遺言書で生命保険の受取人変更は可能?書き方や変更時の注意点を解説

保険法44条で生命保険の受取人変更は遺言書でできるようになっています。しかし、遺言書の書き方が適切でない場合は無効とされる場合があります。生命保険の死亡保障は額が大きいだけに契約上の受取人や変更後の受取人など、関係者は良く理解しておく必要があります。

生命保険の受取人は遺言により変更可能です

生命保険は一般的に保険を契約する際にその受取人を指定します。

例えば、夫婦の場合、夫の生命保険は妻が受取人になっていることが多いと思います。

その受取人を後から変更したい場合、以前までは本人が直接保険会社に連絡を取って手続きをしなければなりませんでしたが、実は平成22年4月1日に新たに保険法が施行されたことによって遺言で受取人を変更することが可能となっています。


例えば、夫婦関係が上手くいかず、別居状態になってしまったため、他の家族に知られずに同居している娘に受取人を変更したいなどの場合にこの遺言での変更が活用できます。

この記事では実際に生命保険の受取人を遺言で変更する際の注意点や遺言書の書き方などを以下のポイントを中心に解説します。


  • 生命保険受取人を変更するための遺言状の書き方
  • 遺言書の記入例
  • 遺言書が無効となってしまうケース
  • 遺言書による生命保険の受取人変更の注意点


記事を最後までご覧いただければ、遺言書作成のときの参考になると思いますので、是非最後までご覧ください。




生命保険の受取人変更をするための遺言書の書き方

生命保険の受取人を遺言によって変更するためにはそのための遺言書の書き方を知っておく必要があります。

変更することや受取人の名前を指定しておくだけでは保険会社が変更に対応してくれませんので注意しましょう。

ポイントは、必要な内容を正しく記載することです。必要な記入内容には以下のようなものがあります。
  • 当該生命保険会社
  • 証書番号
  • 以前の保険金受取人の名前
  • 正式な受取人の名前
  • 遺言書作成年月日


ただし、正しく書けていたとしても保険金が支払われた後に遺言書が発覚した場合には保険会社は対応してくれませんので当人同士で解決することになります。

そのため、遺言で生命保険の受取人を変更することは可能ではありますが、リスクを伴う行為でもあると理解しておきましょう。

遺言書の例

遺言書の例としては以下のようになります。


※必ず自筆で書く必要があります。

※あくまで一例です。

無効になってしまう遺言書の事例

遺言書を正しく書けていない場合、無効となってしまいます。

特に間違えやすく、遺言書が無効となる事例としては、

  1. 自筆以外で書かれてある
  2. 作成年月日が記載されていない
  3. 署名捺印がない
  4. 連名となっていたり、共同で作成されている
  5. 満15歳未満の子どもが作成している

このような点になります。


遺言書が無効となる事例を細かく解説

1.自筆以外で書かれてある

1つ目の例に関しては、PCやスマホで作成されているものはもちろん、口述による代筆も無効となってしまう場合が多いです。


2.作成年月日が記載されていない

作成年月日が正確に記入されていない場合、遺言書が無効になってしまいます。

「2017年4月某日」などでも無効となる場合があります。正確に日付を記入しましょう。


3.署名捺印がない

思わず忘れやすいので注意しましょう。捺印は、拇印(手の指紋)でも可で、民法第968条1項に定められています。


4.連名となっていたり、共同で作成されている

遺言書は独自で作成しなければならないというルールがあります。犯罪や事件などに悪用されないためのポイントと言えます。


5.満15歳未満の子どもが作成している

満15歳未満は遺言する能力は認められません。小学生や中学生は遺言書は書けません。

遺言による生命保険の受取人変更の注意点

遺言による受取人変更には数点注意点があります。

手続き上の問題としては、

  • 生命保険会社によっては受け入れられない場合がある
  • 相続人から生命保険会社に申し出を行う必要がある
  • 契約者は被保険者に同意を求める必要がある
  • 受取人変更以前に契約上の受取人が保険金を受け取る可能性がある

