ローソンの自転車保険は実際どうなの?評判や口コミと入り方を解説!

意外にもコンビニで有名なローソンで自転車保険に加入することができます。ローソンの自転車保険は家族型もあり、料金も安いのに賠償金額が無制限とお得なところがたくさんです。この記事では気になる料金や評判、支払い方法や入り方、解約の仕方を解説していきます。

ローソンの自転車保険の評判や口コミは実際どうなの?


2020年4月に東京都が自転車保険の加入を義務化したことを知っていましたか?他にも大阪府や神奈川県をはじめとした多くの自治体で義務化されています。


自転車事故が多く発生していることからも今後は自転車に乗るなら保険は必須と言えそうですが、いざ加入しようとするとどの保険に入ればいいか迷ってしまいますよね。


そこでここでは手軽に加入できると評判の高いローソンの自転車保険に関して

  • 個人賠償責任補償のメリット
  • 加入方法・支払い方法
  • 対象年齢
  • 保険料
  • おすすめのプラン
  • 加入する際の注意点
  • ローソンの自転車保険の気になる口コミ

以上の点を詳しく解説します。


この記事を読んでいただければローソンの自転車保険について詳しく知ることができます。保険選びの際に役立ちますのでぜひ最後までご覧ください。

自転車保険のおすすめを知りたい方は以下の記事をご覧ください。


【2021年保存版】自転車保険おすすめ比較総合ランキング 

個人賠償責任補償が無制限!ローソンの魅力的な自転車保険

自転車の保険を検討されている方にぜひおすすめしたいのがローソンの保険です。魅力的な商品なのでぜひ選択肢に加えて下さいね。


ローソンで取り扱っている自転車保険には2つのプランと3つの型があります。


2つのプラン

  • お手軽プラン
  • 充実プラン


3つの型

  • 本人型
  • 夫婦型
  • 家族型

補償の充実度や家族構成によって無駄なく最適なものを選ぶことができます


さらにローソンの保険では日常で相手に損害を与えてしまった時の補償が無制限です。家族全員が対象となるのでとても安心ですね。

個人賠償責任補償無制限はローソンだけ!

まずおすすめしたいポイントは個人賠償責任補償が無制限であることです


自転車はとても便利ですが大きな事故を引き起こす可能性もあります。


特に多いのが接触事故です。

自転車に乗っていた小学生が歩いていた高齢者にぶつかってしまった事故では、高齢者が大けがを負い、意識が戻らなくなってしまいました。

後の裁判では1億円近い金額の支払いが命じられました。


このように相手に損害を与えてしまった際、ローソンの自転車保険なら無制限で補償されます。


他にも

  • 自転車で走行中、駐車中の自動車にぶつかってしまった
  • 遊んでいる際友達にぶつかってけがを負わせてしまった
  • 知り合いのお宅のテレビを壊してしまった
  • ペットが散歩中に通行人にかみついてしまった

といったケースで補償されます。


このようにさまざまなシーンで個人賠償責任補償が使えるので、万が一のことを考えると補償金額が無制限なのは安心ですね。

個人賠償責任保険は家族まで補償範囲

次に紹介したいメリットは家族まで補償範囲になることです


ローソンの自転車保険には本人型・夫婦型・家族型の3つの型がありますが、たとえ本人型の自転車保険に入ったとしても個人賠償責任補償では家族全員が補償範囲となります。


ある家族の自転車保険の加入状況を紹介します。

  • 両親が夫婦型に加入
  • 子供は自転車保険の対象外

上記のケースので子供がお店の商品を壊してしまったらどうなるでしょうか?


