消費者金融の踏み倒しはほとんどできない?無視をするとどうなる

消費者金融での借金の返済は、人によってはとても苦しいもの。しかし踏み倒しは現実的なことなのでしょうか?この記事では、踏み倒しが可能であるかということから踏み倒した人の体験談、さらには減額したい人が利用すべき制度までをまとめてご紹介します。

内容をまとめると

  • 消費者金融の時効は5年だが、成立には障壁がある
  • 消費者金融に限らず、借金を踏み倒すのはおすすめできない
  • 消費者金融の借金を正当に減額する手段として債務整理がある
  • 債務整理には、任意整理・個人再生・自己破産の3段階があり、それぞれメリットもデメリットもある
  • 消費者金融はかつてのサラ金だが、法規制されているので安心して利用できる
  • 闇金は違法であるため、利用は絶対に避けるべき
  • お金のことについて悩みがあるならマネーキャリアのFP相談を利用するのがおすすめです!
  • マネーキャリアなら何度でも無料で、スマホ1つで気軽に予約から相談が可能!相談場所も47都道府県対応可能!
  • マネーキャリア顧客満足度93%だから安心して気軽に利用できる! 

消費者金融の踏み倒しはほとんどできない?無視をするとどうなる


現在、消費者金融を利用しているという方もおられますよね。


その返済に追われ、どことなく踏み倒しが頭をよぎる…なんてことも少なからずあるのではないでしょうか。


そこで今回は消費者金融の踏み倒しについて

  • 「借金の踏み倒し」具体的にどういうこと?
  • 消費者金融の時効って?成立が難しい、その理由とは
  • 消費者金融を踏み倒そうとしたらどんなことが待っている?
  • 踏み倒しに成功した人・失敗した人、それぞれの声をご紹介!
  • 正当に減額したい時にはこれを利用しよう
  • そもそも闇金やサラ金との違い、説明できる?
以上のことを中心に解説していきます。

この記事を読んでいただければ、消費者金融で借り逃げすることは現実的なのか、その時に生じる事態やそれ以外の減額方法までを正しく理解することができます。

まず前提として、自身で借りたお金には原則として返済義務が付きまといます。

その上でどう立ち振る舞うべきかを考えるべく、最後までぜひご覧ください。

借金の踏み倒しとは

借金を返済しないまま逃げる状態のことを「借金の踏み倒し」と表現します。


いわゆる借り逃げですね。


似たような言葉で「焦げ付く」というものがあるのですが、これは人に貸したお金や投資金を回収できない時に使う言葉です。


踏み倒しは借りた側、焦げ付くは貸した側が使うと覚えておくと良いでしょう。


ただし返済を自己判断で中止してそのまま放置しておいても、それを踏み倒したとは言えません。


借金を放ったらかしにしたところで、あなたが負っている返済義務が消えて無くなることは、まずありえないからです。


とは言え「借金の返済を放置したがために警察に逮捕される」ということもありません。


これは借金が民事責任に該当するという理由によるものです。


しかしこれを悪用して最初から返済する気のないまま借金をし、なおかつその事実が裁判で立証されてしまえば詐欺罪に問われ、懲役10年以下の実刑判決を受ける可能性があります。

消費者金融での借金に時効はある?逃げ切ることはできるのか

消費者金融でした借金に、時効が存在することはご存知でしたか?


時効(時効援用)とは、借金自体が無効であると主張し認められることで、返済を免れるという制度です。


言い換えるならば、借金の支払い義務をなくし完済扱いとすることができるというシステムです。


「時効さえ迎えることができたなら、返済することなく逃げることも可能なのでは…」と淡い期待を抱いている方もおられるかもしれませんが、残念ながらそんなに甘いものではありません。


なぜなら、時効の成立を迎える自体がほとんど可能性のないことだからです。


時効というシステムがあるにもかかわらず、成立することがほぼないとはどういうことなのでしょうか?


