コロナウイルスに感染しているかを確認するには、PCR検査を行う必要があります。


検査にかかる費用には


  • 保険適用
  • 全額自費


の2通りがあります。


なお全ての人に保険が適用されるわけではありません。


そのため条件や流れを確認しておくことが大切です。

保険適用でのPCR検査費用は数千円から

保険適用の場合は3割負担になりますので、PCR検査にかかる費用は5,850円です。


ただし基本的に自己負担分の5,850円は公費扱いになり、国が負担するため実質無料になります。


なお診療費や再検査の費用はかかるため注意しましょう。


  • 熱や咳など自覚症状のある人
  • 濃厚接触者


であれば、保険適用で検査可能です。


感染が疑われる場合はまず


  • かかりつけ医
  • 近隣の医療機関
  • 自治体の相談センター


などに電話相談をしましょう。


相談の結果、新型コロナウイルスへの罹患が疑われる場合は、医師の案内を受けてからPCR検査センターへ行くことになります。


その際忘れずに健康保険証を持参しましょう。


以上がPCR検査が保険適用になる流れです。

自費でのPCR検査は2万円程度

自費でPCR検査を行う場合は、


  • 検査費用 18,000円
  • 検査判断料 1,500円


以上の費用が発生します。


自費検査は症状の有無に関わらず可能です。


そのため仕事の都合で必要な人や、コンサート等に参加する人などでも、検査を受けることができます。


ただし発熱や咳など自覚症状がある人は、感染の可能性が疑われるため、まず医療機関に相談してください。

まとめ


新型コロナウイルスに対する、各保険会社の対応を解説しました。


最後に本記事の内容をまとめます。


  • 新型コロナウイルスでは入院・死亡・通院の給付金が受け取れる。
  • 各保険会社では保険料の払込等に対して特別措置を行っている。
  • 新型コロナウイルスに備える新しい保険が各社から発売されている。
  • 新型コロナウイルス罹患後は、保険加入が難しくなる。
  • PCR検査には保険適用自費検査がある。


感染拡大で不安の多い昨今ですが、いざという時は保険を頼ることで、経済的な負担を軽減することができます。


しかし一番大切なのは感染を防ぐことです。


感染を防ぐためにもマスク・手洗い・うがい・密を避けるなど、個人でできる最低限の予防をしましょう。

ランキング