海外旅行保険ALL

海外旅行保険のメリットとデメリットとは?さまざまなリスクに備える

海外旅行に行くと、病気やケガ、盗難、賠償責任、航空機遅延、救援者費用といったさまざまなリスクがあります。海外旅行保険への加入はリスクに備えるメリットがあります。海外旅行保険のメリットとデメリットを理解して、リスクに備えることが大切です。

海外旅行保険のメリットについて解説!

海外旅行に行く際に、海外旅行保険に加入することを検討する方が多いと思います。海外に行く場合は、いままで住んでいた環境と大きく変化するため、体調を崩したりトラブルに巻き込まれる可能性が高くなります


海外の病院で治療を受けると、日本では考えられないほど高額な治療費を請求されることがあります。また、海外では日本よりも治安が悪い地域が多く、盗難に遭ったり、他人にケガをさせて賠償責任を負うこともあります。


そのような場合に、海外旅行保険に加入しておけば、医療費や賠償額を補償されます。万が一の場合に備えて海外旅行保険に加入しておけば、安心して海外旅行を楽しめるというメリットがあります。


海外旅行保険のメリットとは?

海外旅行保険は海外で治療を受けたり賠償責任を負った場合に、治療や賠償金を補償してくれる保険です。また、救援者費用や携行品補償といったさまざまな補償が付帯されています。海外旅行保険にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

メディカルキャッシュレスサービスというものがある

メディカルキャッシュレスサービスとは、海外の病院で治療を受けた場合に、治療費を自分で支払うのではなく、保険会社が病院に支払ってくれるサービスです。現金を持っていなくても、病院で治療を受けられるメリットがあります。


メディカルキャッシュレスサービスはすべての病院で利用できるというわけではなく、保険会社が提携している病院のみで利用可能なサービスです。そのため、病院で治療する前に、提携している病院かどうかの確認が必要となります。

どこの国でも日本語で対応してもらえて言語リスクがない

海外旅行保険に加入していると、ほとんどの保険会社で日本語対応サービスを実施しています。これは補償が必要な場合に相談する窓口が日本語というだけでなく、保険会社が病院予約の手配をしてくれたり通訳をしてくれるというサービスもあります。


旅行先の言語に自信がない場合は、日本語対応サービスがあることは大きなメリットです。

救援者費用によって渡航費なども補償されるため家族も迎えにこれる

海外旅行保険には救援者費用補償が付帯されています。救援者費用とは、病院で治療をして入院することになった場合に、家族が外国の病院に来るための交通費や現地での宿泊費を補償してくれるサービスです。


救援者として補償される人数や宿泊日数は保険会社によって違うため、事前に確認しておく必要があります。

旅行先で買った物のトラブルにも対応してくれる

クレジットカード付帯の海外旅行保険にはショッピング保険が付帯されているものがあります。ショッピング保険とは、クレジットカードで買ったものが盗難されたり破損した場合に補償される保険です。


海外では日本よりも盗難の被害に遭いやすいため、買ったものを盗難された場合の補償があると安心して買い物ができるメリットがあります。

飛行機でトラブルが起きた場合の宿泊・食事代を補償してくれる

海外旅行保険には航空機遅延費用補償が付帯されています。航空機遅延費用補償とは、搭乗予定の航空機が遅延や欠航により利用できない場合に、宿泊費用や食事費用、旅行サービスの取消料、交通費などを補償することです。


航空機が遅延や欠航により利用できなくても、余計な費用を負担せずに済むメリットがあります。

海外旅行保険のデメリットとは?

海外旅行保険のメリットを説明してきましたが、反対にデメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

危険性が高いと判断されると契約できない!自身の健康状態など

海外旅行保険に加入する場合には、健康状態を告知する必要があります。持病がある場合は海外旅行保険に加入できない場合もあります。


病気の種類や投薬の状況によって加入できるかどうかは違ってきますし、保険会社によっても基準が異なるため、持病がある方は保険会社に確認する必要があります。

旅行先で危険なスポーツ(スカイダイビングとか)をしないかなど

海外旅行保険に加入する場合に、旅行先で「危険なスポーツ」をする場合は、海外旅行保険に加入できません。危険なスポーツに該当するのは、スカイダイビングやハングライダー、航空機操縦、ロッククライミングなどです。


このような危険なスポーツをする場合は海外旅行保険に加入できないため注意が必要です。

渡航先の情勢の危険度により加入できないことも

海外旅行保険の保険料は渡航先の危険度によって変わってきます。また、戦争中であったりテロが頻発しているなど理由で、渡航先の危険度が高い場合は、安全性の問題から海外旅行保険に加入できないことがあります。

参考:クレジットカード付帯の海外旅行保険という手もある

クレジットカードを契約していると、クレジットカードに無料で付帯している海外旅行保険を利用できます。特別な契約が必要なく、保険料もかからないためお得に海外旅行保険を利用できます。


しかし、クレジットカード付帯の海外旅行保険は、補償期間が3カ月以内だったり、補償額が低く高額な医療費をカバーできない可能性もあります。

まとめ:万が一に備え海外旅行保険に加入しておくのが安心である

海外旅行に行く際には、病気やケガのリスクだけでなく、盗難に遭ったり自分が加害者になる場合のリスクも想定しておく必要があります。そのようなリスクに備えて、海外旅行保険に加入しておいた方が安心して海外旅行を楽しめるメリットがあります。


海外旅行保険は健康状態や旅行先で危険なスポーツをする場合には加入できないというデメリットがあるので注意が必要です。


クレジットカードに無料で付帯されている海外旅行保険を利用すると、保険料を負担しないで済むというメリットがあります。


海外旅行保険のメリットとデメリットを考慮して、自分に合った海外旅行保険を利用することが大切です。

ランキング