大阪で自転車保険の加入が義務化!必ず加入しないといけないの?

大阪府では全国で二番目に自転車保険の加入が義務化されました。なぜ大阪が義務化されたのか、自転車保険はどんなものなのか、保険料はどのくらいか、必要なのかどうかなど色々なことが気になりますよね。この記事では自転車保険について詳しく解説します。

大阪だと自転車保険には必ず加入しないといけないの?

大阪府で自転車保険が条例で加入義務化されていることを、地域の皆さんはおわかりでしょう。


これを機会に自転車保険へ加入すれば、ご自分・家族の補償が備えられて安心ですよね。


しかし、なぜ義務化されたのかや罰則はあるのか、どんな内容の自転車保険へ入れば良いのかをご存知でしょうか。


皆さんの中には、大阪府が指定する保険に入るのか、未加入によるペナルティの有無等、不明な点が多いことでしょう。


実はケースによって、自転車保険に加入しなくても良い場合もあります。


また、罰則については制定された条例を確認してみることが大切ですね。


そこで今回は、「大阪の自転車保険加入の義務化と、その注意点」について

  • 自転車保険に入らずとも罰則はない
  • 自転車保険の補償内容
  • 自転車保険へ加入する際の注意点
以上のことを中心に解説していきます。                     
 

この記事を読めば、自転車保険の基本知識と、大阪の自転車事故の現状を知ることができるはずです。                                                     

ぜひ、最後までご覧ください。


自転車保険に入らなくても罰則はない

自転車保険は他県に先駆け、2015年に兵庫県が自転車保険義務化を明記した条例を制定しました。


それに続き、大阪府、京都府、埼玉県が義務化を宣言しています。


「条例で義務化を定めたからには自転車保険へ強制加入なのか?」と、心配される人がおられるかもしれませんね。


確かに強制加入ともなれば、未加入であるなら罰則が適用されます。


しかし、安心してください。


各地方自治体の条例の文言は、「(加入する)ことに努めなければならない」と明記されています。


これは「努力義務」と呼ばれ、仮に未加入でも罰則はありません。


では、大阪はどんな理由で自転車保険の義務化を宣言したのでしょうか?


こちらでは、

  • 大阪の自転車事情
  • 大阪で自転車保険の加入が義務化された理由
について解説します。

大阪の自転車に関する情報!

大阪府内では、2016年に自転車事故の死者数50人に達していました。


2014年と比較して16人の大幅増になってしまいました。


特に死者数の約50%が高齢者で、その死因の約80%が頭部損傷によるものと言われています。


大阪府警は、車道の左側通行を徹底させる自転車左側通行徹底キャンペーン等を行ってきました。


その成果もあり、徐々に事故数・死亡者も減少しています。


下表を参考にしてください(大阪府警察「自転車関連事故の全交通事故に占める割合の推移」を基に作成)。


自転車関連事故推移自転車事故件数死者
2014(平成26年)13,22844
2015(平成27年)12,22234
2016(平成28年)11,61150
2017(平成29年)11,08931
2018(平成30年)11,07028


過去5年間の自転車事故件数は着実に減少しており、昨年は死者数は28人に減少しました。


今後とも死者0人となるよう行政の努力と、何より大阪府民の運転マナーの向上が求められますね。

なぜ大阪では自転車保険の加入が義務化されたの?

大阪府では2016年より、府内で自転車に乗る場合、府民かどうかを問わず保険加入を義務付けました。


この背景には、自転車事故の深刻さを府民に知ってもらうためであったことが理由として

あげられます。


その他に義務化のきっかけを作ったのは、裁判所による事故加害者への高額賠償命令でした。


大阪府の隣、兵庫県では次のような自転車事故に高額賠償命令が言い渡されています。


[事故概要]

  • 事故:自転車と歩行者の衝突事故
  • 事故加害者:11歳児童(当時)
  • 事故被害者:62歳女性(事故により意識が戻らない状態)
  • 事故概要:男子小学生が夜間に自転車で帰宅中、歩行していた女性と正面衝突した事故
2013年に神戸地方裁判所では、事故加害者側に対し9,520万円の賠償命令を判示しました。


当然ながら11歳児童が賠償金を支払うのではなく、児童の親が高額なお金を支払うことになります。


加害者側が一生かかっても支払えるかどうかわからない、高額な賠償金額といえますね。


この賠償金を速やかに支払い、被害者救済を図るため、自転車保険の加入が義務化されたのです。

自転車保険は何を補償してくれるのか

皆さんの中には「自転車保険は被害者救済のみが対象なの?」と、疑問に思う人もいますよね。


自転車保険は相手方の被害のみならず、保険加入者等のケガも補償対象となります。


こちらでは、

  • 自分自身に対する補償(損害保険)
  • 相手や物の被害に対する賠償(個人賠償責任保険)