個人賠償責任保険での補償では家族も補償されるのでこの場合でも対象になります


具体的な補償される家族の範囲は

  • 加入本人
  • 配偶者
  • 同居の親族
  • 別居の未婚(婚姻歴のない)の子供

です。


大学進学などで離れて暮らしている子供も対象になるのでしっかり覚えておきましょう。

示談交渉サービスがついていて安心

示談交渉サービスもローソンの自転車保険の魅力の一つです


示談交渉とはトラブルを解決する際に加害者が被害者に対していくら支払うかを決める話し合いの事です。示談交渉サービスでは自分が加害者になった時に話し合いを代わりにしてもらえます。


トラブルがあった時は加害者側も被害者側も気が動転してしまい思わず感情的になるものです。うまく話し合いができないと裁判や調停になってしまうこともあります。


このサービスを利用すると詳しい知識をもった第三者が間に入ることでスムーズに解決に向かうことができます。


示談成立後にはトラブルの概要や条件などを記載した示談書の作成もしてもらます。示談交渉サービスがあれば時間や労力の負担を大幅に少なくすることができるでしょう。


このサービスは全ての保険についているわけではありませんが、ローソンの自転車保険には自動付帯しているので安心ですね。

ローソンの自転車保険の入り方:Loppyで簡単手続き

ここまでローソンの自転車保険の魅力について書いてきました。これを読んで、「私も加入したい」と思うようになった人も多いのではないでしょうか?


そこで、ここではローソンの自転車保険の入り方について詳しく紹介します


保険の加入というと煩雑で面倒なイメージがありますが、街でよくみかけるコンビニエンスストアローソンに置かれた端末「Loppi」で手続きできるのでとても簡単ですよ。


ぜひ参考にしてくださいね。

支払い方法は現金またはクレジットカードで

まず支払い方法を解説します


ローソンの自転車保険では次の2つから選ぶことができます。

  • 現金
  • クレジットカード

ただし、クレジットカードを利用する場合はネットからの申し込みになります。(ネット申し込みの場合は「eサイクル保険」という名称ですが、内容は同じです。)


Loppi

ローソン店頭のロッピーで加入する場合は次のような手順で加入手続きを進め、現金で支払いをします。

  1. Loppiの「ほけん」を選択する
  2. 画面の指示に従い手続きを進める
  3. 発券された「申込券」をレジへ持っていく
  4. 現金で支払う
  5. 約1週間後保険証書が届く


インターネット

インターネットでも申し込みができます。

必要事項の入力・プラン選択をするだけなのでこちらでも簡単に手続きをすることができますよ。


支払い方法は

  • クレジットカード払
  • コンビ二払

が選べます。

保険期間は1年間でそれ以降は自動更新される

ローソンの自転車保険の保険期間は1年間です


それ以降は自動更新されるので更新し忘れて「気づいたら保険期間が終わっていた」ということがないので安心ですね。


更新の際には更新の案内が郵送されてきます。内容を確認し問題がなければ、払込取扱票を利用してコンビニ(セブンイレブンなど)や郵便局で期限内に支払いを済ませましょう。


期限内に支払いができないと失効してしまうので気を付けて下さいね。


「自転車に乗らなくなった」「他の保険に乗り換えることにした」などローソンの自転車保険が必要なくなった場合や住所が変わったなど変更事項がある場合は「東京海上日動インターネットサポート」まで連絡しましょう。


特に住所変更の連絡をしておかないと更新の案内が届かなくなってしまう可能性があるので連絡を忘れないでくださいね。

ローソンの自転車保険の対象年齢は?

次にローソンの自転車保険の対象年齢を紹介します


対象年齢

対象年齢
契約者18歳~69歳
保険の対象者満69歳以下

保険の対象者は満69歳以下なので、小さいお子さんでも対象になります。


自転車以外の乗り物(電車・自動車・原動機付自転車など)に乗っていた時のケガも補償されます。(自転車には電動アシスト自転車・ロードバイクを含む)


しかし次の乗り物に乗っていた際には補償されません

  • 一輪車
  • キックボード
  • 三輪車

お子さんが三輪車で遊んでいてケガをしてしまったというケースは対象外になりますので注意してくださいね。

ローソンの自転車保険の気になる保険料は?

