積立nisaとideco、始めるならどっち?二つの特徴を徹底比較!

まだ若いけど将来の為にお金を積み立てたい、もしくは子育てや老後の資金が心配で資産運用を始めたいけど、積立nisaかidecoのどちらが良いか分からない方は多いでしょう。そこで積立nisaとidecoの特徴を比較し、年代別のオススメの資産運用法を紹介します。

どちらを選ぶべき?積立nisaとidecoの特徴

最近話題の積立nisaと個人型確定拠出年金(ideco)。どちらもお金を一定期間積み立てるという行為は同じですが、その仕組みは大きく異なります。


積立nisaとidecoの特徴を表にまとめると、このような感じになります。



積立nisaideco
対象年齢20歳以上20歳以上60歳未満
最大期間20年60歳まで
非課税枠(年間)400,000円会社員:144,000円〜276,000円
自営業:816,000円

公務員:144,000円
専業主婦:276,000円
運用商品投資信託(ETF含む)
※国が厳選した長期運用に適した投資信託
投資信託・定期預金
資金の引き出し自由60歳まで原則不可


上の表をご覧いただくとわかりますが、対象年齢や期間が異なっております。

この記事では、

  • 積立nisa、idecoのそれぞれのメリット、デメリット
  • 積立nisa、idecoを年代別で比較
  • 積立nisaとidecoは併用可能?
  • 積立nisaとidecoの資産運用をシミュレーション

以上のことを中心に解説していきます。 


この記事を読んでいただければ、積立nisa、idecoに関しての基本的知識を得ることに役立つかと思います。


積立nisaのメリット、デメリット

まず、積立nisaですが、従来のnisaと異なり、積立オンリーとなっております。

また積立期間が20年と長いため、長期に積み立てる制度です。


1年間で40万円まで積立ができますので、毎年40万円を最大20年間積み立てると、800万円まで積み立てることができ、この全額が非課税となります。


メリット:お金の引き出しが自由

積み立てた資金の引き出しは自由になっておりますので、例えば、急にお金が必要になった時に、積立nisaに積み立てたお金を引き出して使用することができるといことがメリットとして挙げられます。


デメリット:所得控除の対象にならない

デメリットとしては、所得控除の対象にならないという点にあります。


所得控除については、所得控除の対象となっているidecoのメリットで説明したいと思います。


なお、投資対象の運用商品は、国が厳選した長期運用に適した投資信託ですので、初心者でも安心して始めやすいと思います。  

idecoのメリット、デメリット

次に、個人型確定拠出年金(ideco)のメリット・デメリットについて記載します。


メリット:掛金全額所得控除

メリットは、積立nisaのデメリットにも記載しましたが、拠出した掛金の全額が所得控除の対象となり、所得税や住民税が軽減されるというのが大きなメリットです。


仮に、所得税が10%、住民税が10%の人が年間12万円の掛金を拠出すれば、2万4000円(12万円×20%)が節税となる計算になります。


デメリット:60歳まで引き出し不可

デメリットとしては、積立nisaと異なり、60歳まで引き出すことが出来ないという点になります。


なお、投資対象の運用商品は、投資信託や定期預金と選択の幅が広いため、自由に選びたい人にはオススメです。

どちらが儲かる??年代別で比較!

積立nisaと個人型確定拠出年金(ideco)について、年代別で比較していきたいと思います。

それぞれの年代別にあった積立方法をまとめると下表の通りになります。


年代積立nisa or ideco理由
20~30代積立nisaいつでも引き出せるため
40~50代ideco所得控除が受けられるため
50代~積立nisaidecoは60歳までのため


この中で、20~30代と50代以上に対して、積立nisaをオススメしますが、理由はそれぞれ異なりますので、個別に紹介していきます。

20~30代は積立nisaがオススメ!

20~30代に積立nisaをオススメする理由は、積立nisaのメリットにも書きましたが、下記の通りとなります。


  • 年間40万円、最大20年間で800万円が非課税
  • いつでも引き出し可能

このメリットを活かして、下記のような使い方が考えられます。

下記のような割合で積み立てると年間40万円になります。

  • 毎月2万円 × 12ヶ月 = 24万円
  • ボーナス8万円 × 2回 = 16万円
  • 合計:24万円+16万円=40万円

50代以上も積立nisaがオススメ!