について解説します。

自分のけがに対する補償(損害保険)

自転車保険では、保険加入者本人等が自転車に関する負傷で治療した場合、保険金が下ります。


基本的に次のような補償が設定されています。

  • 入院保険金:走行中に負傷し、入院した場合に補償。日額2,000円~5,000円という形で保険金が下りる。支払限度日数〇〇〇日までと上限もある。
  • 通院保険金:走行中に負傷し、医療機関へ通院した場合に補償。日額1,500円~3,000円という形で保険金が下りる。支払限度日数〇〇日までと上限もある。
  • 死亡保険:自転車に関する事故で亡くなった場合、500万円~1,000万円という形で保険金が下りる。
  • 後遺障害保険:治療して後遺障害が残った場合、障害の深刻度により保険金が下りる。
補償金額やお金が下りる条件は、各自転車保険によって異なります。

補償内容をしっかり確認することが大切ですね。

第三者や物への賠償(個人賠償責任保険)

個人賠償責任保険は、自転車事故の被害者の身体や物への被害を賠償する保険です。


保険加入者等が自転車事故の加害者となった場合、高額な賠償命令に備える補償となります。


自転車保険では高額な賠償金に対応し、個人賠償責任保険金額は高めに設定されています。


各自動車保険の個人賠償責任保険金額は、約5,000万円~3億円となっています。


ただし、1億円近い賠償判決が出ているのでそれに合わせて保険を選ぶべきでしょう。


少なくとも補償金額が1億円以上で設定されている商品なら安心ですよね。

自転車保険にはどうやって入る?3つの加入方法!

自転車保険の申込は、通常の保険のように対面や郵送で行う、と思われている人もいることでしょう。


実は、自転車保険の申込方法は非常に多様化しています。


申込方法の選択肢が多くあれば加入しやすくなり、自転車保険の普及にも良い影響がありますよね。


こちらでは、

  • パソコンまたはスマートフォンで加入する
  • コンビニで加入する
  • 自転車ショップで加入する
について解説します。

1. インターネット・携帯で加入する

最近の自転車保険は、パソコンまたはスマートフォンで申込が可能です。 


時間と場所を選ばずに申込ができる上に、保険会社へ書類を提出する必要もありません。

仕事や勉強の合間でも手続きが進められるので便利ですよね。 


また、auやドコモ、ソフトバンクの携帯キャリアでも自転車保険を販売しています。  

こちらに加入すると、支払う保険料は毎月の電話代と一緒にすることができます。
 


しかし、申込が手軽でも、補償内容をよく見ないで加入するのは問題です。


不明な点があれば、保険会社のお客様センターで確認した上で申し込みを行いましょう。

2. コンビニで加入する

ご自分がよく立ち寄るコンビニで自転車保険は申込できます。

コンビニ店員へ自転車保険の加入申込みを伝えて、手続きをしましょう。 


申込手続き自体はすぐに完了するので手軽に出来て良いですね。


コンビニの店舗によっては、店内のマルチコピー機から申し込むことも可能です。


こちらの操作が分からなければ、やはり店員さんに聞きながら手続きを進める方が無難です。

3. 自転車ショップで加入する

最寄りのサイクルショップでも自転車保険を申込できます。

自転車の購入や修理を依頼したとき、一緒に自転車保険を申し込めば手間もありませんよね。 


まずはサイクルショップの店員に、どんな自転車保険を扱っているか聞いてから申し込みましょう。


自分の気に入った商品が無ければ、当然、別の方法で申し込んでも問題ありません。


サイクルショップで加入する場合は、書面で申し込むことになります。

自転車保険に加入する際は何に注意すべき?