この項目では

  • 消費者金融で時効を成立させるには?
  • どうして時効を迎えるのが難しいことと言われるの?
以上の疑問について解決すべく、説明させていただきます。

まずは借金における時効という制度をよく理解するためにも、一緒に見ていきましょう。

消費者金融時効成立の条件

消費者金融に限らずではありますが、借金の時効が妥結するには、いくつかの項目をクリアしなければなりません。


それぞれ1つずつ詳しく解説していきます。


所定期間(時効)の経過


まず何より時効として設定されている期間を超過しなければなりません。


その期間を一覧にしたものがこちらです。

種類
2年給料や月謝
3年不法行為により発生した慰謝料や賠償金
離婚の慰謝料など
5年消費者金融・金融機関・クレジットカード
法人の間での金銭貸借
退職金、家賃など
10年個人の間での金銭貸借

上記から読み取れるように、消費者金融での借金の場合は5年です。


この5年という年月の開始は、直近の返済日の翌日からとなります。


借金を受け入れていない


平たく言えば1円も返済に応じていないという状況のことです。


つまり返済は、それ自体あなたが借りたお金であると認識していることにつながります。


時効援用の手続きを踏んでいる


時効援用の手続きを行うことは不可避です。


時効援用の手続きでやっと受け入れられたことになります。


利用するのは、「確実に相手が受け取った、すなわち内容を認めた」と見なされるため、内容証明郵便です。

時効まで踏み倒すのが難しい理由

先ほどの説明だけだと、5年逃げることができれば良いだけとずいぶん簡単に捉える方もおられるかもしれません。


しかしこの5年を待っている間に以下の事案が発生すると時効のカウントが一旦停止されてしまったり、1からになってしまう可能性があるのです。


その事案とは

  • 消費者金融が裁判を起こした(例えば支払督促に関する申立てなど)
  • 差し押さえまたは仮差し押さえ、仮処分をされた
  • 催促状が届いた
以上です。

それぞれについて解説します。

裁判を起こされた


裁判を起こされた場合は、問答無用でそれまでのカウントが消滅しまた1からになります。

たとえ明日で5年の時効を迎えるという時であっても全く関係はありません。

裁判を起こされると、裁判所から
  • 訴状
  • 支払督促申請所
などが特別送達で届きます。

仮にこれを無視していたとしても裁判は進みますので、消費者金融が勝訴する結果となり、返済するよう命令が下されます。

また裁判で判決が下った場合は、時効がそれまでの5年から10年へと延期されますのでご注意ください。

差し押さえなどをされた


この場合も、時効までのカウントがまた1からになります。

一般的に給料を差し押さえれることが多く、そうなると職場へも通告されるため、悪い意味で影響は絶大です。

催促状が届いた


催促状が届くと、6ヶ月にわたって時効までのカウントが一時的に中断されます。

この間に上記の裁判などがなければ、その期間終了後カウント再開となる運びです。

その他


消費者金融側のアクションではなく、借りている人間の行動でもカウントが1からになるものがあります。

それは返済、あるいは返済するという意思表示をした場合です。

これは借金を認めていないという条件に反し、なおかつ時効のカウントは最終返済日の翌日からとなることが理由です。

消費者金融の借金を踏み倒そうとするとどうなるか

消費者金融の借金を踏み倒そうとすると、前項で説明したように

  • 裁判を起こされる
  • 差し押さえなどを受ける
  • 催促される
などの事態を招くことは、重々ご理解いただけたと思います。

だからと言って、夜逃げ同然に踏み倒そうとするのもおすすめできません。

というのも、引越しをしたりあるいは結婚などで苗字を変えたとしても、消費者金融側には影響がないからです。

消費者金融に限りませんがお金を貸している側は、「滞納されている借金の回収を通告するため」という正当な目的のもと、借金をしている人の住民票を取得したり戸籍を閲覧できる権利を持っています。

さらに、仮に居場所がわからなかったとしても、お金を貸している側は公示送達という手続きを行うことで裁判が起こせるのです。

これらの理由から、行方をくらまそうとするのも危険です。

また時効を承認され、完済したという扱いになったとしても、信用情報機関には借金を滞納したという記録が残ってしまいます。

いわゆるブラックリストに登録された状態になるわけです。

これにより、例えば住宅ローンを組むときやカードローンの利用時に制限が生まれてしまいます。

そもそも時効の成立を目的として消費者金融からの通知を無視し続けていると、大体の場合で裁判を起こされるか差し押さえなどをされるため、その時点で信用には傷がつきます。