一方の、50代以上に積立nisaをオススメする理由は、そもそもidecoに60歳までという制限がありますので、使用できる期間が短いということがあり、idecoのメリットがあまり感じられないという点があります。


その点、積立nisaならば、仮にidecoの制限である60歳から初めても最大20年間の80歳まで利用でき、いつでも引き出せるというメリットがあります。


銀行口座に預けている老後の資金から年間40万円分を積立nisaに積み立てていくという使い方が考えられます。

積立nisaとidecoは併用できる?

今までは、積立nisaとidecoのどっちがいいかといった比較をしてきましたが、この2つを併用することができます。


会社員(企業年金なし)の場合、この2つを併用することで、下表のような非課税投資枠になります。

積立nisaideco合計
400,000円276,000円676,000円

※676,000円/12ヶ月≒56,000円 → 毎月56,000円まで非課税で積立可能


これにより、下記のような使い方が考えられます。

  • まず、年間40万円までは積立nisaを使用し、最大20年間使用
  • 年間40万円以上積み立てることができるのならば、idecoの最大枠まで積立
  • 20年間、積立nisaを積立終わったら、idecoを最大枠まで積立
  • 積立nisaの20年間の間に、急に資金が必要になった場合は、引き出して使用
どっちを使用するかを悩んでいるのでしたら、両方の口座を用意して、年齢や状況に併せてどっちを使用するか、両方利用するかを決めるという考えもあります。

同じ証券会社で、積立nisaとidecoの両方の口座を開設できますし、銀行と証券会社で別々の口座を開設するという使い分けを行うことができます。

ただし、銀行にnisa、証券会社に積立nisaといった使い分けはできませんので、ご注意ください。

積立nisaとidecoの資産運用をシミュレーション

では、自分が積立nisaとidecoを使用した場合、いったいいくら積み立てると、どれくらい返って来るのか、気になると思います。


三井住友銀行のサイトにシミュレーション用のサイトがあります。


これから、何パターンからの例を紹介していきますが、シミュレーション用のサイトでご自身にあったシミュレーションを行うことができますので、ぜひ行なってください。

メリットを確認!税軽減シミュレーション

例)20代主婦 年収300万円、積立nisaを利用

  • 年代:20代主婦
  • 年収:300万円
  • 積立nisa or ideco:積立nisa
  • 想定される運用利回り:0.01%
  • 積み立て期間:20年間

[計算例]

積立金額毎月1万円年間40万円
運用益の非課税効果489円1,632円
税効果の合計 489円1,632円
運用結果2,402,411円8,008,038円
元本の合計2,400,000円8,000,000円
運用益(非課税) 2,411円8,038円

例)50代会社員 年収1000万円、idecoを利用

  • 年代:50代会社員
  • 年収:1000万円
  • 積立nisa or ideco:ideco
  • 想定される運用利回り:0.01%
  • 積み立て期間:20年間

[計算例]

積立金額毎月1万円毎月23,000円
所得税・住民税の軽減効果年間36,000円年間82,800円
運用益の非課税効果合計122円合計282円
税効果の合計360,122円828,282円
運用結果1,200,605円
2,761,391円
元本の合計1,200,000円2,760,000円
運用益(非課税)605円1,391円

例)40代会社員 年収700万円、両者を併用

  • 年代:40代会社員
  • 年収:700万円
  • 積立nisa or ideco:併用
  • 想定される運用利回り:0.01%
  • 積み立て期間:20年間

[計算例]

積立金額毎月1万円積立nisa:年間40万円
ideco:毎月23,000円
<ideco>
所得税・住民税の軽減効果
年間36,000円年間82,800円
<ideco>
運用益の非課税効果
合計489円合計1,126円
<積立nisa>
運用益の非課税効果
合計489円合計1,632円
税効果の合計720,978円1,658,758円
運用結果4,804,822円13,533,584円
元本の合計4,800,000円13,520,000円
運用益(非課税)4,822円13,584円

まとめ:自分の年齢、目的に応じた資産運用を

最後に、積立nisaとidecoについて、メリットやデメリット、年代別の比較などを書いてきましたが、いかがでしょうか。


今回の記事のポイントは、

  • 積立nisaとidecoは、似ているが対象年齢に応じて、オススメが異なる
  • 積立nisaとidecoは、併用可能
  • 20~30代は積立nisaがオススメ
  • 50代以上も積立nisaがオススメ
  • 40~50代は併用がオススメ

でした。


積立nisaやiDeCo以外にもふるさと納税などの節税方法はあるので、自分の年齢、目的に応じた資産運用を検討してみてください。


ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

ランキング