あさひ自転車保険は安くておすすめ?おすすめの自転車保険を比較して紹介します。

自転車屋さんといえばあさひは有名ですがあさひの自転車保険にはサイクルメートとサイクルパートナーの2種類があります。自転車保険かあさひのような自転車店で保険に入るか迷っている方も多いかもしれません。この記事では二つのメリットデメリットをご紹介します。

あさひの自転車保険って入った方がいいの?

自転車保険が義務化されている市区町村もあるので自転車保険への加入を検討している方も多いのではないでしょうか。

自転車保険は各保険会社で取り扱いがありますが、今回ご紹介するのは、自転車やさんで入ることのできる保険もあります。


保険会社の自転車保険か、あさひのような自転車店で保険に入るか迷っている方も多いかもしれません。この記事ではあさひの自転車保険について


  • あさひの自転車保険にはサイクルメイトとサイクルパートナーがある。
  • サイクルメイトのメリット・デメリット。
  • サイクルパートナーのメリット・デメリット。
  • あさひの自転車保険と保証サービスを比較。
以上の事を中心に解説していきます。

この記事を読んでいただければ、サイクルあさひの自転車保険「サイクルパートナー」の良さを分かっていただけるはずです。

ぜひ、最後までご覧ください。



あさひの自転車保険はサイクルパートナーがおすすめ

自転車は車と違い、免許も必要なく小さな幼稚園児くらいから小学生、大人まで自由に乗ることができます。気軽に乗れると言っても日本の法令では自転車は軽車両です。自転車は自動車同様の交通規則が定められています。


実際、自転車と人がぶつかった場合、人は大きな怪我をする可能性がありますし、高い賠償金を請求される可能性があります。


自転車保険と言えば、保険会社の商品のイメージがありますが、じつは自転車屋さんのあさひでも自転車保険の取扱いがあります。

市区町村レベルで自転車保険の加入を義務とする動きも拡大しています。自転車事故のリスクは思っている以上に多く、しかも罪が重いのです。


あさひの自動車保険のサイクルパートナーをお勧めする理由を説明します。

サイクルベースあさひの自転車保険は2種類ある

あさひの自転車保険にはサイクルメイトとサイクルパートナーの2種類あると言われています。しかし、正しくは、サイクルメイトは自転車保険を含んだあさひの自転車保障サービスで保険以外の役割も大きい保証サービスです。


どちらも保険の役割を持っているので、自転車保険を検討するときの候補になります。1つずつ、詳しい保証内容を説明します。


自転車の事故は高額の賠償命令がでるケースが増えているので損害補償賠償責任保障は要チェックです。

あさひの自転車保証サービス:サイクルメート

自転車総合保証サービス「サイクルメイト」に加入するためには2つの注意事項があります。

  • 店舗で購入してその場でお申し込みをする。
  • ネットで自転車を注文、店舗受け取りにして店舗で申し込みをする。

この2つでないと加入することができません。


自転車本体の金額によってご加入料金は変わります。


サイクルメイトの特典としては

  • 自転車盗難補償
  • 損害補償・賠償責任保障(1年間有効。2年目から継続料500円)
  • 加入料に防犯登録料が含まれる
  • 3年間の無料点検
  • 3年間修理工賃10%オフ
  • 出張修理・引き取り・お届け無料(工賃別)
などがあげられます。

あさひの自転車保険:サイクルパートナー

サイクルパートナーはサイクルベースあさひau損保が一緒に開発した自転車保険です。


  • 損害補償・賠償責任保障(最大2億円)
  • 万一の自分自身の怪我もサポート
  • 対物保証もあり
  • 示談代行サービス付きで安心
    (賠償事故解決特約)
  • 本人タイプと家族タイプもご用意
  • 月払いと一時払いと選べる
  • 2年契約だと約10%も安くなる契約もある


自転車に乗っていないときに運行中の自転車と衝突・接触した事故や、お店の商品をうっかり破損してしまったなど、日常生活の事故で損害賠償責任を負った場合も補償の対象になるなど、幅広く使える保険です。


2年契約で本人タイプの場合3,430円(月換算約143円)とかなり保険料がお安くなります。

あさひの自転車保険と保証サービスを比較

あさひの自転車保険の取扱い保険の種類と保障サービスの内容を説明してきましたが、次はサイクルメイトのメリット・デメリットとサイクルパートナーのメリット・デメリットについて比較します。


メリット・デメリットは保険をかける人が他にどのような保険に入っているのか、何を重視しているのかによって変わります。


ではこれらのサービスがどのような点を重視しているのかやメリットデメリットを見ていきましょう。

サイクルメートのメリット・デメリット

メリットは、サイクルメイトの内容は充実していること。3年間の無料点検や自転車に不備があった場合に割引をして修理をしてくれる点などです。
自転車が盗まれやすい地域やタイヤのパンクなど修理が必要になる方などにおすすめです。
賠償保険も補償額は少ないですが、万一のための最小限の保障でいいからコストを抑えたい人や生命保険や傷害保険に入っている方にはちょうどいい保証サービスです。

しかし、2年目以降継続料金を払わないといけない点や、自転車ごとにかける保証サービスなので、点検が必要ない方や盗難にあう心配があまりない方だと少し高いかもしれませんね。
 

損害補償は最大1000万円までの保障です。自転車保険はこれ1本という方には少し金額的に足りないかもしれません。

サイクルパートナーのメリット・デメリット

サイクルパートナーのメリット本人タイプ月170円。家族タイプでも240円と低価格なのに、補償額が最大2億円と保障額が大きいことが最大のメリットです。


しかも同じあさひの自転車保証サービスのサイクルメイトと違い、あさひで購入しなくても保険の申し込みができます。


2年契約で本人タイプの場合3,430円(月換算約143円)と、これだけリーズナブルな保険料金で示談交渉がついていて、個人賠償保険で最大2億の保障がついているのは魅力です。


しいていうなら、デメリットはロードサービスがついていないこと、通院・手術に対して保証がないことがデメリットです。

入院など、とにかく自分自身の怪我の保障を手厚くしてほしいのであれば、もっと高い保険料になりますが他の保険を検討するほうがいいでしょう。 

自転車保険に入りたいならサイクルパートナーがおすすめ

他の自転車保険を見てもこれだけの保険料でしっかりとした内容の保障があるのはかなりおすすめできる自転車保険です。


自転車保険を検討しているのであれば、サイクルパートナーのメリットはかなり大きいです。


自転車での事故は多く、相手に高額の賠償請求をされることもあります。たとえ子供が起こした事故でも大人と同じように高額の請求になるけーづが増えています。自治体でも義務化するほど、自転車保険の必要性のある保険なのです。


他人に怪我をさせた時の心配を月143円で解消できるサイクルパートナーはおすすめです。


サイクルパートナーへの申し込みはこちらから

自転車保険のおすすめランキングを見てみよう!

自転車保険を実際に選ぶとなった時、数ある選択肢の中から選ぶのは大変ですよね。


そこで、ほけんROOMでは、実際に商品を一定条件下のもと安い順に並べた、公平なランキングを作成いたしました!※


ぜひあなたの自転車保険選びの参考にしてください!


以下のリンクから飛ぶことができます。


※一定の条件下とは、個人賠償責任保険の補償額1億円と傷害保険が付帯していることです。詳しくは記事をご覧ください。

まとめ:あさひの時点さ保険に加入検討をしよう

自転車保険は安くてコスパのサイクルあさひの自転車保険、いかがでしたでしょうか。


今回の記事のポイントは


  • 自転車の事故で賠償金が高額になる案件が増えている。
  • 自転車保険は自治体によっては義務化されるほど重要。
  • あさひの自転車保険はサイクルメイトとau損保のサイクルパートナーの2種類。
  • サイクルメイトはあさひで購入して店舗で申し込みが必要。
  • サイクルメイトは自転車のメンテナンス付き。
  • サイクルパートナーは2年契約で本人タイプの場合月換算たったの約143円。
  • 保険料が安いのに示談代行サービスがある。
  • サイクルパートナーは損害補償・賠償責任保障が最大2億円。
でした。

自転車保険への加入に悩んでいる方におすすめなのがサイクルあさひの自転車保険「サイクルパートナー」です。

賠償責任保障額が2億と大きく、年間保険料が非常に安いのに示談交渉サービスがついているので事故をしたときにも安心できる「サイクルパートナー」は一度検討するべきおすすめの保険です。

もし、自転車保険に悩んでいるという方はほけんROOMで保険のプロのファイナンシャルプランナーに相談することも可能です。

ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されているのでぜひご覧ください。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング

  • 【2019保存版】自転車保険おすすめ比較総合ランキングを発表します!
  • 自転車保険では盗難は補償できない?自転車盗難保険がおすすめ
  • ロードサービスがついた自転車保険5選!各保険会社を徹底比較!
  • 高校生に自転車保険は必要ある?おすすめの保険と注意点を教えます!
  • 最安の自転車保険はどれ?おすすめの自転車保険ランキング!
  • LINEほけんの評判は?家族で入れるおすすめ自転車保険のデメリットを紹介
  • 共済の自転車保険とはどういうもの?県ごとに自転車保険・共済を比較
  • コンビニで気軽に自転車保険に加入!メリットとコンビニの比較まとめ
  • 70歳・80歳以上の方におすすめの自転車保険は?年齢制限なしはあるのか
  • au損保の自転車保険にはどんな種類があるの?特徴や評判を徹底解説!
  • 自転車保険「ドコモサイクル保険」とは?補償内容や評判について