充実した補償が評価されているローソンの自転車保険ですが保険料も気なりますね


補償の金額の違う2つのプランのそれぞれの保険料を紹介します。


【お手軽プラン】

補償を必要最低限にしてお手頃な保険料を実現しました。

保険料(年額)
本人型2,820円
夫婦型3,340円
家族型4,160円


【充実プラン】

手厚い保障で安心が得られます。

保険料(年額)
本人型4,770円
夫婦型6,580円
家族型9,410円

どちらのプランでも個人賠償責任補償は付帯されていて補償金額が無制限なのは嬉しいですね。

ローソンのお手軽プランの家族型がとても安い

とてもお手頃な価格で充実した補償が得られるローソンの自転車保険ですが、特にお手軽プランの家族型のコストパフォーマンスは目を見張るものがあります


お手軽プランの「本人型」の保険料は2,820円(年額)です。

3人家族で「家族型」に加入すると保険料は4,160円なので、一人当たりの保険料はなんと約1,387円になります。

本人型の保険料の半分以下なので驚きですよね。


以下でお手軽プランの「本人型」「夫婦型」「家族型」の一人当たりの保険料を比べてみました。

保険料(年額)1人当たり
本人型2,820円2,820円
夫婦型3,340円1,670円
家族型4,160円約1,387円
(3人家族のケース)

本人型の保険料も十分安いですが、対象の家族が増えるとさらにお得になります。自転車保険が必要な家族が多い人に特におすすめです。

通院補償がつかないので注意

これまでローソンの自転車保険についておすすめしたい点を紹介してきましたが、注意点もあります。


ローソンの自転車保険では自転車に乗っている時のケガや交通事故にあった時のケガが補償されます


具体的な保障内容は次の通りです。

お手軽プラン充実プラン
死亡・後遺障害100万円400万円
入院保険金日額1,500円4,000円
入院中手術保険金15,000円40,000円
入院中以外手術保険金7,500円20,000円

上記の通り、ケガをした際の通院補償はつきませんので注意しましょう


通院は補償されませんが、駅のホームで転倒してけがをした場合やバスに乗車中によろけてケガをした場合も補償されるなど補償対象が広いところはいいですね。(詳しい補償対象は約款をご覧ください。)

ローソンの自転車保険の気になる口コミは?

ローソンの自転車保険がおすすめされてるとはいえ、やはり気になるのは口コミ評判だと思います。


ほけんROOMではアンケート調査を行い実際にローソンの自転車保険に入られた方の口コミを調査しました。


以下が口コミになります。

30代女性

ローソンの自転車保険に入りました。決め手はコンビニで入りやすかったところと家族で入るなら大手三社を比べてローソンが一番安かったのでローソンの自転車保険にしました。

30代男性

自転車保険の義務化もあり、コンビニで安く簡単に済ませたいと思いローソンの自転車保険に加入しました。自転車を購入した際に自転車保険(TSマーク)を勧められましたが、こちらのほうが補償も充実していたのでローソンの自転車保険にしてよかったと思います。

自転車保険のおすすめランキングを見てみよう!

自転車保険を実際に選ぶとなった時、数ある選択肢の中から選ぶのは大変ですよね。


そこで、ほけんROOMでは、実際に商品を一定条件下のもと安い順に並べた、公平なランキングを作成いたしました!※


ぜひあなたの自転車保険選びの参考にしてください!


以下のリンクから飛ぶことができます。


※一定の条件下とは、個人賠償責任保険の補償額1億円と傷害保険が付帯していることです。詳しくは記事をご覧ください。

まとめ:自転車保険を家族で入るならローソンで!

ここまで口コミでも評判の良いローソンの自転車保険について解説してきましたがいかがでしたでしょうか?


この記事のポイントは

  • 3つのプランと2つの型があり自分に最適なものが選べる
  • 個人賠償責任補償が無制限でついているので安心
  • 示談交渉サービスがついている
  • ロッピーで簡単に手続きをして加入できる
  • 「お手軽プラン」「家族型」は特に保険料が安い
  • ケガの通院補償はついていないので注意が必要

でした。


多くの地域で自転車の保険が義務付けられるようになり注目を集めていますが、自転車に乗るなら自分や相手を守るためにも加入をしておくと良いでしょう。


数多くある商品の中でも気軽に加入できて内容も充実したローソンの自転車保険をぜひ検討してみて下さいね。


他にもほけんROOMではお金や保険に関する記事を多数掲載していますのでぜひご覧ください。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング