海外旅行保険ALL

海外で怪我したら海外旅行保険で補償される?補償内容や注意点を解説

海外旅行保険に加入しておけば、海外で怪我の治療をした際の治療費や家族が海外に助けに来る費用を補償されます。また、怪我が原因で死亡した場合は、死亡保険金が支払われます。ただし、故意に怪我をしたり戦争や危険なスポーツの怪我は海外旅行保険の補償対象になりません。

海外で怪我をしてしまったときの海外旅行保険はどこまで補償されるの?

海外に行くと日本と環境や文化が大きく違うため、病気になったり思わぬトラブルに巻き込まれて怪我をすることがあります。


海外で怪我をすると、医療機関で治療を受けますが、海外の医療機関で治療を受けると驚くほど高額な治療費を請求される可能性があります。また、医療機関まで救急車やヘリで搬送された場合は、搬送費も請求されます


そのようなリスクに備えて、海外に行く場合は海外旅行保険に加入することが多いですが、海外で怪我をした場合に海外旅行保険でどこまで補償されるのでしょうか?

海外旅行保険で補償を受けられるのはどういった怪我か、また補償の範囲について解説!

海外旅行保険に加入しておけば、海外で怪我をした際にかかった費用を補償されます。しかし、すべての怪我が補償されるとは限りません。海外旅行保険で補償を受けられる怪我の種類や、補償される内容について説明します。

医療機関で支払った治療費、旅行中の怪我が原因で亡くなった場合の死亡保険金

海外で怪我をして海外の医療機関で治療を受けると、日本では考えられないほど高額な治療費を請求される場合があります。海外旅行保険に加入していれば、補償額の範囲内で治療費が補償されます。

また、日本では救急車で搬送されても費用はかかりませんが、海外では搬送費を負担しなければならない国もあります。海外旅行保険では、医療機関までの搬送費も補償の対象です。


海外旅行保険には怪我の治療費だけでなく死亡補償も付帯されています。そのため、海外で怪我をして死亡した場合には、保険金受取人に死亡保険金が支払われます

怪我のため日本から家族が助けに来る際の渡航費や救援者費用補償などがある

海外旅行保険には救援者費用補償が付帯しています。海外で怪我をして入院したり、自力では帰国できない状態になると、日本から家族が迎えに来なければならない場合があります。

その場合に、日本から病院までの交通費や現地に滞在する宿泊費がかかってしまい、これらの費用を救援者費用といいます。海外旅行保険に加入していれば、これらの救援者費用が補償されます。

海外旅行保険で補償されない怪我や病気の注意点について解説!

海外旅行保険では怪我や病気になっても治療費を補償されない場合があります。海外旅行保険で補償されない怪我だと、海外旅行保険で高額な治療費が補償されずに、全ての費用を自分で支払わなければなりません。

そのような事態を避けるためにも、海外旅行保険で補償されない怪我や病気について理解しておきましょう。

被保険者、保険金受取人の故意による怪我など

被保険者や保険金受取人が故意または重大な過失により怪我をさせた場合は補償の対象外です。例えば、被保険者が保険金をもらうために故意に怪我をしたり、飲酒運転で怪我をした場合は過失になるため保険金は支払われません。

通常の旅行中の行為から逸脱した行為によるものなど

海外旅行保険では、異常な行為によって怪我をした場合は補償されません。例えば被保険者が自殺したり、ケンカや犯罪をしている時に怪我をした場合は、異常な行為のため保険金は支払われません。

渡航先で戦争やほかの騒乱に巻き込まれた場合など

戦争やテロに巻き込まれて怪我をした場合も補償の対象外です。ただし、海外旅行保険の特約として戦争やテロを補償している保険を付帯してる場合は補償対象になります。

危険なスポーツ、例えば登山やスカイダイビングなどをしているときの事故など

海外で怪我をした際に、危険なスポーツが原因で怪我をした場合は、補償の対象になりません。危険なスポーツとは、登山やスカイダイビングの他にも、航空機操縦やボブスレー、ハングライダー、自動車等による競技や試運転などが含まれます。


海外で危険なスポーツに該当しそうなスポーツをする場合は、事前に保険会社に確認しておくことが望ましいです。


通常の海外旅行保険では危険なスポーツは補償対象外ですが、危険なスポーツを補償する特約を付帯している場合は補償を受けられます。

まとめ:海外での怪我をしたときのために海外旅行保険に加入しておこう!

海外に行くと環境の変化やトラブルに巻き込まれたりといった理由で、怪我をする可能性があります。


怪我をして海外の医療機関で治療すると、高額な治療費を請求されてしまい、治療費を支払えないといった事態もありえます。また、怪我が原因で死亡した場合は、残された家族には何の補償もありません


そのような事態に備えて海外旅行保険に加入しておけば、治療費を補償されたり、死亡保険金を支払われます。怪我をしたとき以外でも、携行品を盗難された場合に携行品補償が受けられるため、治安の悪い地域に行く場合は海外旅行保険に加入する方が安心です。


外務省のホームページでも海外旅行保険に加入するようにアナウンスされています。

予期できないトラブルに備え、海外旅行保険には必ず加入しておくことをおすすめします。

出典: http://www.anzen.mofa.go.jp/c_info/hoken.html


海外旅行に行く際には、怪我に備えて海外旅行保険に加入しておくことが大切です。

ランキング