ご自分のニーズに合った自転車保険を発見したら、なるべく早く申込を行いたいですよね。


でも、申し込む前に確認すべき点はいくつかあります。


この確認を怠ると、自転車保険へ加入しなくても良かったことに後から気付く場合もあります。


また、補償金額が足りなくて不安になる場合もあります。


こちらでは

  • 個人賠償特約の有無の確認
  • 補償金額の確認
を解説します。

自動車保険(任意保険)などで個人賠償特約が付いていないか確認しよう

個人賠償責任保険は、保険加入者等が自転車事故の加害者となった時、補償が下りる頼もしい保険ですよね。


一方、個人賠償責任保険は損害保険に、「個人賠償特約」として追加できる場合が多いです。


この個人賠償特約でも、もちろん自転車事故の加害行為に対して補償が下ります。


自転車保険へ加入する前に、ご自分の加入中の保険に個人賠償特約が追加されているか必ず確認しましょう。


それを確認せずに自転車保険へ加入すると、個人賠償責任保険が重複することになります。


個人賠償責任保険に複数入っていても、下りる保険金は実損害の分しか下りません。


つまり、個人賠償責任保険へ複数入っていれば、それだけ保険金が上乗せされるわけではないのです。


自転車保険に加入する場合は加入中の自動車保険、火災保険等の保険内容を確認しましょう。


外した分、自転車保険料も安くなるため、既にこの特約へ加入しているなら、自転車保険の申込時、個人賠償責任保険の設定を外すことがおすすめです。

各社の自転車保険の補償金額を確認しよう!

各保険会社の自転車保険の補償金額は、その設定が様々です。


概ね前述したように、約5,000万円~3億円となっています。 


1億円近い賠償判決が出ている以上、個人賠償責任保険が1億円で設定できる商品を目安としましょう。


一方、自動車保険の個人賠償特約では、その補償金額が「無制限」とされている場合もあります。


この無制限とは、どんなに高額な補償金を支払う義務を負っても、その全額が補償されるという意味です。


将来、1億円を超える賠償命令も想定されるので、このような個人賠償特約に加入してれば安心ですよね。

大阪での自転車保険の保険料はどのくらい?

大阪府で自転車保険へ加入するとすればどれ位か?


気になる皆さんも多いのではないでしょうか。


もっとも、全国の自転車保険料と同様に、リーズナブルな商品が多いです。


こちらでは

  • 楽天なら1ヵ月100円台で加入できる!
  • 大阪市民共済にも自転車補償をしてくれるものがある!
について解説します。

楽天なら1ヵ月100円台で加入できる!

こちらでは、楽天損保の「サイクルアシスト」を解説します。


この保険なら1ヵ月100円程度から加入可能となります。


補償内容・保険料は下表を参考にしてください。


補償/コース基本安心充実
死亡・後遺障害100万円300万円500万円
入院保険日額1,000円3,000円5,000円
個人賠償責任保険1億円1億円1億円
手術(入院)10,000円30,000円50,000円
手術(入院以外)5,000円15,000円25,000円
保険料年間2,070円
約173円/月
年払4,370円
約365円/月
年払6,670円
約556円/月

※楽天損保の「サイクルアシスト」は、カップルプラン・1年間契約の料金を表示しています。


月払は多くても500円未満、全コースで個人賠償責任保険金額が1億円なので安心ですよね。


楽天損保のHPはこちら!

大阪市民共済にも自転車補償をしてくれるものがある!

大阪市民にはうれしい共済もあります。


それが、「大阪市民共済」です。


こちらは、個人賠償責任補償が無制限(国内)と、万全の補償内容となっています。


補償内容・保険料は下表を参考にしてください。


補償/プランB型C型
死亡共済金300万円450万円
傷害共済金通院1日1,000円 
入院1日3,000円 
 通院1日1,500円 
入院1日4,500円  
個人賠償責任補償国内無制限
国外1億円
国内無制限
国外1億円
年間負担額3,200円4,200円


無制限とは、前述した通りどんなに高額な賠償金額となっても、その全額が補償されことを意味します。


個人賠償責任補償に関しては、国内外で適用されて安心ですよね。

自転車保険のおすすめランキングを見てみよう!

自転車保険を実際に選ぶとなった時、数ある選択肢の中から選ぶのは大変ですよね。


そこで、ほけんROOMでは、実際に商品を一定条件下のもと安い順に並べた、公平なランキングを作成いたしました!※


ぜひあなたの自転車保険選びの参考にしてください!


以下のリンクから飛ぶことができます。


※一定の条件下とは、個人賠償責任保険の補償額1億円と傷害保険が付帯していることです。詳しくは記事をご覧ください。

まとめ:自転車保険に加入して大阪での生活を安心して送ろう!

大阪の自転車保険加入の義務化と、その注意点について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。                                   


今回の記事のポイントは

  • 自転車保険に入らなくても罰則はないが、万が一の補償は大切なので加入するべき
  • 大阪の自転車事故は官民の努力で減少傾向にある
  • 自転車保険は損害保険と、個人賠償責任保険を補償する
  • 個人賠償責任保険を設定する場合は1億円が目安
でした。

自転車保険に入れば全て安全安心とは言えません。

まずは自転車を運転する各人の、交通マナーを守る姿勢が必要不可欠です。

ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

ランキング