Bycle(au損保)/自転車向け保険の4つの特長と補償内容、口コミ・評判

Bycle(au損保)/自転車向け保険の4つの特長と補償内容、口コミ・評判-サムネイル画像

au損保の自転車向け保険「Bycle」の4つの特長


自転車向け保険「Bycle」とは、au損保によって販売されている自転車保険です。


個人や家族でも加入できる、交通事故によるケガを補償してくれる傷害保険です。


au損保の自転車向け保険Bycleの特長は4つあり

  • 自転車事故による加害事故など、
    損害賠償責任を負った場合の保険金額はスタンダードなブロンズコースで2億円。シルバーコースからは3億円の補償。
  • 示談代行サービスがついており、安心して任せられる
  • 自走が困難な自転車のロードサービスが無料
  • 自身が自転車事故でケガをした場合、保険金は通常から2倍に
以上の4つです。

「補償内容を忘れてしまった!」というときも安心。au損保ホームページのお客様専用ページからログインして確認が可能です!

au損保はペーパーレス化を推進しているので、保険証券は発行されません。必要な方は、お客様専用ページより申し込みの手続きをしましょう。

全国で着々と自転車保険が義務化されているので、この機会に加入してみてはいかがでしょうか?


au損保の自転車向け保険Bycleに加入した方の口コミでは、「子供のために加入したけど、家族タイプだと家族全員補償されるから、家族タイプにしました」という声や「サイクリングが趣味なので、手ごろな価格でロードサービスが付いているから選びました」とライフスタイルが異なっても、良い評価が得られてるおすすめの保険です。

au損保の自転車向け保険「Bycle」の保険料のお見積もり

1.タイプを選択

2.コースを選択

3.保険期間を選択

【見積もり結果】

保険料 月払
一時払

au損保の自転車向け保険「Bycle」の補償内容



au損保の自転車向け保険Bycleの補償内容は大きく分けて4つあります。

  1. 加害事故を起こした際の補償
  2. ご自身のケガの補償
  3. 事故の被害にあったときの補償
  4. 自転車ロードサービス
以上の4つです。

ふいに起きる自転車事故。au損保の自転車向け保険Bycleなら、多方面からサポートを受けられる保険です。注意点は、ご自身の自転車の盗難に対する補償は付かないというところ。

以下に詳しく記載していきます。

加害事故を起こした時の補償

損害賠償金が一番大きい加害事故。軽車両の自転車だからといって賠償金が少なくなることはありません。

毎日乗る自転車だからこそ、しっかり自転車保険を備えておきたいですよね。

au損保の自転車向け保険Bycleは、スタンダードであるブロンズコースでも
  •  日常生活の事故で法律上の損害賠償責任を負った場合最大2億円の補償
がついています。シルバーコース、ゴールドコースなら3億円の補償が適応されます。

年齢の幼い子供が起こした事故であっても損害賠償金はかかります。過去には9歳の子供が加害事故を起こし、意識不明の重体となってしまった事例で約1億円の支払い命令が出たこともあります。

家族の中に自転車に乗る人がいるならば絶対におすすめしたい自転車保険になっています。

示談の交渉サービスが付いているので直接相手とやりとりをしないのも安心のポイントですね。

ご自身のケガの補償

au損保の自転車向け保険Bycleは、交通事故や自身の自転車事故よるケガの補償があります。


自転車に乗っていない交通事故の補償はもちろん

  • 自転車事故によるケガの場合保険金が2倍
受け取れる補償がついています。

自転車同士の接触や自転車走行中に電柱などの建物にぶつかってしまった、自身が歩行中に他人の自転車と接触してしまったなどのケガに対応しています。

例をあげると、

自転車で転倒し、骨折による入院を4日間した場合3万2000円の補償が受けられます。(ブロンズコースの場合)

au損保のBycleに加入すると、保険金が2倍貰えるので生活費の面も安心ですね。

自転車以外の事故は、車との接触やバイク転倒でのケガ、駅構内で転倒してしまいケガを負ったときでも対応してくれます。

事故の被害にあった時の補償

au損保の自転車向け保険Bycleは、加害事故のみならず、被害者になってしまったときも安心。


ゴールドコースなら、被害にあった事故も補償され

  • お客様に責任がなく、保険会社が示談代行のできない場合も法律相談費用や弁護士費用等が補償されます。
被害にあったとき、ケガの大小関係なく心理的ショックは大きいものです。自分に過失がなかったとしても、相手側から心無い言葉をかけられることもあります。

ケガの治療に専念したくても、何度も事故の光景や相手との会話がフラッシュバック心身の療養に意外と時間のかかる交通事故。

事故相手の対応に誠意が見られず、法的処置に乗り出そうとしても弁護士費用がまかなえなくて泣き寝入りする……なんてケースは実際にあります。

そんなときに、法律相談費用や弁護士費用が補償されたら不安要素は大きく減りますよね。ブロンズコースとシルバーコースには付きませんので、コース選びは慎重に行いましょう。

au損保の自転車向け保険Bycleで、法律相談費用や弁護士費用等をしっかり備えましょう。

au損保の自転車向け保険「Bycle」のサポートとサービス



au損保の自転車向け保険「Bycle」では、充実したサポートとサービスが受けられます。


その内容は

  • 24時間365日対応してくれる自転車ロードサービス
  • 本人だけでなく、家族も補償してくれる「家族タイプ」がある
この2つです。1点注意が必要な点としては、自転車向け保険Bycleの更新は自動ではないためご自身でお客様専用ページから更新をするという部分。うっかり更新を忘れてて補償されない……なんてことがないように更新時期には注意していきましょう。

以下でサポートとサービスについて、詳しく説明していきます。

24時間365日対応してくれるロードサービス

au損保の自転車向け保険Bycleは、不慮の事故や故障で自走が困難になった場合も、24時間365日駆けつけてくれる安心のロードサービスがある自転車保険です。

  • 専用のアプリで簡単に自転車ロードサービスカーを呼び出し、ご希望の場所まで搬送
趣味で遠くまでサイクリングに行く方も安心な、50㎞まで無料搬送という安心のサポート。

自走できない自転車を運ぶ作業は想像以上の重労働。そんなとき、au損保の自転車向け保険Bycleのサービスを活用してご自身の負担を減らしてくださいね。

本人だけでなく家族も補償してくれる「家族タイプ」

au損保の自転車向け保険Bycleは、

  • 本人タイプ
  • 家族タイプ
  • 本人親族タイプ
の3種類から選べる自転車保険です。

本人タイプは、月々340円~とリーズナブルな値段で補償が受けられます。

家族タイプは家族全員が補償されるプランです。

月々680円~2010円で家族全員が補償されるので、家族が多いご家庭でも安心して加入ができます。

もし、この保険が合わなかった……という場合も安心。解約はお客様専用ページからお手続き可能です。

どの保険がいいか迷われている場合は、まずはお試しで加入して継続するか検討してもいいですね。

au損保の自転車向け保険「Bycle」の口コミ・評判

準備中

上記は概要を説明したものです。詳細はau損保ホームページをご確認ください。

募集文書番号:B20D310035(2007) 

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング