子供の自転車保険を考えている方必見!コープの自転車保険をご紹介

お子様にかける自転車保険をコープにしようと検討している方もおられると思います。コープ共済の個人賠償責任保険は保険料が月掛金+140円とお得であるなどの特徴があることをご存知ですか?本記事では、コープの自転車保険の種類について口コミにも触れてご紹介します。

子供の自転車保険はコープ(生協)で加入すべき?

「子供が自転車で他人にケガさせてしまったらどうしよう。」、ご両親は不安になることもあるでしょう。


自転車保険へ加入していれば、自転車事故で子供が加害者になっても、まとまった保険金が下りて安心ですよね。


しかし、近年では未成年者の自転車事故であっても、賠償金額が高額化しているのはご存知でしょうか。


自転車保険へ加入していても、その保険金だけで賠償保障が十分賄えるか不安になると思います。


そこで今回は、「コープ(生協)の自転車保険の特徴と補償内容」について

  • 個人賠償責任保険「たすけあい」とは
  • 「団体じてんしゃ保険」とは
  • パルシステムの自転車保険とは
  • コープ共済と県民共済の比較
  • コープ(生協)の自転車保険の口コミ
以上のことを中心に解説していきます。                                    
 

この記事を読んでいただければ、コープ(生協)の自転車保険の内容、補償金額等を知ることに役立つと思います。                      

ぜひ、最後までご覧ください。

コープ(生協)の自転車保険を紹介!

コープ(生協)では、自転車事故に備えた自転車保険を複数取り扱っています。


コープ(生協)の自転車保険には次の種類があります。

  • 個人賠償責任保険「たすけあい」
  • 団体じてんしゃ保険
  • パルシステムの自転車保険
こちらでは、それぞれの特徴と補償金額について解説します。


コープ共済の個人賠償責任保険「たすけあい」

個人賠償責任保険「たすけあい」は、1世帯の1人が加入すれば、家族全員を補償する保険です。


こちらの保険は自転車事故のみならず、他人の家の窓ガラスを壊した、飼い犬が通行人を噛んだ等、日常の中で起きた対人・対物賠償も保障されます。


また、日本国内の賠償事故の場合等を条件に、本人・家族に代わって示談交渉を行うサービスも付帯されています。


コープ共済に加入している方々なら、月額140円を上乗せすれば最高3億円が補償されます。


コープの「団体じてんしゃ保険」 

こちらの団体じてんしゃ保険は、コープデリ保険センターが取り扱っている自転車保険です。


年間保険料5,140円~で、払込方法は一時払いとなります。


家族全員の自転車事故を補償しますが、補償内容は損害賠償責任に限られません。


自転車事故が原因となった、入院・手術・通院・死亡・後遺障害もサポートします。


補償内容は下表の通りです。


補償内容1型2型3型4型
傷害通院保険金額日額1,000円日額2,000円日額3,000円日額3,500円
傷害入院保険金額日額2,000円日額4,000円日額6,000円日額7,500円
傷害手術保険金額入院中:入院保険金日額×10倍  
入院中以外:入院保険金日額×5倍
同左同左同左
傷害後遺障害保険金額最高1,003万8,000円最高1,030万円最高1,535万円最高1,811万円
傷害死亡保険金額1,003万8,000円1,030万円1,535万円1,811万円


なお、自転車事故で加入者や家族が加害者になった場合は、最高1億円(免責金額0円、示談交渉サービス付き)が補償されます。


パルシステムの自転車保険

こちらの自転車保険はパルシステムが取り扱う商品です。


「個人型」「夫婦型」「家族型」とコースごとに補償対象者が異なります。


いずれのコースにも年齢制限はありません。


補償内容は下表の通りです。


補償内容個人型
(年間保険料:2,820円)
夫婦型
(年間保険料:4,700円)
家族型
(年間保険料:6,580円)
傷害入院保険金額日額1,500円日額1,500円日額1,500円
傷害通院保険金額日額1,000円日額1,000円日額1,000円
傷害死亡・
傷害後遺障害保険金額
49万円156万円152万円
傷害手術保険金額入院中:入院保険金日額×10倍 

入院中以外:入院保険金日額×5倍
同左同左


なお、自転車事故で加入者や家族が加害者になった場合は、最高2億円(示談交渉サービス付き)が補償されます。


コープ共済と県民共済

同じ共済でもコープ共済と県民共済では、補償内容、補償額に違いがあります。


例えば、県民共済では児童による自転車事故の補償は、原則として、生命共済「子ども型」の「第三者への損害賠償」に含まれます


こちらでは、コープ共済と県民共済の自転車事故の補償内容を比較してみます。

県民共済の場合、生命共済の特約という形になる

最近の自転車事故では、児童が加害者となる事故であっても、多額の損害賠償を請求されることがあります。


11歳が起こした自転車事故で、裁判所が1億円にも上る高額な賠償命令を下した事例もあります(神戸地方裁判所・平成25年7月4日判決 等)。


県民共済は、それを踏まえ生命共済の特約という形で、児童を含めた家族全体の損害賠償を補償するサービスを始めています。


それが県民共済の「個人賠償責任保険」です。


各県民共済に加入している方々なら、この個人賠償責任保険へ加入できます。 


 家族全員が補償対象となり、加入している共済へ年額保険料1,680円を上乗せすれば保険金額3億円まで補償されます。


コープ共済でいえば前述した個人賠償責任保険「たすけあい」と似た内容といえます。


しかし、県民共済ではコープで取り扱う自転車保険のような個別の商品がありません。


損害賠償を補償できるのはコープ共済

県民共済の生命共済「子ども型」では、児童による自転車事故のサポートとして、次のような補償が下ります。

  • 1型(毎月掛金1,000円):自転車事故等の1事故につき100万円
  • 2型(毎月掛金2,000円):自転車事故等の1事故につき200万円
しかし、いずれも実際の自転車事故の賠償額と大きな差があり、前述した個人賠償責任保険を付帯しないと手厚い保障は得られません。

コープ・パルシステムの場合ならば、個別の自転車保険として億単位の保険金額が設定されています。

この個別の自転車保険だけで十分な損害賠償額の補償が期待できます。

コープ共済の自転車保険の口コミ

コープ共済の自転車保険を利用している方々がどんな感想を持っているのか、口コミを取り上げます。


〇40代女性


コープ共済の特約で個人賠償責任保険「たすけあい」に加入しています。


月額140円を上乗せするだけで家族全員が補償され、自転車事故を起こしても3億円が下りるので安心です。


〇30代女性


子供が自転車に乗れるようになったので、個人賠償責任保険に入りました。


今は私が近くで子供の運転をみていますが、もっと成長したら自分で自由に運転するようになるでしょう。


そんな時に、他人にぶつかったりしてケガをさせてしまったら、被害者に申し訳ないので。


将来のまさかの事態に備えることができて安心です。


自転車保険のおすすめランキングを見てみよう!

自転車保険を実際に選ぶとなった時、数ある選択肢の中から選ぶのは大変ですよね。


そこで、ほけんROOMでは、実際に商品を一定条件下のもと安い順に並べた、公平なランキングを作成いたしました!※


ぜひあなたの自転車保険選びの参考にしてください!


以下のリンクから飛ぶことができます。


※一定の条件下とは、個人賠償責任保険の補償額1億円と傷害保険が付帯していることです。詳しくは記事をご覧ください。

まとめ:子供の自転車保険を考えるならコープ(生協)がおすすめ

コープ(生協)の自転車保険の特徴と補償内容について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。              


今回の記事のポイントは

  • コープ・パルシステムが取り扱う自転車保険には、個人賠償責任保険「たすけあい」、「団体じてんしゃ保険」、「パルシステムの自転車保険」があり、いずれも安い保険料で、億単位の補償が約束されている
  • 団体じてんしゃ保険・パルシステムの自転車保険では、賠償の他、本人・家族の傷害もサポートされている
  • 県民共済にも自転車事故を補償する個人賠償責任保険はあるが、個別の自転車保険は取り扱っていない
でした。

コープ(生協)の自転車保険は、わずか月額保険料で手厚い補償が受けられます。

この保険へ入るのは、万が一にも自転車事故が起きたならば、被害者へ十分な補償を行うことが最大の目的です。

それだけではなく、本人・家族の金銭的負担を軽減することにもなるので、事前に加入しておきましょう。

ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。


ランキング