踏み倒しが成功するか否か以前に、踏み倒そうとする行為自体がリスクをはらんだことなのです。

さて、借金の差し押さえでは学資保険がその対象となってしまうことがあります。


子どものために積み立ててきたお金がなくなるのは、家族にとって辛いことですよね。 


そういった事態に陥った際にどう動くべきなのか、あらかじめ知っておいて損はありません。


下記リンク先の記事では、学資保険が差し押さえされた時の解除方法や対処法を詳しく解説しておりますので、そちらもぜひご覧ください。

【体験談】借金の踏み倒しに成功した人・失敗した人

借金の踏み倒しにおける危険性はよくわかっていただけたかと思います。


しかしこれはあくまで想像の上での話ですよね。


実際に踏み倒しがうまくいった人、いかなかった人はどういう顛末を迎えているのでしょうか。


おそらくみなさんが気になっていることだと思います。


そこで今回は成功・失敗を経験した人の体験談をご紹介させていただきます。


ただし以下の体験談はあくまで個人によるものです。


成功談だけを読んで、踏み倒そうとするのは避けてください。


あくまでこういう事例があったという認識に留めておいていただければと思います。

代男性

アコムとプロミスでお金を借りた、その後

20年も前の話ですが、アコムとプロミスで50万円ずつ借金をしました。
これについて返済は行っていません。
しかし現在、クレジットカードを3枚所持できています。
銀行のカードローンも利用できているため、困った思いはしていません。

これは時効を大きく超える20年も前の消費者金融での借金を踏み倒した例です。


ご本人にはことに困った様子は見られないので、成功例と言えるでしょう。


ただし踏み倒しには違いないため、この方はおそらく信用情報機関に記録され続けていると思われます。


ではなぜこの方がクレジットカードを問題なく作成でき、カードローンを利用しているのか。


それは、この方が登録されているのが日本信用情報機構(JICC)であるためだと考えられます。


これは主として消費者金融での借金における情報を記録している信用情報機関です。


そのため銀行でのカード作成には影響していない可能性が考えられるのです。


ですので、もしこの先消費者金融で再度借金をしようとしても不可能と思われます。


あくまで推察ですが、成功とはいえ背水の陣状態であることが伺えます。

20代男性

葬儀ローンから始まった

突然母親が亡くなり、その葬儀のお布施代を賄うために手を出したのがアイフル。
しばらくは期日どおりに返済していましたが、当時立ち上げていた会社の経営が悪くなり、役員手当が入らなくなりました。
そこからは自分のお金かのごとくキャッシングを繰り返す日々。
当然返済はできなくなり放置していると、3年が経過した頃には催促すらこなくなりました。
しかし現在でもローンやクレジットカードの審査には一切通らない状況が続いています。

この男性も踏み倒しはできたものの、現在もローンやクレジットカードなど信用を求められる場面で影響を受け続けているようです。


その面で失敗例と言えるのではないでしょうか。


催促すらなくなったというのは印象的でした。


請求書の名義も途中からは個人となったようで、別の債権回収会社へ依頼されたと予想されます。


ただ催促はなくなっても、しっかりブラックリストに記録されていることは間違いなさそうです。


住宅ローンなど大きなローンを組むことも、クレジットカードの作成・所持が叶わないのも、今後の彼の人生においても大きな痛手となってしまうでしょう。

消費者金融の借金を正当に減額する方法・債務整理


「踏み倒しがだめならどうすればいいのか…」と悲嘆しているあなたへ、ご安心ください。


消費者金融での借金を、正当に減額することができる方法が存在するのです。


それは債務整理です。


テレビのCMなどでも耳にしたことがあるかもしれません。


この債務整理にも、

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産
状況に合わせて以上の3つのステップがあります。

あなたが借金を踏み倒してしまう前に、必ずできることがあります。

ここからはその3つのステップそれぞれの概要やメリット・デメリットなどをご紹介していきますので、しっかりご確認いただければと思います。

任意整理

概要


裁判所を中継することなく、今回の場合は消費者金融と直に

  • 利息の減額・免除
  • 返済完了までの回数
といったことを交渉して、毎月の返済における負担を軽減する方法です。

任意整理で特に重要なのが利息の減額・免除となるため、
  • 消費者金融からの借金・キャッシング
  • リボ払い
このような比較的金利が高い借金において手続きをされることが大半です。

メリット


任意整理には
  • 任意整理の手続きは簡易的なものであるため、家族や職場にばれる心配がない
  • 返済や督促が一時的に中断される
  • 車や住宅などを差し押さえから守ることも可能
以上のメリットがあります。

これらのメリットにより、任意整理を選択する人が多くなっているようです。

デメリット


任意整理をすると、5年間信用情報機関に登録されてしまいます。

この間は
  • クレジットカードの利用
  • 住宅ローンを組む
  • カードローンやキャッシングの利用
  • 携帯電話・スマートフォンの分割購入
  • 賃貸住宅の入居(場合による)
以上のことができません。

ただ生涯ずっとというわけではないので、踏み倒しよりはよほど安全と言えるのではないでしょうか。

個人再生

概要


民事再生法という法律に基づいて裁判所に借金の返済ができない旨を申告し、借金を5分の1〜10分の1に減額、それを3年〜5年(基本は3年)かけて返済するという方法です。


個人再生にいたる人々の層はまちまちですが、

  • 財産を持っている(住宅など)
  • 毎月一定の所得がある
  • 借金額が大きめ
全体としてこのような傾向にあります。

メリット


個人再生には
  • 借金自体を減額できる
  • 持ち家を守ることができる
  • ローンが完済されていれば、車も守ることができる
  • どうして借金をすることになったかの理由は問われない
  • 資格や職業の面において制限がない
このようなメリットがあります。

どうして持ち家など財産がある人の利用率が高いのか、これでわかったのではないでしょうか。

デメリット


一方デメリットとしては
  • 返済は続く
  • 信用情報機関に登録される
  • すべての借金が対象となる
  • 官報に掲載されてしまう
  • 手続きが複雑、時間もお金もかかってしまう
このようなものがあります。

特に手続きには期間にして半年〜1年、費用としても諸々込みで70万円ほど要するため、債務整理の中でもっとも大変であると言われています。

自己破産

概要


裁判所から借金の返済がこれ以上できないと承認され、免除を受ける方法です。


他の2つの手段とは異なり、完全に返済の必要がなくなるのが大きな違いとなります。


メリット


自己破産のメリットには、

  • 催促が止まる
  • 弁護士に依頼した場合は、その段階で取り立て行為に制限をかけられる
  • 借金を返済する義務が消滅する
このようなものがあります。

自己破産が新たなスタートと捉えられることもあるのは、こういった特徴が理由です。

デメリット


ただもちろんデメリットもあり、
  • 持ち家や価値のある車は手放さなければならない
  • 免責までは職業・資格に制限が設けられる
  • 借金に連帯保証人がいる場合は、そちらにも影響が及ぶ
  • 破産管財人がいる場合は、長期の旅行や引っ越しに裁判所の許可が必要
  • 郵便物は破産管財人の管理下に置かれる
  • 信用機関情報に登録される
  • 官報に掲載されてしまう
このような事態になります。

なお破産管財人とは、財産を持っている人が破産する際にその手続きを進める役割を担う人のことです。

借金やお金に困った場合はお金のプロに相談してみませんか?

借金の返済は、人によってはとても苦しいものですよね。


逃げ出したいと考えてしまうのも無理はないことです。


もしあなたに借金や経済面で困ったことがある場合は、マネーキャリアでオンライン相談をしてみましょう。


マネーキャリアなら、お金のプロがあなたの悩みに寄り添いながら解決へと導いてくれます。


踏み倒しなどを選択する前に、まずはプロを頼ってみるのも1つの手段ではないでしょうか?


どんな些細なことでも構いません。


あなたが抱える借金やお金の不安、悩みを吐き出してみてください。


スマホ1つで誰でも簡単に相談することができますので、この機会に勇気を出して1歩踏み出してみましょう!

参考:消費者金融とは?闇金・サラ金との違いは

さて、ここまで消費者金融での借金を主に取り扱ってきました。


しかし世の中には、他にも借金の手段がありますよね。


例えば闇金サラ金


これらと消費者金融との違い、みなさんは答えられますか?


そもそも消費者金融というのは、個人に対してお金を貸している業者のことです。


先ほども名前が挙がりましたが、アコムなどがメジャーですね。


消費者金融は貸金業法という法律のもとで運営されており、法外な利息をつけたり度の過ぎた取り立てを行うことはまずありません。


サラ金はサラリーマン金融の略称で、現在の消費者金融に該当します。


しかしサラ金にはマイナスのイメージをお持ちの方もおられるのではないでしょうか。


その想像はあながち間違いではなく、過去には消費者に対し良くないサービスを提供していた時代もあります。


ただ現在は前述の法律による規制で心配するようなことは一切ありません。


一方で闇金。


こちらは問題です。


闇金は貸金業法に基づいた業者登録を行わず、違法にお金を貸している業者のことです。


危険な目に会う可能性も否めませんし、仮にそうではなくてもそもそもが違法ですので絶対に利用しないようにしてください。

消費者金融のカードローンは利用してはだめ?

この部分は著者の個人的意見となりますので、それを踏まえた上で読んでいただければと思います。


私自身は、カードローンの利用が絶対悪とは思いません。


ただし利用するのであれば、きっちり返済計画を立てること。


これが最低条件だと思います。


ご自身が確実に返済できるという範囲内で借金を収めておかないと、その場では助かってものちのち苦しむことになるからです。


もし周りに相談できる環境なのであれば、意見を求めるのも良いと思います。


ただ綺麗事を言っても、人生において突然自分ではまかないきれない大金が必要になってしまうこともあるでしょう。


そんな時はまず、お金のプロに相談してみるのが最善策だと私は考えています。


1つだけ確かに言えるのは、遊びを目的として利用するのは避けたほうが良いということです。


私の友人にも、交際費として消費者金融のカードローンを利用していた人がおりましたが、やめ時がつかめず一時は繰り返し借金をしていました。


彼はその後無事完済しましたが、自分の金銭感覚に少しでも不安がある方は、遊び目的で利用すべきではないと、それだけは強く思います。

消費者金融を賢く利用するためのポイント

消費者金融を堅実に利用するには、いくつか気をつけるべきポイントがあります。


それは

  • 借金の目的を振り返る
  • 返済計画を立ててから借金をする
  • サービスを駆使して金利を抑える
以上のことです。

どういうことか、簡単に説明します。

借金の目的を振り返る


あなたがどうして借金をするのか、それをするために借金をする必要があるのか。

その部分をしっかり考えてください。

何のために借金をするのか、目的を明確に持っておくべきです。

借りる前に返済計画を立てる


その金額を借りて本当に返済ができるのか、実際に借金をする前にしっかりシミュレーションを行いましょう。

返済計画には、あなたの収入を得るタイミングなども考慮する必要があります。

無理のないプランで借金をするようにしましょう。

サービスを駆使する


カードローンには、「初回無利息サービス」などのお得なサービスが展開されています。

これらを確実に利用し、少しでも負担を減らせるように努めましょう。

困った時は…


カードローンで困ったことや悩みが生じた場合は、マネーキャリアのオンライン相談を利用しましょう。

一個人で解決しようと思わず、プロを頼るのもカードローンの賢い利用方法の1つです。

まとめ


消費者金融の踏み倒しの可否を中心に、債務整理の種類などを解説してきましたがいかがだったでしょうか。


今回の記事のポイントは、

  • 消費者金融の時効は5年だが、成立には障壁がある
  • 消費者金融に限らず、借金を踏み倒すのはおすすめできない
  • 消費者金融の借金を正当に減額する手段として債務整理がある
  • 債務整理には、任意整理・個人再生・自己破産の3段階があり、それぞれメリットもデメリットもある
  • 消費者金融はかつてのサラ金だが、法規制されているので安心して利用できる
  • 闇金は違法であるため、利用は絶対に避けるべき
でした。

消費者金融は使い方さえ間違えなければ、怯えて暮らすはめになるようなことはありません。

もしこれから利用する方は、無理のない範囲で計画的にお金を借りるようにしましょう。

また現在返済が苦しいという方は踏み倒しを考えるのではなく、債務整理など正当な手段で負担を減らすようにしてください。

困った時はマネーキャリアで相談してみてくださいね。

ほけんROOMには、他にも読んでおきたいマネーライフに関する記事が多数掲載されていますのでぜひご覧ください。

ランキング