このような問題があります。


その他、生命保険の死亡保険金の受取人となれる範囲があったり、受取人によって保険金にかかる税金が異なるなど、注意すべきポイントは多々あります。

生命保険の保険金の受取人の制限や税金問題

生命保険の保険金は、事件や自殺などに悪用されないように、受取人に制限があります。

生命保険金の受取人は、「配偶者または2親等の親族」以内とする保険会社が多いようです。


ただ、遺言書の変更に関しては、正当性が認められれば、遺言書の変更の通りに反映してくれることがあるようです。


契約している生命保険会社に問い合わせを行ってみましょう。


また、生命保険金の「契約者」「被契約者」「受取人」の関係に応じてかかる税金の種類が異なります。


詳しくは下記の記事を参考にしてください。

「生命保険の受取人変更は可能?受取人変更の注意点・手続きを徹底解説」

契約上の受取人と変更後の受取人の間に軋轢が生まれやすい

ただ、最も大きな問題となりやすいのは、契約上の受取人や変更後の受取人など、関係者間での軋轢かと思われます。

生命保険の死亡保険金や相続では、大きなお金の額だけに、心労してしまうことが多くなります。


これは、被保険者の生前、死後に良く話し合ってく事以外に解決の方法はないかと思われます。


訴訟などの手段で解決するにはお金、時間、心労の負担も大きいと思います。


そうならないように、できれば正式に変更を行っておきたいものです。

生命保険の受取人について、その他の特殊な変更に関して

生命保険の受取人に関する知識は知っておくと損をしないようなことや注意すべきポイントなどがあります。

ぜひ以下の記事も読んでみるとよいでしょう。


生命保険の受取人を一人ではなく、複数にする場合の手続きや注意点

生命保険は複数の受取人を設定する事ができます。その際の手続きや注意点が解説されています。


生命保険の受取人が血縁のない他人でも可能?その仕組みを徹底解説

生命保険の受取人は基本「2親等」の範囲までですが、血縁のない他人でも…


生命保険の契約者変更をすると、贈与税はかかるのか

受取人ではなく、契約者を変更する方法です。契約者と受取人の関係が税金を決めるだけに重要です。


遺言状で生命保険の受取人を変更にする方法を解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

今回の記事のポイントは
  • 生命保険受取人は遺言によって変更が可能
  • 必要な内容を正しく記入しないと無効になる可能性がある
  • 受取人の変更には手続き上の問題点や人間関係のトラブルに注意が必要
です。

いざというときに自分が望んだ結果と違うなんてことがないように、あらかじめ遺言書の作成方法については知識を身につけておきましょう。

ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、是非ご覧ください。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング

  • 保険の見直しで生命保険にするか共済にするかで悩んでいる方に
  • 理解できていますか?生命保険と県民共済の違いや共通点をおさらい
  • 生命保険の約款には何が書かれている?特に注意すべきことは?
  • 生命保険は中世ヨーロッパが始まり! 生命保険の成り立ちを解説
  • 分かりにくい、とても面倒、だけど重要な生命保険の主契約の見直し方
  • 今更聞けないけれども、必ず知っておきたい生命保険の特約の全情報
  • 生命保険(医療保険)に入院保障は必要?入院給付金についても解説!
  • 10年満期の生命保険で100万円受け取るのは、お得なの?損なの?
  • 生命保険の終身型と掛け捨て型を相場から見る、自分に合った保険選び
  • 生命保険の貯蓄型は老後に有利?貯蓄型生命保険で賢く資産形成しよう
  • 低解約返戻金型の生命保険を最大限活用すると、こんなにお得!
  • 生命保険料を毎月払いと前納って何が違う?メリットやデメリットは?
  • 残高証明書は生命保険会社に請求しなければ発行してもらえません
  • あなたは大丈夫?無駄のない生命保険の入り方を生活スタイル別に解説